みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/02/13

パワーバランスとは?ブレスレットの効果と人間関係における意味

最近、パワーバランスという言葉を良く耳にします。
特に、ネット通販や店頭でパワーバランスブレスレットという文字が躍っています。

人間関係ではこのバランスが大切とされており、企業でもこれらを均衡に保つことが大切とされており、注目されている言葉の一つです。
では、具体的にパワーバランスとは何を意味するのか、また、パワーバランスブレスレットの効果はどのようなものかを見ていきます。

Large rawpixel 669610 unsplash
目次

「パワーバランス」の意味とは?

パワーバランスというのは、さまざまな集団においての力関係を表しています。
人の間には様々な力関係が生じています。

その微妙な力関係のバランスが失われたり力が集中し過ぎると、その集団はうまく機能しないのです。
目に見えないものなので難しいのですが、このバランスが崩れると人間関係もスムーズにいきません。

例えば、企業だとわかりやすいのですが、会社のトップは代表取締役社長です。
そして、部長や課長がその下に配置されているので、力の強弱がある関係が生まれます。

もっと大きな規模になると、その企業同士でもパワーバランスはあります。
親会社と下請けもパワーバランス、更に国同士の間にも同じように存在するのです。

いわゆる、上下関係や優位性、年齢など色々な条件でパワーバランスは生まれてくるのです。

<下に続く>

人間関係に見るパワーバランス

人々のパワーバランス

①:年齢

学生によくあるのが年齢によるものです。
特に運動部では先輩、後輩の上下関係がはっきりとしています。

一歳違いだけでそういったことが起こるのです。
下級生は上級生に従い、上級生は下級生に対して指示したり、命令したりします。
また、兄弟でも年齢が離れていると年上の方が絶対的な存在になりえるのです。

②:立場

一番分かりやすいのが会社での役職です。
通常、自分よりも立場が上の役職の方に従います。

それらが縦関係から起こる力関係になるのです。
そして、これらは年齢に関係なく発生します。

年齢が下でも企業では上の立場になることもあるので、パワーバランスの均衡を保つために工夫が必要になってきます。

③:能力

個人の能力によっても力関係は生じます。
同じ年齢であっても、その能力によって人間関係の中にパワーバランスが生まれます。

例えば、スポーツをしていて能力があるものがいると、年下でもレギュラーを獲得することになりますし、仕事でも一番売り上げをあげる人が出世したりするのです。
だから、立場や評価が変わってきて力関係が生まれていきます。

④:経験

経験値によってもパワーバランスが生じます。
例えば、職人などは長い経験によって培われたものが実力になることがあります。

そうなると、その経験年数によって仕事においての重要性や価値が出来てくるのです。
これも年齢に左右されずに生まれるパワーバランスといって良いでしょう。

⑤:権力

立場と似ていますが、強い権力があるものが力を持つこともあります。
例えば政治家や一流企業のトップ、地元の古くからの有力者など、その人の力によってスムーズにことが運んだり、その人の人脈によって問題が解決するようなことです。

<下に続く>

パワーバランスとの上手な付き合い方

では、具体的な付き合い方をみていきましょう。

  1. 巻き込まれない
  2. 利用する
  3. 円滑なコミュニケーション
  4. 自身がパワーをつける

付き合い方①:巻き込まれない

一番良いのはそういったことに巻き込まれないことです。
部外者としての立場を取るのです。

すなわち、力を持っている人に媚びたり、そのバランスを崩したりするような行為をしないようにします。

それらは自分とは関係のないことと割り切って、平等に接することです。
いわゆる、蚊帳の外になることで巻き込まれることで生まれるストレスから解放されます。

そして、力のあるものからの制圧にも屈しないことです。
自分はそういったものには属さない、屈しないというスタイルを貫いて、主張することは主張する、間違っていることは間違っているという意思を通しましょう。

そうすることで周りもあの人はそういったものに左右されないという風に認識されていきます。

付き合い方②:パワーバランスをうまく利用する

逆にそれらを活用することを考えます。
何か困ったことや問題が起きた時には、その力を使ったり、また、集団において不具合がある時には、上のものに伝えて円滑にいくようにしてもらえば良いのです。

