代表的なガソリンカード比較しました!

ガソリン代が高く給油のたびに気分が落ち込んでしまう方はいませんか?
給油は一度に数千円かかってしまうことも多いですし、頻繁に給油する方は現金で支払うのを手間に感じてしまいますよね。そんな方にはガソリンカードの利用がオススメです。

ガソリンカードの場合、毎回のお支払の手間がなくなるだけでなくガソリン代の値引きやポイント還元サービスなどお得なサービスを受けられる場合もあります。今回は代表的なガソリンカードを比較しましたのでご参考ください。

ガソリンカードとは?


ガソリンカードのメリットはなんといっても給油時に割引やポイント還元などを受けることができる点ではないでしょうか。

普段、よく行くガソリンスタンドが決まっている場合にはそのガソリンスタンドと提携しているクレジットカードを作るのがお得です。ガソリンスタンド会社が発行しているクレジットカードもあるのでそちらを利用すれば割引額も大きくなるかもしれません。

また、車をよく使う方向けにもしものためのロードサービスやETCカードなどの特典がついていることも多いです。

おすすめガソリンカード比較4選

シェル-Pontaクレジットカード

昭和シェルでガソリンをいれる方にお得なカードです。値引きはありませんが、1Lごとに2ポイントずつたまっていきます。ポイントはPontaポイントとして貯まるのでローソンなどのPonta提携店で使用できます。

昭和シェル以外でもPonta提携店でこのカードを使って購入すると購入分とクレジットカード使用分のポイントが二重に手に入ります。
普段の買い物でもポイントが貯まるので意識してお店選びや買い物をすればかなりのポイントが貯められそうですね。Ponta系列店をよく使うという方にお得なカードです。

ガソリンカードシェル-Pontaクレジットカード
年会費初年度無料、次年度以降税別1,250円。年1回利用で年会費無料特典あり。
国際ブランドVISA
利用限度額10~100万円
キャッシング利用可能枠の範囲内で審査
海外旅行障害保険最高2,000万円
ショッピング保険年間補償限度100万円
盗難保険ショッピング保険と同様
カード発行会三菱UFJニコス
ガソリン値引きなし
入会特典最大3,000ポイントプレゼント
ロードサービスなし

シェルPontaクレジットカード

ETC協同組合のガソリンカード


個人向けというよりも個人事業主や法人向けのガソリンカードです。このカードは保険などもついていませんが、このカードを使って給油した場合、提携しているガソリンスタンドであれば全国どこでも同じ料金で給油することが可能です。

従業員分のカードを複数枚発行することもできますので、現金を渡す必要もないですし、帳簿など作成時も明細がひとつにまとまるので手間が減ります。従業員の方も安いガソリンスタンドを探す必要がなくなるので業務の効率も上がりそうですね。

ただし、保険などのサービスは付帯していませんので注意が必要です。

カード名ガソリン・軽油カード
年会費無料
国際ブランド不明
利用限度額なし
キャッシングなし
海外旅行障害保険なし 
ショッピング保険なし 
盗難保険なし 
カード発行会社ETC協同組合事務センター株式会社
ガソリン値引きなし。ただし、ガソリン価格が全国平均価格をもとに毎月末決まりどこで給油してもその価格に統一されます。
入会特典なし
ロードサービスなし

ETC協同組合のガソリンカード

出光カード

出光SSで値引きサービスを受けることができるクレジットカードです。前月の出光カード利用額に応じて翌月の割引額が決まります。公共料金の支払いなども出光カードにまとめてしまえば、値引き額を上げることができそうですね。また、値引きサービスを受けない代わりにポイントを毎月貯めて景品などに交換するサービスもありますので、そちらを利用するのも楽しそうですね。

カード名出光カード
年会費入会初年度無料、次年度以降は税別1,250円。家族会員は400円
国際ブランドJCB、VISA、Master Car
利用限度額カード発行時の審査で決定
キャッシング利用限度額内を元に融資額決定
海外旅行障害保険なし  
ショッピング保険なし  
盗難保険あり。(紛失、盗難お届け日より61日前までの不正使用を補償)
カード発行会社出光クレジット株式会社
ガソリン値引きね~びきコースの場合、クレジットカードの使用額に合わせて最大1リットルあたり20円引き
入会特典入会後1か月間はガソリン・軽油が1リットルあたり10円引き
ロードサービス出光ロードサービス初年度年会費無料

出光カード

エネオスカード


エネオスカードはガソリンの値引き額が大きいCカード、ポイント還元が大きいPカード、年1回のご利用で年会費が無料になるSカードと3種類あります。それぞれメリットが異なりますので、ご自身に合ったカードを選ぶと良さそうです。

給油でTポイントを貯めることができるTカードタイプもあるのでTポイントを集めている方は利用を検討してみてもいいかもしれませんね。

カード名エネオスカード
年会費初年度年会費無料、次年度以降は1,250円。家族会員は無料
国際ブランドVISA、JCB
利用限度額カード発行時に審査により決定
キャッシング利用限度額を元に決定される
海外旅行障害保険なし
ショッピング保険なし
盗難保険届け日前、60日前までの不正使用を補償
カード発行会社トヨタファイナンス株式会社
ガソリン値引きご請求金額に応じて最大1リットルにつき7円まで値引き(Cカード)
入会特典WEB入会なら給油100リットルまで1リットルにつき2円引き
ロードサービスENEOSロードサービス

エネオスカード

お得なおすすめガソリンカードを厳選して比較しましたのまとめ


いかがでしたか?ガソリンカードは給油の値引き額が大きいタイプや年会費が無料になるタイプ、ポイント還元率が大きいタイプなど様々なものがあります。

ご自身のニーズに合ったものを選ぶとよりお得です。また、クレジットカードの利用額に応じて特典を受けられるものが多いので、ガソリンカードを作った場合は給油以外の支払いもガソリンカードで支払うと一層、ガソリンカードのメリットを受けることができるのではないでしょうか。また、旅行保険やショッピング保険がついていないものもあるので、注意して選びたいですね。

節約のためにご自身のクレジットカードを見直し、使っていないものは解約しお得なものに切り替えるてみるのはいかがでしょうか。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。