みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/08/12

女子の可愛い方言ランキング!方言にキュンとする男性の心理は?

普段方言に触れていない男性は方言を話す女性に会い方言を聞くと、キュンとすることがあるでしょう。
方言は全国各地にいくつもあり、特徴やアクセントなど異なりさまざまです。

そのため自分好みの方言を探し始めることは、たくさんの方言にふれ、とても面白く感じられます。
今回は男性に人気の方言やキュンとする心理ポイントをまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

Large yaoqi lai 19621 unsplash

方言女子は可愛い!キュンとする男性の心理

では、キュンとする男性の心理をみていきましょう。
キュンとする男性には、以下の心理が考えられるでしょう。

  1. 柔らかい口調に和む
  2. 純粋そうなイメージが浮かぶ
  3. 親しみがわく
  4. 方言とのギャップを感じる
  5. 方言が新鮮
  6. 恥ずかしそうな姿がかわいい

続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。

キュンとする男性の心理①:柔らかい口調

柔らかい口調で心を和ませるような方言は、いくつもありまります。
そんな方言を話す女性に、癒されるという男性は数多いでしょう。

たまに標準語はさっぱりしていて、冷たい印象を受ける人がいます。
しかし、ゆったりとした柔らかい方言は、あたたかい印象を人に与えることが可能です。

そしてほんわかした口調は、その女性自身のイメージも柔らかくふわっとしたイメージにつながり、可愛いと思われます。
また、ゆったりと話す様子は色気を感じさせ、ドキッとさせるでしょう。

京都弁もゆったりとした口調が良いと言われ、男性に限らず女性からもとても人気です。

キュンとする男性の心理②:純粋なイメージ

方言を使っている女性に対し、まだ都会に染まりきっていない純朴な印象を受ける男性はいます。
また、そんな純粋な女性を守ってあげたいと思うようになり、男性はキュンとするのでしょう。

方言を話し続ける姿は素朴さを感じさせ、その人をより魅力的にみえます。
純朴そうな方言のイメージは、あたたかみを感じられ好印象です。

キュンとする男性の心理③:親しみがわく

普段方言をつかっていない人でも、急に方言で話し始めたりポロッと方言がでると、可愛いと感じる人は多いです。
また、男性はその人の素を見れた気分になり、嬉しくなるのでしょう。

ふとした時にでた方言は、無防備なようにみえキュンとすることが多いです。
さらに相手との距離はぐっと縮んだように感じられ、ドキドキしてきたり親近感がわきます。

キュンとする男性の心理④:方言とのギャップ

普段標準語を話している人から急に方言がでると、男性はギャップに驚くことがあるでしょう。
相手の意外な一面が見えることで、新鮮味がわき多くの人は目を惹きます。

どうしても人は意外性なところをみると、意識をし始めてドキドキする場合が多いです。
このようにギャップにキュンとすることは男性だけではなく、女性も経験したことがありよくわかるでしょう。

キュンとする男性の心理⑤:方言が新鮮

普段あまり聞きなれない方言を耳にしたときに、ドキッとする人はいるでしょう。
更に一度聞くだけでは意味がわからない様な方言は、ワクワクもしてきます。

初めて聞くときはより魅力的に聞こえ、キュンとさせる効果が大きいです。
やはり何と言っても、方言のゆったりとしたイントネーションや独特な言い回しは人を和ませキュンとさせます。

また、意味を推測したり、教えてもらったりと方言を通して相手との距離が一気に縮まることもあり、仲良くなる手段として有効です。
方言を上手く活用するといいでしょう。

キュンとする男性の心理⑥:恥ずかしそうな姿がかわいい

方言を話している姿が可愛いのはもちろんですが、少し恥ずかしそうに方言を話している姿も可愛いと思う男性は多いです。
そして標準語を話そうとする懸命な姿は、とても可愛らしく好印象なので注目したいポイントになります。

また、方言を話している姿が好きだから標準語を話そうとしていることに、やきもきする人もいるでしょう。
そのような人は、ふとでた方言や訛りを恥ずかしがっている姿にもキュンとします。

<下に続く>

一番方言が可愛いのはどこ?全国可愛い方言ランキング

全国 方言

全国各地さまざまな地域に方言は、いくつもあります。
地域によって少しずつ口調や特徴が異なり、印象は大きく変わってくるでしょう。

ここでは、全国の可愛い方言をランキング形式で紹介していきます。

10位長崎弁

長崎弁は博多弁や熊本弁と同じような方言と分類されており、昔から日本のなまりの代表のひとつとされていました。
長崎弁の特徴は、母音が発音されないことです。

人気のポイントは、語尾に『と』をつけることでしょう。
長崎弁ではさ行が『しゃ・しぃ・しゅ・しぇ・しょ』といった発音になったり、柔らかい口調が親しみやすく人気です。

また、女優の新垣結衣さんが映画の中で長崎の方言を話していたこともあり、一時かなりの注目を浴びました。

9位青森弁

青森弁には津軽弁と南部弁と二種類あり、それぞれ特徴が大きく異なります。
南部弁は少々ゆったりとした柔らかい口調で、津軽弁ははきはきした口調が特徴です。

青森弁は語尾の使い方が可愛らしく、『きゃ』『ちゃ』『けろ』『じゃ』などさまざまで、とても印象的なものばかりになります。
他にも濁音が多いところはポイントになり、『好きだじゃー(好きです)』などと言われたら可愛くキュンとする人は多いでしょう。

