みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/07/11

解放感とは?意味や使い方、開放感との違い!解放感を感じるには?

仕事や人間関係でストレスをためこんだり、様々なしがらみの中で生きていると、何もかも投げ出して解放されたい、自由になりたいと感じることも多いでしょう。
では、一体、どうすれば、解放感を感じて、気分をリフレッシュさせることができるのでしょうか?

そこで今回は、解放感とは?意味や使い方、開放感との違い!解放感を感じる方法やメリットについて解説していきます。

Large kaihou
目次

解放感とは?

意味

解放感とは、「束縛を解かれて自由になる」という意味の言葉です。
「恋人の束縛が激しくて自由に行動できない」、「受験勉強で忙しくて遊ぶ暇がない」、「責任のある仕事を任されて強いストレスを感じている」など、行動を制限されていたり、ストレスで精神的に縛り付けられているような状態から、完全に解き放たれた時に、人間は解放感を味わうことができます。

類語

解放感の類語としては、「リラックス」、「爽快感」、「安息」、「安堵」、「清々しい」、「晴れ晴れ」などの言葉が挙げられます。

使い方

解放感の使い方としては、「職場を辞めて解放感を得る」、「束縛が激しい彼氏と別れて解放感を得る」、「受験勉強が終わって解放感を得る」、「親と離れて暮らすことで、解放感のある生活を送れるようになった」というように、今まで我慢してきたことや、自由を制限されていたことから、解放された時に使うことができます。

英語

解放感を英語で表すと、「a feeling of freedom」、「a sense of freedom」、「feel free」と表すことができます。

<下に続く>

「解放感」と「開放感」の違い

「解放感」と「開放感」の違いとしては、開放感とは、「扉や窓を開けたままにしておく」、「出入りを自由にする」、「制限やルールを設けていない」という意味の言葉です。
ですので、閉まっているものを開く、空間が広々としている状態、恋愛や人に対してオープンである性格などを表す時に使うことができます。

<下に続く>

解放感を感じる方法

解放 感

では、解放感を感じる方法をみていきましょう。
解放感を感じる方法には、以下のものがあります。

  1. SNSのアカウントを削除する
  2. 不用品を捨てて、部屋をスッキリとさせる
  3. 好きな食べ物を好きなだけ食べる
  4. 交通量の少ない道路でドライブする
  5. 景色の良い露天風呂で温泉を楽しむ
  6. 1人カラオケに行って、好きな歌を好きなだけ歌う
  7. スポーツやジョギングをして汗を流す
  8. 愚痴や不満を誰かに聞いてもらう
  9. 人間関係を整理する
  10. 感動する映画やドラマを見て思い切り泣く
  11. 泥酔しない程度にお酒を楽しむ
  12. 登山をして自然を味わう
  13. 1人暮らしを始める

続いて、解放感を感じる方法を、それぞれ詳しくみていきます。

解放感を感じる方法① SNSのアカウントを削除する

最初にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「SNSのアカウントを削除する」という方法が挙げられます。
最近では、SNSの利用による気疲れを起こす、いわゆる「SNS疲れ」に陥っている人が若者を中心に増えています。

もしも、暇があればSNSのタイムラインを目で追ってしまったり、「いいね!」やコメントを残すのが面倒になったと感じることが多ければ、思い切ってSNSのアカウントを削除することをおすすめします。
SNSを削除することで、SNSの利用で時間を取られることがなくなりますし、SNS上での人間関係を無理して維持しようとしなくなるので、精神的に楽になり、「SNS依存から解放された」と実感することができます。

解放感を感じる方法② 不用品を捨てて、部屋をスッキリとさせる

次にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「不用品を捨てて、部屋をスッキリとさせる」という方法が挙げられます。
物で溢れる今の時代では、本当は必要のない物でも、衝動的に買ってしまって、結局使わない物で部屋が散らかっている方も多いのではないでしょうか。

近年、「断捨離」や「ミニマリスト」がブームになっていますが、不用品を捨てて、必要最低限の物だけで生活をすることによって、物への執着から解放されます。
また、物の数が減ることによって、掃除が楽になり、部屋を清潔に保つことができるようになるので、これによって、精神的な解放へと導いてくれるのです。

