みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/08/18

アコム解約方法の手順と注意点とは?証明書の発行方法を解説!

元AKB48の前田敦子さんや、女優の永作博美さんが出演されているCMでお馴染みの消費者金融の「アコム」。
突然お金が必要になった時に、アコムを利用する方も少なくありません。

では、アコムで借金を完済し終わった後に、解約したいという場合にはどうすれば良いのでしょうか。
そこで今回は、アコム解約方法の手順と注意点、アコムを解約するメリットとデメリットについて解説していきます。

Large %ef%bc%93
目次

アコムを解約する際に必要な書類

アコムを解約するためには、「身分証明書」と「アコムのローンカード」の2種類の書類が必要となります。
ただ、この書類は、アコムの店頭で解約する場合のみに必要となるものです。

もしも、電話で解約する場合は、この書類を用意する必要がない代わりに、会員番号と生年月日を伝えなくてはなりません。

<下に続く>

アコム解約の手順と注意点【電話編】

電話でアコムを解約

手順

① アコム総合カードデスクに電話をかける
② オペレーターにアコムを解約する旨を伝える
③ 解約する理由を聞かれたら素直に答える
アコムのローンカードに記載されている会員番号と、自分の生年月日を伝える
⑤ 契約時の書類を郵送するか、アコムの方で破棄をしてもらうか伝える
⑥ 解約証明書が必要ならば、その旨を伝える
⑦ アコムのローンカードにハサミを入れて処分したら解約が完了

注意点

電話で解約する場合は、事前に借金を完済し、借金をゼロにしておく必要があります。
そのため、残りの借金がいくらなのか確認した上で、自分で清算しておけなければなりません。

なお、アコム総合カードローンデスクは、平日しか電話がかけられないので、休日は解約手続きを行うことができません。

<下に続く>

アコム解約の手順と注意点【自動契約機編】

手順

① むじんくん(アコムの自動契約機)に行く
② 「受付開始」のボタンを押す
③ 「会員の方」のボタンを押す
④ 「お問い合わせ、ご相談」のボタンを押す
⑤ 備え付けの電話で、オペレーターに解約する旨を伝える
⑥ 解約する理由を聞かれたら素直に答える
アコムのローンカードに記載されている会員番号と、自分の生年月日を伝える
⑧ 契約時の書類を郵送するか、アコムの方で破棄をしてもらうか伝える
⑨ 解約証明書が必要ならば、その旨を伝える
⑩ アコムのローンカードにハサミを入れて処分したら解約が完了

注意点

自動契約機で解約する場合も、事前に借金を完済しておかなければなりません。
また、自動契約機で手続きを行っても、結局は、アコム総合カードローンデスクに電話することになるので、最初から、自分のスマホから直接電話をかけた方が、スムーズに終わらせることができます。

<下に続く>

アコム解約の手順と注意点【店頭窓口編】

手順

① 平日の9時30分~18時の間にアコムの店頭窓口に行く
② 窓口の担当者にアコムを解約する旨を伝える
現物の身分証明書を提示する
④ 借入金の残高を確認し、残高があればその場で全額返済する
⑤ 解約する理由を聞かれたら素直に答える
アコムのローンカードを返却する
⑦ 契約時の書類を受け取るか、アコムの方で破棄をお願いする
⑧ 解約証明書が必要ならば、その旨を伝える
⑨ 30分程度で解約が完了

注意点

店頭窓口で解約する場合は、店頭窓口に向かう前に借金を完済していなくても、店頭窓口で借金を完済できれば、そのまま解約手続きを行うことができます。
なお、電話や自動契約機の場合とは異なり、身分証明書が必要となるので、忘れずに持参するようにしましょう。

また、店頭窓口も平日しか営業していないので、休日に手続きを行うことができません。

<下に続く>

「アコム解約証明書」とは

アコム解約証明書

意味

「アコム解約証明書」とは、解約した契約の内容と、解約日や会員番号、契約番号が記載されている証明書のことを指し、実際にアコムを解約したことを証明してくれる書類です。
この書類は、利用者側が請求しない限り、アコムから発行されることがありません。

したがって、この書類が必要な場合は、解約時に「アコム解約証明書」が欲しいという旨を伝えなければなりません。

必要な場面

「アコム解約証明書」は、「おまとめローン」を利用する時か、住宅ローンなどの大型ローンを組む時に書類の提出を求められる可能性があります。
「おまとめローン」は、複数の金融機関の借金をひとつにまとめることで、金利負担を軽減し、借金を返済しやすくなる金融商品です。

