終身保険とは

生命保険は人間の生死による損失を補償することを目的とした金融商品です。
保障する期間には一定期間のみ保障するタイプと、一生涯にわたって保障するタイプがあります。前者のタイプの生命保険は「定期保険」、後者のタイプの生命保険は「終身保険」と呼ばれます。
今回は終身保険について、その基本情報から効果的な活用法、選ぶ上での注意事項についてわかりやすく解説します。

終身保険のメリットデメリット

終身保険メリット

終身保険の最大のメリットは一生涯保障が続くことです。
定期保険の場合、定められた期間中に保険金の支払いイベント(死亡や高度障がいなど)が発生しない限り、保険料は無駄払い(いわゆる「掛け捨て」)になります。
しかし、終身保険の場合は、契約を解除しない限り保障が続くため、いつ支払いイベントが発生しても、保険料の払込期間が終了していたとしても、必ず死亡に関する損失を保障する保険金を受け取れる生命保険です。

また、終身保険には資産を積み立てる、財産を形成できるという側面もあります。
定期保険の場合、契約を途中で解除しても一切のお金は戻ってきません。

なぜなら、保険は普通預金や定期預金のように金融機関に対する貸付ではないからです。
しかし、終身保険の場合、契約を途中で解除しても契約者に対し「解約返戻金」が支払われるという特徴があります。

解約返戻金は保険料の支払期間が長ければ長いほど、増えていきます。
契約を解除しても、保険料の支払期間に応じた返戻金が受けられますし、死亡した場合は、保険金が支払われます。

終身保険デメリット

終身保険のデメリットは保険料が高いということです。
同じ保険金額であれば、財産を形成する機能が付いている分だけ、定期保険よりも終身保険の保険料は高く設定されています。

一生涯保証が続くので保険料が高いのはやむを得ないのですが、あまりにも高額の保険料は現在の家計を圧迫してしまいます。
そのため、死亡時の経済的保障をできるだけ安く手に入れたい人は定期保険を選ぶべきでしょう。

また、契約を解除する時期によっては、保険料の支払金額を大幅に下回る返戻金しか得られないこともあるので注意が必要です。
終身保険は預金ではありませんので、元本保証は付いていません。積立預金なら預け入れ元金に利息が付いて必ず戻ってきますが、終身保険にはそれがないのです。

もちろん、積立預金にはない「死亡時の経済的保障」が付いていますので、万が一の場合は安心です。
しかし、財産形成を重視するのであれば、終身保険よりも積立預金を選ぶべきでしょう。

終身保険の種類


一生涯保障が続く終身保険には、その特徴によって3つのタイプに分けられます。
最も一般的な終身保険である「終身保険平準式」、平準式の弱点を克服した「積立利率変動型終身保険」、終身保険の弱点を克服した「低解約特則付終身保険」の3タイプです。

終身保険平準式の「平準式」とは「平らに保たれている」ということを意味します。
保険料や解約返戻金が「固定」されていますので、資金計画は立てやすいと言えます。
しかし、好景気でインフレが発生しても、解約返戻金が増えることはありません。
そのため、景気次第では実質的に解約返戻金が「目減り」するのがデメリットです。

一方、「積立利率変動型終身保険」には平準式が抱えるようなデメリットはありません。
積立利率変動型の場合、解約返戻金は保険料の運用実績に応じて変動します。好景気であればインフレが発生しますが、運用実績も好転します。
運用実績に応じて解約返戻金が増える積立利率変動型なら、平準式のように解約返戻金が「目減り」することはありません。
しかし、積立利率変動型には弱点もあります。不景気で運用実績が悪化すれば積立利率変動型の解約返戻金は減少しますし、保険料が3タイプの中で最も高額なのも積立利率変動型のネックです。

「低解約特則付終身保険」は終身保険の弱点を解消する特徴のある保険です。
一生涯の保険金支払いが保証されていますので「一長一短」ではありますが、終身保険が定期保険に比べて弱点とされるのが保険料の高さです。
低解約特則付は同じ保険金額の終身保険に比べ、保険料が安いのが特徴です。その代わり、解約返戻金が一定期間、少なく(7割程度)設定されています。
しかし、保険料の払い込みが終了する時期を迎えれば、解約返戻金は他の終身保険と同水準です。

終身保険の保障期間

保険には2つの期間があります。
一つは保険料を払い込む期間を意味する「払込期間」です。

「◎年」「◎歳まで」などと期間を定めるタイプと、期間を定めない終身タイプがあります。
もう一つは保険金を受け取れる期間を意味する「保障期間」(あるいは保険期間)です。
払込期間=保障期間であるのが定期保険で、保障期間が一生にわたって続くのが終身保険です。
終身保険の保障期間は一生にわたって続きますが、払込期間は選択可能な商品が多くあります。

