みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/08/07

借金まみれになる人の特徴と抜け出す方法!借金まみれの末路とは

あなたの周りには、消費者金融などから何百万もお金を借りている「借金まみれ」の人はいらっしゃいますか?
普通の金銭感覚を持つ人であれば、「なんで借金なんかするのか」と疑問に感じる方も少なくありません。

では、こういった人は、なぜ借金まみれになってしまうのでしょうか。
そこで今回は、借金まみれになる人の特徴や抜け出す方法、借金まみれの末路について解説していきます。

Large nayamu
目次

借金まみれとはどのくらいの金額の借金を言う?

借金まみれだと判断できる金額は、人それぞれ年収や状況が異なるため、一概には言えません。
しかし、借金まみれだと判断できるポイントとして、毎月の返済額のうち、利息がどれくらいの割合であるかという部分がポイントとなってきます。

なお、毎月の返済額のうち、半分以上が利息の支払いに充てられているのであれば、借金まみれの状態であると考えてよろしいでしょう。
利息の支払いに圧迫されていると、それだけ元本を減らすことができないということです。

利息は元本の残債額に利率を乗じて算出されるため、元本を減らせないということは、それだけ利息の負担も重くのしかかるということを意味します。
その結果、返済期間が長引く原因となり、借金に追われる生活から抜け出すことが困難になってしまうことも少なくありません。

<下に続く>

借金まみれになる人の特徴

借金まみれの女性

では、借金まみれになる人にはどのような特徴があるのでしょう。
借金まみれになる人には、以下の特徴があります。

  1. 欲求を我慢することができない
  2. 楽観的な考え方をする
  3. 見栄を張ろうとする
  4. 真面目すぎる

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴① 欲求を我慢することができない

借金まみれになる人には、まず、「欲求を我慢することができない」という特徴があります。
こういった人は、自分の欲求に素直で、ちょっと良いなと思うものがあれば、我慢することができず、すぐに購入に踏み切ってしまう癖を持っています。

また、クレジットカードを持っていれば、手元に現金がなくても買い物をすることができてしまいます。
そのため、後になってクレジットカードの請求額を見てみると、莫大な金額を請求されてしまって払えないといったことも少なくありません。

特徴② 楽観的な考え方をする

次に、「楽観的な考え方をする」という特徴があります。
お金に几帳面な人であれば、自分の収入よりも支出が上回ることは有り得ないと考えますし、何かあった時のためにコツコツと貯金をしているものです。

また、何かしらの理由で借金をするようなことがあっても、自分の収入以上の借金をすることは絶対にありません。
しかし、考え方が楽観的な人は、「借金をしていても何とかなるだろう」という、根拠のない自信を持っている傾向にあります。

そのため、計画的な返済計画を立てることができず、利息だけがどんどん膨らんでいってしまいます。
また、借金をしていても、生活水準を下げられないことも多いので、結果として借金が徐々に増大していってしまうことに繋がるのです。

特徴③ 見栄を張ろうとする

3つ目に、「見栄を張ろうとする」という特徴があります。
こういった人は、「あの人よりも良い車に乗りたい」、「有名ブランドのバッグや服を着たい」というように、他人と比べて、より良い物を手に入れたいと思う傾向にあります。

見栄を張ろうとすればするほど、どんどん高額な物を手に入れたいという欲求を抑えられなくなります。
そのため、いつかは自分の収入や貯金だけでは足りなくなってくる時が来てしまいます。

したがって、今度は消費者金融やクレジットカードのキャッシングやリボ払いに手を出してしまうことに繋がります。
その結果、気が付いたら借金が膨れ上がっていて、借金返済に追われる生活を余儀なくされることも少なくありません。

特徴④ 真面目すぎる

最後に、「真面目すぎる」という特徴があります。
これは意外な特徴かもしれませんが、真面目な人でも、病気やケガで働けなくなり生活費や治療費が足りないといった理由で借金をすることもあります。

そして、場合によっては、返済日までに借金の返済が間に合わないということも考えられます。
ここで、真面目すぎる人は、何が何でも返済日までに借金の返済しようと考えます。

そこで、別の消費者金融から借金をしてでも返済するという行動をとってしまうのです。
その結果、次々と色々な消費者金融からお金を借りてしまい、利息が膨らんで借金を返済できなくなる状態に陥ってしまうのです。

<下に続く>

借金まみれになる原因

では、借金まみれになる原因をみていきましょう。
借金まみれになるには、以下の原因があります。

  1. 複数の消費者金融からお金を借りている
  2. 収入の範囲内で生活できていない
  3. ギャンブルで一発逆転を狙おうとする

続いて、借金まみれになる原因を、それぞれ詳しくみていきます。

借金まみれの原因① 複数の消費者金融からお金を借りている

借金まみれになってしまうのは、まず、「複数の金融機関からお金を借りている」という原因があります。
こういった人は、限度額までお金を借りて、その消費者金融ではもう借りられないということで、複数の消費者金融に手を出している場合がほとんどです。

そのため、気が付いた時には何百万も借金をしている状況で、利息額も膨大に膨れ上がってしまいます。
その結果、毎月の利息の支払いで精いっぱいで、借金を返済するのが難しくなっていきます。

