みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

apple payでICOCAは利用可能?ICOCA以外のICカードは?

apple payは、Suicaにも対応しているのでICOCAやPASMOユーザーの方もapple payを気にしている方も多いですよね。
現状Suica以外の交通ICカードは対応していません。
Suica以外のICカードをapple payで利用できる方法はないのか、対応していない理由を書いていきます。

Large iphone 624709 1920  1
目次

apple payでICOCAは利用可能?

まずICOCAとはJR西日本が提供している交通系ICカードです。
大阪などの関西方面では多く利用されておりメジャーなICカードの一つでもあります。

結論から言うと、ICOCAは現状apple payには対応しておらず、交通系ICカードで利用可能なものはSuicaだけに限られます。
他にもPASMOやmanacaやはやかけんなど地域に応じてさまざまなICカードがありますがこれらもapple payには対応していません。

Suicaは基本全国の電車でも利用が可能なのでapple payにSuicaを入れておけば関西に行ったとしても普通に利用できます。
ただ一部のバスなどの対象外の乗り物もありますので事前に確認するようにしましょう。

他にもコンビニや交通系ICカードで支払える場所はたくさんあるので、apple payにSuicaをいれておけば便利ですし、乗車も支払いもスマートに行うことができるメリットがあります。
またICOCAも東京はもちろん対応エリアの場所では普通に使用することができますし、チャージも同じ手順で可能です。

各地域のiPhoneユーザーのためにも、すべての交通ICカードがapple payには対応してほしいところです。

<下に続く>

ICOCA以外でapple payに対応するICカードはある?

apple pay カード

apple payに対応するICカードはあります。
交通系のICカードでは、Suicaが利用できるでしょう。

そもそもapple payは、Suicaの他にもクレジットカード・プリペイドカードの利用が可能です。
以下では様々なICカードがapple payに対応しているかみていきます。

Suica

現在、Suicaは唯一apple payで対応している交通系ICカードです。
SuicaにはモバイルSuicaというカード以外のモバイルバージョンがあります。

モバイルSuicaの場合は、ネットやおさいふ機能つきのスマートフォンなどにて利用が可能です。
しかもモバイルSuicaでは、年会費がありますがapple payの場合年会費は無料になります。

利用者が多くモバイル版もあるので、apple payにはいち早く対応できたのでしょう。
また、交通機関以外にもコンビニなどでも数多くのシーンで、Suicaは利用できます。

PASMO

PASMOは主に首都圏を中心に展開しており、公共機関などで利用されているICカードです。
主にSuicaと機能は同じですが、apple payには対応していません。

また、PASMOにはモバイル版はなく、カードのみでの利用になります。
カードのみの利用にはなりますが、交通機関以外にもお店で買い物する際にも利用できる場合があります。

ICOCA

ICOCAは主に、JR西日本圏の公共機関で利用されているICカードです。
こちらも機能は、Suicaなどとあまり変りません。

しかしPASMO同様に、ICOCAにはモバイル版がなくカードのみでの利用になります。
そのためチャージは券売機で行う必要があり、Suicaのようにどこでもチャージできるわけではありません。

auWallet

auWalletとは、auユーザーのみが利用できるプリペイド式の電子マネーもしくはクレジットカードです。
そのためauユーザーは、auWalletをapple payで利用することができます

apple payでauWalletを利用するときは、まずauWalletのアプリをダウンロードが必須です。
アプリ内でカードを設定したら次に、apple payにカードを追加するだけで、非常に設定は簡単にできます。

店舗で使用する際は、「クイックペイで支払いお願いします」と言えば、大丈夫です。

WAON

WAONとは、イオングループが展開している前払い式の電子マネーです。
また、WAONは国内での取引額も高く、たくさんの人が利用しているでしょう。

そのため、WAONはイオンやマックスバリュなどのイオングループのお店で利用ができます。
WAONはポイントを貯めることもでき、お店をよく利用する人にはおすすめです。

しかし、WAONは現段階でapple payには対応していません
どうしてもWAONを使いたい場合は、WAONと同じ機能のあるイオンカードというクレジットカードであれば、apple payでも使用できます。

楽天Edy

楽天Edyはプリペイド式の電子マネーカードです。
そのため、楽天Edyは全国50万箇所以上の加盟店であれば利用することができます。

また楽天Edyにはおさいふ機能つきのスマホでも利用ができますが、apple payには対応しておらず、利用不可です。

nanaco

nanacoはセブン&アイ・ホールディングスが提供した電子マネーです。
そのため、nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカードなどで支払い時に利用ができ、同時にポイントが貯められます。

また、nanacoはモバイル対応しており、おさいふ機能つきのスマートフォンやガラケーで利用できますが、apple payには対応していません。

<下に続く>

なぜapple payはICOCAなどに対応していない?