自らのライフスタイルに合わせて「60歳」「65歳」「70歳」など、保険料の支払いを終了する時期を選べます。
かんぽ生命の終身保険「新ながいきくん(定額型)」などは「95歳」を終了する時期に設定できます。払込期間の長さと保険料の水準はトレードオフの関係にあります。
払込期間が短ければ短いほど保険料は高く、一生涯保険料を払い込むタイプは保険料が安く設定されています。

終身保険の解約返戻金

生命保険は「死亡時の経済的保障」が最大の特徴の金融商品です。
人が死亡時の経済的保障を求めるのは、家計を支える「大黒柱」が失われた時、経済的困難に直面する遺族に生活資金を遺したいからです。

しかし、ライフステージが進むにしたがって、死亡時に必要とされる経済的保障のニーズにも変化が生じてきます。
例えば、子どもが自立し、自分の力で生活するようになると、子どもの生活資金を遺す必要性はなくなります。

また、扶養していたパートナーと死に別れたり、離婚したりした場合も、生活資金を遺す必要はありません。
遺族の経済的な保障を考える必要がなくなれば、生命保険も必要なくなります。
そうしたライフステージの転換点に直面した契約者は、保険料の払込期間が満了する前に契約を解除することを検討します。

解約返戻金とは文字通り生命保険契約を解いた時に返還され、戻ってくるお金です。
生命保険は生死に関わる損失を補償する商品です。

したがって、定期保険のように死亡の損失を保障する機能はあっても、解約返戻金がない保険もあります。
一方、終身保険は死亡にともなう損失を保障する機能に加えて、契約を解除した際に返戻金があることが一つの特徴になっています。

払い込んだ保険料に対して、契約を解除した際に戻ってくるお金の割合が「解約返戻率」です。
返戻率は保険料の払込期間が短ければ短いほど低く設定されています。そして払込期間が伸びるにしたがって右肩上がりのカーブを描きます。

終身保険平準式の場合、予め定められた返戻率のカーブは、景気の動向や保険料の運用実績に応じて変化することはありません。
固定された返戻率は、安心感があります。しかし、インフレが発生すると貨幣価値が低下しますので、固定された返戻率だと実質的に返戻金が目減りしてしまいます。

一方、積立利率変動型終身保険だと、景気の変動に合わせて返戻率のカーブが一定の範囲内で上下動します。インフレ発生時は返戻率が上昇しますので、返戻金の目減りが抑えられます。低解約特則付終身保険の場合は、返戻率のカーブが低く設定されています(返戻率は他の終身保険の概ね7割程度です)。
払込期間が終了する前に契約を解除すると返戻金は相対的に少額ですが、保険料が安いのは魅力的です。

終身保険の必要性


終身保険はどのような人にとって必要な保険なのでしょうか。
終身保険は2つの特徴をもつ保険商品です。
したがって、この2つの特徴を同時に必要とする人が最も終身保険の契約に適した人と言えるでしょう。

終身保険は生命保険の一種ですので、死亡保障が最大の特徴です。
死亡保障が必要なのは、家計を支えている人が死亡した場合です。

配偶者や子どもの生活費を支えている一家の大黒柱が失われると、遺族は路頭に迷ってしまう可能性もあります。
遺族の当面の生活費や教育費、住宅費に困らないようにするためには、死亡に伴う損失を保障する終身保険が必要でしょう。

ただ、死亡保障だけが目的であれば、定期保険の方が合理的です。
同額の死亡保険金で契約をするのであれば、終身保険の保険料よりも定期保険のそれの方が割安だからです。

終身保険の保険料が割高であるにも関わらず生命保険として終身保険が必要とされるのはなぜでしょうか。
それは終身保険がもう一つの特徴である資産を構築する機能が必要とされるからです。

終身保険は途中で保険契約を解除しても「解約返戻金」が得られるのが特徴です。
いつ訪れるかわからない死亡を保障するために生命保険契約をしたものの、パートナーが先に旅立ったり、子どもが自立したりするなどして死亡保障が不要になる場合があります。

定期保険の場合、「掛け捨て」という形容詞が示しているように、途中で保険契約を解除しても返戻金はありません。
一方、終身保険であれば、支払った保険料の一部が返戻金という形で戻ってきます。終身保険が「積立保険」とも呼ばれるのは、積み立てた保険料が戻ってくるような印象を与えるためです。

もちろん、積立預金のように支払った金銭が100%戻ってくることが保証されているわけではありません。
また、保険契約後間もない時期に契約を解除すると、その返戻率は微々たるものです。

しかし、「契約後すぐに解約をしない」(解約をするとしても、返戻率がかなり上昇したタイミングで解約する)、「死亡保障だけでなく資産形成の機能にも期待したい」(定期保険のような「掛け捨て」では嫌)という方にこそ、終身保険は必要とされる生命保険と言えるでしょう。