また、自分の立場や力関係もよく観察して、どの位置にいるのか、どのようにバランスが保たれているのかを見極めておきましょう。
そして、上手くいっているならば、そのバランスを崩さないように努力することです。

付き合い方③:円滑なコミュニケーション

人間関係でポイントとなるのはコミュニケーションです。
人と人の間には潤滑油のようなものが必要になります。

その潤滑油がコミュニケーションなのです。
いくら力があってもそれ以外の繋がりが深くなっていれば、その力を振りかざしたりすることはありません。

力があるからと平伏してしまうのではなく、その関係の中で人間らしい付き合いをしていくのです。

付き合い方④:自身がパワーをつける

最終手段としては自分自身が力をつけることです。
そして、一番上に立つことで、そのパワーバランスを自身が心地よい状態にすればよいのです。
そのためには努力も必要ですし、知識も必要になります。

<下に続く>

パワーバランスのブレスレットによる効果

通販で良く見かけるパワーバランスのブレスレットにはどのような効果があるのでしょうか。

また、どういった仕組みで効果が生まれるのでしょうか。
一般的に売れられているブレスレットは、通常シリコンで出来ています。

謳い文句としては、瞬発力を増大し、スタミナをアップ、そして、柔軟性も向上するということです。

仕組みとしては、ブレスレットから出る周波数によって身体の磁器バランスを修正すると言われています。

人間の体は電気のような刺激によって呼吸や心臓、手足、また、脳を動かしているとされています。

それらを動かす時に必要な電気を最大限に効率よく生かすためにこのブレスレットが役に立つのです。

<下に続く>

パワーバランスブレスレットの使い方

パワーバランスブレスレットはどのように身体に装着するのかを見ていきます。
商品によって多少異なりますが、ブレスレットと名前の付いているものは、通常手首に装着します。

また、足首でも問題ありません。
そして、洋服を着た時に見えたりするのが嫌だという方は、ポケットに入れておいても同じ効果があるので試してみると良いでしょう。

また、ブレスレットタイプのものは、そのままネックレスのように首からかけます。
こちらも、身体から1cm以内ならば首にかけなくても効果は同じとされています。

すなわち、どの部分につけていても効果はあるということです。
個数も一個だけではなく複数個つけることも可能です。
それによって効果が上がることもあるので試してみてください。

<下に続く>

パワーバランスブレスレットのテスト方法

テスト①

テストを手伝う人がテストを行いたい人の真横に立ちます。
テストをしたい人は、かかと、足のつま先をきっちりとつけて姿勢よく立ちましょう。

テストを手伝う人がテストを行いたい人の手のひらにこぶしを置きます。
手伝う人はテストする人の手のひらを下に押します。

テストする人は全身の力を抜いてリラックスしましょう。
押された時に無理に立とうとしないで、倒れるようであればそのまま倒れます。

その際、膝や腰は曲がらないように気をつけます。
それを今度はパワーバランスブレスレットを装着して行ってください。

テスト②

テストを行い方は足のかかととつま先をつけて、まっすぐに立ちます。
そして、両手を肩の高さまで横に上げます。

テストを手伝う人はテストを行う人の腕を真下に押すようにしましょう。
その時にテストされる人は腕が下がらないように反発します。

しかし、無理に立とうとしないで倒れるようならばそのまま倒れましょう。
そして、片足を上げて先ほどと同じように立ちます。
それをまた同じようにパワーバランスブレスレットをつけて行ってください。

<下に続く>

おすすめのパワーバランス

おすすめ①:パワーバランス ブレスレット EVOLUTION

パワーバランス日本正規品 EVOLUTION 1808 リストバンドブレスレット(クリア×ブラック)
799円

耐久性に優れたアスリート向けのパワーバランスブレスレットです。
厚みも3mmあり身体を動かす方にも安心な作りになっています。

カラーも4色展開しているので好みに合わせてチョイスが可能です。
デザイン的にもスマートなので装着するとスタイリッシュな仕上がりになります。

おすすめ②:パワーバランス ブレスレット BLACK COLLECTION

パワーバランス ブレスレット BLACK COLLECTION
3832円

以前のモデルで人気の高かったブラックコレクションに、更にクールなブルーホログラムが追加されたモデルです。
装着していても気にならないスリムなデザインで、激しいスポーツをする方もおすすめです。

