お金のコトをもっと身近に|みんかね

【経営者必見】事業継承を思い立ったら読むべきおすすめの本まとめ

Large pexels photo 167682 1
目次

そろそろ事業を引き継いで引退しなければならない、そんなときにどうしますか?
家族経営の中小企業なら、自動的に後継者が決まっているかもしれません。
そうではなくても、すでに右腕的存在がいて候補が決まっている場合もあります。

でも、注意しなければ事業継承は失敗してしまうので、アドバイスを求めてください。
いきなり専門家に援助を求めなくても、身近なところから始めることができます。
ここでは入門として役立つ書籍をいくらか紹介します。

事業継承の前に読むべきおすすめの本

事業継承を思い立ったら読む本

これまで事業継承について考えてこなかった経営者の入門書に最適です。
「自分が知りたいと思っていることが載っている!」と話題の本になっています。
難しいことをわかりやすく説明していますので、最初に手に取って読むべき1冊です。

会社を継ぐあなたが知っておくべき事業承継 そのプロセスとノウハウ 「ストーリー+解説」で理解する32のポイント

この本の主な特徴は、ストーリー部分と解説部分に分かれているところです。
最初にストーリーで事業継承の流れをつかみ、後半ではストーリーの中からポイントを解説しています。
とくに親から子への事業継承をスムーズに行ないたい人は必読です。

承継トラブルゼロ! たった一年で会社をわが子に引き継ぐ方法

日本の中小企業の場合は親子での事業継承が多く、この本も子どもへの引き継ぎを扱っています。
押えるべきポイントを理解すれば短期間で完了できるという視点で書かれているのが斬新です。

社長ほど楽しい仕事はない 三代目社長が考えた、成功する事業継承40のルール

会社を引き継ぐことを考えている経営者だけではなく、会社を継がせたい相手に読ませたい1冊です。
社長になってみようかな!と奮い立たされるかもしれません。

事業継承の教科書

  • 著書名:事業継承の教科書
  • 作者:TOMAコンサルタンツグループ
  • ページ数:211ページ(単行本・ソフトカバー)
  • 発売日: 2015/1/27
  • 出版社:PHP研究所

バイブル的なものを通して勉強したい方におすすめです。
入門書に比べると、複雑なことはそのまま複雑に書いてあるのが難点ですが、じっくり学べます。

経営者と銀行員が読む 日本一やさしい事業承継の本

日本一わかりやすいかどうか別にして、イラストや図が多く、会話形式で進行していく部分があるので、楽しみながらマンガ感覚で読み進められます。
実際に使える手法も紹介しています。

いちばん優しい事業承継の本 中小企業診断士が書いた!

事業継承を、文字通りABCから教えてくれます。
具体的な事例を交えながら、真剣かつ具体的に事業の引き継ぎを考えるためには最適の本です。

<下に続く>

失敗しない事業継承のおすすめの本

税理士が見つけた!本当は怖い事業承継の失敗事例50 (3訂版)

シリーズ自体は古いのですが、最新事例を交えた第3版です。
この本のユニークなところは、事業継承を失敗から見ている点です。
失敗という角度から学んで成功へと導いていくことができます。

中小企業のための事業承継の進め方

事業継承をすることでさらに会社を強くすることを願う中小企業の味方になる本です。
会計のプロの視点で書かれた、数字に強くなれる本です。

税金がかからないための事業継承おすすめの本

オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

単純に事業継承について網羅しているのではなく、税金対策の面からとらえた良書です。
的を1点に絞っているだけに、すべての面で適用できないとしても、アイデアはたくさん得られます。

<下に続く>

【経営者必見】事業継承を思い立ったら読むべきおすすめの本まとめ

今回は事業継承を考え始めるときに役立つ本をご紹介しました。
いくら親子でも、流れに任せてバトンタッチするだけではうまく引き継げません。
基本から頭に叩き込むために、お気に入りの1冊を選んでください。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事