みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

電子マネーとは?電子マネーのメリット・デメリットを知って賢く支払い!

電子マネーというと、予めチャージをしておいて金額をカードやスマートフォンのアプリに記憶させ、買い物に利用をするというイメージを持つ方が多いでしょう。
いちいち入金手続きをするのは面倒だと感じる方も多いかもしれません。
メリットやデメリットを知って、賢く使うと非常にお得に利用できます。
支払い方について参考にしてみてください。

Large business money pink coins

電子マネーとは何か?

商品の購入やサービスの代金の支払いをする際に、紙幣や硬貨でやり取りする代わりに、企業から提供された電子的なデータで決済をするためのサービスのことです。
予め現金を入金させて電子マネーに変換して使う物と、後から使った分を支払う物に分かれます。

提供した会社が個々に電子マネーの発行や、個人の情報の管理をするために安心して使えます。
クレジットカードのように加入者の代わりに立て替え払いをする訳ではないので、未成年でもチャージをすれば利用できますし、読み取り端末にかざすだけで売買金額の通信ができ、手軽に使えます。

<下に続く>

電子マネーには2種類ある

電子マネーをカードホルダーに入れて保管

電子マネーには大きく分けて2種類に分類されます。
それぞれを詳しく説明します。

電子マネーの種類1: プリペイド型

予め必要な金額をカードやスマートフォンのアプリをインストールして入金させておくタイプで、前払いをするためにプリペイド型と呼ばれます。
現金やクレジットカードを登録して、所定の金額を入金させます。

残高がないと使えないので、予めどのくらい残っているか確認が必要です。
チャージ機やレジ、ATMからでも確認できますし、アプリであれば起動するとすぐにチェックできるので、とても便利です。

電子マネーの種類2: ポストペイ型

使った分だけ後払いができるタイプの電子マネーで無駄がありません。
提携しているクレジットカードを取得していないと利用できないことが多く、電子マネー用のカードが別に発行されたり、アプリから使用できたりするタイプがあります。

近年では、所定のギフトカードを購入してチャージをする、プリペイド型と兼ねられるタイプもあります。
提携している銀行口座と結び付けて、電子マネーを使うと即時決済ができるデビットカードと一体型もしくは紐付け型のタイプも出てきています。

電子マネーを使うと財布がなくても便利

<下に続く>

電子マネーを使うメリットとは

電子マネーでの決済を行うのに様々なメリットがあります。
5つの項目に分けて詳細な説明をします。

1. 小銭が必要ない

プリペイドタイプであれば、電子マネーに必要な分だけチャージをしておけますし、ポストペイタイプであれば、後から請求がされますので、端数が出たとしても細かい小銭が必要ありません
お釣りもでないので、財布が小銭で重くなりません。

小ぶりな財布を持ちたい方や、硬貨をあまり使わない方にはぴったりです。

2. カードやスマートフォンで利用可能

電子マネーは、単体のカード、クレジットカードやキャッシュカードとの一体型、スマートフォンのアプリがあります。
財布を持たなくても支払いが完結するので、バイクなどの移動でポケットに入れて、バッグを持たない場合に持ち物を極力少なくできるでしょう。

多額の現金を持ち歩くのが不安な場合、カードケースに一まとめにして持って行くこともできます。
決済を管理できるアプリを導入できる場合、全てスマートフォンにまとめられるので紛失する心配もありません。

3. ポイントが貯まる

発行されたサービス会社や店舗で購入したり、代金を支払ったりするとポイントが貯められる場合があります。
提携の商業施設で決済をした場合も同様です。

割引などの優待特典を受けられることもありますので、良く利用する店舗で使われている電子マネーを選ぶと得をすることもあるでしょう。

4. かざすだけで支払いがスムーズ

レジでクレジットカード決済をする場合は、担当者に渡して端末に通してもらったり、認証用の暗証番号の入力やサインをしたりする必要がありますが、かざすだけでできるので、非常にスピーディーにできます。

レジだけでなく、駅の改札で運賃を支払う時や定期券を通す時にも人の流れを止めずにできるので、混み合う時にも安心です。

5. 金銭管理がしやすい

プリペイドタイプに限りますが、予め一定の必要な金額をチャージできるので、残高の範囲内で決済ができるようになります。
計画的に使って無駄遣いを防ぎたい場合や、子供に金銭管理の仕方を覚えさせたい時に利用させられるでしょう。

家計簿アプリと電子マネーが連動している場合には、所定の月や週を指定していくらチャージをして、使ったかが一目で分かるようになります。
家計簿を付けるのが難しい方にも向いています。

