みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

VISAとMasterカードの違い!あなたはどっちを選ぶべき?

社会人になれば、クレジットカードは必要不可欠になります。カードを作るとき、どのカード会社を選びますか?

国際カードには、世界シェア率NO.1のVISAとNO.2のMasterがありますが、それぞれに特徴があります。VISAとMasterの違いやメリット・デメリット、どちらがおすすめかなどを詳しくご紹介します。クレジットカードを選ぶときの参考にしてください。

Large credit card 1520400 640
目次

VISAカードの特徴

特徴①世界シェア率NO.1

すべての国際カードのシェア率を見てみると、VISAカードが58%、Masterカードが26%、中国銀聯10%、アメックス 3%、JCB1%、ダイナースクラブ1%となっています。

世界的に見ても半分以上の人がVISAカードを持っているということは、それだけ便利だということ、信頼度が高いということでしょう。

また、日本国内に目を向けてみると、国内では4,000種類以上のクレジットカードが流通しています。そして、そのうちの3,000種類近くがVISAを付帯しており、提携企業となっているのです。

特徴②旅先での観光特典が充実

博物館や水族館の入場料やレストランでの割引、ドリンクサービスなどの特典が充実しています。お土産などショッピングの支払金額に応じて抽選で、豪華なプレゼントが当たるキャンペーンなども頻繁に行われています。

海外旅行では欠かせない免税店でも、カードを使って買い物をすると表示価格よりも5%OFFになるなど、VISAならではの特典が充実しています。

特徴③ATMが260万台以上

海外では、屋台や小さなお店などでクレジットカードが使えないこともあります。
また、少額の現金は持っていた方が、何かと安心です。

旅先で現金が必要になったとき、VISAなら世界200ヵ国以上、260万台以上のATMを利用することができます。
為替レートに関しても、銀行や両替商で現金にするよりも低めに設定されているので、お得ですし、必要なだけ引き出せるので、多額の現金を持ち歩かなくて済むというメリットもあります。

特徴④加盟店が多い

VISAカードの所有率が高い理由のひとつとして、世界中で加盟店が多いという点があります。その数、3,850万店以上にも上ります。
JCB、アメックス、ダイナースクラブといった国際カードが使えて、VISAが使えないということは、まずないといっていいでしょう。

VISAのシェア率が高いのも、これ一枚を持っていれば、世界中、どこでも買い物ができるという安心感があるからです。

<下に続く>

Masterカードの特徴

VISA 店

特徴①日本国内で利用できるサービスが多く用意されている

Masterカードのコマーシャルにあるように「PRICELESS(プライスレス)JAPAN」プログラムでは、日本国内に特化したサービスが充実しています。

Masterカードが提供するPRICELESSとは、お金では買えない「とっておきの体験」を可能にするというのが魅力になっています。

特徴②売上高が世界シェアNo2

**
Masterカードの売上高は、**VISAに次いで第2位となっています。それだけ、ユーザーが多いということで、利用できるショップも多いということです。

加盟店はVISAとほぼ同じ数で、カードが使えるショップなら、ほとんどMasterカードも使えます。

特徴③年会費無料のクレジットカードがたくさんある

VISAもMasterも自社ではカードは発行していません。すべて提携カードということになります。そのなかでも、Masterカードが提携しているクレジットカードは、年会費が無料というところが多いというのが特徴です。

年会費が無料だからといって、サービスに優劣がつくということもなく、安定したサービスを受けることができるのも特徴となっています。

特徴④ヨーロッパで強い

歴史的に、VISAはアメリカで、Masterはヨーロッパで強いとされてきました。現在では、その傾向はだいぶ改善されてきてはいますが、それでもヨーロッパでは、まだまだMasterしか使えないというショップがあることも確かです。

ヨーロッパに旅行に行くときには、Masterは外せない国際カードといえます。

<下に続く>

VISAとMasterの違い

カード 種類

違い①クレジットカードの種類

同じVISAとMasterでも、それぞれカードの種類があります。VISAの場合、「クラシックカード」「ゴールドカード」「プラチナカード」の3種類です。

一方Masterの場合には「スタンダード」「ゴールド」「チタン」「プラチナ」「ワールド」の5種類が用意されており、カードの種類によって、提供される特典もバラエティーに富んでいます。

違い②Apple Payへの対応

Apple Pay とは、iPhoneやApple Watchなどのデバイスをかざすだけで、全国の電車やバスに乗ったり、買物したりできるサービスです。
電車やバスに乗るときも、現金でのチャージは不要。いつでもどこでもiPhone上で残高確認やチャージができるので、お金の管理もできます。

MasterにはApple Payへの対応をしているカードがあります。
たとえば、「Orico Card THE POINT」「dカード」「三井住友マスターカードクラシックカード」「リクルートカード」などです。

