みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/08/10

利己主義とは?意味や対義語は?利己主義者の特徴や対処法!

利己主義とか利己主義者という言葉を社会の中で耳にすることもよくありますね。
何となくイメージだけで使っている言葉の一つではないでしょうか?

ここでは以下に、利己主義の意味や類語、対義語、更には英語ではどう言うのか?などを考えていきます。
更にその上で利己主義者の特徴とはどのようなものか?また、利己主義者へはどのような対処法を取れば良いのか?についても掘り下げて考察してみましょう。

Large photo 1477313372947 d68a7d410e9frikosyugi01
目次

利己主義とは?

意味

利己主義とは、他者や周囲、社会のことを考慮に入れず自分個人の利益や得になることだけをひたすら追い求める思考、またはそれに立脚した生き方のことです。
常に、自分のメリットになる損得感情が人生の最大の指針となり、他人の迷惑や犠牲はまるで考えなかったり、わかっていても気にしなかったりします。

エゴイストや自己中、セルフィッシュな奴とも呼ばれるのがこういった特性を持った人々を表現する言葉です。
こういった主義を信奉する者の多くは、自然界は弱肉強食で利己主義の方が正しいという宗教じみた信仰を持っています。

類語

利己主義の類語や同義語はたくさん存在します。
要するに、自分以外の人々の影響は考えず、自分の欲望やメリット、快楽を最重視して考えたり、生きたりするサマをあらわす言葉は、ほとんどがこの言葉の類語に該当します。

代表的な類語としては、「我儘」や「自分勝手」、「主我主義」や「自分本位」、「自己中心主義」などがあります。

対義語

利己主義は、ひたすら自分の利益やメリット、快楽だけを追求しそのためには他者を犠牲にしたり踏み台にしたり迷惑をかけることもよしとする考え方や人生哲学です。
こういったものの真逆の意味の言葉、つまり対義語は何でしょうか?

この言葉に対する対義語は、「利他主義」もしく「愛他主義」です。
利他主義(愛他主義)は読んで字の如く、自己犠牲を払っても、他者や社会の幸福や利益を第一と考えたりそれに立脚した行動をすることを呼びます。

使い方

そもそもこの言葉は、社会のあらゆる場面で日常的に使われている言葉です。
それは、やはり人間社会、特に資本主義社会においては利己主義的な人間や会社等が至るところに散見されるためでしょう。

利己主義の使い方としては以下のようなものが通例です。


「利己的な考え方の者ほど他人の利己的な言動を許せない、という格言がありますが、これは真実でしょう。
エゴ(我欲)の強い人間ほど自分の利己主義の追及を脅かす、他者の利己主義が邪魔で憎むべきものになるわけですから」


英語

英語でも利己主義の人という概念の言葉はよく使われます。
生物の原始的な構造が、利己的にできているので、地球で最も高等な霊長類である人間と言えども、まだまだその下等な呪縛からは逃れられていない証左でしょう。

英語では、利己主義は" egoism"もしくは、"selfishness"といった単語が該当します。
用例としては、"He is nothing more than an egoist."(彼は所詮、ちっぽけなエゴイストに過ぎないよ。)といった具合で、欧米でも日常的に使われる言葉です。

<下に続く>

利己主義と個人主義の違い

利己主義の人

前者の主義とは、自分の損得勘定や欲望、快楽などを第一義に考えて行動する我欲中心主義のことですが、よく使われる個人主義という言葉も同じような意味なのでしょうか?
結論から言えば、個人主義はその定義からして利己主義とは全然違います。

個人主義とは、英語では"individualism"と訳し、国家や会社などの団体の権威を最重視する全体主義、同調主義に対して、個人個人の価値観や考えを優先する考え方や主義のことです。
一見似てはいるものの、個人主義は必ずしも我欲中心の利己主義とは同等ではありません。

<下に続く>

利己主義者の特徴

では、利己主義者にはどのような特徴があるのでしょう。
こう呼称される人たちには、以下の15個の特徴があります。

  1. メリット至上主義
  2. 我儘な性格
  3. 他人に迷惑をかけても平気
  4. 自分が損をすることには超敏感
  5. 欲望(我欲)に忠実
  6. 刹那主義
  7. 自分に甘く他人に厳しい
  8. 遊び友達は多いが、親友は1人もいない
  9. 自己保身本能が異常に強い
  10. 状況によって平気で人を裏切る
  11. 成功する為には手段を択ばない
  12. 承認欲求が非常に強い
  13. 他人を信用していない
  14. 常に多数派につこうとする
  15. 物欲、性欲、金銭欲がとても強い