なぜapple payはICOCAなどの複数の交通系ICカードに対応していないのでしょうか。

  1. モバイル展開されていない
  2. シェア率が低い
  3. Suicaが対応している

以上のことが、なぜapple payが対応されていないのかに対して考えられる理由です。
以下ではそれぞれの項目について詳しく見ていきます。

理由①モバイル展開されていない

まず、Suica以外の交通系ICカードはモバイル展開されておらず、カードのみでの利用になります。
カードでしか利用できないので、未だにapple payには導入されず利用できません。

モバイル展開するには、セキュリティやモバイルの仕組みを作るのに膨大なお金が必要となります。
そのため、なかなかモバイル展開へとすすまないようです。

理由②シェア率が低い

数ある交通系ICカードの中でも、一番の利用者数を誇るカードはSuicaとなります。
そのため、apple payの対応でもSuicaがまず先におこなったのでしょう。

Suicaは交通系ICカードの中で、一番最初に作られました。
そしてPASMOやICOCAなどさまざまな地域のICカードが展開されてきたのです。

その理由もあってか、なかなかシェア率はSuicaに比べてしまうと低くなります。

理由③Suicaが対応している

最後に3つ目の理由として、apple payはすでにSuicaが対応しているので、他の交通系ICカードを新たに対応を増やすメリットが少ないです。
Suicaなどの交通系ICカードは、全国相互利用できるようになっており、利用できない場所はほんの一部とされています。

そのため、apple payはSuica一つを抑えておけば、交通機関で利用するICカードには困りません。

<下に続く>

ICOCAユーザーがapple payを利用したい場合

ICOCAユーザーの方がapple payを利用したい場合は、残念ながらSuicaに乗り換えるしか方法がありません。
しかし、これはあくまでも交通系ICカードの機能をapple payで利用したい方にとっての話です。

関西圏の方にとって、ICOCAは定期券や切符の代わりとして欠かせない交通系ICカードでしょう。
そんなICOCAで貯めたポイントや定期券の機能は、Suicaに持ち越せません。

そのため、関西圏でICOCAを利用していて継続してICOCAを使い続けたい人は、apple payが対応するのを待つ必要があります。
ちなみにSuicaの場合も、apple payで定期券としての利用はできません。

<下に続く>

今後ICOCAがapple payに対応することはある?

今のところ、ICOCAがapple payに対応する予定はありません
これはICOCA以外のPASMOやnanacoなどもそのようです。 

そもそもICOCAやPASMOがapple payに対応するようになるには、まずモバイルバージョンを作ることが必要になります。
そのため、もしapple payに対応する予定があったとしてもモバイルバージョンを作成してからになるので、年数はある程度かかることになるでしょう。

また、かかるのは時間だけではありません。
apple payに対応させるのには、お金もかなりかかります。

それはモバイルのプログラミングを設定したり、セキュリティを強化しなければならないからです。
SuicaはもともとモバイルSuicaといったモバイルバージョンがあったため、数ある交通系ICカードの中でapple pay対応に選ばれたのでしょう。

<下に続く>

apple payでICOCAは利用可能?のまとめ

apple pay iPhone

apple payは、クレジットカードやidを中心に展開しており、まだ対応していないICカードが多いです。
そのためPASMOやICOCAユーザーにとっては、なかなか利用できてない人も多いでしょう。

しかし、現在対応可能なSuicaはPASMOやICOCAなどと利用方法も活用方法も同じです。
むしろSuicaの場合は、インターネット上でチャージすることができ、PASMOやICOCAにはないサービスが提供されています。

apple payを利用することで、今までにないサービスを受けることができ、またiPhone1つ持っていれば買い物も電車に乗ることもでき、楽でしょう。
これを機にSuicaに乗り換えて、apple payを利用してみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line