また、こういった状況に陥ると、普通の消費者金融からは借りられないということで、高金利のヤミ金に手を出してしまうことも少なくありません。
そのため、ますます状況が悪化して借金生活から抜け出すことが困難になってしまうのです。

借金まみれの原因② 収入の範囲内で生活できていない

次に、「収入の範囲内で生活できていない」という原因があります。
当たり前のことですが、収入よりも支出を抑えれば、そもそも借金をすることはありません。

逆に、収入よりも支出が上回れば、足りない分を貯金から賄うか、借金をしなければ生活していくことができません。
これが一時的なものであれば、たとえ借金をしたとしても、そこまで借金が膨らむことはなく、すぐに返済することができます。

しかし、収入よりも支出が上回った状態で生活を続ければ、どんどん借金が増えていく一方になってしまいます。
借入額の元本が増えれば、その分利息も高くつきますから、返済を後回しにすればするほど、借金まみれに陥ってしまうのです。

借金まみれの原因③ ギャンブルで一発逆転を狙おうとする

最後に、「ギャンブルで一発逆転を狙おうとする」という原因があります。
パチンコや競馬などのギャンブルで大当たりすれば、1日で数万、数十万のお金を手に入れることができます。

しかし、最初から、気分転換としてギャンブルを楽しんでいる人であれば、特に問題はありません。
こういった人は、そもそもギャンブルで稼ごうという気はなく、「損をして当たり前」だと考えています。

したがって、ギャンブルに大金をつぎ込むことはありませんし、負けたとしても、その分を取り返そうという気にはならないため、借金まみれになることはありません。
しかし、ギャンブルで一発逆転を狙おうとしている人は、ギャンブルで大当たりをしてしまうと、「また大当たりするかもしれない」という希望を持ってしまい、またパチンコや競馬に出かけてしまいます。

しかし、ギャンブルとは、大元が儲かるように出来ているので、そう立て続けに大当たりを出すことはできません。

したがって、結局、こないだ稼いだ分のお金をすべて吐き出してしまい、その結果、負けた分を取り返そうと、生活費に手をだすようになってしまうのです。そして、やがては生活費も底をつき、消費者金融から借金を重ねていってしまうことに繋がるのです。

<下に続く>

借金まみれな人の末路とは

借金まみれな人の末路

借金まみれになってしまうことで、人生が崩壊してしまう人も少なくありません。
借金まみれになると、毎月の収入の半分以上が借金の返済に充てられることも珍しいことではありません。

そうなると、家賃や食費、水道光熱費など、生活していくのに最低限かかる支出も抑えて行く必要に迫られます。
したがって、生活していくことさえも困難になってしまいます。

しかし、借金まみれの人は、消費者金融のカードローンが組めなくなってしまっていることが多いため、仕方なく、法外な高金利でお金を貸してくれる「闇金」に手を出してしまうことも少なくありません。
そのため、金利を返済するばかりで元本を一向に減らすことができず、雪だるま式にどんどん借金が膨れ上がってしまいます。

その結果、借金を返済し続けるだけの人生になり、将来に希望を持てなくなって、自分で命を絶ってしまう恐れがあります。
また、まともに生活していくのも困難になり、ネットカフェ難民やホームレスになってしまったりと、人生が崩壊してしまうことも、決して珍しいことではないのです。

<下に続く>

借金まみれな人との接し方【付き合い方】

では、借金まみれな人との接し方をみていきましょう。
借金まみれな人との接し方には、以下のものがあります。

  1. お金は絶対に貸さない
  2. 借金の相談に乗ってあげる

続いて、借金まみれな人との接し方を、それぞれ詳しくみていきます。

借金まみれな人との接し方① お金は絶対に貸さない

借金まみれな人と接する上では、まず、「お金は絶対に貸さない」ことが大切です。
借金まみれな人から、「〇万円だけ貸して」と言われることもあるかもしれません。

しかし、こういった人にお金を貸すと、まず、お金は絶対に戻ってこないと考えた方がよろしいでしょう。
良かれと思って、こういった人にお金を貸すと、現状に甘えてしまって、いつまでも借金地獄から抜け出そうという努力をしなくなります。

また、その人に頼めば、また貸してくれると思い込んで、何回もお金を借りに来る可能性もあります。
そして、実際に貸したお金が戻ってこなかったりすれば、その人との間にわだかまりができて、場合によっては、お金を借りに来た人自体と絶縁してしまう可能性もあります。

したがって、たとえ、借金まみれの人が家族や親友であっても、安易な気持ちでお金を貸さないことが大切なのです。

借金まみれな人との接し方② 借金の相談に乗ってあげる

次に、「借金の相談に乗ってあげる」ことが大切です。
もしも、借金まみれの人が大切な家族や親友だった場合、その人の今後が心配になって、自分も何かしてあげたいという気持ちも湧いてくるかもしれません。

したがって、そういった時には、その人が借金地獄から抜け出せるように、真剣に相談に乗ってあげたり、アドバイスをすることが大切です。
借金まみれの人の中には、借金地獄から抜け出すために何かしようと思っても、何をすれば良いのか分からないと悩んでいる人も少なくありません。

