資金繰りに役立つ「ビジネスローン」とは

ビジネスローンとは、法人や事業主に向けた専用のローンです。カードローンは事業用には使えませんので、ビジネスの経費や資金繰りに活用するのがビジネスローンです。
金利は一般的に安く、利便性が高いのですが、借りるのにややハードルが高いのが難点です。
ですが、ビジネスを行う上で、ビジネスローンは欠かせないものです。カードローンは単なる浪費の借金でも使えますが、ビジネスローンは事業に関わってきますので、慎重な使いみちが要求されますし、計画的な利用でないと、そもそも審査に通りません。

ビジネスローンとカードローンの違いとは

原則、カードローンは個人向けです。プライベートな出費に使うものです。
そのため、個人事業主や経営者などでビジネスを行っている人は、そのビジネスの資金調達をカードローンですることができません。

個人向けであるカードローンは、事業用に使うのは禁止されているのです。
一方の事業者向けビジネスローンは、個人の利用は禁止されています。

事業向けに借りたビジネスローンのお金を、プライベートの支出で使うことは許されていないのです。
ビジネスローンとカードローンは、使い分けをしっかりする必要があり、公私混同を避けるためにも、ビジネスローンとカードローンは適宜、使いみちを限定するのが良いでしょう。

ビジネスローンの借り入れ:ノンバンク系

クレジットカード会社や、消費者金融、信販会社など、ノンバンク系のビジネスローンがあります。
それらは、通常のカードローンと同様、審査が非常にスピーディです。
そして、審査も比較的通りやすい傾向にあります。
ですが、その分だけ金利が高く、返済に困ってしまうこともあるかもしれません。

ノンバンク系ビジネスローンのメリット

ノンバンク系ビジネスローンは、メリットとして審査が非常に早く、審査が甘めです。
多少の赤字や債務超過の状態であっても、貸してくれるのが嬉しいところです。銀行に断られそうな属性の場合は、ノンバンク系ビジネスローンを使うといいでしょう。

ビジネスローンの借り入れ:銀行系

銀行系ビジネスローンとは、銀行系カードローンとは別に、銀行が用意している事業者向けのカードローンです。
審査には時間がかかり、必要とされる書類が多いなどのデメリットもありますが、金利が安く、長期に渡って返済していくことができます。
また、大きな額を借りることも可能です。

ビジネスローンの選び方

ビジネスローンは、ノンバンク系、銀行系など、多くの金融機関が貸し出しを行っています。
では、一体どのような基準でビジネスローンを選べばいいのでしょうか。

まず1つ目に、金利があります。
金利は長期で借りれば借りるほど、支払う金利の額が大きくなっていくので、出来る限り低いものを選びましょう。

2つ目に、限度額なども注意です。
最大限度額が大きなところを選んだほうが良いでしょう。
限度額が比較的高いのは、ノンバク系よりも銀行系ビジネスローンとなります。

また、3つ目に、保証人の有無をチェックすると良いでしょう。
保証人は、万が一のときに周囲に迷惑をかけてしまい、人間関係がめちゃくちゃになるので、できれば求められないビジネスローンが良いでしょう。
ただし、高額なお金を借りようとすると、保証人は必ず必要です。

4つ目に、融資の対象者があります。年齢制限はないか、法人向けか個人事業主向けか、事業年数の制限などはないかです。

5つ目に、融資までの期間があります。できるだけ早いほうが嬉しいですが、融資のスピードが早いところは金利も高くなる傾向がありますので、要注意です。

6つ目にサービスの有無があります。
他にどのようなサービスを受けられるのかをチェックしましょう。

7つ目に借入期間があります。返済はできるだけ長期に渡って、コツコツと返していけると望ましいでしょう。資金繰りを悪化させないためにも、短期の返済は避けたほうが無難です。

