みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/08/01

左利きあるあるに共感必至!左利きのメリット・デメリットとは?

字を書くとき、おはしを持ちとき、どちらの手を使いますか?
と、質問をされたら決まって「右手」と答えるでしょう。

しかし、世の中には、「左手」を使って、字を書いたり、おはしを持って食事をする人もたくさんいるのです。
今回はそんな、人数が少ない「左利き」のについてご紹介したいと思います。

Large pexels photo 768472

そもそも、左利きとは?

字を書く、物を投げるなど右手を利き手として使う人がほとんどの中、逆の左手を利き手として使う人のことを示します。
また、男女別では女性よりも男性の方が左利きが多く、女性の左利きの数は少ないといわれているのです。

その他「サウスポー」「 レフティ」「グーフィー」といった別の言い方することがあります。

<下に続く>

左利きあるある

左利き

左利きあるあるは以下の15個です。

  1. 変人だといわれる
  2. 頭がいいとよく言われる
  3. 芸術肌
  4. 偉人が多い
  5. はさみが使いづらい
  6. 自動販売機や自動改札機が不便
  7. 包丁を使うと危ないとよく言われる
  8. 鉛筆で字を書くと手に鉛筆跡がつく
  9. 急須が使いづらい
  10. チャックが閉めにくい
  11. 字が汚い
  12. カメラを撮るとブレる
  13. パソコンのテンキーが苦手
  14. ハンコを押すと歪む率が高い
  15. なぜ自分は左利きなんだろうと思うことがある

それでは、詳しく見ていきましょう。

左利きあるある①:変人だといわれる

左利きだと話すと決まって変人だと思われる…。
左利きの人の多くは、物事をストレートに考え伝えることが多い傾向があり、普通の人が考えもしないようなことを平気でサラッと話すことがあります。

そのため、周りの人からは「考えることがみんなと違う…」と変人扱いされてしまうことがあるでしょう。
しかし、左利きの本人曰く「なぜ、みんなはそんな考え方をするのか不思議」だと思うのです。

左利きあるある②:頭がいいとよく言われる

物事を直感的に考える傾向がある左利きですが、頭の回転が早く頭脳明晰な人が多いといわれています。
これは、脳に関係しており、右利きの人は左脳を働かせ、左利きの人は、右脳をよく働かせるといいます。

そして左利きがよく働かす右脳は、入ってきた情報やイメージを記憶することに長けており、高い記憶力があると言われているのです。
そのことから、右脳を使う左利きは頭がいいとよくわれるのでしょう。

左利きあるある③:芸術肌

左利きの人は、よく周りから奇抜なことを発想するとして、芸術肌だといわれることが多いのです。
これも、右脳に関係しており、右脳はひらめきやアイデアといった発想をする働きがあると言われています。

そのため、芸術的センスを考えだして、周りの人をアッ!と驚かせることがあるのでしょう。
世界的に有名な音楽家や芸術家と言われる人の多くも、左利きだと伝えられており、これからの左利きの音楽家や芸術家の期待も高まりますね。

左利きあるある④:偉人が多い

世界的有名な偉人も左利きが多いといわれています。
特に有名なのが、

・レオナルド・ダ・ヴィンチ
・ミケランジェロ
・アマデウス・モーツァルト
・トーマス・エジソン
・アインシュタイン
・アイザック・ニュートン
・マリ・キュリー
・エドヴァルド・ムンク

と、教科書に載っているような誰でも知っている偉人ばかりです。
その他、ビル・ゲイツやバラク・オバマも左利きとして有名。

こうして偉人の名前を見ると、普通の人が考えつかないことを、考え・生み出す力を持っていることがお分かりになるでしょう。
そして、このような偉大な偉人が左利きで多いことから、「天才肌」と呼ばれることも左利きの人はあるのです。