そのため、他の金融機関との契約を解除したという証明として、提出を求められることが多いです。
また、住宅ローンを組む時に、銀行側は、信用情報を調べて消費者金融からお金を借りているという情報を得られるので、本人が「解約しました」といっても、その証拠となる書類の提出を求められる可能性が高いです。

発行方法

「アコム解約証明書」を発行してもらうためには、まず、借金を完済して、残高をゼロにしなくてはなりません。
そして、返済が終われば、アコムの店頭窓口に足を運んで直接受け取るか、アコム総合カードローンデスクに電話して、郵送で受け取るかの2種類の方法があります。

<下に続く>

知らないと危険!アコム完済=自動解約ではない?

アコムをはじめ、消費者金融の多くは、完済し終わったからと言って、契約自体が解消されるということにはなりません。
つまり、解約手続きを行わないと、契約は継続しているものとして取り扱われることを意味しています。

そのため、他のカードローンに申し込みをしようとしたり、住宅ローンなどの大型ローンを組もうとした時に、審査が通りにくくなるというデメリットがあります。
もしも、借金の返済が終わって、今後借金をすることがないというのであれば、解約手続きを行うことをおすすめします。

<下に続く>

アコム解約のメリット

では、アコム解約のメリットを見てみましょう。
アコム解約のメリットは、以下のメリットがあります。

  1. これ以上借金をしなくて済むようになる
  2. 他のローンの審査が通りやすくなる

続いて、それぞれのメリットを詳しくみていきます。

メリット① これ以上借金をしなくて済むようになる

アコムを解約しなければ、契約が自動で更新されるので、お金が必要となった時にお金を借りることができます。
しかし、借金ができる環境があると、自分のお金の使い方を改めることなく、安易な気持ちで借金をしてしまう癖が身についてしまう恐れがあります。

その結果、借金額が膨らんでしまって、返済が困難になってしまう恐れもあります。
そうなると、借金の返済に追われる厳しい生活を余儀なくされてしまい、最悪の場合、自己破産などの債務整理の手続きを行わなければならなくなってしまいます。

そのため、借金ができる環境を潰してしまうことで、これ以上借金をしなくて済むようになります。
また、これをきっかけに自分のお金の使い方を見直し、借金をしなくても生活していくように努力することができるかもしれません。

メリット② 他のローンの審査が通りやすくなる

特に、住宅ローンや自動車ローンなどの大型ローンを組む予定がある場合、消費者金融と契約していると、審査が通りにくくなってしまう可能性が高いです。
そもそも法律では、本人の返済能力を超えた貸し付けはできないと定められています。

したがって、消費者金融と契約していれば、それだけ消費者金融への借金の返済にお金を回さなければならないということですから、必然的に返済能力が低いと判断されてしまいます。
そのため、アコムを解約しておくことで、返済能力を引き上げることができるので、ローンの審査が通りやすくなるというメリットがあるのです。

<下に続く>

アコム解約のデメリット

アコム解約のデメリット

では、アコム解約のデメリットを見てみましょう。
アコム解約のデメリットは、以下のメリットがあります。

  1. 審査がリセットされる
  2. 借入枠が無くなる
  3. 手持ちのお金が無くなる

続いて、それぞれのデメリットを詳しくみていきます。

デメリット① 審査がリセットされる

アコムを解約しなければ、借金の返済が滞納したり、延滞したりと重大な信用問題に発展しない限りは、契約が自動で更新されていきます。
しかし、1度アコムを解約して、借入の必要に迫られた時に、再度申し込みをするとなると、在籍確認のやり直しや、収入証明の提出を求められることになります。

また、いつまでも同じ審査方法で審査が行われているとは限らず、審査の採点方法が変更される可能性もあります。
初回申し込みの時と同じ条件で審査に申し込んでも、2回目は審査が通らないといったケースもあります。

もちろん、返済日にきちんと返済できていたのであれば、スムーズに審査が通る可能性が高いです。
しかし、何度か滞納したり延滞した経験がある場合、自動更新の時には甘めに見てもらえていたものが、再申し込みの時には厳しめに審査されてしまう恐れがあります。

