カードローンを借り入れしたいと思った時に、よく聞く単語「金利」。
この金利とは何かカードローンを借りてみたいと言う方にわかりやすくご説明していきます。

どこまで知ってる?金利についての常識まとめ

金利とは借りたお金を元本としてそれにプラスして払わなければならないお金のことです。
金利はパーセンテージ(%)で表されます。つまり、元本に対してどれぐらいの割合で払わなければいけないかあらかじめ決まっています。
契約の前に金額がわかるので、あなたは契約の際に金利の割合を参考にしながら、カードローン会社を選ぶと良いでしょう。

金利には、年利、利子、利息、利率などのさまざまな呼び名があります。月利や日歩といった概念もあります。
基本的にカードローンは年利で定められています。

【基礎編】金利とは

100万円を18%の金利で借りたいと思ったら、年間の金利は18万円となります。
これを、100万円にプラスして支払うことになります。

カードローン会社は、基本的に金利以外のお金を徴収しません。
保証料や加入料などを徴収されたらそれはヤミ金か悪徳業者です。

カードローン会社は金利のみで運営されています。
そのため、カードローンにまつわる諸経費、たとえば、フリーダイヤルを準備するお金とか、事務手続きの人件費なども金利で運営されています。

よって、カードローンの貸し付けるお金の元を借りてくるために、消費者金融では金利が高くなります。銀行では、自分たちのお金で貸し付けるため、金利が安くできるのです。

たとえば、金利18%の消費者金融と8%の銀行があったとしましょう。100万円を借りるとして一ヶ月あたりの金利は、それぞれ消費者金融で14794円、銀行で6575円になります。
これだけ、金利の差によって支払う額が異なってきます。
そのため、まずは金利の低いカードローンの中から、自分に合いそうなカードローン会社を探していくのがセオリーとなります。

【基本編】金利の種類

金利にはいくつかの種類があります。それぞれ説明します。

 金利、年利、利子、利息、利率 の違いとは?

金利は、パーセンテージで表現される、元本(借りた元のお金の金額)に対しての割合です。
また、金利と年利は、ほとんど同じ意味で使われています。
利子、利息については、金利の分支払う金額そのものを指します。
利子と利息はほとんど同じ意味です。利率は、パーセンテージで表現される利息の割合のことですので、こちらも金利、年利と同じ意味合です。

固定金利と変動金利 の違いとは?

固定金利と変動金利という金利があります。

固定金利とは、利息の割合が最後まで同じなことに特徴があります。一般的なカードローンは固定金利を採用しています。
そして、変動金利は市場環境の変化に応じて金利が変更されるものです。
市場環境とは金融情勢や市場の動向などを見ながらということです。

変動金利最初の金利が低めでスタートできるなどのメリットがあります。
固定金利は返済総額があらかじめわかり、市場の影響を受けないというのがメリットです。
ただし、固定金利はおおよそで見ると金利が高めです。

名目金利と実質金利 の違いとは?

名目金利と実質金利は、実質金利=名目金利―インフレ率の関係で表すことができます。
名目金利が5%でインフレ率も5%だった場合、銀行に100万円預けていて1年後に105円になりますが物価も5%上がっているので、手元に残るお金がなくなるというわけです。
名目金利というのは定期預金などの金利を表す際に使われますが、名目上の金利ですので見かけの数値になります。

短期金利と長期金利 の違いとは?

変動金利は短期金利、固定金利は長期金利に影響をそれぞれ受けます。
短期金利は日銀(日本銀行)の金利調整によって調整されています。
日銀が規制緩和を行えば、短期金利は低く、金融引締め政策を行えば、短期金利は上がります。

長期金利は、債権の相場で決まります。
インフレ予想ならば債券価格が下がり、物価安定ならば上がります。
債券価格が下がれば長期金利は上がり、債券価格が上がれば、長期金利は上がるという関係性です。
つまりインフレ予想で長期金利は上がり、物価安定予想で長期金利は下がるというわけです。

変動金利型・固定金利期間選択型 の違いとは?