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

利己主義者の特徴①:メリット至上主義

利己主義者の第一の特徴として挙げられるのが、メリット至上主義という点です。
とにかく「自分の得になることしかやらない」のが利己主義者です。

こういった主義の人の共通した口癖として、「それって俺(私)にとって何のメリットがあるの?」とか「こんなことしても何も得るものないし」があります。
人間社会は、全員損得だけで動いているわけではなく、特に困った人などを見捨てずに助けるモチベーションは損得ではない、思いやりや慈悲の心です。

利己主義者はこうした助け合いの精神を酷く嫌い、1円の得にもならない行動は一切やらない主義の人です。
利己主義者の頭の中は、常に目先の行動は損得勘定に支配されています。

利己主義者の特徴②:我儘な性格

利己主義者のほとんどすべての人は、我儘な性格です。
常に自己中心的で、自分の欲望や利益だけを重視して生きていますから、他人を押しのけても自分がハッピーならそれでいいと考えています。

利己主義者は家族の中では当然我儘で自己中に振る舞いますが、それは学校でも職場でも、恋愛関係においてもそうなります。
ですから、当然嫌いな人も多いのですが、非常に現金な性格でその場その場で有利な立ち位置につく狡猾さも兼ね備えている人が多いのも特徴です。

我儘なので、それに耐えてくれる人物を見つけ出すのが上手く、徹底的に自分の盾として利用します。

利己主義者の特徴③:他人に迷惑をかけても平気

利己主義者は、自分の欲を満たすこと、自分が利益を得ること、自分が満足感や幸福感を得ることがすべてなので、そのために他人の利益や幸福が損なわれたり妨害されても気にも留めません。
むしろ、この世の中は競争で、自分が有能でそのとばっちりを食った人は無能だから自業自得だ、ぐらいに考えているのがこの手の人たちに見られる傾向です。

ですから当然のことながら、他人に迷惑をかけたとしても、「それの何が悪いの?」程度にしか考えられず平気です。

利己主義者の特徴④:自分が損をすることには超敏感

利己主義者は、他人を出し抜いたり踏み台に利用したり騙したりしても自分が得をしたり利益になれば、まったく平気です。
しかし、反対に自分自身がマイナスになってしまったり、他者だけが運が良かったりした場合には、物凄く敏感に被害を受けた、迷惑をかけられた、と騒ぎ立てます。

自分の不利益や損には耐えられない性分がこの類の人々なのです。
場合によっては、故意ではなくても迷惑をかけた人物や会社などに賠償金を請求したりするケースも珍しくありません。

それぐらい自分が損をすることには敏感なのです。

利己主義者の特徴⑤:欲望(我欲)に忠実

利己主義者の大きな根源的な特徴として、(我)欲に忠実という点が挙げられます。
私利私欲がとても強く、その欲望に対して素直に忠実に生きているのがこういった主義を採っている人々なのです。

それゆえに、業界によっては大成功する利己主義者も少なくはありません。
欲望というのは、物事を遂行する強烈なモチベーションになり得るからです。

ですが、その私利私欲に忠実な性格や考え方は治ることが無いので、一旦は成功しても、汚職や性的なスキャンダルなどで失脚するケースも非常に多く見受けられるのが利己主義者です。
善悪の判断を司る理性がとても弱く、欲望を抑えることができないからです。

利己主義者の特徴⑥:刹那主義

利己主義者の特徴として、目先のことしか見ていない刹那主義が挙げられます。
利己主義者に大志を抱いて、自己犠牲の精神で研鑽を積んでいく人はまずいません。

損得勘定で動くメリット主義者なので、目先の損得、利益だけで志なく動くのが利己主義者の特性です。
物事の本質を見ようとせず、どっちが得をするか?でしか考えず、行動もしないので、一時的に成功したり儲けたりしても、長いスパンでは大成功はしません。

商売人なら、手っ取り早く小金持ちの成功は、誠実な人よりもしやすいですが、長期的な大成や晩成はしません。
歳を追うごとに人が去っていくので、若い頃は成功していても尻すぼみに降下していく人生です。

利己主義者の特徴⑦:自分に甘く他人に厳しい

利己主義者は常に自分中心の自分の損得だけを重視した考え方、生き方をしています。
そのために、自分にはとても甘い反面、他人には鬼のように厳しいという特徴があります。

普通こんな考え方をしていたらトラブルだらけですが、利己主義者は小狡い面を持ち合わせているのが通例で、必ず厳しく当たったり利用しても文句を言えない相性のタイプを子分のように従えることが多いです。
そうした半ば恐怖で支配した取り巻きを盾にして、自分に有利に物事を進めようとする狡猾さがあります。

