住宅ローンの金利の種類について知りたい!

マイホームはとても大きな買い物です。そのため、現金で一括購入する方は少なく、ほとんどの方は住宅ローンを組みます。住宅ローンを借りる際、選ぶポイントとなるのが金利です。金利によって、同じ額を借りても返済額は大きく変わります。そのため、金利についてくわしく知っておかなくては自分に合う住宅ローンは選べません。今回は気になる住宅ローンについて紹介していきます。

住宅ローン金利は大きく分けて3つ!

住宅ローンの金利は、大きく分けて3種類があります。3種類の金利についてくわしく紹介していきます。

住宅ローン金利の種類1:「全期間固定金利型」

全期間固定金利型とは、借入時に決めた金利が借入期間内ずっと続くという金利です。毎月の返済額は、完済するまで変わりません。借りた時点で返済額が判明します。

全期間固定金利型のデメリット

全期間固定金利型に適用される「長期金利」は、変動金利の「短期金利」よりも高く設定されています。そのため、同じ借入金額、返済期間であっても、毎月の返済額は高くなります。

また、借入時よりもどんなに金利が下がっても、その恩恵を受けることはできません。

住宅ローン金利の種類2:「変動金利型」

変動金利型とは、原則として半年ごとに金融情勢の変化に応じ、金利が見直しされる金利型です。固定金利型よりも金利が低く、優遇キャンペーンなどで超低金利で借りることができます。

変動固定金利型のデメリット

金融情勢の変化により、金利が見直されていくため、完済までにどれだけ返済しなくてはいけないのかがわかりません。日銀の金融調節により、金利は大きく変動します。将来、金利が大きく上がることになれば、返済額が大きく上がることもあるのです。

住宅ローン金利の種類3:「固定金利期間選択型」

固定金利期間選択型は、固定金利型と変動金利型の中間に位置します。あらかじめ決められた一定の期間、固定金利を選択し、その後は決められた期間で金利を見直します。5年、3年など決められた期間は同じ金利です。

固定金利期間選択型のデメリット

固定金利期間が終了した後、金利を見直しすることによって短期金利型同様に将来の返済額は確定しません。金利が上昇していた場合、返済額は大きく増えることになります。

種類によって異なる住宅ローンの金利に係るQ&A

金利について気になるQ&A についてご紹介していきます。

Q&A①「金利の変動ってどうやってわかるの?

変動金利や短期の固定金利は、短期プライムレートに連動しています。。短期プライムレートとは、銀行が企業に融資する際、1年以内の短期間で貸し出す際の金利です。短期プライムレートは日銀が民間の銀行へ貸付する「政策金利」に連動しています。

つまり、金利の変動を知りたいなら、政策金利の変動をチェックするのが大切なのです。

Q&A②「変動と固定どっちがいいんだろうか?」

固定は返済額がはっきりしており、将来の不安が少ない分金利は高めです。変動金利は金利が安くお得な分、将来金利が上がるリスクがあります。どちらも一長一短で、どちらがいいとはいえません。

選ぶポイントとしては、将来返済額が増えても余裕で返せる方、繰り上げ返済をして早めにローンを完済する予定の方は変動金利でもいいでしょう。

逆に将来返済額が上がっては困る方は固定金利を選ぶ方が安全です。

住宅ローン金利の3つの種類と各種類の概要とデメリットをご紹介のまとめ

住宅ローンの金利は、返済額に大きく関わってくるためとても重要です。自分の家計の状況やライフプランなどに合わせ、一番合った金利を選んでくださいね。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。