みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/08/15

断捨離の効果的な方法!後悔しないための注意点とおすすめの本を紹介

最近では、不要な物を捨て、必要最低限の物だけで暮らす方が増えています。
しかし、その一方で、部屋が物であふれていて、片づけたくても片づけられないという方もいらっしゃいます。

では、思い切って断捨離をして部屋をスッキリさせるためには、どのような方法で断捨離を進めれば良いのでしょうか。
そこで今回は、断捨離の効果的な方法、後悔しないための注意点とおすすめの本について解説していきます。

Large architecture cabinets carpet 245208  1

断捨離とは?

意味

「断捨離」とは、「不要なものを減らし、生活に調和をもたらす思想」を意味する言葉です。
これは、「やましたひでこ」さんの著書によって発表された言葉で、「断捨離」は「やましたひでこ」さんの登録商標となっています。

由来

「断捨離」の言葉の由来は、もともと、ヨガの行法哲学である、「断行、捨行、離行」からきているとされています。
「断」は、「入ってくる不要な物を断つ」、「捨」は、「家にある不要な物を捨てる」、「離」は、「物への執着から離れる」という意味を表しています。

<下に続く>

断捨離の効果的な方法

断捨離の方法を実践した女性

では、断捨離の効果的な方法をみていきましょう。
断捨離の効果的な方法には、以下のものがあります。

  1. 片づけを行った後の理想の部屋をイメージする
  2. 明らかに使用することができない物を捨てる
  3. 電子化できる物を全て捨てる
  4. 1年以上使っていない物は捨てる
  5. 思い出の品を捨てる

続いて、断捨離の効果的な方法を、それぞれ詳しくみていきます。

断捨離の効果的な方法① 片づけを行った後の理想の部屋をイメージする

断捨離を効果的に行うためには、まず、「片づけを行った後の理想の部屋をイメージする」ことが大切です。
こうすることによって、まず、自分にとって必要な物と、物を置く場所が明確に定めることができます。

そして、自分の理想を達成するために片づけを実行することができるので、断捨離に対するモチベーションを高めることができます。
また、片付けを行った後も、再び部屋が散らかってしまうのを防ぐことができます。

なぜなら、自分にとって何が必要であるかが明確であるため、必要のない物を衝動的に買うことがなくなるからです。
また、理想の部屋の状態をキープし続けたいという思いがあるため、一時的に部屋が散らかっても、「片付けなくちゃ」という使命感にかられて、すぐに片づけに取り組むことができるようになるからです。

断捨離の効果的な方法② 明らかに使用することができない物から捨てる

次に、「明らかに使用することができない物から捨てる」ことが大切です。
断捨離を始める時には、必要なものと不要なものに分けて、不要なものを捨てていく作業をしなければなりません。

しかし、片付けができない人というのは、使用する機会がほとんどないものでも、もったいないと感じて、捨てるのをためらってしまうものです。
そのため、まずは、そもそも使用することができない物を捨てる作業から始めます。

使用することができない物とは、サイズが合わなくて着られなくなった服、賞味期限が切れている食品や調味料、壊れていて動かない家電や電化製品などが挙げられます。
こういった物は、とっておいても使用しないことは明確ですので、捨てる作業が捗るのではないでしょうか。

断捨離の効果的な方法③ 電子化できる物を全て捨てる

3つ目に、「電子化できる物を全て捨てる」ことが大切です。
スマホやタブレット、パソコンが広く普及した現代では、様々なコンテンツがインターネットからダウンロードすることができます。

また、スキャナを活用することで、書類をパソコンに取り込んで保存することもできます。
そのため、本やCD、DVD、ゲーム、取扱説明書など、インターネットからダウンロードできる物は、一旦全て捨てるようにしましょう。

また、スキャナを持っているのであれば、書類といった電子化できるものも、原本が必要となる書類以外の物は、全てパソコンに取り込んだ上で全て捨てるようにしましょう。
そして、取扱説明書はメーカーのホームページからダウンロードするか原本をスキャンして、パソコンやタブレット、外部USB等に保存しておきます。

また、本やCD、DVD、ゲームなどのコンテンツは、どうしても必要となる物だけを、インターネット上から購入して、スマホやタブレット、パソコンにダウンロードすることをおすすめします。