8つ目に、財務局に登録されている優良企業かどうかが挙げられます。これは、財務局のホームページをチェックしてみてください。

ビジネスローンの審査に通るコツとは

ビジネスローンは企業の運営に欠かせないローンです。どうしてもビジネスローンの審査に通りたいという方に、コツを伝授していきます。

企業の業歴は最低でも1年以上あるか

事業を運営している期間が、銀行系では、2年以上、ノンバンク系でも、最低2年以上の業務歴が必要です。まだ決算を迎えていない創業1年目などの場合は、どれだけの売上になるかわからず、事業の全体像が把握しにくいため、最低でも2年の営業履歴が必要です。これは、個人事業主から法人成りした場合は、個人事業主時代の業務歴を加算しても構いません。トータルでどれぐらい営業しているのか、一度チェックしてみましょう。

1,000万以上の借り入れの場合は、保証人をたてる

高額の借り入れ、1000万円以上の借り入れを希望している場合は、自分に万が一のことがあった場合に備えて、保証人を立てる必要があります。保証人をつけたくない場合は、高額融資は難しいので、少額融資がおすすめです。これらは、貸し倒れを予防するためにどうしても金融機関側に求められるものです。

事業・資金計画を分かりやすく正確にまとめる

融資を受ける際には、事業計画書と資金計画書が必要です。事業計画書とは、その事業をどのように営んで、どのようにこれから運営していく予定であるのか、また、どれぐらいの売上を見込んでいるのか、それが決して無謀な金額を求めているのではないことを証明するための書類です。そして資金計画書は、借りたお金を何に使い、どのような形で事業の売上に活かしていくのかを計画立てて書くものです。どちらも、書いてみることで自分の事業の見直しになります。無計画に事業を営んでいるわけではなく、しっかりとした計画の元に、事業を計画しており、今後も営んでいく予定であることを金融機関にアピールする書類です。これらは非常に重要な種類ですので、しっかりと念入りに書きましょう。

決算書でチェックされるポイントを把握しておく

また、決算書なども提出する必要があります。金融機関はそれを見て、返済能力があるか、財務状況に好転する兆しがあるか、融資金額が妥当かなどをチェックします。決算書は毎年作成するものですので、数年分を求められることもあります。また、保証人を立てるとき、その人に返済能力があるかどうかも金融機関はチェックします。しっかりとした返済能力がある人を、保証人にしましょう。

短期借入か長期借入かを明確にする

借り入れを将来に渡ってどのように返済していくかを明確にする必要があります。短期借入か長期借入かを明確にして、会社の安全性を示します。長期になると、安定した経営を行っていることが条件になりますので、決算書等で事業が安定していることを示す証拠が必要となります。

経営者の人柄が良いか

実は、経営者の人柄というのも非常に重要なポイントです。大金を貸すに値する人か、しっかり返済してくれるのか、ちゃんとした人間性であるかどうかを厳しくチェックされます。ビジネスローンの担当者は、何万人もの経営者を見てきていますので、人柄は見抜いてしまいます。ルーズな人柄をしている場合は、借り入れにふさわしくありません。審査に落とされてしまう可能性がありますので、服装などの身だしなみはもちろんのこと、しっかりとした言動も意識しましょう。面談の際は特に気をつけてください。
また、会社経営者の年収、家族構成、居住形態、他社の借入件数などもチェックされます。基本的に年収が高くて個人に返済能力がありいざとなったら役員報酬を削って返済に回すことができ、家族構成は家庭持ちのほうが、行方不明になりにくいのでいいでしょう。居住形態は持ち家のほうが借り入れにはふさわしいのです。それらは、夜逃げしてしまわないためにも必要です。そして、他社の借り入れ件数などもチェックされます。数多くの金融機関から借りている場合は、たとえ少額の借り入れであったとしても、警戒されてしまって借り入れできません。最低でも3社以内におさえておくのが望ましいです。

