みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

nanacoのチャージ方法!現金・クレジット・ポイントでも可能?

nanacoは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのグループの店舗や提携のサービス店で使える前払い式の、予めチャージをして使うタイプの電子マネーのことです。
カードタイプやスマートフォンのアプリタイプ、クレジットカード一体型もあり、ライフスタイルに合わせて選べ、身近な店舗で使えることが多く、とても人気があります。

Large register 810546  340
目次

nanacoとは

現金でnanacoのチャージ
加盟店で使えるプリペイド式の電子マネーのことで、主にグループ企業のコンビニやスーパー、及び提携の店舗で使えます。
店頭にnanacoのロゴマークがあれば、事前に現金やクレジットカード等でチャージをしてその金額の範囲内で決済可能です。

nanacoで決済をするごとに所定のポイントが貯められ、次に買い物をする時に電子マネーに充当することもできます。
お釣りがないので小銭で財布が重くなることもありませんし、コンビニで税金や公共料金の支払いにも使えるという特徴があります。

<下に続く>

nanacoにチャージする(現金)

現金を使ったチャージの方法は4つです。
項目別に分けて説明します。

nanacoの限度額も決められているので、注意してください。
キャンペーンをしている時に、nanacoに加入したり、チャージをしたりすると電子マネーのポイントがもらえることもあります。

1. お店

店舗で現金からチャージを行うには、レジに出向いてスタッフにチャージをするように依頼するだけです。
nanacoカードか、アプリならスマートフォンやタブレットを読み取り端末にかざして、承認ボタンを押し、希望した金額を1000円単位で入金できます。

決済をする時に残額が足りなかった場合にも、計算途中や後からチャージして精算できるので便利です。
レジでチャージができるのは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの他に、一部の飲食店や販売店、ガソリンスタンドでも可能なです。

nanacoのサイトで一覧表があるので、確認するといいでしょう。

2. セブン銀行ATM

セブンイレブンや商業施設等に設置されているセブン銀行のATMからも現金にてチャージが行えます。
平日でも土日祝日でも手数料は一切かかりません。

表示パネルからnanacoを選択し、ATMの読み取り装置にカードやアプリが入ったスマートフォンを設置します。
下に受け皿が付いているので、立て掛けてセットできるので安心です。

メニューがパネルに表示されるので、左側のチャージを選択します。
先にどのくらい電子マネーが残っているか調べたい場合は、右側の残高確認を押すといいでしょう。

チャージをする場合は1000円単位で紙幣のみとなるので、注意してください。
硬貨は入れられませんし、お釣りも出ません

チャージをしている最中はそのままnanacoをセットしておきます。
完了の合図で音が鳴り、チャージをした金額や残高、ポイントの残高がATMの画面に表示されます。

最後にチャージをした明細書の発行も可能です。
終わったら、カードやスマートフォンを忘れないように取りましょう。

読み取り装置は、スマートフォンと同じくらいの大きさです。
アプリを導入していてもタブレットは置けないので、ATMからチャージは行えません。

3. nanacoチャージ機

ATMとほぼ同じやり方でチャージ機から入金が行えます。
読み取り端末にnanacoのカードやスマートフォンを置き、現金チャージのメニューを選びます。

残高の確認や、nanacoの決済で貯めたポイントを電子マネーに交換することも可能です。
操作の仕方が分からない場合は、画面の右下に案内表示用のボタンがありますので、そちらを利用するとやり方が確認できます。

ATMと同様に紙幣で1000円単位で入金させられますが、お釣りが出ないので、1万円札しか持っていない場合は予め千円札や五千円札に崩しておくことを勧めます。
明細書の発行が必要な場合は、チャージを終えた後に印字できます。

主な設置場所はイトーヨーカドーアリオなどの大型スーパーや大きめの商業施設にあります。
チャージ機についても、タブレットなどの大きめの機器は読み取り装置に置けないので、アプリを入れていたとしても絶対に使わないようにしてください。

4. nanacoの現金チャージ限度額

現金でチャージできる金額は、最高で5万円までです。
それぞれのnanacoにはカード1枚もしくはアプリ1つにつき、固有の番号が付いているため、発行元で残高の管理が行えます。

1つのnanacoに5万円分は入れられることになるため、いっぺんに5万円入れればいいのではと考える方もいるでしょう。
しかし、1回のチャージで入金出来るのは千円~4万9千円までとなるので、気をつけましょう。

