みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/07/23

月給13万,15万の人の手取り・年収金額!職業や貯金額は?

月給13万円、15万円だと手取りは一体いくらになるのか、気になりますね。月給から年収の計算方法までお伝えします。また13万円、15万円以上稼ぐにあたっての職業もご紹介します。あなたにあった仕事を探してみましょう。また貯金額についてもお伝えするので、一つの参考にしてみてください。

Large photo 1526304640581 d334cdbbf45e  1

月給13万,15万のそれぞれの手取り額は?

月給から引かれる税金の種類

月給13万円といっても、そのままの金額がもらえるわけではありません。
その中から税金が引かれて手取り額となります。

主には所得税、住民税が引かれます。
これは最初から引かれるものです。

月給13万円の場合

月給13万円の場合住民税、所得税、社会保険、厚生年金、雇用保険料が引かれます。
保険と年金をあわせてだいたい2万円くらいの支払いになります。

厚生年金は保険が備え付けられているので、少し高くなっていますがその分将来の貯蓄とすることができます。
そこにプラスして税金がかかるので、手取りはだいたい10万円ほどです。

月給15万円の場合

15万円の場合は保険と年金が2万円を少し超える金額になります。
本来であれば月給が大きいほどに税金が上がり、引かれる金額が大きくなります。

しかし2万円ほどであれば税金は変わりません。
そのため約13万円と手取りも大きくなります。

もっと大きく異なれば手取りは減りますが、2万円の差では月給15万円を目指す方がいいですね。

<下に続く>

月給13万,15万の年収はいくら?

月給13万円の場合

月給の場合はそのまま13万円に12ヶ月分にするだけでいいです。
つまり13万×12=156万円です。

これはボーナスがなく、月給だけの場合の計算になります。
ここにボーナスがプラスすると、ボーナスを入れた金額が年収になります。

月給は引かれる前で、年収も引かれる前なので特別な計算をする必要はありません。

月給15万円の場合

15万円の場合も同様です。
ボーナスがあればボーナス額をプラスします。

ボーナスがない場合であれば、年収は月給の15万円に12ヶ月をかけるだけです。
つまり15万×12=180万円となります。

<下に続く>

月給13万円稼げる仕事

月給13万円稼げる5つの仕事をご紹介します。

  1. 事務
  2. 飲食
  3. 工場
  4. 介護
  5. 調理師

以上5つの仕事について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

月給13万円稼げる仕事①:事務

13万円稼げる仕事

事務の仕事は未経験でできる人が多く、9時17時で帰宅できます。
残業がないところが多いので、簡単な仕事であれば月給13万円稼ぐことができます。

事務の仕事は特に女性にはおすすめです。
パソコンが使えることが必須条件にはなりますが、パソコンさえ覚えてしまえば誰でも働くことができます。

電話対応などもありますが、オフィスで働くことができるので快適に働きやすいです。
また事務の仕事は資格を取ったり、できることが増えるごとに月給の高いところに進むこともできます。

月給13万円稼げる仕事②:飲食

飲食店では月給13万円を稼ぐことができます。
飲食は忙しく残業もあるので、そのため13万円稼ぐことができます。

飲食は経験で成り上がることができる世界なので、高卒でも働くことができます。
またアルバイトから正社員になることもできます。

いきなり正社員にならなくても13万円を稼ぐことができます。
飲食店は需要は高いため、たくさんの働き口があります。

月給13万円稼げる仕事③:工場

工場の仕事も働きやすいです。
工場はライン作業で簡単なものから、力仕事、技術がいる仕事と様々あります。

技術的なものができなくても、ライン作業なら誰でも行うことができます。
コツコツと単純な作業をするのが得意な人は工場の仕事が向いています。

工場は食品工場から機械の部品を作る工場や、ものを詰めていくだけの工場と様々なものを取扱います。
そのため仕事の種類が多く、求人数も多いです。

月給13万円稼げる仕事④:介護

介護はこれから求人数がどんどん増えていく仕事です。
なぜなら少子高齢化が進んでいくからです。

今でも進んでいますが、年数を重ねるほどにどんどん増えていきます。
介護は常に人手がほしい状態なので、受かりやすいです。

介護の仕事は介護師として働く仕事から、介護内の事務仕事があります。
またドライバーとしての仕事もあり、介護と一言でいっても様々な仕事があります。

介護師として働けば直接利用者からの感謝がいただけます。
大変な仕事ではありますが、その分大きなやりがいに繋がります。

人のためになる仕事はいつの時代も大変なものです。

月給13万円稼げる仕事⑤:調理師

一から修行していくことができるのが調理師の仕事です。
調理師は経験を積んでいくほどにたくさんのところで働けるようになり、高級なお店で働けるようになればどんどん月給が上がっていきます。