ビジネスローンの融資審査で落とされる人の特徴とは

どのような人が、審査で落とされてしまうのでしょうか。ちょっとしたことに気をつけるだけで、審査には通りやすくなりますが、反対にささいなことがきっかけで、落とされてしまうこともありますので注意しましょう。

下調べもせず、むやみに申し込みをしている

審査に必要な書類やその書類の書き方などを慎重に調べてから執筆し、丁寧に提出しましょう。下調べをせずに、そのままやっつけ書きで提出すると、信用を失う可能性があります。念入りにネットなどで下調べし、必要とあらばプロの力を借りて、丁寧な書類を仕上げましょう。それが信用につながるのです。

初めから銀行系は無理だと判断している

審査の厳しい銀行系は無理だと最初から勝手に考えて、投げやりな態度や弱気な態度になっていると問題です。融資の際は、第一印象なども非常に重要です。しっかりと準備をしたならば、念入りな計画書を立てたのであれば審査には必ず通ると確信して、自信を持って審査の面談に臨みましょう。

本当にビジネスローンが必要?

ビジネスローンは、審査が結構面倒です。仮に生活費をビジネスに回してしまって生活が苦しいというのでお金を必要としているのであれば、個人向けのカードローンがいいでしょう。カードローンなら、必要書類も身分証明書ひとつですし、必要だとしても確定申告書の写し程度で済みます。また、審査も最短即日で融資してくれるため、非常にスピーディにお金を調達することができます。通常のカードローンにも、ノンバンク系と銀行系カードローンがあります。ノンバンク系は融資が早く、審査も甘めですが、銀行から資金を借りてきて融資しているため、金利が高くなりがちです。いっぽうの銀行カードローンは、自社でお金を調達するので金利が安いですが、審査をじっくりと行うため、時間がかかってしまいます。それらも、ビジネスローンとカードローンは似ていますが、何に使うかによってローンの種類を使い分けるといいでしょう。

おすすめのビジネスローンとは

おすすめのビジネスローンをご紹介します。必ずしもここに挙げたビジネスローンが完璧とは限りませんが、トータルで見て総合的におすすめのビジネスローンを推薦していきます。

おすすめローン①

オリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」。オリックスグループのビジネスローンです。ジャパンネット銀行口座を持っていれば、24時間インターネットから即日振込が可能です。返済も即時可能です。その他金融機関でも、平日の朝8時40分から15時は、即時振込・即時返済に対応しています。審査も、朝申し込めばその日のうちに融資が可能となるなど、スピーディさが魅力です。1年以上の事業経歴があれば、申し込むことができます。

おすすめローン②

セゾンファンデックス「事業コース」。セゾングループのビジネスローンです。平日の午後1時までに申込みと必要書類の送付を済ませれば、当日中に融資が可能となる魅力的なビジネスローンです。個人事業主が対象のローンなのですが、即日振込みが可能なので非常におすすめです。

ビジネスローンとは。選び方や審査に通るコツを解説のまとめ

ビジネスローンについて網羅的に見てきました。ビジネスローンは、基本的に面談などがある場合もあります。身だしなみや言動に気をつけて、借り入れにふさわしい人物であることをアピールしましょう。電話連絡にもキビキビ応答して、個人的な心配事などはクリアして、気もそぞろな対応にならないようにしましょう。あとは書類の準備をしっかりと行って、事業計画を明確にしましょう。資金繰りとしてどのようにお金が必要で、借りたお金を何に使ってどのように返済していく予定であるのか、頭の中での計画を書類に起こしてみましょう。そうすることで、無謀な計画を立てていないかどうかが自分でもわかるようになりますし、相手に説得力を持って説明することができるようになります。
ビジネスローンを選ぶときは、金利や限度額なども注意しましょう。いまは保証人の不要な少額融資なども増えていますので、積極的に利用してみましょう。ビジネスの資金がショートする前に、お金を借りて事業を円滑に回していくことにしましょう。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。