そうすることで、タブレットやパソコンの1台に全てコンパクトにまとめることができるので、漫画や音楽、動画などのコンテンツも外出先に持ち込んで楽しむこともできます。
また、書類や写真に名前を付けておけば、これらが必要となった時に名前で検索して簡単に探し出すことができることでしょう。

断捨離の効果的な方法④ 1年以上使っていない物は捨てる

4つ目に、「1年以上使っていない物は捨てる」ことが大切です。
片付けを進めていくうちに、「これはまだ使えそうだから」といって捨てずにとっておいてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、たとえ使えそうな物であっても、1年以上使っていないのは思い切って捨てるようにしましょう。
大体、1年以上使っていない物は、今後も使わないことがほとんどです。

逆に、本当に必要な物であれば、1年も使わずに閉まっておくことがないからです。
もちろん、喪服や着物などの着る場所に限られるような物はとっておいてもかまいません。

しかし、それ以外の物はとって置いたところで置き場所がとられてしまうだけで、自分の人生に価値を与えてくれるものではないため、これを機に、その物の執着から離れるようにしましょう。

断捨離の効果的な方法⑤ 思い出の品を捨てる

最後に、「思い出の品を捨てる」ことが大切です。
不要な物を一通り捨て終わった後は、1番捨てにくいとされている思い出の品を捨てる作業を行います。

アルバムや写真、人からもらった物などの思い出の品は2度と手に入らないものがほとんどですので、思い出の品を捨てるのに躊躇してしまう人も少なくありません。
しかし、本当に大事な思い出であれば、心の中に残っているもので、物がなくても思い出そうと思えば思い出すことができるはずです。

したがって、「思い出の品を捨てても、思い出が消えてしまうわけではない」と、思い出に対する考え方を変えてみましょう。
そして、思い切って思い出の品を処分することで、本当に大切な思い出のみを残すことができますし、過去よりも今をもっと大切にすることができます。

<下に続く>

断捨離を成功させる方法・コツ

断捨離をする前の部屋

では、断捨離を成功させるコツをみていきましょう。
断捨離を成功させるコツには、以下のものがあります。

  1. 売れそうな物でもリサイクルに出さずに捨てる
  2. 不用な物を捨ててから整理整頓をする
  3. 捨てる物を探すのではなく、残す物を探すようにする
  4. 物は使ってこそ価値があると考える
  5. 物が捨てられない時には無理に捨てようとしない

続いて、断捨離を成功させるコツを、それぞれ詳しくみていきます。

断捨離を成功させるコツ① 売れそうな物でもリサイクルに出さずに捨てる

断捨離を成功させるためには、まず、「売れそうな物でもリサイクルに出さずに捨てる」というコツがあります。
不要な物を断捨離するとなった時に、中には、ブランド物やアクセサリーなど、リサイクルショップで売れそうな高価な物もあるかと思います。

しかし、それをリサイクルショップで売るとなれば、そのお店まで持っていくのに苦労します。
また、ネットを使ってオークションやフリマで売るとなれば、写真を撮ったり、落札者とやり取りをしたり、郵送の手続きを行ったりと手間も時間もかかります。

となると、結局、不要な物を処分することができず、自宅に保管せざるをえなくなってしまいます。

断捨離を成功させるコツ② 不用な物を捨ててから整理整頓をする

次に、「不用な物を捨ててから整理整頓をする」というコツがあります。
まず、断捨離でやるべきことは、不要な物を捨てるという作業です。

中には、部屋の物を整理しただけで片づけをした気になっている人もいますが、断捨離という観点からみれば、それは無駄なことにエネルギーと時間を消費しているのと同じことです。
そのため、部屋を整理整頓することは、一旦頭の隅に置いておいて、不要な物をゴミ袋に入れて家の外に出すことを徹底して行いましょう。

そして、必要な物だけを部屋に残したら、そこで初めて、物を整理整頓するという作業に取り掛かるようにしましょう。

断捨離を成功させるコツ③ 捨てる物を探すのではなく、残す物を探すようにする

3つ目に、「捨てる物を探すのではなく、残す物を探すようにする」というコツがあります。
部屋を片付けようとすると、まず、必要のない物を探して捨てようと考えてしまいます。