左利きあるある⑤:はさみが使いづらい

恐らく、左利きあるあるの中で1番多く、声があがるのはこのはさみが使いづらいではないでしょうか。
最近では、左利き用のはさみなどが多く出回っているとはいえ、まだまだ普及率は少ないです。

それは、右利きの人より圧倒的に、左利きの人の人口が少ないからだと思われますが、左利きの人にとっては、ちょっとした日常的な不便の中で、NO1といっても過言ではありません。

それでは何が使いづらいかという点ですが、「とにかく、真っ直ぐ切れることが少ない」ということ。
新品の切れ味がよいはさみなら問題ありませんが、少しさび付いた古いはさみだと、見事にはさみの威力を発揮することができないのです。

そのことから、左利きの多くの人は、はさみの使用に苦戦してしまうのでしょう。

左利きあるある⑥:自動販売機や自動改札機が不便

ちょっと左利きの人が、イラッとするあるあるの自動販売機と駅の自動改札機。
右利きの人がこれを読むと、何が不便なの?と不思議だと思うでしょう。

では、なぜ不便かというと「小銭入れや切符を入れる位置が全て右側にある」からなのです。
そのため、のどが渇いたと急いで自動販売機に小銭を入れようとしても、手を斜めに上げて小銭を入れるので少し手間に感じます。

また、駅の自動改札も同様に切符を入れたり、定期をタッチするときに、手を斜めにしないとけないので少し手間かもしれません。
このちょっとした動きが、左利きの人にしては不便に思い、右利きの人のことを羨ましいと思うのです。

朝のラッシュ時なんかは、自動改札機を通るときに、とくに左利きの人は思うでしょう!

左利きあるある⑦:包丁を使うと危ないとよく言われる

料理を作るときに使用する包丁。
この包丁を使用するとき、決まって右利きの人から「危なかしい」「右で切った方がいいよ」といわれることがあります。

右利きの人から見れば、利き手でない左手で包丁を使っている姿に、「手を切りそうで危ない」と感じるからなのでしょう。
また、包丁自体に関しても、市販されている包丁は右利き製品が数を占めておりそのせいか、左利きの人は普通に右利き製品を使用しているため、「危なかしい」と思うのです。

しかし、左利きからすれは「大きなお世話・・・」なんてことも多いです。
どれだけ危なかしいといわれても、右手で使用する方が危ないのです。

そのため、右利きの人と一緒に包丁を使うとき、変な気を使わなくてはいけなくめんどうだと感じるときがあるでしょう。

左利きあるある⑧:鉛筆で字を書くと手に鉛筆跡がつく

ほとんどの場合、書類やノートは左側から右側へ向って文章を書きます。
そのため、左利きの人は文章を鉛筆やえんぴつなどで書くと、書いた文字の上に手が置かれる状態になるので、鉛筆、えんぴつの芯が手につくことがあるのです。

左利きの人は、これに非常に困ります。
なぜなら、書くたびに手が汚れてしまうからなのです。

現在では、パソコンなどで書類や申込書を書くことが多くなったため、手が汚くなることが少なくなったとはいいますが、まだまだ、紙に文字を書くということも多いため、悩みはつきないのでしょう。

左利きあるある⑨:急須が使いづらい

左利きが苦労して使わなくてはいけないのが急須。
もし近くに急須があれば、少し左手で持ってみてください。

恐らく、急須の取っ手を持つと、注ぎ口の部分が手の甲の方に向いており、そのままお茶を注ごうとすると、手がよじれてしまいませんか?
そのため、非常に使いづらいのです。

また、地方によっては急須を左手で注ぐことを逆手といって、縁起が悪いといわれることがあり、人前ではしないようすることが、礼儀だとされていることもあります。

左利きはそんなちょっとしたことにも気を使い、慣れない右手で急須を使用しなければならず、こちらもちょっとしたストレスになるのです。

左利きあるある⑩:チャックが閉めにくい

普通に着る服。
これにもちょっとした、左利きはあるあるな不満を持っています。

1番分かりやすい服でいうと、ジーンズのズボン。
誰もが気軽に履いているこのジーンズの前のチャックですが、よく見ていただくと、チャックを隠す布の方向が左側にあります。