固定金利期間選択型とは、融資をスタートした直後から当初数年間の金利が固定されている特約を結んだ状態の契約をいいます。
金利固定の期間は2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、25年などがあります。
その固定期間が終わるとその時点での金利によって、変動金利や固定金利を選ぶことができます。
ただし、金融機関によっては最初に変動金利型を選んでしまうと次からは固定金利に変更できないケースもあるので注意が必要です。

【応用編】金利の計算方法

利子の計算方法の種類

利子の計算方法には、複利と単利の2種類の計算方法があります。

単利は、投資元本を変えずに金利を計算する方法のことをいいます。元本にのみ、利息が発生します。単利の場合、100万円借りて、10%の金利となったとき、1年後には110万円となります。
これは、2年後も変わりません。
1年目も2年目も、10万円の利息が発生します。

一方の複利は、100万円を10%で借りたとして、1年後には110万円。
2年後には121万円と2年目は1年目の元本に利息をプラスしたものを元本とします。
利息が元本に組み込まれるのが特徴です。

【利子一ヶ月】の計算方法

利子を一ヶ月かけて返済する方法ですが、一ヶ月を30日として、元本×金利÷365×30日で表します。たとえば、100万円を18%で30日間借りたとすると、14794円になります。

【利子一週間】の計算方法

利子を一週間かけて返済する方法ですが、一週間は7日なので、元本×金利÷365×7日で計算します。100万円を金利18%で一週間借りた場合の金利は、3452円、となります。

【番外編】知らないと損する金利のあれこれ

番外編として、知らないと損する金利のあれこれをお伝えしていきます。金利について詳しくなってきたら、ここまで知っておくといいでしょう。

金利を減らす方法

金利を減らす方法として、まず低金利のものを選ぶと良いでしょう。18%と8%では100万円借りた場合、年額で10万円程度異なります。
あと、計算式でもわかりますように、日数をかけますので、期間が短ければ短いほど、金利は少なくなります。いま、高金利に悩んでいるのであれば、借り換えローンなども検討して、金利のトータルを下げていくといいでしょう。

また、カードローンの場合は、限度額の上限が上がると金利が下がります。
そのため、定期的な契約更新で限度額が上がった場合は金利を下げることができます。
そして、カードローンであまり知られていない裏技として、電話交渉して金利を下げてもらうということができるのです。交渉次第ですが、他社にカードローンを乗り換えるという選択肢をちらつかせることで、交渉が成立して金利が安くなるケースがあります。

金利が変わるとどれだけ変わる?

金利が変わると、実際の金額はどのぐらいかわるのでしょうか。
まず、パーセンテージから考えてみると、金利が18%から8%に変わっただけで、100万円を一ヶ月借りていた場合は、100万円×18%÷365×30=14794円と100万円×8%÷365×30=6575円になります。差額はなんと一ヶ月で8219円も異なってくるのです。これは大きな数字ですよね。

【返済期間】が変わるとどうなるのでしょうか。10万円を金利18%で3ヶ月にて返す場合と、半年で返す場合を考えてみます。

3ヶ月の場合は、10万円×18%÷365×90日=4438円、半年で帰す場合は、10万円×18%÷365×180日=8876円と、4438円分の違いがでました。期間が倍になっている分だけ、金利もそのまま倍になります。

金利とは何か。ローンを借り入れしたい人のためにわかりやすく解説しますのまとめ

金利とは、元本にプラスして返す利息をいいます。
金利はパーセンテージで表され、率で計算されていますので、単純に 元本×金利÷365日×借りた日数で金利を計算することができます

最初の金利が低いもの、そして借りている日数が短ければ短いほど、金利が少なくなることがわかります。金利は少なければ少ない方がいいお金です。
金利を学んで、賢くカードローンを借りましょう。
最初の30日金利無料のカードローンなどもありますので、カードローンを使う場合は上手に使って上手にやりくりしていきましょう。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。