2017年04月21日

公正証書遺言に掛かる費用はいくら?具体的な費用を説明します!

目次

公正証書遺言に掛かる費用

遺言書の中で最も信憑性の高い遺言書のことを公正証書遺言といい、信憑性を疑われる心配はないと言っていいでしょう。自分が遺言書を作成する際、何となく「公正証書にしておけば安心。」であるというということは知っているが、どのくらいの費用がかかるのか気になっている人は多いのではないでしょうか。

今回は公正証書遺言を作成するために必要な費用についてご紹介してまいります。


公正証書遺言は公証人役場にて公証人に作成してもらうようになります。
この際に遺言者が選任した証人2人の立ち会いが必要となるのですが、基本的に証人は遺言者が自分で探すようになるのですが、それが無理な場合には専門家に依頼することも可能です。

作成に掛かる費用は大きく次の3つに分けられます。
・ 公証人への公正証書作成手数料
・ 証人2人について専門家に依頼した場合には、その証人に対する日当
・ 公証人に出張作成を依頼する場合には、交通費などの出張費

公正証書遺言に掛かる費用は「公証人手数料令」によって定められている

公証人への作成手数料は「公証人手数料令」によって国が定めていますので、公証人によって手数料が違うなどということはなく安心です。この手数料令には作成手数料のみならず、旅費や日当についても定められています。

公正証書遺言に掛かる費用は「原則」交付される際に現金で支払う

公正証書作成手数料は原則として交付される際に、現金や銀行振り込みなどによって公証人役場に支払うようになりますが、例外的に予納をしなければならない場合もあります。
また支払う能力がないことが市町村長等の証明により明らかである場合には、支払いの全部または一部の猶予をしてもらうことが出来ます。

公正証書遺言作成時に掛かる具体的な費用


それでは必要費用について具体的にご紹介いたします。
細かくは公証人役場によって異なりますので必要に応じて直接ご確認ください。

基本費用

公証人への作成手数料は遺言書に記載される財産の額に応じて定められており、以下の通りとなっています。

目的財産の価格 手数料
~100万円 5,000円
100万円超~200万円 7,000円
200万円超~500万円 11,000円
500万円超~1,000万円 17,000円
1,000万円超~3,000万円 23,000円
3,000万円超~5,000万円 29,000円
5,000万円超~1億円 43,000円
1億円超~3億円 43,000円+5,000万円までごとに13,000円
3億円超~10億円 95,000円+5,000万円までごとに11,000円
10億円超 249,000円+5,000万円までごとに8,000円

その他の費用


・ 公証人による自宅や病院などへの出張費
日当20,000円(4時間以内の場合10,000円)、旅費の実費分

・ 公正証書遺言を作成するために必要な書類の発行手数料
数百円/枚(お住まいの市町村等によって金額が若干異なりますので、詳しくはお問い合わせください。)

* 印鑑証明書………300円程度
* 戸籍謄本…………400円程度
* 住民票……………300円程度
* 登記事項証明書…600円程度

・ その他には公証人役場までの旅費、公証人や証人との連絡用通信費、遺言書の用紙代など

以上がその他の費用として挙げられます。
日当以外については掛かっても数百円から数千円程度のものになりますので、公正証書遺言を作成するために必要な費用の大半は作成手数料が占めることになります。

公正証書遺言に掛かる費用はいくら?具体的な費用を説明のまとめ


以上、公正証書遺言の作成費用についていかがでしたでしょうか。

公正証書遺言は遺言書の中で、自分の意思を確実に相続人に伝えることが出来る1番の方法です。しかしその反面、費用が掛かるというのがデメリットであると言えます。前述の通り、その作成手数料は相続財産の額に比例して高額になってしまいますが、相続争いを起こす可能性も相続財産の額に比例して大きくなる場合が多いです。

将来の相続人同士の争いを防ぐためにも公正証書遺言を遺すことに損はないでしょう。また公証人役場へ相談することに関しては費用は掛かりませんので、遺言書を遺すか否か、遺言書を公正証書にするか否か迷われている人は一度相談されてみるのも良いかもしれません。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事