最初でも13万円稼ぐことができます。
勿論調理師は最初修行のために様々なことを行う必要があります。

仕事が終わってから料理の幅を増やしたり、料理の腕を上げる勉強を行います。
調理師として経験を積めば自分でお店を開いたりと、活躍の場を広げることもできます。

<下に続く>

月給15万円稼げる仕事

月給15万円稼げる5つの仕事をご紹介します。

  1. 学校職員
  2. 不動産事務
  3. ガソリンスタンド
  4. 警備員
  5. ショップ店員

以上5つの仕事について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

月給15万円稼げる仕事①:学校職員

教師ではなく、学校の職員では月15万円以上を稼ぐことができます。
学校職員は学校を円滑に動かすために水面下で活動する仕事です。

事務的な仕事が主になり、生徒と関わることはほとんどありません。
ただ学校に在中しているので、生徒と触れ合うこともあります。

学校の生徒の事務的なものに携わるので大切な役目となります。
例えば奨学金の申請を受け取ったり学費を受け取ったりなどと事務的な手続きをすべて対応します。

学校側に立つことと、生徒のサポートとの二つの仕事内容があります。
仕事内容は多岐に渡ります。

そのため仕事内容によっては給料は上へと変動していきます。

月給15万円稼げる仕事②:不動産事務

不動産事務は一般事務よりも給料が高いです。
不動産に特化した事務のため、一般事務よりも専門的知識が必要になるためです。

不動産では営業の仕事が主になりますが、その契約書面であったりと事務的なサポートをします。
書類を作成したりと裏方として営業マンをサポートします。

一般事務だと少し物足りないな、ちょっと特別な仕事に挑戦してみたい人は不動産事務がおすすめです。
不動産屋は増えており、不動産の会社で働く場合と不動産屋さんで働く場合の二つがあります。

月給15万円稼げる仕事③:ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは今やセルフサービスとなっているところも多いですが、フルサービスであれば月給15万円を稼ぐことができます。
接客業となり、朝から夜まで働くことができます。

店長になれば給料も上がり、どんどん昇進していくこちができます。
セルフサービスの場合は管理できる人として危険物取扱の資格をもっていれば、給料をさらに上げることができます。

月給15万円稼げる仕事④:警備員

15万円稼げる仕事

警備員の仕事と聞くと大変そうというイメージがあります。
その分月給15万円以上稼ぐことができます。

警備員は夜勤勤務もあったりするため、手当を入れれば15万円以上稼ぐことができます。
通常警備員は店舗の中の警備と、工事現場などの交通誘導や駐車場からの車の誘導などを行います。

体力仕事ではありますが、仕事内容はシンプルなので誰でも行いやすいです。
実際幅広い年代の人たちが働いています。

月給15万円稼げる仕事⑤:ショップ店員

ショップ店員も月給15万円稼ぐことができます。
小物やアクセサリーのショップ店員、アパレル店員などと自分の好きなものを扱ったお店で働くことができます。

ショップ店員は土日が働き時ですが、平日の夕方までは割とゆったりと働くことができます。
ショップの場所によって働く量が変わってきます。

お店が独立しているところと、ショッピングモールに入っているところでは大きく変わってきます。
ショッピングモールに入っているところであれば、店舗の幅も小さいので清掃などの仕事量も少なくなります。

自分の好きなブランドでも働けるので、好きなところが募集しているかチェックしてみましょう。

<下に続く>

月給13万,15万の貯金額はいくら?

月給13万円の場合

月給13万円であれば手取りはだいたい10万円ほどです。
月10万円だと生活するだけでもやっとのイメージがありますね。

しかし節約をして、固定費を減らせば貯金をすることができます。
例えば家賃が3万円、光熱費1万円、携帯代1万円、食費3万円であれば2万円あまります。

食費を少し節約したり、自由に使えるお金を1万円に減らすなどすれば月2万円貯金をすることができます。
1年で24万円貯金することができます。

月給15万円の場合

月給15万円であれば手取りは約13万円です。
先程の生活状況であれば5万円あまります。

つめれば1ヶ月4万円貯めることができます。
そうすれば1年間で48万円貯めることができます。

月給15万円でもきりつめれば1年で約50万円貯めることができます。
いかに節約し、無駄使いしないかで貯金額は変わってきます。

<下に続く>

月給13万円、15万円の手取りと職業のまとめ

月給13万円稼ぐ仕事

月給13万円の場合手取りは10万円、15万円の場合は手取り13万円です。
13万~15万円稼げる仕事は様々あります。

高卒で未経験でも稼げる仕事が多いです。
生活は難しいように見えますが、切り詰めて節約さえすれば貯金を貯めることができます。

あなたにあった仕事をみつけて、稼いで貯金していきましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line