しかし、この方法では、使っていない物をもったいないと思って、そのまま置いてしまい、結局、ほどんどの物が捨てられないということにもなりかねません。
そのため、断捨離をするにあたって大切なことは、捨てる物を探すよりも、自分の人生に価値を与えてくれる大切な物を探すことなのです。

したがって、これが無いと生活に困る物、毎日のように使っている物、見るだけで生きるモチベーションを高めてくれる物を中心に、部屋に置いておく物を探しましょう

断捨離を成功させるコツ④ 物は使ってこそ価値があると考える

4つ目に、「物は使ってこそ価値があると考える」というコツがあります。
物が捨てられない人は、「これはまだ使えるかもしれないし、捨てるのはもったいない」と考えてしまう人が非常に多いです。

しかし、そもそも、こういったことを考えるということは、今までその物を使ってこなかったという証拠です。
クローゼットやタンスに閉まったまま、ホコリが被っているような物を、果たして今後も使う機会があるのでしょうか。

そもそも、ろくに掃除もせずに物にホコリを被らせている時点で、物に失礼だと考えなくてはなりません。

断捨離を成功させるコツ⑤ 物が捨てられない時には無理に捨てようとしない

最後に、「物が捨てられない時には無理に捨てようとしない」というコツがあります。
そもそも、断捨離とは誰かに頼まれて行うことではなく、あくまで、今までの自分と決別して新たな自分に生まれ変わるために行うものです。

したがって、物が捨てられないと感じた時には、無理をして物を捨てる必要はありません。
無理をして物を捨てようとすると、断捨離をすることにストレスを感じてしまい、断捨離をする意味そのものが見いだせなくなってしまいます。

そのため、物を捨てる気になった時に、一気に作業を進めるようにし、断捨離そのものを楽しむことを心掛けるようにしましょう。

<下に続く>

断捨離で後悔しないための注意点

では、断捨離で後悔しないための注意点をみていきましょう。
断捨離で後悔しないための注意点には、以下のものがあります。

  1. 断捨離そのものが目的にならないようにする
  2. 捨てる前によく確認する
  3. 2度と買い直せない物は捨てない

続いて、断捨離で後悔しないための注意点を、それぞれ詳しくみていきます。

断捨離で後悔しないための注意点① 断捨離そのものが目的にならないようにする

断捨離で後悔しないためには、まず、「断捨離そのものが目的にならないようにする」ことが大切です。
例えば、断捨離をダイエットに置き換えてみると、最初は、「痩せて健康的な体になりたい」、「痩せてくびれを手に入れたい」など、目的を叶えるためにダイエットという手段に講じるのが一般的です。

しかし、ダイエットそのものが目的になってしまうと、少し体重が増えただけでも、極端な食事制限をするなど無理をして体重を減らそうとしています。
そのため、拒食症を発症してしまうことも少なくありません。

このように、その行為そのものが目的になってしまうと、本当に大切なことを見失って、後になって後悔してしまうように、本末転倒なことになってしまうことも珍しくないのです。

断捨離で後悔しないための注意点② 捨てる前によく確認する

次に、「捨てる前によく確認する」ことが大切です。
例えば、不要なバッグや洋服を捨てようとした時に、バッグの中やポケットの中に、高価なアクセサリーや現金が入っている可能性が考えられます。

そのため、勢いに任せて捨ててしまうと、間違って処分してしまうかもしれません。
したがって、細心の注意を払って、隅々まで確認した上で捨てることが大切です。

断捨離で後悔しないための注意点③ 2度と買い直せない物は捨てない

最後に、「2度と買い直せない物は捨てない」ことが大切です。
こういった物は、捨てた後に必要となっても買いなおすことができないので、できれば捨てない方が無難であるといえます。

例えば、学校の卒業アルバムや文集、結婚式のアルバム、子供のころに大事にしていた物などが挙げられます。
ただ、過去に未練がない、学生時代にあまり良い思い出がないというのであれば、思い切って捨てても良いかもしれません。