もちろん、取り巻きのことは奴隷のように扱い鬼のように厳しく支配するのがこの考え方の人々なのです。

利己主義者の特徴⑧:遊び友達は多いが、親友は1人もいない

この手の主義の人は、メリット主義者なので、自分に得があったりメリットを受けられるような人物には卑屈にへらへら取り入ることを恥と思っていません。
ですから、利益やメリットで結び付いた「友達」はわりとたくさんいます。

この場合の「友達」というのは、遊び友達、パーティー友達、飲み友達といった何らかの利で結び付いた関係であり、真の友情や思いやりなどはありません。
一旦苦境に陥ったりしたらたちまち離れていくような関係の「友達」しかいません。

困った時に寄り添ったり、助けになってくれるような真の友達はこういったセルフィッシュな人々にはひとりもいません。

利己主義者の特徴⑨:自己保身本能が異常に強い

利己主義者は、非常に保守的です。
我が身可愛さの極致的存在でもあるので、自己保身本能がとても強いのです。

自分が得ている特権や既得権益は、どんな手を使っても死守しようとします。
自己犠牲を払ったり、捨て身でリスクの高い分野に最初に挑戦するといったことは絶対にやらないのが利己主義者の特徴です。

常に、他人が失敗しないかを見ています。
自分自身は危ない橋を渡るような真似はしません。

利己主義者の特徴⑩:状況によって平気で人を裏切る

利己主義者はとても現金であり、常に風見鶏のように自分に有利になるように損得勘定の計算で生きています。
ですから、主義主張も心から信念があるわけではなく、その場その場で有利に働く立ち位置を取ります。

このようなスタンスなので、正しい意見であっても少数派で不利に展開しそうな場合には平気で立ち位置を反対の方に変え、昨日までの盟友を平気で裏切るのが利己主義者です。

利己主義者の特徴⑪:成功する為には手段を択ばない

利己主義者は、自分が成功するためなら、手段を択ばないという特徴があります。
暗黙の了解や、それをやっちゃお終い的なタブー的な方法を駆使しても自分が勝てば大丈夫と思っています。

どんな仕事でも、最低限のルールやマナー、人の道のようなものがありそこは踏まえた上で競争したりするものです。
ですがこの手の人々は、こういった反則行為や非人道的な手段を平気で選択できるのです。

利己主義者の特徴⑫:承認欲求が非常に強い

利己主義者の特徴として、承認欲求が強いという点が挙げられます。
仕事でも何でも、自分が凄い自分が手柄を上げたと周囲に認めさせずにはいられないのが利己主義者の性分です。

グループでプロジェクトを成功させた場合でも、エゴイストというのはまるで自分ひとりの力で、成功に導いたというようなミスリードを平気で展開しようします。
他人の手柄も隙あらば自分の手柄に横取りしようとするわけです。

利己主義者の特徴⑬:他人を信用していない

利己主義者は、自分を正当化して自分だけを信用する反面、他人を信用していません。
自分がメリット主義ですべて自分の損得だけで考えたり動いたりしているために、他人も同じだと決めつけています。

ですから、自分の利益が損なわれると考え、他人を信用することができず、「人を見たら泥棒と思え」的な被害妄想を抱きながら生きています。

利己主義者の特徴⑭:常に多数派につこうとする

利己主義者は狡猾に常に自分が有利な立ち位置で得をするように計算して生きています。
ですから、いつも多数派につこうとする特徴があります。

意見や内容が正しいとかではなく、どっちにつけば自分が得をするか?を第一義に考えるので、マイノリティには絶対になりたくないのです。

利己主義者の特徴⑮:物欲、性欲、金銭欲がとても強い

利己主義者の共通している特徴に、低次の本能的な欲求がとても強いというものがあります。
人間には、知的探求心や社会改善欲求といった高次元の知的生命体ならではの欲望もあります。

しかし、こと利己主義者に関しては、このような高次の欲望ではなくもっと動物的な低次の欲望が人一倍強く、それを満たすためになりふり構わなくなるといった特徴があります。

<下に続く>

利己主義であることのメリット・デメリット

利己主義の特徴

メリット

利己主義のメリットは何かといえば、その強い欲望への目的意識によって、どんな手を使ってもその欲望を実現しやすいという点でしょう。
仕事や社会的ステータスの確立、経済的な成功など、自分のメリットに敏感で欲望の大きな利己主義者は、それ自体が大きなモチベーションとなりやすいということです。