そのため、2度と借金をしないという強い意志が持てない間は、解約をせずにそのまま契約を継続させることをおすすめします。

デメリット② 借入枠が無くなる

借入枠とは、金融機関が貸してくれる最大の金額のことですが、アコムを解約しなければ、多額のお金が必要となった時に、限度額までお金を借りることができるようになります。
しかし、アコムを解約してしまうと、解約後に多額のお金が必要となった時には、再申し込みの手続きを取らなくてはならないので、手元にお金を用意するのに時間がかかってしまいます。

デメリット③ 手持ちのお金が無くなる

アコムを解約するためには、解約までに借入金の残高をゼロにする必要があります。
この時に、すでに残高がゼロであれば特に問題はありませんが、残高が残っている場合、手持ちのお金の返済に充てなくてはなりません。

そうなると、手持ちのお金が一気に無くなってしまい、厳しい生活を強いられてしまう可能性も考えられます。
そのため、手持ちのお金に余裕がないというのであれば、無理をして解約をする必要はありません。

無理をして給料日までの生活費まで手を出してしまえば、結局は、生活費が足りずに再び借金をせざるを得ない状況に陥ってしまいます。
また、解約後に家賃やクレジットカードの請求など、突然の多額の出費が必要となった場合も、手持ちのお金が足りずに対応することができないということも考えられます。

特に、携帯電話やクレジットカードの請求額が払えないと、カードローンと同じように信用情報に傷がついてしまう恐れがあり、今後、クレジットカードやカードローンを申し込む時に審査が通らなくなってしまう可能性が高くなります。
そのため、ある程度の金銭的な余裕ができるまで、完済しても解約せずにそのままにしておきましょう。

それか、毎月の負担を減らすために、長い間コツコツと返済していく方法をとるようにしましょう。
借金をしていると、一刻も早く借金生活から抜け出したくなる気持ちも分かりますが、そこで焦って解約をしてしまうと、後悔してしまう可能性もあるのです。

<下に続く>

要チェック!アコムを解約した方がいい人の特徴

では、アコムを解約した方がいい人にはどのような特徴があるのでしょう。
アコムを解約した方がいい人には、以下の特徴があります。

  1. 借金癖が身についてしまっている
  2. 複数の金融機関からお金を借りている
  3. 住宅ローンを組む予定がある

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴① 借金癖が身についてしまっている

手持ちのお金が無くなってしまうと、すぐに消費者金融から借金をしてしまう癖のある人は、借金額が膨らんで返済が困難になり、最終的には債務整理を行わざるを得ないといった可能性も考えられます。
そのため、安易な気持ちで借金をしないようにするため、借金額が膨らんでしまう前に解約してしまうことをおすすめします。

特徴② 複数の金融機関からお金を借りている

複数の金融機関からお金を借りていれば、多重債務者ということになるので、1社から借りている人よりも信用度が低いとみられてしまいます。
そのため、どの金融機関の審査も通らなくなってしまう可能性が高まります。

したがって、完済が終わったらすぐに解約して、借入件数を減らすことが大切です。

特徴③ 住宅ローンを組む予定がある

住宅ローンなどの大型のローンを組む時に、銀行から、「借金を完済して解約手続きを行ってほしい」と言われる可能性があります。
やはり、消費者金融と契約したことのある人は、契約したことのない人と比べて審査が通りにくいと言われています。

もしも、借金を完済しているのであれば、事前にアコムとの契約を解約するようにしましょう。
なお、銀行側は消費者金融やクレジット会社と信用情報を共有しているため、アコムと契約していることを銀行側に伝えなかったり、嘘をついていても全てバレてしまうので注意が必要です。

<下に続く>

アコム解約方法の手順と注意点とは?証明書の発行方法を解説!のまとめ

アコムを解約した人

アコムを解約するためには、まず、借金を完済する必要があり、手続き方法はアコムの店頭窓口に直接出向くか、自動契約機か自分のスマホから電話をかける方法があります。
店頭窓口もコールセンターも平日しかやっていないので、平日に休みを取らないと、解約しに行くのは難しいかもしれません。

また、アコムから借金をしていると、住宅ローンや車のローンなどの大型ローンの審査に通りにくいです。
もしも、将来そういったローンを組む予定があるのであれば、借金を完済して、アコムを解約することをおすすめします。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line