2017年04月17日

FX口座を開設する前に確認しておきたいポイントを紹介します

目次

国内FX会社について

FXの口座開設にあたって多くの方が迷っていられると思いますが、今回はそんなfx会社選びの基準となるものを解説します。

FX口座を解説する前に確認しておきたいポイント

口座選びのポイントとなるのは意外と単純で投資初心者でもわかります。主に取引コスト、取り扱っている通貨の違いですが、まずは細かく色々と解説していきます。

①取引コスト

取引コストとはいわば実際に取引するにあたってかかる費用のことです。
この取引コストを細かく分けると取引手数料、スプレッド、入出金手数料などが含まれます。

スプレッド

スプレッドというのは買値と売値の差のことです。
例えばスプレッド0.2銭というのは買値122.553、売値122.551ということになります。
fxの会社はここで収益を出してるわけです。

取引手数料


取引手数料とは1回の取引にかかる手数料です。
ですがほとんどのところは0円です。

入出金手数料

入出金手数料は入金、出金する際にかかる手数料のことです。
例えばあなたがfx口座から自分の銀行に出金したいときに100円かかるとしたらそれが入金手数料です。

②カバー範囲

カバー範囲を知る前にカバー取引(マリー取引)とは何かを知っておくべきことです。カバー先と呼ばれる金融機関にお客さんの注文と全く同じ注文をして、リスクを軽減することを指します。そうすることで、お客さんの予想が当たり儲けたと同時にFX会社も同じように儲けが出ている状態になるので、実質損失を出すことがなくなります。

銀行、証券会社、fx会社、海外のfx会社もカバー先を引き受けています。カバー先に相殺したい注文を渡す割合のことをカバー範囲といいます。ですからカバー範囲が高ければ高いほどスプレッドが高く、カバー範囲が低ければ低いほどスプレッドが狭いという関係が生じます。

ただあまり難しいことは考えず、結局はカバー範囲とスプレッドの合計値はどのfx会社も同じようなものだと思ってください。

③通貨ペア

通貨ペアとは例えばあなたがドル欲しいとしたら日本円で買いますよね?この時の通貨ペアはドル円と言います。世の中には国の数だけ通貨の種類があるので、ドル元、ユーロ円など色々と組み合わせがあるわけです。

④レバレッジ

レバレッジは例えば10万円の元手で100万円相当の取引をした時レバレッジ10倍といい、少ない元手で大きい取引をすることをいいます。

⑤取引可能時間


fx取引は月曜から土曜までの24時間可能です。

⑥取引のしやすさ

fxの取引ツールは非常に発達していてスマホがあればどこでも誰でも取引可能です。
しかも取引画面がとてもシンプルで通勤時間、休憩時間にでもサクッと取引できます。

⑦取引ツール

fxの取引ツールには取引だけでなく様々な機能があります。
特に金融に関するリアルタイムのニュースは取引をしていなくても世界情勢を知るには便利な機能です。

⑧モバイル対応

最近はほとんどのfx会社がモバイル対応したツールを出しているので特に気にする必要はなさそうです。

⑨会社の信用


初心者の方はSBI、GMO、DMMのどれかなら心配ないでしょう。例えば中級者くらいになった時さらに会社選びに徹底したいと思った時に海外のあまり有名でない会社とかに手を出すときは危険かもしれません。きっちり下調べしましょう。

⑩ロスカットルール

レバレッジの掛けられるfx会社には当然ながら強制ロスカットがあります。ロスカットとは損失が発生している状態で決済することです。レバレッジがあると損益に急激な変動がある可能性があるためロスカットルールがあります。

【番外編】自動売買MT対応のFX会社を選ぶなら


近年取引の自動化が進み、AIも台頭してきました。そこで自動売買できるFX会社を簡単に3つ紹介します。チャートをカスタマイズできるのがフォレックスドットコム、通貨ペアの種類が豊富なのはAVAトレード、取引スタイルに柔軟に対応できるOANDAです。

【番外】高レバレッジのFX会社を選びたいなら

国内FX会社では25倍のレバレッジが限度ですが、海外となるとなんと2000倍までできるところもあります。興味のある方が海外FX業者もありです。会社の規模を見て全体的に安心できるのがXM、手数料が安いのはAXIORYです。ただしリスクは自己責任でお願いします。

FX口座を開設する前に確認しておきたいポイントを紹介のまとめ

いかがでしたか。今回は、国内のFX口座を解説するにあたり、確認しておきたいポイントを紹介しました。
取引に慣れていない方はバランスの取れたSBIかツールの充実したGMOの口座をおすすめします。取引に慣れ、取引回数が多くなってきたなと思えばDMMがおすすめです。
今回ご紹介したポイントを元に検討していただければ幸いです

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事