解放感を感じる方法③ 好きな食べ物を好きなだけ食べる

3個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「好きな食べ物を好きなだけ食べる」という方法が挙げられます。
太りたくないから食事制限をしている、ドカ食いすると罪悪感を感じてしまうという方も少なくありません。

ですが、だからといって無理をしてしまうと、「食べてはいけない」という思考で自分の心を縛り付けてしまうことになります。
ですから、例えば、仕事が休みの日には、「食事制限をしないで、好きな食べ物を好きなだけ食べて良い」というルールを作ることで、今まで我慢してきた食欲を解放させることができるので、ストレスも解消され、満足感を得ることができるようになります。

解放感を感じる方法④ 交通量の少ない道路でドライブする

4個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「交通量の少ない道路でドライブする」という方法が挙げられます。
この方法は、自動車の免許を取得していることが前提となりますが、都会や郊外のベッドタウンの道路ですと、信号も車の数も多いので、走っては止まっての繰り返しで、渋滞で運転にイライラしてしまうことも多いでしょう。

ですが、人口の少ない田舎町の道路や山道ですと、信号も少なく、交通量も少ないため、渋滞することもありませんし、快適にドライブを楽しむことができます。
田舎ですと、景色も空気もキレイで、窓を開けて運転すれば、ストレスフリーでドライブを楽しめること間違いなしです。

しかし、だからといって、法定速度を大幅に超えるようなスピードで運転したり、わき見運転などの危険な運転をして、万が一事故を起こしてしまっては本末転倒ですから、安全を第一に考えた上で余裕を持った運転するように心掛けましょう。

解放感を感じる方法⑤ 景色の良い露天風呂で温泉を楽しむ

5個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「景色の良い露天風呂で温泉を楽しむ」という方法が挙げられます。
広大な海や山々などが見渡せるような景色の良い露天風呂に入れば、非日常的な空間を味わいながら、解放感も得ることができます。

また、温泉には、肩こりや腰痛などの様々な体の症状に効果があり、日ごろの疲れを癒してくれる力があるので、心身ともにリフレッシュさせることができます。

解放感を感じる方法⑥ 1人カラオケに行って、好きな歌を好きなだけ歌う

6個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「1人カラオケに行って、好きな歌を好きなだけ歌う」という方法が挙げられます。
日頃のたまったストレスで、時には大声で叫びたくなる時もありますが、外で大声を出せば変質者扱いされてしまいますし、自宅でも近所迷惑になってしまうため、心の叫びを理性で抑えつけなくてはなりません。

しかし、カラオケボックスであれば、防音対策もしっかりされているので、自分の声が外に漏れてしまうこともありませんし、1人だけでカラオケに行けば、周りの人の目を気にすることなく、自分の好きな歌を好きなだけ歌うことができます。
ですので、好きな歌を大声で歌うことによって、心の叫びを歌にのせて声に出すことができ、解放感を得ることができるようになるのです。

解放感を感じる方法⑦ スポーツやジョギングをして汗を流す

7個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「スポーツやジョギングをして汗を流す」という方法が挙げられます。
スポーツやジョギングをすることで、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が促されるため、ストレスから解放されて心のバランスを保つことができます。

解放感を感じる方法⑧ 愚痴や不満を誰かに聞いてもらう

8個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「愚痴や不満を誰かに聞いてもらう」という方法が挙げられます。
愚痴や不満をため込んでいると、マイナス思考に陥りやすく、気分もどんよりとしてしまいます。

また、マイナス思考であることが原因で、不幸なことが現実で起きてしまいやすいもので、負のループに陥ってしまうものです。
ですから、家族や友人、恋人など、誰かに愚痴や不満を聞いてもらうだけでも、前向きに考えることができますし、解決法も見出せるようになり、ストレスを軽減することができます。

解放感を感じる方法⑨ 人間関係を整理する

9個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「人間関係を整理する」という方法が挙げられます。
誰からも嫌われたくないと思って、上辺だけの関係を続けていると、自分の感情を外に吐き出すことができず、ストレスが溜まっていく一方になってしまいます。

