カードローンを比較する際に重要なポイント

カードローンを借りたい、と思っている方、カードローンはたくさんあるけれどどこがいいのだろう?と思っている方に、カードローンを比較する際のチェックポイントをお伝えします。金利の低さ、無利息期間、審査の手続きなど、カードローンを比較する際に重要なポイントをお伝えしていきますので、カードローン選びの参考にしてください。

カードローン比較ポイント①:金利

カードローンの比較ポイントとしてはまず金利です。
カードローン会社は金利で運営されていますので、金利が何よりの収入源となります。
然、多く金利を払うほうがカードローン会社にとっては良いのですが、利用するこちらとしては、金利は少ないほうがいいですよね。
金利は、銀行カードローンであれば8%前後、消費者金融であれば18%前後が標準的な金利となります。ですが、銀行カードローンの場合は、低いところでは1%台の金利もあるのです。とても低い金利です。
仮に、1%の住信SBIネット銀行カードローンと、18%のプロミスを比較した場合、100万円を1年間借りると、10000円と18万円で、利息の差は17万円にもなります。
金利も積み重ねるととても大きな金額になりますので、カードローンを利用する際には、金利に気をつけてみるといいでしょう。

カードローン比較ポイント②:無利息期間

銀行カードローンと消費者金融のカードローンには、無利息期間があるものが一部あります。
銀行は、新生銀行カードローンレイクと、ジャパンネット銀行ネットキャッシングです。
消費者金融はプロミス、アコム、アイフル、ノーローンになります。
ノーローンをのぞいては、初回きりのサービスなのですが、金利が無料になります。
これは、元本だけを返せばいいということなので、とてもお得です。
カードローン会社側にとっては利益にならないのですが、利用のハードルを下げるという面がありますので、積極的に導入されています。
無利息期間があるカードローンを使えば、初回限定で金利がなくなります。これは非常にオトクなので、ぜひ無利息期間のあるカードローンを使ってみてください。

カードローン比較ポイント③:審査

カードローンには、審査があります。
審査は甘いところと厳しいところがあります。
金利が安くなる銀行カードローンになればなるほど、審査は厳しくなります。
審査は基本的に、入力された個人情報の照会と、信用情報の照会で行われます。
入力された個人情報が本人のものであるかどうか、しっかりと確認されますので、偽ることはできません。
信用情報のチェックも、過去の返済履歴が見られてしまいます。アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融系は、比較的審査が甘く、ブラックリストに載ってさえいなければ、カードを発行してくれる傾向にあるようです。

タイプ別カードローン比較ポイント

カードローンは、使う目的によって、選び方や重視するポイントが違います。
1万円必要なのか、10万円なのか、100万円必要なのかによっても、選ぶべきカードローンは違ってきます。
また、急いでいるのか、それとも時間には余裕があるのかどうかによっても、選ぶべきカードローンの内容は異なってきます。
それに伴い、重視するカードローンのポイントも異なります。

最短で借り入れしたい方のカードローン比較ポイント

即日借入が可能なカードローンを選びたい場合は、即日審査を売りにしているカードローン会社を選ぶといいでしょう。
アコムやプロミス、モビットなどが即日審査を売りにしています。
銀行カードローンは、即日キャッシングはあまりやっていません。
銀行カードローンの場合、ホームページに即日キャッシングと書いてあっても、実際の審査はそれほど急いでくれないことも多いので注意が必要です。
即日借入可能なカードローンとホームページに書いてあっても、審査の場合は電話をかけて、一言、急いでいますということを告げたほうがいいでしょう。そうすると急ぎで審査を回してもらうことができます。

たくさん借り入れ方をしたい方のカードローン比較ポイント

限度額が多いなど、たくさん借り入れをしたい方が重視するべきポイントは、カードローンの上限額です。
銀行カードローンを使うといいでしょう。
消費者金融の場合は、総量規制という法律があって、貸金業法の縛りがあるため、年収の1/3までしか借り入れすることができません。
銀行カードローンは、銀行法なのでこの法律はありませんので、収入以上の借り入れを行うことができます。