<下に続く>

電子マネーを使うデメリットとは

メリットも多い電子マネーですが、使い方次第ではデメリットも生じることがあります。
それぞれを5つの項目に分けて詳しく説明をします。

1. セキュリティ面での不安

セキュリティの不安は2つあります。
人が多く集まる場所で決済端末を改造した物を近づけて、電子マネーの残高が抜き取られるスキミングの被害が想定されます。

現段階では複雑な暗号技術が用いられているので、問題はおきていません。
心配な場合は、クレジットカード用のスキミング被害を防ぐケースに入れて持ち歩くといいでしょう。

もう1つは、盗難や紛失の際のリスクで、プリペイド型の場合はクレジットカードのようにさかのぼって補償する制度がありません。
アプリの場合はスマートフォンが盗まれることもありますし、カードの場合は置き忘れたり、すりにあったりする可能性もあるでしょう。

たいていの電子マネーは、公式サイトを通じて所有者の情報を登録することで、盗難や紛失の連絡を受けた後に、利用停止及び再発行手続きをして、その時点の残高を引き継ぐことも可能です。
再発行手数料がかかる場合もあります。

ただし、使われてしまった後に手続きをしても仕方がありませんし、楽天Edyのように残高の引き継ぎ自体をしていない電子マネーもあるので注意が必要です。
クレジットカードを登録して、チャージやオートチャージの設定をしている場合は、カード会社に連絡しただけでは解決できない場合があるので、電子マネーを管理する会社にも連絡をして停止手続きを取る必要があります。

盗難や紛失の際のリスクが心配であれば、ポストペイ型の利用を勧めます。
クレジットカードの明細を見て異常な利用額に気づいた時にすぐ、カード会社などに被害を申し立てて認められると、60日にさかのぼって補償される所が多いです。

2. 電波の干渉

スマートフォンと電子マネーのカードをケースに入れて一緒に持った場合、電波が干渉して端末での読み取りが難しくなることがあります。
改札口で定期券用の電子マネーをかざした時や、レジでスマートフォンのケースに入れたまま、電子マネーのカードを使った時に起こることがあります。

スマートフォンで電子マネーのアプリを入れて、一括管理をする方法もおすすめです。
カードとアプリと分けて持つ場合は、スマートフォンと電子マネーのカードの間に電波干渉を防ぐシートを挟むと読み取りエラーを防げます。 

3. チャージ後の払い戻しは難しいことも

プリペイド型に見られますが、いったん電子マネーに入金させると払い戻しができない物がほとんどです。
入金前には必ず金額の確認をし、必要以上に入れないように注意してください。

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーの場合は、払い戻しが可能ですが、税抜き200円の手数料がかかるので気をつけましょう。

4. 残高の確認が面倒

プリペイド型の電子マネーの利用する場合、現時点での残高がどのくらいあるか確認をしたい場合があります。
スマートフォンがある場合は、その場で公式サイトに接続するかアプリを起動させるかすると残高が確認できますが、通信料金がかかるでしょう。

通信料金を節約したい場合は、レジの担当者に頼んで照会する方法もありますが、面倒に感じることもあります。
nanacoや交通系の電子マネーであれば、店内や駅のチャージ機やATMから残高照会ができます。

5. チャージの金額や限度額が決まっている

プリペイドタイプは、1回にチャージができる金額や1日や1ヶ月単位で入金ができる回数や金額が決まっています。ポストペイタイプは、月間の利用額に制限が設定されていることがあります。

たいていの場合は、プリペイドタイプは5万の範囲内残高が認められ、入金は49000円までということが多いです。
ポストペイタイプは月間2万円までの利用が認められる所がほとんどです。

盗難や紛失のリスクを考えてのことだと考えられます。
毎月の利用額が多い方や、1回に多額の決済をしようとする方は注意が必要です。

<下に続く>

電子マネーの使い方

大まかな利用の仕方は3ステップです。
ポストペイ型の後払い式は、チャージをせずにクレジットカードの締め日で、電子マネーを利用した合計額を集計し、後日請求されて期日に支払うことになります。

1. チャージをする

プリペイドタイプは予めチャージをする必要があります。
現金はレジでの入金、チャージ機やATMなどの入金機能を利用して手続きができます。

クレジットカードを利用する場合は、会員サイトにログインするかアプリを利用するかしてクレジットカードを登録して所定の金額を入力し、チャージをします。
残高が下回った時に自動的にクレジットカードから入金させるオートチャージの設定も行えます。

ポイントサイトからの変換や電子マネーの利用でポイントからチャージに移行する場合も、会員専用画面から手続きができます。
電子マネーによっては、いったん本部への預かり措置となり、レジやATM等で残高確認をしないと受け取りができない物もあるので、注意してください。

