みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

Edyオートチャージの設定方法!メリットや解除方法をまとめて解説

Edyは電子マネーの種類の1つで、使える店が多いです。
残高が規定の金額に足りない場合は、自動的に入金出来るオートチャージの機能も付いています。

オートチャージを設定するメリットが今ひとつよく分からない方もいるでしょう。
使い方から合わない場合の解除方法まで詳しく説明します。

Large pexels photo 917463

Edyオートチャージとは?

データ中の残高が設定したものよりも低い金額になった時に、自動で入金されることを言います。
品物を購入した際に、Edyのオートチャージが可能なレジであれば代金が足りなくても適用されるため便利です。

現在どのくらい残額があるのかと心配をしなくても、自動入金されます。
外出先で残高のチェックや入金をさせるのは手間がかかりますが、オートチャージができればいちいち面倒な作業をしなくてもいいでしょう。

そもそもEdyとは?楽天Edyとは別?

インターネットの総合サービスを手がける楽天の傘下に入り、楽天Edyに名称が変更されただけに過ぎません。
以前と変わりなく前払い式の電子マネーとして使え、ネットショップを含む日本国内の50万を超える加盟店で使えます。

Edyが使えるお店は?

日本の国内にあるコンビニやドラッグストア、飲食店等の身近な店舗で決済利用できます。
オートチャージに対応している店舗も多いです。

楽天市場内でも利用可能なショップもあり、スマートフォンのアプリや、パソリ及び専用のリーダーなどの読み取り端末をパソコンにセットすれば、自宅でも支払いが行えます。
読み取り用のポートが付いたパソコンも販売されています。

Edyオートチャージとは?

発行会社が同系列のクレジットカードを保有しているか、アプリを入れている場合にオートチャージが可能です。
Edyが付いた楽天カードとか、Androidスマートフォンならおサイフケータイアプリ、iPhoneなら専用のEdyアプリを導入して設定している場合に使えるサービスです。
設定した条件により自動での入金ができることです。

Edyのない楽天カードを持っているのであれば、管理画面のe-naviから再発行手続きをして付帯させると、利用が可能になります。
スマートフォンに導入するには、公式のアプリサイトからインストールの手続きができます。

利用料はかからないので安心して使えるでしょう。

<下に続く>

Edyオートチャージのメリット

Edyで残高なくても支払いがスムーズ

3つあるので、項目を分けて説明します。

手動でのチャージの手間が省ける

予め設定した残高よりも足りない状態であれば、オートチャージができるようにしておくと、決められた方法や金額での自動入金が可能になります。
事前にチャージをしなくても済むので、面倒くさくありません。

ただし、支払いをした時の店のレジがオートチャージ未対応だと作動しませんので注意してください。
どの店舗が対応しているかと言うと、ローソンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアなどです。

全国の約8万6千軒の店舗で利用できます。

残金不足にならない

レジに通した後の精算の時に、残っている金額が足りないことに気づいて、チャージをするという手間もなくなります。
オートチャージを予め組み込むことで、迅速に支払いができます。

混雑時にも並んでいるお客にイライラされることもありません。
店員さんに入金作業の手間をかけさせることもないでしょう。

ポイントも貯まる

Edyの場合は買い物やサービスの利用で支払いをすると、楽天スーパーポイントが加算されます。
200円で1ポイント貯められ、後で楽天市場の買い物をした際に充当することも可能ですし、楽天スーパーポイントの加盟店で1ポイント1円に換算して代金に充てることも可能です。

特にオートチャージをすると、二重取りが可能です。
決済での利用と同じく、オートチャージの金額も200円で1ポイント付加されます。

<下に続く>

Edyのオートチャージの方法は?

カードか、アプリかによってやり方が違います。
それぞれの該当する仕方で申し込みを終えたら、設定作業をしましょう。

Edy機能付き楽天カード

管理設定をするならe-NAVIで、パソコンやスマートフォンで接続可能です。
楽天カードの管理サイトe-NAVIで、オートチャージの手続きをした後に、3つ方法のいずれかで設定をして使えるようになります。

最も簡単なのは、オートチャージができるレジに出向き支払いをすることです。
代表的な店はローソンなどで、買い物をして足りない分に決められた金額が入金されれば完了です。

ファミリーマートに出向く場合には、事前にマルチメディア端末のファミポートから設定をする必要があります。
画面の表示から「オートチャージ」項目の設定を選び、端末の読み取り部分に楽天カードをかざすと、通信をしてEdyの設定が終了します。