これは、レジやATM等でチャージの手続きをすると、発行元のセンターで預かっているクレジットカード等でチャージをした電子マネーやnanacoポイントの受け取りがされるためで、場合によっては5万円を超過してしまうことがあります。
超過の恐れがあるため、4万9千円までとされていると考えられます。

大勢で行った飲食店などでまとめて支払いをしたい場合や、商業施設で多額の買い物が予想される場合は、nanacoを複数用意するといいでしょう。
カードタイプとスマートフォンアプリの導入でnanacoを2つ分持てますし、カードの発行枚数には規定がないので、複数枚保有することも可能です。

ただし、現金を使ってチャージをする場合は特にポイントが付きませんので、クレジットカードを使った方が得をすることがあります。
また、多額に必要になる例として、固定資産税や自動車税、住民税などの税金の支払いや国民年金や健康保険料の支払い等を挙げる方もいますが、公共料金や税金の支払いはポイント対象外です。

公共料金などの各種料金の支払いや税金の納付にnanacoを利用する場合は、現金ではなくポイントが付くクレジットカードからのチャージをおすすめします。

<下に続く>

nanacoにチャージする(クレジット)

クレジットカードでnanacoのチャージ

nanacoカード、アプリにクレジットカードを使ってチャージする方法もあります。
カードの種類によっては、チャージでポイントが付く場合もありますし、nanacoの利用で電子マネーのポイントも付けられて得をするでしょう。

カード決済でポイントが付かない税金等の納付も、ポイントの付与率が高いカードを使ってチャージをしてクレジットカードのポイントを獲得することも可能です。
チャージの手順や使えるクレジットカードの説明を詳しく見ていきます。

レジなどの店頭では、クレジットカードの登録やチャージはできないので、インターネット会員専用サイトのメニューから手続きをすることになります。

1. クレジットカードでnanacoにチャージする方法

チャージをするには、事前にインターネット上のnanacoの会員登録が必要となります。
nanacoカードの番号と会員メニュー用パスワードなど必要事項を登録しておきましょう。

公式サイト及びアプリを利用して登録すると便利です。
会員専用メニューにログインをした後に、クレジットチャージを選択すると、事前登録の画面に移ります。

規約内容を確認して登録ボタンを押し、クレジットカードの登録フォームから、必要事項を入力して、クレジットカードチャージ用のパスワードの設定をしてください。
クレジットカードの認証パスワードを入力すると登録完了です。

スマートフォン等のアプリの場合は、新規入会や機種変更から4日後の午前6時以降からカードの事前登録が可能です。
しかし、nanacoカードの場合は入会から10日経たないとクレジットカードのチャージ登録手続きができないので注意してください。

双方とも、登録後24時間が経てばクレジットカードによるチャージができるようになります。
1枚のクレジットカードにつき、nanacoカードとアプリ1つずつが登録可能です。

入金をするには、nanaco会員専用メニューにログインをし、クレジットチャージを選択します。
クレジットチャージ用のパスワードを入力すると、金額の入力画面に移るので、チャージしたい金額を入力します。

確認画面で訂正が必要でなければ、そのまま申し込みをして手続きを完了させます。
ただ、手続きをしたままでは、nanacoとして使えません。

チャージをした金額は、安全を期すためセンターへの預かり分として登録されています。
nanacoを持って行き、セブンイレブンなどの店内にあるセブン銀行ATMのメニューや、レジで残高照会の手続きをするとnanacoにチャージした金額分を移すことができます。

2. 使えるカードの種類

チャージ用カードとして事前の登録をするには、本人認証サービスに登録が済ませている必要があります。
本人認証サービスとは、インターネット上で決済する際の専用パスワードで、情報漏洩を防ぐ効果があります。

国際ブランドのサイトでパスワードを決めて使える所と、カード会社独自の管理サイトにログインするためのパスワードを使える所もあります。
その会社によって違いがありますので、問い合わせすることを勧めます。

当初は、チャージでクレジットカードのポイントが貯まる物が多かったのですが、だんだんポイント付加対象外のカードが増えてきました。
リクルートカードが最も有効に貯められて還元率が1.2%ですが、2018年の4月から上限3万円までと限度が設けられ、超過した部分については付けられなくなりました。

nanacoと発行会社が同じで、クレジットカードと一体型もしくは、紐付けができるセブンカード・プラスが利用できます。
還元率は0.5%ですが、ポイント制限などの規制はありません。