お手元にジーンズがあれば、ご覧下さい。
そのため、左利きの人は右利きの人より、チャックを閉めることさえも、閉めにくいと感じることがあるのです。

ほんの些細なことですが、急いでいるときなどは、少しイラッとするでしょう。

左利きあるある⑪:字が汚い

左利きの人は、字が汚いといわれることがあるのです。
しかし、これにはちゃんとした理由があります。

ひらがなや漢字を書くとき、左側から右側に向って書くため、どうしても左利きの人が文字を書くと、書きづらくなり斜めに文字がずれてしまったり、歪んでしまうことがあるのです。
そのため、字を書くことが汚い、下手だといわれることが多いのでしょう。

左利きの人は、そんな堅苦しさを感じているので、下手だなと感じても、口には出さないようにしてくださいね。

左利きあるある⑫:カメラを撮るとブレる

デジカメなどで写真を写そうと思っても、シャッターのボタンの位置が右にあることがほとんどなのです。
そのため、左利きの人がデジカメなどで写真を撮ると、慣れない右手でシャッターを押すため、ブレて写るケースが多くなってしまいます。

楽しい旅行の写真もブレブレ状態になることも無きにしもあらずです。
今ではスマホで写真を撮ることが多い世の中となったため、左利きの人にはとっては、ちょっとホッとしたところでしょう。

左利きあるある⑬:パソコンのテンキーが苦手

パソコンのテンキーもほとんどの位置が右側にあります。
そのため、数字をメインで入力をするとき、テンキーを使用すると、速度が遅くなることがあるのです。

右利きの人がテンキーを早く打つことに憧れを感じることもあるでしょう。

左利き専用のテンキーも現在では、発売もされていますが、職場などで設置されているパソコンは通常の右利きのテンキーを使用していることが多いため、職場でも左利きは肩身の狭い思いをしているのです。

左利きあるある⑭:ハンコを押すと歪む率が高い

申込書、契約書、宅急便の捺印など、ハンコを押す位置は全て右側にあります。

そのため、左利きの人は左手で右側にある捺印欄にハンコを押すため、ハンコが歪んでしまうことが多いのです。

慎重に、慎重に押しても「あれ?歪んでいる」と、ガックリしてしまうこともあるでしょう。
ハンコの歪みぐらいどうってことはないかもしれませんが、できれば自分の名前は歪まず、真っ直ぐな状態で記したいものです。

そのため、左利きの人はハンコを押すことにも集中力が必要となることがあるでしょう。

左利きあるある⑮:なぜ自分は左利きなんだろうと思うことがある

ほとんど人が右利きで、文具用品やほとんどのものが右利きの製品ばかりなのに、なぜ自分は左利きなんだろう?とふと考えることが左利きの人にはあるのです。
右利きの人からすれば、「なんでそんなことぐらいで考えるの?」と笑い話しにも聞こえるかもしれません。

しかし、左利きであったために、不便な思いをした!という事も多いため、「なんで左利きなの」と思ってしまうのでしょう。

<下に続く>

【左利きあるある】メリットは?

人の左手

左利きのメリットは以下の3つです。

  1. 左利き同士で仲良くなることが多い
  2. 特別扱いされることが多い
  3. 右手に直した場合、左・右手と両方使える

それでは、詳しく見ていきましょう。

左利きのメリット①:左利き同士で仲良くなることが多い

左利きの人の人口数に少ないため、同じ左利きの人がいると感動すらしてしまうのです。
そのため、左利き同士の友情が芽生えやすく仲良くなることが多くなるのでしょう。

きっと、左利き特有の不満やイラッとしたことも共有でき、ますます絆も深まっていくのです。
その辺りでは、右利きにはない左利きならではのメリットといえるでしょう。

左利きのメリット②:特別扱いされることが多い

左利きだというと「頭がいい人」「考えることが一風違う」と、特別視されることがあるのです。
これは、左利きあるあるでもご紹介した通り、左利きであった数多くの偉人がいることも少なからず影響していると思われます。