2. 使える電子マネーの確認

レジで電子マネーの利用をする場合、様々な種類を扱っている所もあります。
使う電子マネーを伝えたり、利用する種類のロゴマークのボタンを押したりして確認させます。

3. 端末にかざして決済

レジに付いている読み取り端末の上にかざして、決済をします。
カードタイプの物もスマートフォンのアプリもそのまま上部にかざすだけで読み取りが行えます。

十分な残高があれば、電子音がしてそのまま決済可能です。
足りない場合もブザーが鳴って通知がされますので、対応できるレジであれば現金によるチャージをして支払いができることもあります。

対応していないレジの場合は、他の方法で支払うか、コンビニ等に出向いてチャージをしてから決済をする必要があるでしょう。

電子マネーアプリですぐに決済

<下に続く>

代表的な電子マネーとは

日本国内で使える電子マネーは色々な種類があります。
特に著名な電子マネー一覧を8種類挙げて特色を説明します。

1: 楽天Edy

ネットモールの楽天と密接に結び付いている電子マネーで、楽天の支払い以外の他に提携のコンビニ等の店舗で決済利用が可能です。
利用範囲が広く、idに次いで第2のシェアを占めています。

楽天Edyを使うことで、200円ごとに1ポイント分の楽天スーパーポイントが貯まります。
クレジットカードの楽天カードと一体型やポイントカードと一体になっているタイプなどがあり、スマートフォンに内蔵できるアプリもあります。

アプリに楽天Edyのカード番号とクレジットカードや所定の口座を登録すると、カードからや銀行口座からのチャージが行え、非常に便利です。
楽天の会員になっているとポイント口座の紐付けができます。

会員ランクに関係なく楽天での買い物などで貯めた楽天スーパーポイントの通常ポイントをチャージすることも可能です。
1ポイントは1円分に換算されます。

楽天での購入で決済をするには、専用のポートや読み取り用の機械が必要です。
楽天市場にUSB接続ができるカードリーダーが販売されているので、購入を検討するといいでしょう。

2: nanaco

コンビニのセブンイレブンやスーパーのイトーヨーカドーなどの系列店舗や日用品や飲食店等の提携している各店舗、ネットモールのオムニ7で使える電子マネーです。
電子マネーで唯一税金の支払いに対応しています。

単体のカードやクレジットカードと一体になったセブンカード・プラス、スマートフォンに搭載できるアプリタイプなどがあります。
クレジットカードからチャージをする方は、一体型のタイプを利用すると所定のポイントが貯められます。

現金のチャージはコンビニのレジ以外に、店内のセブン銀行ATMやチャージ機を使ってできます。
ポイントサイトや他社クレジットカードのポイント交換にも対応していて、ATMやレジ等で残高照会をするとポイントを入金することも可能です。

決済利用するごとに100円で1ポイント貯められます。
規定の日に使ったり、キャンペーン中に特定の店舗で使うとボーナスポイントが付与されることもあるのでお得に利用できます。

3: WAON

商業施設のイオンやスーパーのマックスバリュなどのイオングループを中心に、提携店舗で利用できます。
200円決済するごとに1ポイント貯まりますが、ポイントには有効期限があるので、200ポイント貯まった場合には、すぐにチャージすることを勧めます。

レジやイオン銀行のATM、系列店舗のポイントチャージ機で現金チャージや、利用した分のポイントをチャージすることが可能です。
イオンカードを保有している場合は、カードからのチャージも行えますし、イオン銀行のキャッシュカードを保有している場合は、口座からのチャージもできます。

クレジットカードとの一体型やキャッシュカードとの一体型のタイプもあり種類が多いです。
JALと提携している場合は、ポイントではなく、マイルが貯まりますので、自分の利用の仕方に応じて適切なタイプを選ぶようにしてください。

4: Suica

JR東日本から発行されている物で、区域内に住んでいる方で鉄道やバスを利用する機会の多い方であれば、便利に利用できます。
管内の鉄道の乗車券や定期券にもなります。

改札機の読み取り機にかざすだけで運賃が精算できますし、十分な金額がチャージされていれば乗り越しをしても自動精算が可能です。
交通系ICカードが使えるマークが付いていれば、JR東日本以外の管轄の鉄道やバスの利用ができます。

ほとんどの鉄道等の交通機関で提携できるため、相互利用が可能ですが、チャージには対応していない場合があるので注意してください。
各駅でカードタイプの発行やチャージができますし、アプリをインストールしてインターネット上から手続きできるモバイルタイプもあります。

提携している商業施設でも利用できます。
あまり交通機関を利用しない方で買い物の利用が中心であれば、他の電子マネーの方がお得かもしれません。

5: PASMO

首都圏の主要な私鉄や地下鉄、バスの乗車券として利用できる電子マネーです。
全国の各鉄道会社と相互利用を認めているので、Suicaが利用可能であれば、PASMOも使える所がほとんどです。