Apple Payを使えば、コンビニや駅の改札で決済が簡単にできるので、都会に住むビジネスマンにとって、使い勝手の良いカードです。

特徴③海外で使う際の換算レート

海外でクレジットカードを使う場合、その時々で、為替レートが変わってきます。
「円高ドル安」あるいは「円安ドル高」「今日は1ドル〇〇円」といった具合に、毎日為替リートは変化しますが、実際に使われるレートは換算レートといいます。

換算レートは、国際ブランドによって決まっています。
その換算レートを比較すると、VISAよりもMasterの方がドルのレートがいい場合が多く、VISAよりも少し有利になっています。

特徴④使える店舗数の違い

ひと昔前までは、VISAはアメリカで強く、Masterはヨーロッパで強いともいわれていました。
しかし、最近ではそれほどの差はなく、世界中での使い勝手も変わらなくなっているといいます。

とはいえ、やはり世界シェア率NO.1のVISAとNO.2のMasterでは、使えるショップの数は、VISAの方が上回っています。
海外旅行では、それほど両者の間に差はありませんが、とくに、日本国内で使えるショップとしては、VISAが圧倒的に多くなっています。

特徴⑤カード機能

VISAもMasterも、全世界で利用できる後払い機能の「クレジットカード」と、現地での両替が不要な先払い機能の「プリペイドカード」があります。

VISAには、このほかに使ったその場で引き落としの機能がある「デビットカード」があります。デビットカードは、使ったその場で引き落とし機能があるので、使い過ぎの心配がありません。

VISAのデビットカードは、日本国内限定のJ-Debitと違って世界中で使えます。
海外出張する方、海外旅行や留学目的でデビットカードを作ろうという場合には、VISAがおすすめです。

特徴⑥提携企業

VISAとMasterでは、異なる戦略で拡大してきたという違いがあります。
VISAは、主に銀行系の提携会社の需要にこたえて伸ばしてきました。

一方Masterは、消費者金融などの幅広い金融サービスを提供する企業とも提携することで、業績を伸ばしてきました。
このような経緯から、現在でもVISAは、消費者金融に対してライセンス発効はしていません。

逆にMasterは、消費者金融にライセンス発行することで、新たなシェアを伸ばしてきています。

特徴⑦独自のサービス

VISAもMasterもカードの提供は、提携企業が行います。
自社からは一切オリジナルカードを発行していないというのが共通点です。

そのため、VISAではオリジナルのサービスは提供されておらず、サービスに関してはすべて提携先からのものです。
一方Masterでは、自社で提供しているサービスは提携会社にかかわらず、独自のサービスをすべてのカードユーザーに提供しています。
そのサービスの代表的なものが「プライスレス」です。

<下に続く>

VISAとMasterのメリット・デメリット

カード スマホ

VISA

VISAカードのメリットは、何といっても提携しているショップの多さにあります。
ほとんどの観光地で利用することができますし、ATMが多く設置されているので、現地の通貨を引き出すことも簡単にできます。

しかも、銀行や両替商で換金するよりも、ずっと有利なレートや低い手数料で交換することができます。
何よりも、必要以上の現金を持ち歩かなくて済むので、防犯上においても海外旅行は国際カードであるVISAがおすすめです。

海外旅行には便利なVISAカードですが、デメリットもあります。
実は、VISAカードは、VISA自体がカードを発行しているのではなく、すべて提携になっています。
そのため、提携先のカードによっては、使い勝手が悪いものもあるのです。

たとえば還元率が悪かったり、年会費が高かったり、特典が少なかったりするなど、提携会社のサービスがイマイチのところもあります。

また、人によっては「ステイタス」が劣っていると感じる人もいます。アメックスやダイナースに比べると、審査のハードルが低いぶん、受けられるサービスの質や還元率が低くなる傾向があります。

もちろん、VISAにもプラチナやブラックといったワンランク上のカードもあり、これを持っていれば、アメックスやダイナースにも劣らないステイタスを持つことができます。

VISAのもうひとつのデメリットとして、Apple Payの機能を最大限利用できないという点があります。
VISAのクレジットカードでもiOSの「Suica」アプリ内でのSuicaチャージは可能ですが、インターネット・アプリ上での支払いを行うためには、他のJCBやMaster、アメックスのカードが必要となります。

ネット・アプリは不要という方もいますが、使用頻度の高いSuicaのチャージにVISAが利用できないというのは大きなデメリットではないでしょうか。

Master

Masterは、アメリカに本社を置くクレジットカードの国際ブランドで、昔からヨーロッパ経済との結びつきが強かったという歴史を持ちます。
そのため、特にヨーロッパやオーストラリアにおいては知名度が高く、ヨーロッパを旅行するときには必ず携帯していくと便利だといわれてきましたが、今では、ほとんどの国でVISAと同じように使えるようになりました。