3. チャージの上限額と利用制限額

クレジットカードのチャージの上限額は、現金と同様に5万円までです。
1回につきチャージができる金額は5千円以上~3万円までで、千円単位で手続きできます。

支払い方法は1回払いのみとなりますので、分割やリボによる支払いは選べません。
利用制限があり、使い過ぎてカードの返済ができなくなるのを危惧していると思われます。

チャージが可能な金額がいくらまでかと言うと、1ヶ月につき20万円までで、利用回数は月に15回までです。
超過した場合は、現金からのみとなります。

1日のチャージの限度数は3回までです。
カウントの仕方は、月は1日~毎月末日まで、日は午前0時~午後23時59分までとなります。

4. オートチャージという方法も

オートチャージは、セブンイレブンやイトーヨーカドーで買い物をした時に使えます。
支払いをする際に残高が設定をした金額を下回る場合にクレジットカードから自動的にチャージをさせられる機能を言います。

オートチャージはセブンカードプラスセブンカードの一般向け及びゴールドカードを保有している方に限ります。
下限額に設定できるnanacoの残高は、千円~2万円までで、満たない場合はオートチャージが行われます。
オートチャージの金額は5千円~3万円までの中から選べます。

設定は会員専用メニューにログインをして、手続きができます。
自動的にチャージをする度に、連絡先に指定したメールアドレスに案内メールが送信されるため、安心して使えるでしょう。

利用通知があるため、不正利用された場合にもすぐに分かります。
おかしいと思ったら、利用センターまで早めに連絡をするといいでしょう。

<下に続く>

nanakoポイントで電子マネーにチャージも可能

ATMでnanaco残高照会

nanacoで貯めたポイントは、1ポイント1円に換算して交換できます。
セブンイレブン等のレジでスタッフに交換を依頼すると、手続きができます。

精算する際に買い物に充当することができ、とても便利です。
クレジットカードのポイントや提携ポイント、お小遣いサイトのポイント等を交換してnanacoに入れることも可能です。

変換元のサイトから交換手続きを行うと、センター預かり分として登録されます。
即時交換できる場合もあります。

提携元でキャンペーンを行っている場合は、nanacoに充当できる金額が増えることもありますので、できればその期間を狙って交換するのがお勧めです。
センター預かり分を移すには、セブン銀行のATMのメニューで操作するか、レジに出向いて残高確認を行うと、自動的にnanacoに移すことができます。

<下に続く>

nanacoにチャージしたのに紛失した!対処法は?

nanacoを紛失したり、盗難に遭ってしまった場合は、悪用を防ぐために利用停止の登録が必要となります。
nanacoお客様センターに電話をして、利用停止の登録を行い、合わせて再発行手続きをすることで、新規に発行したnanacoに電子マネーの残高と貯めたポイントを引き継ぐことが可能です。

クレジットカードでのチャージをしていた場合でも、発行会社で手続きを止めるのが難しいこともあるので、利用停止の登録は必ず行いましょう。
コールセンターに連絡をすると、本人確認ができた場合は引継番号の発行ができます。

セブンイレブンなどのnanacoの発行ができる店舗で、再発行手続きを行えます。
スタッフに再発行手続きのため、引継番号を通知すると、再発行手数料を支払うことで新しいnanacoカードが取得可能です。

カードと一緒に引継申請書と所定の封筒が渡されますので、申請書に記入をして、本人確認ができる運転免許証などの書類のコピーを同封し、専用の封筒で提出します。
発行元に到着をしてから1週間から10日くらいで手続きが終了し、新しいnanacoに電子マネーの残額とポイントがセンター預かり分として登録されます。

店頭レジやセブン銀行ATMの操作で、残高確認を行うと、データがnanacoに移って無事に終了です。

<下に続く>

nanacoのチャージ方法のまとめ

nanacoはチャージの仕方が豊富で、現金やクレジットカードを使ってチャージできるだけではなく、決済で貯めたポイントや他の提携ポイントを賢く使って日々の買い物に役立てることも可能です。
親権者の同意があれば15歳以下でも利用できるので、決められた金額を入れて、お金を計画的に使うように金銭管理の練習もできます。

コールセンターが24時間体制で運営されているので、万が一、トラブルに巻き込まれた場合にも安心して利用できるので、初めて電子マネーを使う方でも使いやすいです。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line