最後の方法は、読み取り用のカードリーダーやポートを使う方法です。
オートチャージの使用手続きをした後、そのままe-NAVIにてパソリによる設定を選択し、カードリーダーをUSBスロットに差し込みます。

読取り部にカードを置き、準備完了ボタンを押すと終了します。
出かけずにその場で済むので手間がかかりませんが、WindowsのパソコンとブラウザにInternetExplorerが必須となります。

ポートが付属していない場合はパソリが必要なので、Edyのオフィシャルショップや家電量販店等で購入しましょう。

おサイフケータイ版Edy

申し込みと設定を続けてできるため、オートチャージの導入の仕方が最も簡単です。

おサイフケータイを使った場合は、1時間に1回の間隔でEdy残高を確認し、申し込みをした時に決めた金額に満たない場合に、オートチャージをする仕組みです。
レジなどの手続きを経なくても構いません。

iPhone版Edy

アプリから直接通信を行えないため、機材を使って各種の手続きやオートチャージなどの設定をするのに機材が必要です。
カードタイプのEdyとiphoneに対応したパソリなどの読み取り機使って、両者を接続した状態にしなくてはいけません。

2時間に1回残高の状態を確認しますが、常に接続しないといけないので、Edyカードと読み取り機をiphoneに近い場所に置いてデータのやり取りが可能な状態にする必要があります。

<下に続く>

Edyのオートチャージ方法で迷ったら、おサイフケータイ版Edyがおすすめ

Edyオートチャージはアプリが便利

店舗に出向いたり、マルチメディア端末でデータを読み込ませたりする必要がありません。
また、パソリなどの機器での読み取りも必要なく、オートチャージができます。

クレジットカードと電子マネーを別々に管理したいとか、カードに電子マネーの機能が付くことで紛失などのトラブルで被害が生じないようにしたいという方もいるでしょう。

オートチャージを考えるのであれば、おサイフケータイ版のアプリがおすすめです。

おサイフケータイ版Edyはすぐにチャージされてポイントも貯まりやすい

申し込みと同時に設定が行えます。
その場でスマートフォンからチャージができ、必要な時にすぐに使えます。

また、楽天カードを選択すれば、ポイントもEdyとチャージの部分と両方で付けられるために、他の方法で入金するよりも貯めやすいです。

Edyカードは制限が多い

Edyやポイント機能のみのカードの場合、チャージや残高照会は、EdyViewerのサイトを表示し、カードリーダーをパソコンに接続して行うことになります。
オートチャージも難しいです。

パソコンやブラウザがWindowsのOSやInternetExplorerでないとできないので、他のブラウザを使っていたり、パソコンを保有していない方の場合は使いづらい所があるでしょう。

iPhone版Edyは別の機械を購入する必要が…

パソリという読みとり用の道具が要ります。
設定やオートチャージを行うのにiphoneと常にEdyカードや付帯した楽天カード等と通信をして、データの更新が必要です。

カード型で厚みがあるので、持ち歩きには荷物になることもあるでしょう。
ブルートゥースを利用して、アプリからパソリに通信し、edyのデータのやり取りをする仕組みですので、常に接続した状態が望ましいです。

<下に続く>

Edyオートチャージ設定方法(楽天カードの場合)

クレジットカードの会員専用サイトで行えます
楽天カードとEdyは同じ経営母体ですので、オートチャージの開始手続きが楽です。

オートチャージの金額を指定しない場合は、自動的にシステム側で決められます。

楽天カードにEdy機能が付いているかを確認

手持ちの券面を見てみましょう。
表側の右上にEdyのロゴが入っていれば、オートチャージに対応しています。

付いていない楽天カードを取得している場合も、楽天カード会員の専用サイトe-NAVIから、機能が付いているカードへの切り替え申し込みが可能です。
再発行後のEdy付きのカードが手元に届いた後で、オートチャージの設定が行えます。

楽天e-NAVIで申込み

楽天カード会員用の管理サイトe-naviにログインして、オートチャージの開始手続きをします。
会員サイトのトップ画面、上部のカテゴリーから「Edyチャージ」を選択して、「オートチャージ」のカテゴリーを選択します。

設定のやり方の動画も用意されているため、最初に見ておくと戸惑うことがありません。

Edyオートチャージが使えるように設定して完了

開始手続き画面に移ります。
上部にEdyの番号と楽天カードの会員番号の下4桁が見られるので、保有している物と同じか確認してください。

「オートチャージ金額」の欄からチャージの基準となる残高と、入金させる金額を設定してください。
「○○円以下」になったら「○○円チャージする」と文章で書かれているので、「○○円」の所のボタンを押して希望する金額リストから選びます。