しかし左利き全員が、「頭がいい人」「考えることが一風違う」という訳ではないにも関わらず、そのような目で見られることがあるのです。
そのため、右利きの人より少し、優越感を浸ることができることもあります。

日頃苦労をしている分、たまには優越感に浸こともいいのではないでしょうか。

左利きのメリット③:右手に直した場合、左・右手と両方使える

左利きの人の中には、小さなときに右手に利き手として矯正をしていることが多くあります。
そのため、左利きの人の中には、左手も右手とも両方使用することができることがあるのです。

また左右使用できることで、左手が骨折した場合、右手を使用したりと、さまざまな場面でも役に立つことがあります。
このようなことは右利きの人にはあまり見られないことであり、左利きならではのメリットといってもよいでしょう。

<下に続く>

【左利きあるある】デメリットは?

左利きでのデメリットは以下の3つです。

  1. 人と物を食べるときに気を使う
  2. 右利き製品の商品を強引に使うので、使いづらい
  3. 左利き製品が高い

それでは、詳しく見ていきましょう。

左利きのデメリット①:人と物を食べるときに気を使う

左利きの人は、お箸しを左手で持つため食事をするときに、右利きの人が隣にくると、肘がぶつかってしまいます。
そのため、大勢で食事をするときは、気を使って食事をするか、左端に座って食事をしなくてはいけないのです。

楽しい食事の時間なのに、気を使って食事をするのは、結構苦痛を感じます。
そのため、左利きの人と物を食べるときは、「気を使わなくていいよ」といってあげると、喜んでくれるでしょう。

左利きのデメリット②:右利き製品の商品を強引に使うので、使いづらい

ハサミ・包丁・急須・グローブなど、さまざまな日用品の既製品は右利きのものばかりのため、左利きの人は右利きのものを強引に使用していることが多いのです。
そして結構苦戦をすることといえば、銀行や郵便局で備えられていいるボールペン。

申請用紙などを書く際、机の上にえんぴつが紐状のようなもので括りつけられており、その括られている位置が右側にあることが多くあります。
そのため、左手でえんぴつを持って、申請用紙に書くことに苦戦してしまうのです。

左利きのデメリット③:左利き製品が高い

最近では、左利き用の人のために、さまざまな物が作られており、便利にはなってきたものの、右利き用とは違ってお値段が張ることが多いのです。
そのため、左利きの人は「左利き製品の商品が欲しい!」と思っても、右利き製品の商品に比べてしまい、値段が高いため諦めることもあります。

また、商品のバリエーションも少ないため、自分好みのデザインがないなど、愕然としてしまうことがあるのです。
左利きの人より、右利きの人の方が圧倒的に多いため、仕方がないのですが、右利き用と同じぐらいの、値段やバリエーションが欲しいところでしょう。

<下に続く>

実は世界の10%しかいない左利き!

知っていましたか?
実は、左利きの人は世界の10%しかいないのです!

しかもこの数字については、はるか大昔しからこの状態のままということも、驚きだといえます。
そのことから、左利きの人は貴重な人だということが分かりいただけましたか。

また、これまでの左利きの人物には、偉大な偉人も数多く実在しており、今後に関しても、左利きの偉大な偉人が生まれてくる可能性もあるでしょう。

<下に続く>

左利きあるあるに共感必至!左利きのメリット・デメリットのまとめ

女性の左利き

左利きの人は、右利きの人に比べて人の数が少ない分、ちょっとした苦労をしているのです。
そのたびに「なんで左利きなんだろう…」と思うこともシバシバあるでしょう。

しかし、これも個性だと思って左手と上手く付き合っていくことで、左利きならではの楽しみも見つかることもあるのです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line