ですが、いずれにしても勢いに任せて捨てないで、冷静に物と向き合ってよく考えた上で捨てることが大切です。

<下に続く>

断捨離で捨てて良いものと悪いものを見極める方法

断捨離をした後の机

良いもの

断捨離で捨てて良いものとしては、「賞味期限が切れていて食べられない食品」、「ボロボロで着られない服」、「1年以上使っていない物」、「その物を直接見てもテンションが上がらない物」などが挙げられます。
「賞味期限が切れていて食べられない食品」、「ボロボロで着られない服」は、今後も使用することがないので、すぐに処分してしまいましょう。

また、「1年以上使っていない物」、「その物を直接見てもテンションが上がらない物」は、それが部屋にあってもなくても、自分の人生に影響を及ぼすものではないということです。
したがって、たとえ使える物であっても、思い切って処分してしまうことをおすすめします。

悪いもの

断捨離で捨ててはいけないものとしては、「それが無いと生活に困る物」、「お気に入りの物」、「2度と買いなおせない思い出の物」などが挙げられます。
「それが無いと生活に困る物」としては、例えば、洗濯機や掃除機などの生活家電、スマホやテレビ、通勤や通学で使うバッグなどがあります。

こういった物がなくなってしまうと、毎日の生活に支障をきたすことになりますし、不便な生活を強いられることになります。
そのため、結局、買いなおさざるを得ない状況となり、それは、お金を無駄遣いしていることと同じことになります。

また、「お気に入りの物」や「2度と買いなおせない思い出の物」は、生きていく上では必ずしも必要のないものかもしれません。
しかし、その人にとってはとても大切な物ですので、これらを処分して、逆に気分が滅入ってしまったりしては、断捨離をする意味がありません。

そのため、後悔してしまわないように、なるべく捨てずにとっておくことをおすすめします。

<下に続く>

断捨離関連のおすすめ本

断捨離関連のおすすめ本① 新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」
1080円

断捨離関連のおすすめ本は、まず、「新・片づけ術「断捨離」」がおすすめです。
この本は、「断捨離」という言葉を生み出した、やましたひでこさんが執筆した本です。

不要な物を断ち、部屋にある不要な物を捨て、物への執着から離れることで、快適で身軽な生活を手に入れることを目的としています。
そのため、ただ、部屋にある不要な物を捨てるだけではなく、部屋の中に物を取り込むところから根本的に変えなければならないという気付きを得ることができるでしょう。

断捨離関連のおすすめ本② 人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法
1512円

次に、「人生がときめく片づけの魔法」がおすすめです。
この本は、米国「TIME」誌の、世界で最も影響力のある100人に選ばれた、今度麻理恵さんが執筆した有名な本です。

ただ単に物を捨てるというよりも、「心がときめく物のみを残す」という片付け術が説明されています。
そのため、ただ、不要なものを捨てるというよりも、自分の好きなものに囲まれて生活することで、幸せな人生を歩めるということが分かり、片付けに対する意識を変えることができるかもしれません。

断捨離関連のおすすめ本③ 1週間で8割捨てる技術

1週間で8割捨てる技術
1404円

最後に、「1週間で8割捨てる技術」がおすすめです。この本の著者は、「筆子ジャーナル」という断捨離ブログを執筆されている、カナダ在住の主婦の方です。
この本には、著者流の物の捨て方、物に振り回されない人生を手に入れるための方法が説明されています。

これを読むことで、片付けたくても片付けられないという悩みを解消し、これから自分がどうなりたいのかという目標を見出すことができるかもしれません。

<下に続く>

断捨離の効果的な方法!後悔しないための注意点とおすすめの本のまとめ

断捨離をした部屋

断捨離とは、不要な物を断ち、部屋にある不要な物を捨て、物への執着から離れるという意味を持っています。
このように、物を持つことに対する考え方を改めることによって、自分にとって必要なものを見極め、必要最低限のものだけで快適に毎日を過ごしていくことができるのです。

もしも、部屋をスッキリさせたくても、片付けの方法が分からないというのであれば、これに関連するおすすめの本に目を通してみたり、色々な断捨離ブログに目を通してみましょう。
そして、無理をせずに少しずつ片付けの方法を実践されることをおすすめします。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line