定期券として使えるタイプや、名義人のみが使える記名式のタイプなど様々です。
大人用と小児用があるので、子供用に購入するのに間違えないように注意してください。

チャージは、駅や営業所内のチャージ機、バスの車内、コンビニのレジ等で行えます。
設定をすれば、一定の残高を下回った時に、クレジットカードからオートチャージをするのも可能です。

残高履歴が駅の券売機で印刷できるので、明細が必要な場合にも便利でしょう。
バスを主に利用している方であれば、利用特典サービスが付き、ポイント等が貯められることがあります。

提携店舗で買い物にも使えますが、Suicaと同様に公共交通網を使っている方に大きなメリットがあるでしょう。
他の地域の鉄道会社の電子マネーもほぼPASMOやSuicaと同様に相互に使えますので、自分が使える地域のJRや私鉄の電子マネーを用意するといいでしょう。

6: iD

NTTドコモと三井住友カードが共同で開発し、提携しているサービスで、電子マネーのシェア1位を誇っていますす。
決められたクレジットカードと紐付けして使える後払い式の電子マネーで、支払いをした分にはクレジットカードのポイントが付加される場合があります。

使うには、カード会社に申し込みをして、別に電子マネー用のカードを発行したり、決済管理アプリに登録してスマートフォンから使えるようにしたりして利用します。
以前は後払いの利用しかできませんでしたが、先払いデビット決済によるチャージにも対応するようになりました。

所定の通信会社等から発売されるプリペイドカードを購入して前払い用のチャージをし、その範囲内で利用することも可能です。
また、三井住友銀行の預金口座を開設している方であれば、デビットカードを発行してiDの機能を紐付けし、口座残高の範囲内で電子マネーを利用することもできます。

7: QUICPay

クレジットカードの国際ブランドのJCBが取り扱う電子マネーです。
JCBの加盟店であれば、利用できる所が多いですし、nanacoに紐付けすることも可能です。。

基本的にiDと同様に対応するクレジットカードと紐付けをして、使った分だけ支払いをする後払い式の電子マネーです。
カード会社から発行された電子マネー用のカードを利用したり、決済アプリをスマートフォンに取り入れて使うことも可能です。

クレジットカードを保有していないと申し込みが難しいです。
しかし、QUICPayプラスに申し込みをすると、クレジットカードの他に、みずほ銀行のデビットカードを登録して、口座の範囲内で利用したり、auのプリペイドカードを先に購入してチャージをすることも可能です。

QUICPayプラスの場合は、ApplePayに登録した場合に利用できます。
支払い方法の選択範囲が増えますし、1回当たりの利用額が2万円以上でも決済できるので多額の買い物をする場合にも便利でしょう。

8: au WALLET

auの携帯電話やスマートフォン、通信回線サービスを利用しているユーザーだけが発行可能な電子マネーです。
事前にローソンなどのコンビニのレジやじぶん銀行などの口座、クレジットカードからチャージをして利用できる前払い式のタイプです。

利用者が限られますが、クレジットカードがない方でも非常に便利に使えます。
サービスの利用で貯まったポイントを使えますし、携帯キャリア決済にも対応しています。

国際ブランドにMasterCardが付いているため、予めチャージをしておけば残高の範囲内で、MasterCardの加盟店でクレジットカードの1回払いで決済できる場合があります。
ネットショップの加盟店でも使える場合がありますので、事情があってクレジットカードを使えない方、未成年でカードが持てない方でも便利に使うことができるでしょう。

9. おさいふpontaカード

主にコンビニのローソンで決済利用できるプリペイド式の電子マネーです。
ローソンのレジで現金チャージができますし、クレディセゾンから発行されているクレジットカードがあれば、国際ブランドに関係なく手数料無料でチャージできます。

それ以外のカード会社の場合は、税抜きで200円手数料がかかるので注意が必要です。
auWalletと仕組みが非常に似ていて、JCBの国際ブランドが付帯しており、多くの加盟店でクレジットカード1回払いと同様に決済が可能です。

ポイントの付与率はローソンでは100円につき1ポイントですが、他のJCB加盟店では500円につき1ポイントです。
よくローソンを利用する方、セゾンカードをお持ちの方におすすめです。

未成年でカードを申し込めない人でも、現金でチャージするのみであれば使いやすいです。

<下に続く>

電子マネーをお得に使うには

電子マネーは目的を考えて選ぶようにすると最強です。
初めて使うのであれば、自分が利用する所に合わせて選ぶと使い勝手が良くなるでしょう。

使う分を無駄にせずに利用したいなら後払い式がおすすめですし、公式サイトをチェックして利用先が多く、ボーナスポイントも付くのであれば、小売店やサービスから発行されるタイプを選択して試してみると思わぬ発見があるかもしれません。
慣れてきたら他の電子マネーの利用を検討してみることを勧めます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line