そのため、その人の話に耳を傾けるだけでも、その人の気持ちは楽になります。
また、低金利のところに借金を一本化する、弁護士などの専門家に相談しに行くなどのアドバイスをすることで、借金地獄から抜け出せるきっかけを作ってあげることができるかもしれません。

<下に続く>

借金まみれから抜け出す方法

では、借金まみれから抜け出す方法をみていきましょう。
借金まみれから抜け出す方法には、以下のものがあります。

  1. 家計簿をつけるようにする
  2. 余ったお金は全て借金の返済に充てる
  3. 低金利の金融機関に借金を一本化する
  4. 債務整理をする

続いて、借金まみれから抜け出す方法を、それぞれ詳しくみていきます。

借金まみれから抜け出す方法① 家計簿をつけるようにする

借金まみれから抜け出すためには、まず、「家計簿をつけるようにする」という方法があります。
こういった人は、「いつ、何に、いくらお金を使ったのか」というように、家計の管理ができていない人がほとんどです。

そのため、節約意識や危機感が芽生えることなく、次々と欲しい物を手に入れようとしてしまうのです。
したがって、まずは、お金を使ったら、日付と金額、費目を記録に残すようにする習慣を身に着けるようにしましょう。

そうすることによって、今月支出した金額が一目で分かり、どこで無駄遣いをしているのかが徐々に分かってくるようになります。
そのため、無駄な出費を抑えることができ、その浮いた分を借金の返済に充てることができるようになります。

借金まみれから抜け出す方法② 余ったお金は全て借金の返済に充てる

次に、「余ったお金は全て借金の返済に充てる」という方法があります。
借金の返済が長引けば、それだけ無駄な利息を払い続けることになり、金銭的な負担を強いられることになります。

そうならないためにも、借金はなるべく早く完済することを第一に考えなくてはなりません。
したがって、生きていくために必要な出費以外は全て無くすように努力する必要があります。

そして、無駄な出費を浮かせた分のお金や、ボーナスなどの臨時収入を全て借金の返済に回すことが大切です。
そうすることで、元本を早めに減らすことができ、それに伴って利息の負担も軽減することができ、金銭的な余裕が生まれるようになります。

借金まみれから抜け出す方法③ 低金利の金融機関に借金を一本化する

3つ目に、「低金利の金融機関に借金を一本化する」という方法があります。
複数の金融機関からお金を借りていると、「どこの金融機関からいくらお金を借りているのか」という借金の全体像が把握しにくいというデメリットがあります。

また、金融機関によって利率はバラバラですので、中には高金利の金融機関からお金を借りていて、利息の負担が大きくなっている可能性もあります。
そのため、低金利の金融機関に借金を一本化するようにしましょう。

そうすることで、利息の負担を軽減することができ、軽減した分のお金を元本の返済に充てることができます。
また、借金の全体像が把握しやすくなるため、完済までの計画を立てやすくなり、借金を無理なく返済していくことが可能となります。

借金まみれから抜け出す方法④ 債務整理をする

最後に、「債務整理をする」という方法があります。
どのような方法を実践しても、どうしても借金を返済するのが難しい場合は、最終手段として債務整理をするという手もあります。

ちなみに、債務整理とは、借金を減らしたり、借金を返済する義務を放棄することができる法的な手続きのことを言います。
債務整理には、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」、「特定調停」、「過払い金請求」の5種類の方法があります。

債務整理をすることによって、様々な不利益を被ることがありますが、借金の負担を軽減することができます。
したがって、債務整理を考えているのであれば、弁護士などの専門家に相談されることをおすすめします。

<下に続く>

借金まみれにならないためのアドバイス

借金まみれにならないためのアドバイスとしては、何よりも「安易な考えで借金をしない」ことが大切です。
当然のことながら、お金を借りるということは、いつかはお金を返さなければならないということで、そのお金が自分のものになったということではありません。

したがって、返済期限までに返済できるメドが確実に立たないのであれば、そもそも借金をするべきではないのです。
そのため、手元にないからお金を借りるという安易な発想をやめるようにしましょう。また、クレジットカードのリボ払いや分割払いなど、支払いを後回しにするのも厳禁です。

そして、お金がないのであれば、生きていく上で絶対に必要となる物以外の物は絶対に買わないと、強い決意を抱かなければなりません。
そして、収入の範囲内で生活することを徹底し、借金をせずに済むように自分自身を改めることが大切です。

<下に続く>

借金まみれになる人の特徴と抜け出す方法!借金まみれの末路とはのまとめ

借金まみれ

とてもシンプルなことですが、収入よりも支出が上回るような生活を続けていれば、貯金も底をついて、いつかは借金をしなければならない状況に陥ってしまいます。
したがって、借金まみれから抜け出すためには、まず、贅沢を一切やめて、余ったお金を全て借金返済に充てる努力をしなければなりません。

また、どんな手段を講じても、借金を返済するのが困難な場合、弁護士に相談して、債務整理の手続きを行うことも検討しなければなりません。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line