効果的な活用法

終身保険は私たちの人生設計・新計画においてどのように活用するのが効果的なのでしょうか。

第一の活用法は老後資金の準備手段です。
人生の三大資金(教育、住宅、老後)の中で最も巨額な資金が必要になるのが老後資金です。

ゆとりある老後を送りたければ、夫婦二人で1億円は必要と言われています。
当然のことながら1億円を預金で貯めようとすればかなりの時間を要しますし、低所得の時期に老後のためだけにお金を溜め続けるのは合理的とは言えません。

その点、子どもが幼い時は死亡保障として機能し、子どもが独立して大きな保障が必要なくなったら契約を解除し、解約返戻金を引き出せる終身保険は老後資金の準備手段として効果的と言えるでしょう。第二の活用法は教育資金の準備手段です。教育において最も多額の資金が必要になるのが大学の学費です。

子どもが大学に入学するタイミングで保険契約を解除すれば、返戻金が学費に充当できます。確かに、学資保険でも教育資金は準備できますが、親が死亡した場合でも保険金はすぐに支払われません。親の死亡で保険料の支払いは免れるものの、予め定められた時期まで保険金は支払われません。終身保険なら、親が死亡し、経済的に困難になった時点で保険金が支払われるので安心です。

終身保険の選ぶポイント・選び方


特約の有無なども含めれば、終身保険の種類は無限にあると言っても良いでしょう。
とはいえ、終身保険の基本型は上で説明した3タイプです。一長一短があるこの3種類の終身保険から、どのようにして自分に合った商品を見つければ良いのでしょうか。
終身保険を選ぶ際の着眼点・ポイントは3つあります。

終身保険の選び方①:解約返戻率

終身保険を選ぶ際の一つ目のポイントは、解約返戻率をどのように考えるかです。
解約返戻率の絶対的水準を重視するのであれば、そして人生には何が起こり、いつどれだけの資金が必要になるかわからないことを重視するのであれば、返戻金が7割程度に抑制されている低解約特則付終身保険は選択の対象外です。
運用実績に左右されない「終身保険平準式」か、インフレリスクを回避できる「積立利率変動型終身保険」を選択すべきです。

終身保険の選び方②:将来の景気見通し

将来の景気見通しによっても終身保険の選び方は変わってきます。景気が良くなると消費や投資が増えて需要が拡大します。
供給がそれを満たすことができなければ、商品不足から物価が上昇する可能性があります。

もし終身保険平準式を契約していれば、解約返戻金が増えることはありません。
インフレが発生することによって貨幣の価値は低下していますので、解約返戻金は実質的には目減りしていることになります。
将来の好景気が予想できるのであれば、運用実績に基づいて解約返戻率が上昇する積立利率変動型終身保険を選ぶべきでしょう。

逆に、将来の景気悪化が見通せる場合は返戻率が固定されている終身保険平準式を選びましょう。
積立利率変動型終身保険を選択すると景気が悪化し、運用実績が悪化すると返戻率が低下してしまいます。
一方、終身保険平準式であれば運用実績にかかわらず、返戻率に変化はありません。保険契約期間中の景気の見通しが悪いなら、実質的に返戻金が増加する終身保険平準式を選ぶべきでしょう。

終身保険の選び方③:保険料の安さ

保険料の安さよりも一生涯の安心や貯蓄性を重視する終身保険であっても、できるだけ保険料が安いに越したことはありません。
終身保険を希望しつつも、保険料の安さを重視するのであれば、「低解約特則付終身保険」を選択しましょう。

もちろん、安い保険料と引き換えに、解約返戻金が低く設定されているというデメリットがあります。
しかし、低解約特則付であっても、払込期間の終了時点では他の終身保険とそん色ない返戻金が得られます。
払込期間中は子どもが独立することがないなど、中途解約する可能性が低い人なら低解約特則付のデメリットを最小化しつつ、安い保険料というメリットを享受できます。

終身保険とは何か。基本情報から解約返戻金の注意までわかりやすく解説 まとめ

終身保険とは死亡保障と貯蓄性をあわせてもった生命保険です。
保険料が高いのと、契約を解除するタイミングによってはごくわずかな返戻金しか戻ってきません。

しかし、保険料は掛け捨てになりませんし、最適なタイミングで契約を解除すれば預金よりも多くのリターンを得られます。
老後資金の準備手段や教育資金の準備資金として適していますので、資金計画を立てる際は検討の選択肢に加えましょう。
3つのタイプがある終身保険は、解約返戻率・将来の景気見通し・保険料の水準の観点から自分のニーズにあった保険選びをしてくださいね。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。