そもそもブラックカードとは

ブラックカードとは、さまざまなクレジットカードの中で一番格付の高いカードです。
格付が上がるとそれに伴いカードの色もチェンジしていく仕組みになっていて、ブラックカードはそのトップのポジションにあります。
ほとんどの場合「一般カート、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード」の順に格付がアップしていきます。

アメリカン・エクスプレスのブラックカードは広く知られていますが、他社のブラックカードも存在します。
アメリカン・エクスプレス社で一番格が上のカードが黒かったので、「ブラックカード」と名付けられたそうです。
その後、他のカード社も追随し、「最も格付けの高いカード=ブラックカード」というのが定着しました。
ブラックカードは1年間に高い会費がかかり、アメリカン・エクスプレスだと35万円、安いところで5万円、平均で10万円以上かかります。
利用する際の限度額は特に制限がないと言われています。何度も利用して実績を積み上げていれば1回のショッピングで数千万円、よく決済する人なら1億円以上も使用できます。

また、ブラックカードに付帯している各種保険の補償も他のカードよりもはるかに充実しています。
例えば、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は他のカードでは考えられないほど補償がしっかりしています。
本人が死亡すると1億円もの保険金が提携している保険会社より支払われたり、海外で病気になり高額な医療費がかかっても保険が適用されたりするのです。

さらにクレジットカードで買った商品が壊れたり盗まれたりした場合でも、年間で5000万円補償してもらえます。
この他にも他のカードよりお得なサービスや充実した保険があるのがブラックカードです。

ブラックカード・プラチナカード・ゴールドカードどれが一番すごい?

ブラックカード以外でも、プラチナカードやゴールドカードも普通のカードより格付が上です。
では、3つの格付の高いカードのうち、どれが一番すごいのでしょうか。

プラチナカードとは


プラチナカードはゴールドカードの上の格付のカードです。
ゴールドよりもプラチナの方が価値が高いため、この名前が付けられたとされています。
プラチナカードはゴールドカードよりも取得するための条件が厳しくなるため、希少性のあるカードです。
年会費は2万円のカードもあれば、10万円以上かかるカードもあり、金額に幅があります。ゴールドカードよりサービスや保険がワンランク上なのがプラチナカードです。
なおプラチナカードは自分から申し込んで取得することができます。この点はブラックカードとは異なっています。

ゴールドカードとは


以前はゴールドカードにはステータスがありましたが、現在では取得する条件が厳しくなくなり中くらいの格付になりました。
取得条件が緩くなったのでゴールドカードを持っている人は中間層がほとんどで、お金持ちはゴールドより上のカードを持っています。
1年間に支払う会費は1万円~2万円のところが多く、年会費2000円というところもあります。
年収300万円以上であれば審査をパスし、持ち家である必要はありません。
海外旅行傷害保険やショッピング保険は普通のカードよりしっかりとした補償がありますが、その他は大きな特徴がありません。

結局どれが一番?

普通のカードはだれでもフォルダーになれますが、ブラックカード・プラチナカード・ゴールドカードを入手するためにはそれぞれの審査を通過しなくてはなりません。
カードの格付が上がるほど利用できる限度額が高くなったり素晴らしい特典・サービスも多くなったりしますが、取得するための条件が厳格になり、高額な年会費を払う必要があります。
ゴールドカードやプラチナカードを手に入れることを目指すのはそれほど難しいことではありませんが、ブラックカードは年収の高い人だけが目指すことができます。
自分に合ったカードを選択し、フォルダーになることを目指すのが最適でしょう。

ブラックカード取得方法

ブラックカードは申し込んで、数週間で手に入れることはできません。
最初は、格付が下のクレジットカードを入手するところからスタートします。
カードを利用した金額が高額になるとカードの格付が上がっていき、そのうち「ブラックカードを申し込みませんか」という案内が送られてくるのです。
その後、審査を無事に通過すると、晴れてブラックカードフォルダーになれます。

ブラックカードを持てる人の条件

条件①:年収

年収1000万円~1500万円以上という条件のブラックカードもありますが、条件の厳しいところでは5年以上わたって年収5000万円以上であることが必要な場合もあります。

条件②:資産

利用限度額に天井がないと噂されているブラックカードでは、銀行口座に1億円以上の預金がなければならないとされています。
また、預金以外に持ち家などの不動産や金などの資産があることも重視されます。

条件③:職業

高額な年会費を支払えるかどうかを判断するため、職業についても審査されます。
社会的信用の低い職業や企業であれば、審査をパスするのが難しくなります。

条件④:カードの利用実績

カードを利用した回数と金額が多く、一定の条件をクリアした人が審査をパスできます。
利用した回数よりも利用した金額の多さが重要で、過去に滞納したことがないのも条件の一つです。

条件⑤:年齢

すべてのクレジットカード会社が条件としているわけではありませんが、「30歳以上」という年齢条件を設定している会社もあります。

ブラックカードとは。ブラックカードの種類、年会費、特典や年収など条件のまとめ

今回は、プラチナカードやゴールドカードとの比較、ブラックカードの種類・秘密・持てる条件についてご説明しました。
どんなにブラックカードを持ちたいと思っても不可能な人はいますし、高い年会費もかかります。
どうしてもブラックカードを取得したいとお考えの方は取得条件を充たせるようがんばってみてください。今回の記事がブラックカード取得をお考えの方の参考になれば幸いです。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

著者情報

みんかね編集部

みんかね編集部

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。