最後に、楽天カードの裏面を見て、署名欄に書かれている右側下3桁の数字(セキュリティコード)を入力をし、規約を確認してボタンを押せば完了です。

<下に続く>

Edyオートチャージ設定方法(おサイフケータイの場合)

スマートフォンの中にアプリを導入して使う場合、3つのやり方があります。
Edyを起動させて、「詳細を見る」を選び、「チャージ設定の項目から方法」を選択ます。

クレジットカード・楽天会員ID・銀行口座振替のいずれかの方法で入金させらるようになります。
その後、「チャージ設定」の項目に触れて、「オートチャージ」設定を選択し、残高や入金の金額を入れます。
オートチャージを利用するには、e-NAVIのやり方と手続きは同じです。

一緒にオートチャージの設定を済ませる場合は、同じ画面からできます。
オートチャージの項目から「設定する」を選択するだけです。

クレジットカードでチャージする場合

原則として18歳未満の人は利用出来ません
「チャージ方法の設定」を表示させ、クレジットカードを選択した後に、「ユーザー情報の登録画面」に移ります。

氏名や住所などの個人情報と共に、利用するクレジットカードの番号や有効期限、下3桁のセキュリティコードなどの情報も入力をします。

楽天会員IDでチャージする場合

楽天市場内の決済で「通常使うクレジットカード」を会員情報に登録している場合、決済用の登録カードからEdyへのチャージをすることになります。
「チャージ方法の設定」カテゴリーで、楽天会員に登録済みになっている「クレジットカード」のボタンを選んでください。

楽天会員サービスにログインする画面が表示されるので、メールアドレスなどのユーザーIDとパスワードを入力して、認証を受けます。
登録したクレジットカードのセキュリティコードを入力して手続きが終了します。

銀行口座振替でチャージする場合

「チャージ方法の設定」で「銀行口座」をタップします。
口座の情報がない場合は、そのまま新規の口座登録画面になります。

楽天銀行を選んだ場合は、楽天会員IDと紐付けされているので会員情報とリンクさせて登録することになり、とても簡単です。
その他の銀行口座の場合は、ボタンを押すと各金融機関のサイトの申し込み画面に移り、口座振替の登録をします。

一部の銀行では、銀行のアプリを導入して申し込みをする必要があるので注意してください。
口座からのEdyチャージは登録をした日にすぐにできる所ばかりではありません。
翌日15時以降でないと不可能という銀行もあるため、日にちに余裕を持って手続きしましょう。

全ての銀行口座が対応できるわけではないため、自分の保有している口座が対応しているかEdy公式のよくある質問欄などのサイトを調べることを勧めます。

<下に続く>

おサイフケータイEdyで効率よくポイントを稼ぎたいなら

楽天スーパーポイントが200円で1ポイント貯まるのは有名です。
Edyで決済をするだけでなく、お得に使いたいなら、チャージでポイントが付くクレジットカードで、Edyへのチャージでも付加された方がいいです。

オートチャージなら、残金がなければ入金されることから、使う機会も増え、ポイントが多く付けられるでしょう。
口座振替では、ポイントが付かないことがほとんどだからです。

オートチャージでポイントがもらえるクレジットカードは限られている

ショッピングで決済をせずにチャージでポイントを得ようとする利用者が増えたので、カード会社が本来の利用目的とは外れると考え、チャージ分のポイントを付与対象外にする事例が増えてしまいました。
Edy以外の電子マネーでも、同様です。

得をするなら、ポイントがもらえるクレジットカードを選ぶ必要があります。

楽天カードならチャージでポイントGET

Edyの決済でポイントがもらえることもメリットです。
楽天カードでチャージをすると、チャージ額も200円につき1ポイントが貯められ二重取りができます。

両方のポイント加算を考えると、還元率が1%になります。
楽天カードで買い物をした時と同じように、100円で1ポイント付く計算になり、クレジット払いをするのがためらわれる店舗でもお得に使えるでしょう。

オートチャージもポイント付与の対象です。

リクルートカードもおすすめ

Edy以外の他の電子マネーのオートチャージに指定していないとか、Edyをメインに使っていて、他のチャージを滅多にしないという方には、リクルートカードでチャージをする方法も有効です。
リクルートカードは全ての電子マネーを合算して、月3万円までのチャージ利用であれば、ポイントが1.2%付与されます。