ですから、短期的に手っ取り早く小金持ちになったり若い段階で成功を収めたり、といったことは、普通の人よりも利己主義者の方に多く見られる現象です。
しかし、長い目で見ると、利己主義者には人望や信用といったものは付きにくいので、上手くいかなくなると途端に人生も下降線を辿る特徴も併せて持っています。

デメリット

利己主義のデメリットはたくさんありますが、その最たるものは、「人から信用されなくなる」という点でしょう。
こういった主義の人々は総じて人間関係が悪いです。

これはこの類の人々の考え方や言動からいっても、自業自得と呼べるようなもので、因果律とも言えます。
最初は好意的に忍耐強く利己主義者に付き合ってくれていた友人も、遅かれ早かれ利己主義者のあまりの身勝手さや我欲思想の醜さに愛想を尽かして、離れて行ってしまいます。

経済的な事由をはじめ何らかの損得関係で結び付いている恋人やパートナー(妻や夫)を除けば、特に同性の親友と呼べる関係性の盟友は年齢を積み重ねるほどにこういった主義の人々にはいなくなるのが共通の特徴です。
人に見放されるというのは人生でも最大レベルのデメリットですね。

<下に続く>

利己主義な人への対処法

では、こういった主義の人への対処法をみていきましょう。
この手の人々への対処法には、以下の5つの対処法があります。

  1. 上辺だけ合わせるようにする
  2. 深い付き合いをしない
  3. いつでも逃げられるように逃げ道を作っておく
  4. 共同の仕事や物などを可能な限り最小限にしておく
  5. ハナから無視して関わり合いを持たない

続いて、この手の人々への対処法を、それぞれ詳しくみていきます。

利己主義な人への対処法①:上辺だけ合わせるようにする

利己主義な人というのは、メリット至上主義なので、周囲の人でも隙あらば踏み台にしようと考えていたりします。
ですから、なるべく利己主義の人とは立ち入った関係性を持たない方があらゆる意味で無難でしょう。

仕事などで利己主義の人とどうしても一定の関りを持たなくてはならない場合には、本当に表面だけの関りで、適当に上辺だけ合わせる付き合い方をしましょう。
これなら、後でトラブった時にも最小限の被害で済みます。

利己主義な人への対処法②:深い付き合いをしない

再三述べている通り、利己主義の人はつまるところ自分勝手で自己中心的な考え方の人です。
友人でも恋人でも深く関われば関わるほど、相手は多大な迷惑を掛けられたり、傷ついたりする羽目に陥ります。

そういったリスクを未然に防ぐためにも、利己主義の人とは最初から深い付き合いをしないということが一番です。

利己主義な人への対処法③:いつでも逃げられるように逃げ道を作っておく

エゴイストというのは、概して自分の損得や利益のことしか考えていないので、常時周辺にいるような人々相手でも、ある時とんでもない仕打ちを受けることは十分あり得ることです。
他人を踏み台にしたり、だまし討ちにすることも自分のメリットになったり自己保身のためには躊躇なくできるのが利己主義の人の特徴です。

ですので、巻き添えを食らいたくなければ、先回りしていざ巻き添えを暮らしそうになった時にはいつでも逃げられるように、逃げ道を用意しておくことです。
有事の際には先手を打ってトンズラすればいいのです。

利己主義な人への対処法④:共同の仕事や物などを可能な限り最小限にしておく

利己主義の人は抜け目がありません。
チームの仕事であれば成功した際には、利己主義の人の手柄にすり替えられかねないほど、いつも自分が恩恵を受けるチャンスを伺っています。

このような信用できない利己的な人とは可能な限り共同の作業や、共有するものは作っておかないことです。
思わぬトバッチリやしっぺ返しを食らったりするリスクはできる限り小さく抑えておくべきでしょう。

利己主義な人への対処法⑤:ハナから無視して関わり合いを持たない

最も安全な利己主義な人への対処法は、最初からスルーして関わり合いを持たないという方法です。
最初から関係性が皆無であればそれに引き寄せられることもなく、迷惑を掛けられることも踏み台にされることもありません。

同じ仕事などでどうしても関わり合いを持たなくてはいけないケースを除けば、この方法が最も妥当でしょう。

<下に続く>

利己主義に関するまとめ

利己主義な女性

セルフィッシュな主義について、その意味に始まり、実際の利己主義者の特徴などを掘り下げて考察してきました。
こういった類の人々と深い関係性を持つと、それだけ大きな被害を受けたり、迷惑を被ったりすることが多いこともわかりましたね。

そういったリスクを踏まえた上で、最低限の付き合い方でこういうエゴイストたちをいなしていきたいものですね。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line