債務の管理を簡単にしたい方のカードローン比較ポイント

債務の管理を簡単にしたい方は、おまとめローンを使うといいでしょう。
ですが、おまとめローンは複数の借り入れを一本にして、負債を楽にするものでもあります。
そのため、できれば銀行カードローンでのおまとめローンを使うようにしてください。
消費者金融では金利が高く、おまとめローンのメリットが半減してしまいます。
ですが、おまとめローンは、毎月の返済日が1日にまとめるなど、管理が非常に楽になります。

審査の通りやすさを重視する方のカードローン比較ポイント

審査の通りやすさを重視するのであれば、アコムやプロミスなどの消費者金融系のカードローンを選ぶようにしてください。
審査通過率が4割を超えており、審査に通りやすくなっています。
ですが、審査が甘いからといっても、同時に何社も申し込んだりすると、お金に困っているとみなされて、審査に不利になるケースがあります。

タイプ別おすすめカードローン

最短で借り入れしたい方におすすめのカードローン

最短で借り入れしたい方にオススメのカードローンは、アコム、プロミス、アイフル、モビットです。
特にアコムは審査が早く、最短30分前後で審査が完了します。
むじんくんを使えば、その場でカードを受け取ることができ、その場で即座にキャッシングできます。
近所にアコムのむじんくんがある方は、アコムのむじんくんに駆け込めば、最短30分で審査が終わってお金を借りることができます。

たくさん借り入れ方をしたい方におすすめのカードローン

たくさん借り入れをしたい方にオススメのカードローンは、みずほ銀行カードローンです。
みずほ銀行カードローンなら、最高で1000万円まで借り入れることができます。
これはあくまで最高額であって、かなり条件がよく、属性もよく、頻繁にカードローンを利用している人限定の限度額なのですが、それでもみずほ銀行カードローンなら、最高で1000万円まで借り入れすることができます。

債務の管理を簡単にしたい方におすすめのカードローン

債務の管理を簡単にしたい方におすすめのおまとめローンは、三菱東京UFJ銀行バンクイックのカードローンです。
バンクイックは審査が早く、銀行なのに積極的に貸し出しているカードローンです。
正確にはおまとめローン専用のローンではないのですが、利用限度額の範囲内で、何度も借り入れを行うことができて非常に利便性が高いといえます。

審査が通りやすいおすすめのカードローン

審査に通りやすいカードローンといえば、やはりアコムです。
アコムは消費者金融の中でもことさらに審査に通りやすく、信用情報がブラックでなければ、通ると言われています。
正確にはブラックリストというものは存在せず、異動情報と呼ばれます。
カードローンやクレジットカード、携帯電話の割賦販売を3ヶ月以上滞納すると、異動情報に掲載されてしまいます。
そのような延滞を起こしていなければ、アコムは非常に借りやすいのでおすすめです。

【番外編】カードローンに関する裏技

カードローンは、在籍確認があります。在籍確認とは、審査の際に申し込んだ勤務先に電話をかけて、あなたが本当に会社に在籍しているのかどうか、チェックするものです。
ですが、アコムやプロミスなどは、この在籍確認を書類で済ませることができます。
身分証明書と、会社発行の社会保険証、それから直近3ヶ月のうち連続した2ヶ月の給与明細があれば、書類で在籍確認を済ませてくれます。
会社の社印が押してある必要がありますが、これで在籍確認の電話がかかってこないので、会社にカードローンの審査を受けていることがバレません。

カードローンをうまく返済するコツは、繰り上げ返済を上手に使うことです。
カードローンは大抵の場合、リボ払いという形式で返済していきます。
リボ払いは、毎月一定の額のお金を支払っていくため、資金計画が立てやすく、便利なのですが、その分だけカードローンの支払期間が長くなり、支払う金利の総額がとても増えてしまいます。
資金に余裕ができたら、カードローンのリボ払いの額を増やすのではなく、繰り上げ返済を使ってください。
繰り上げ返済を使えば、金利には充当されず、元本から引かれますので、返済が楽になります。

【おすすめカードローン比較】金利や審査などカードローンの選び方のまとめ

おすすめのカードローンは、その人の条件や求めるものによっても異なります。
属性に不安があるフリーターなどの場合は、消費者金融のほうがいいですし、年収が低いけれど正社員で多く借りたいという場合は、銀行カードローンのほうがいいでしょう。
一概にこれがおすすめ!という総合的なカードローンはないのですが、ご自身の求めるものを明らかにした上で、必要な方はこちらの記事を参考にして、カードローンを選んでみてください。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。