ただ、日本国内ではまだまだVISAやJCBに比べると知名度が低く、ところどころでVISAは使えるのに、Masterは使えないというショップがあるのが現状です。

MasterもVISAと同じように、提携カードという形態をとっており、自社オリジナルのカードは発行していません。
そのため、やはりステイタスという点で物足りないと感じる人もいます。

もちろんMasterのような提携カードは、ポイント還元率が良く、提携元となる企業が提供するサービスや特典が受けられるというメリットを持っています。
とくにMasterはもともと庶民向けに開業されたカード会社ですから、年会費が無料というところも多く、収入が少ない人でも、比較的審査ハードルが低いといわれています。

提携カードのデメリットとしては「競合店で使うのに気が引ける」という人もいます。
たとえば、飛行機のチケットを購入するのにANAを購入するときに、JALの提携カードでは、ちょっと利用しにくいケースがあります。

そんなときは、提携カードではなく、カード会社オリジナルのプロパーカードなら気を遣う必要がありません。

<下に続く>

VISAとMasterの審査

クレジットカードを作るためには、信用調査が必要になります。
よく「VISAは審査が通りにくい」とか「Masterは通りやすい」などと都市伝説のようにささやかれていますが、実は審査をするのはVISAやMasterではなく、提携している企業が行っています。

そのため、その審査基準は提携会社にゆだねられているのです。
VISAやMasterは、各企業がライセンス提供を受けて発行しているクレジットカードなので、企業の考え方や方針によっては、審査基準が低く設定されているところもあります。

たとえば、消費者金融であるアコムが発行するAC Masterカードは、カードローンに近い性格を持ったカードです。
ショッピングというよりも、現金を必要とするときに多く利用されます。

たくさんの人に提携カードであるAC Masterカードを持ってもらい、キャッシングで使ってもらうことを目的としています。
このような理由から、AC Masterは、審査が通るかどうか不安な人、他では断られた人でも比較的審査が通りやすくなっています。

クレジット審査は、個人信用情報機関に記録されている情報を元に審査されます。
審査基準で最も重要なのは、他社の借り入れ件数と借入総額です。
これが、実際の収入に比べて多い場合は、返済する見通しがないため審査に通ることはできません。

さらに、過去において「滞納」「延滞」「金融事故」があった場合、5年間はブラックリストに載ってしまうので、こういった人は、いくら提携カードとはいえ審査に通りにくくなっています。

一般的にVISAやMasterに審査落ちしてしまったという人は、個人信用情報機関にブラック情報が記録されていたり、年収・属性が審査基準をクリアしていなかったりする可能性があります。

ただし、年収・属性に関しては、提携企業によって低く設定している提携会社もあります。
アルバイトだから、専業主婦だからとあきらめずに、他の提携会社のVISAやMasterカードを申し込んでみるという方法もあります。

<下に続く>

VISAとMasterどちらを選ぶべき?おすすめは?

VISAとMasterどちらを選ぶべきなのか。
さまざまな角度から、両者の特徴やメリット・デメリットを検証してみると、海外旅行に持っていくのにはVISAがおすすめといえそうです。

VISAは、何といってもシェアが大きく、海外旅行で買い物をするのにも安心できます。
VISAは、Masterに比べても、ダントツでシェア率が高く、それだけ信頼度のおけるカードともいえます。

VISAは、日本国内でも提携している企業が多く、優待や特典、ポイントがたまりやすいというメリットがあります。

ただし、Masterにもたくさんのメリットがあります。
Masterは、もともと、庶民的なクレジットカード発行会社とライセンス契約をする戦略で業績を伸ばしてきました、そのため、年会費無料のクレジットカードが多いというのも特徴になっています。

また、今ではだいぶ少なくなったとはいえ、まだまだヨーロッパではMasterしか使えないというお店もあるので、ヨーロッパ旅行をする際に持っていると便利です。

さらに、VISAやMasterは、ショッピングだけでなく海外のATMを利用できてキャッシングもできるようになっています。
しかし、使えるATMが違うため、ATMによってはどちらかが使えないということもあります。

このようなことから、国際カードを選ぶなら、まずVISAカードにして、それからMasterを追加して2枚使いにすれば、ショッピングでもキャッシングでも世界どこに行ってもカバーできるということです。

<下に続く>

VISAとMasterを上手に使い分けて、お得をゲットしよう

VISAもMasterも使い勝手は、ほとんど変わりません。
肝心なのは二つとも「提携カード」であるということです。

同じVISAやMasterでも、提携会社が違えば、特典や還元率がまったく変わってくるという点に着目してください。
そして、利用する頻度が高い提携会社のカードを作るということです。

海外旅行へは、そうたびたび行けるものではありません。
それよりも、日常生活で頻繁に使う「ガソリンスタンド」や「携帯電話」「公共料金」などの支払いをVISAやMasterにすれば、ポイントも付きますし、優待や割引も受けられます。

毎日の生活に、上手にクレジットカードを取り入れるようにして、お得をゲットしましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line