おすすめ③:BANDEL バンデルストリング ブレスレット

BANDEL バンデルストリング ブレスレット
2800円

シリコンで作られたブレスレットは最新のジャパンテクノロジーを駆使して開発されています。

このブレスレットによって、運動能力を高めバランス力、回復力をアップします。
さらに、集中力を高め身体のポテンシャルを最大限に引き出します。

おすすめ④:ツールス イーエフエックス リストバンド

ツールス イーエフエックス リストバンド
6556円

ホログラムを利用することでアスリートの身体的能力をレベルアップします。
EFXホログラムは次世代の記憶媒体として注目されているのです。
そして、すでに欧米を中心にした多くのアスリートに愛用されています。

おすすめ⑤:BANDEL SPORTS ストリング ブレスレット

BANDEL SPORTS ストリング ブレスレット
2800円

最新のテクノロジーを取り入れたシリコン製のパワーバランスブレスレットです。
これによって、バランス、集中力を高めて、運動能力を最大限に発揮するようにします。

<下に続く>

パワーバランスを読み取る方法

パワーバランスを読み取る人

では、パワーバランスを読み取る方法をみていきましょう。
パワーバランスを読み取る方法には、以下のものがあります。

  1. ピラミッドを理解する
  2. 人の動きを観察する
  3. 話し合いの場を観察する
  4. 行事に参加する
  5. 情報を得る

続いて、パワーバランスを読み取る方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:ピラミッドを理解する

まずは自分の周りにあるパワーバランスのピラミッドを理解することです。
誰が上にいるか、その下には誰がいるか、自分はどの位置にあるかを把握することから始めます。

そうすることで、どのようなパワーバランスになっているのかがわかります。
一番理解しやすい方法は、図にして書いて見ることです。

ピラミッドのような組織図にするとわかりやすいでしょう。
企業で良く見る部署や役職の組織図のようなものです。

方法②:人の動きを観察する

例えば会社で人事異動があった時や何かの集まりで役員が選出された時には、どういう動きがあったかをチェックしましょう。

その動きや与えられた役職や役割によって、パワーバランスが読み取ることが出来ます。
異例の抜擢や予想外の選出があれば、それはどうしてそうなったのか、第三者の力が働いたかを調べることです。

そこに、パワーバランスが働いていることもありますし、その移動によってパワーバランスに変化があるかも知れません。

方法③:話し合いの場を観察する

会議や話し合いの場のようなところで観察をします。
誰が発言しているか、誰が誰に同意しているかを見るのです。

もし、議長のような人がいないならば、誰がその役割をしているのかも観察しましょう。
話し合いや会議の場ではパワーバーランスを読み取りやすいのです。
そのため、発言の回数、発言の内容などをよく観察しましょう。

方法④:行事に参加する

パワーバランスが知りたい集団の行事などに参加しましょう。
会社なら社内行事、町内なら町内行事です。

誰が参加して、参加した時にどのような役割をしているのかを見ます。
そして、支持される人、支持される人をよく見てみます。
それによって、その集団のパワーバランスが読み取ることが出来るでしょう。

方法⑤:情報を得る

耳から入ってくる情報も重要です。
外からではわかりにくいパワーバランスも存在しています。

そのため、様々な人から情報を得ることでパワーバランスを読み取ります。
特に力のある人はそれなりの情報を持っていることでしょう。

今、どのようなパワーバランスが働いているのか正直に聞いて見ると有益な情報を得ることが出来るかもしれません。

<下に続く>

パワーバランスを活用しよう

集団に起こるパワーバランス

持っている力を効率よく発揮するためにパワーバランスブレスレットを活用して見るのも良いでしょう。

有名スポーツ選手やビジネスマンも愛用しているので何かしらの効果が見込めるかもしれません。

そして、これをつけることによってプラシーボ効果も期待できます。
これをつけているという意識がパワーを生みだすこともあります。
また、パワーバランスをよく理解して会社やその他の人間関係を上手に築きましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line