ですので、自分にとって本当に大切な人は誰なのか考えてみて、人間関係においては、その大切な人との繋がりを重視するようにし、顔見知り程度の人、あまり親しくない人、自分と相性の合わない人との付き合いを切ってしまうことをおすすめします。
そうすることで、自分にとって本当に大切な人との繋がりをより大切にしようと思うことができます。

また、そういった信頼関係で結ばれている仲であれば、自分の本音を相手にぶつけることもできるので、人間関係によるストレスを減らすことができるようになります。

解放感を感じる方法⑩ 感動する映画やドラマを見て思い切り泣く

10個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「感動する映画やドラマを見て思い切り泣く」という方法が挙げられます。
思い切り泣くことによって、涙と一緒に「コルチゾール」や「プロラクチン」などのストレスホルモンが外に排出されるため、ストレスから解放され、気分をスッキリさせることができます。

また、映画やドラマなどの非日常的な空間に引き込まれることによって、現実逃避することができるので、是非とも、感動する映画やドラマを見て涙を流すことをおすすめします。

解放感を感じる方法⑪ 泥酔しない程度にお酒を楽しむ

11個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「泥酔しない程度にお酒を楽しむ」という方法が挙げられます。
ほろ酔い気分になる程度にお酒を嗜むことで、アルコールの働きにより、大脳の働きが抑えられることによって、理性が外れ、解放感を感じることができるようになります。

ですが、お酒を飲みすぎて泥酔して周りの人に絡んだり、街中で寝そべってしまったりと、周りに迷惑をかけてしまわないように気を付けましょう。

解放感を感じる方法⑫ 登山をして自然を味わう

12個目にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「登山をして自然を味わう」という方法が挙げられます。
登山をするということは、頂上を目指してひたすら歩き続けるということですから、頂上まで登りきることで、達成感を得ることができます。

また、山の頂上での見晴らしは最高で、高い山であれば、360度ぐるっと景色を見渡すことができるので、日常では味わえないような解放感を得ることができます。

解放感を感じる方法⑬ 1人暮らしを始める

最後にご紹介する、解放感を感じる方法としては、「1人暮らしを始める」という方法が挙げられます。
家族と一緒に実家に住んでいると、家族に気を遣ったり、自分の好きなことができなかったり、時には、家族に色々と口を挟まれることもあるでしょう。

しかし、一人暮らしをすることで、何時に何をしようが誰からも文句を言われることはありませんし、とにかく自由に生活することができるので、誰からも自分の生活を縛られないという解放感を得ることができます。

<下に続く>

解放感を感じるメリット

解放感を感じるメリットとしては、ストレスが解消されて前向きに考えることができ、生き生きとした人生を歩むことができること、心の中でモヤモヤしていたものが吐き出されて、気分をリフレッシュさせることができること、何事にも縛られずに自分の思い通りに自由に行動できることが挙げられます。
誰かから束縛されたり、仕事や勉強のプレッシャーで精神的に大きな負担がかかっていると、自分の行動を制限されることによってストレスを感じてしまいます。

また、精神的に疲弊してしまって、何もやる気が起きなくなってしまい、マイナス思考に陥りやすくなってしまいますので、解放感を得ることは充実した人生を送る上で大切なことなのです。

<下に続く>

解放感とは?意味や使い方、開放感との違い!解放感を感じるには?のまとめ

解放 感

以上で、解放感とは?意味や使い方、開放感との違い!解放感を感じる方法やメリットについて解説してきました。
解放感を得るためには、これまでご紹介してきた方法を試すのもそうですが、とにかく、自分のしたいことを好きなだけすることが大切です。

もちろん、周りの人に迷惑をかけるのはいけませんが、自分のやりたいことを我慢し続けてしまうと、ストレスがたまる一方で、心身ともに支障をきたすことになってしまいます。
ですので、週に何日か、解放感を得られるような方法を試してみて、気分をリフレッシュさせて人生を楽しんみることをおすすめします。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line