8位沖縄弁

沖縄弁は比較的有名な方言で、『ゴーヤチャンプルー』など沖縄料理などで知っている人は多いでしょう。
沖縄弁は沖縄語として確立されておりウチナーグチと言われ、かなり特徴的な言語になります。

まず、基本的な母音はa・i・uの三つで構成されており、発音が大きく異なり初めて聞くと驚くことでしょう。
イントネーションはゆったりとしており、聞いているだけで癒され、沖縄方言のほんわかした雰囲気が好きな人は多いです。

男性にはふんわり優しい雰囲気の女性を好きな人が結構います。
そのため、沖縄弁は人気です。

7位熊本弁

熊本弁はゆるキャラで人気のくまもんのグッズで、熊本弁がのっていて話題になりました。
熊本弁は博多弁や長崎弁と同じような特徴をもつと分類されており、語尾に『ばい』などをつけます。

そして熊本弁の特徴としては、濁音が多く一見口調が強く感じられますが、響きがとても可愛いです。
気になる相手に『むしょんよか(かっこいいね)』と言われたら、男性は方言の可愛さもプラスされてより嬉しいでしょう。

6位北海道弁

北海道の方言は、地域によって特徴が異なります。
北海道では標準語に近い口調のところから、母音のi・uの発音が近いズーズー弁を話すところなど様々です。

最近では、カーリング女子日本代表の『そだねー』という言い方が可愛いと話題になり、北海道弁は注目されました。
優しい口調は男性をキュンとさせるのにピッタリなのでしょう。

5位広島弁

広島弁は全国的にも有名で、『~じゃ』・『~じゃけん』などをつけて話すと認識している人は多いです。
一見広島弁は強く怖い印象を持っている人もいますが、口調の響きが可愛く評判が良いとされています。

標準語とはアクセントを置く位置が異なり、特徴的に感じるでしょう。
『じゃけん』は人気の言い回しですが、他にも『ぶち(すごく)』や『~しよる(~している)』なども男性に可愛いと評判が良いです。

また、広島弁はPerfumeのメンバーが話しているときに使われていて、可愛いと感じた人は多いでしょう。

4位東北弁

東北弁とまとめても、各地域によって特色や話し方には個性があり、多少異なります。
基本的に東北弁は、ズーズー弁や無アクセントなどの話し方が特徴でしょう。

東北弁は『んだ(そうだ)』や『んだらばね(またね)』みたいに、んから始まる言葉も多く、響きがとても可愛くて人気です。
また、語尾につく『~けろ』や『~ぺ』などの言葉は、キュンとする人は多いでしょう。

東北弁のゆったりした素朴な語調は、癒され魅了される人が数多くいます。

3位関西弁

関西弁は全国的にも広く知られており、使われている人も多いでしょう。
関西弁はイントネーションが特徴的で、アクセントの位置が標準語と全く異なる場合が多いです。

関西弁を話す人はハキハキとした口調のことが多く、少しきつく感じる人がいますが、一方で距離が縮まったように感じ嬉しいと思う人もいます。
特に明るい人がタイプの男性は関西弁のハキハキした喋り方や、親しみやすい口調にキュンとするでしょう。

また、距離が縮んだように感じられる関西弁は、甘えたような表現も可愛く好きな人が多いです。

2位博多弁

博多弁は広く知られている方言で、語尾に『~たい』や『~ばい』『~ちゃん』をつけたり、『ばり(とても)』や『よか(良い)』など特徴的な表現をします。
特に語尾に『~ばい』『~ちゃん』『~っち』をつける話し方は、可愛いと人気です。

また、告白する際などに『好いとうよ』って言われたい男性は多いでしょう。
博多弁は柔らかく優しい響きなので、聞く人に癒しを与えてくれます。

そのため、語調の可愛い博多弁にキュンとし憧れる男性が多いでしょう。
最近ではCMで、女優の広瀬すずさんが博多弁を披露して話題になりました。

1位京都弁

京都弁は物事を遠まわしに言う傾向があり、奥ゆかしく感じる人が多いです。
また京都弁のアクセントは印象的で、他の方言に比べて強くなります。

多くの人は芸子さんや舞妓さんが話しているところを見て、京都弁を知ったことでしょう。
これによって京都弁のイメージは、より上品で美しいと言われるようになりました。

京都弁の人気の表現には、『~しはる』というものがあります。
京都言葉では、これを敬語の表現として使われているのです。

京都弁は優しくゆったりとした口調になので、聞く人は和まされてキュンとするのでしょう。

<下に続く>

方言を使って違った一面をみせよう

方言 活用

今までと違う地域を移り住むとき、その土地の方言に合わせて話そうとする人は多いでしょう。
特に、標準語を話す人が多い東京などでは、方言で話すと目立つケースもあり、方言を隠し標準語を話す人もおり、他の地域出身と気付かないことがあります。

標準語を話すことはコミュニケーションをとる上で利便性がある一方で、個性が失われると感じることもあるでしょう。
さらに方言を用いることで、親近感がわき相手と距離が縮まったように感じる場合はあります。

また、近年では特に方言を話す女子が可愛いと話題になったりと、方言を話しやすい環境です。
京都弁や博多弁は可愛いと人気が強く、方言で話して欲しいと思う人も多数います。

他にも全国各地それぞれ可愛いや親近感のわく方言がたくさんあるので、これを機にお気に入りの方言を見つけてみることもおすすめです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line