3万円から超過した部分については、対象外になります。
最大で360ポイント付くことになるのです。

リクルートカードによるオートチャージを、他の電子マネーでも設定しているのであれば、悠々と超えてしまうことも予想されるので、注意してください。
なお、異なる国際ブランドのリクルートカードを2枚保有ている場合は、2枚分のカードを通算できます。

合算してチャージ利用額6万円までは、ポイントが付けられ、最大720ポイントの取得が可能です。

<下に続く>

Edyオートチャージ対象店舗

公式サイトを利用すると検索ができて便利です。
ホームから「Edyを使える店を探す」を選び、探したい都道府県と市町村を選択します。

最寄りの地図が表示されるので、絞り込みをする項目から「オートチャージ」のマークにチェックを入れて検索ボタンを押すと、対応している店舗が表示されます。
Edyのオートチャージ可能なレジがある、コンビニやファストフードやレストランなどの飲食店などの身近な日用品を扱う店舗や、気軽に立ち寄れる店舗が多いです。

手元にスマートフォンがないなどの理由で探すのが難しい場合は、ほとんどの店舗でオートチャージができるローソンやファミリーマートに行くことを勧めます。

<下に続く>

Edyオートチャージの金額は変更が可能

使い方を考えて、決めた額を後から増やしたり、減らしたりしたいと思われる方もいるでしょう。
後からオートチャージの額を変えられるので大丈夫です。

楽天e-NAVI

楽天カードを利用している場合は、楽天e-NAVIから手続きをします。
オートチャージを申し込みした時と同じように、e-NAVIにログインをして、メニューを選ぶと設定した金額の変更が行えます。

基準となるEdyの残額とオートチャージをする金額を決めます。
プルダウンメニューに金額のリストが出るので、その範囲内で選部ことになるでしょう。

「オートチャージ金額」の項目で数字を指定しない場合は、「3000円以下」になるようであれば、「3000円」チャージをする設定になります。
オートチャージの1日の上限額は、特に選択をしない場合は、上限10000円です。

同様にリストから上限を選択して決められるので、使い過ぎを防げます。

楽天Edyアプリ

スマートフォンにおサイフケータイのEdyの機能をインストールして使っている場合も、オートチャージの金額や限度額を変えられます。
アプリを起動させて「オートチャージ設定・変更」の画面を出します。

残高の条件とオートチャージをさせる金額をリストメニューから選択できるので、希望額に近い物を選んでください。
1日の限度額もリストから選べます。

<下に続く>

楽天カード以外でもEdyのオートチャージ設定はできる?

他の会社のクレジットカードでも、おさいふケータイをスマートフォンにインストールできればチャージが可能です。
iPhoneの場合は、読み取り機などの設備とカードタイプのEdyを接続した状態であればサービスを使えます。

楽天カード以外のクレジットカードでも可能!

保有しているカードでポイントが貯まるのであれば、そちらを選択するといいでしょう。
対応できるカードは、公式サイトに一覧が載せられています。

何らかの事情があり楽天カードが持てない場合でも、オートチャージが利用できます。
楽天カードでも家族カードの場合は、チャージが設定できないので、他社のカードを利用しても構いません。

スマートフォンやiPhoneを利用せずに、Edy機能のみや楽天スーパーポイント機能が付いたカードを保有して、パソコンのサイトからクレジットカードのチャージをする場合は、オートチャージができません。
しかし、他社のクレジットカードから好きなタイミングでの任意のチャージはできます。

カード読み取り用のリーダーやパソリとWindowsパソコン、Internet Explorerが用意できる方で、オートチャージを行わないのであれば、パソコンからチャージする方法も使いやすいです。

ほかのクレジットカードのオートチャージ設定方法

Edyアプリから、チャージを行いたいクレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコード等の情報を入力します。
オートチャージをするなら、設定を「する」の方にチェックをすれば、金額などの必要事項の決めてすぐに終わります。

楽天カードを設定するのと変わりはありません

ポイントを早く貯めたいなら楽天カードがおすすめ

近年、クレジットカードのポイント付与の規定を変えている会社が多いです。
電子マネーのチャージでは付与をしないとか、付与率が低くなったり、チャージの限度額が設定されたりすることもあります。

楽天カードとEdyは同じ楽天のサービスなので、決済だけでなくチャージでもポイントが貯まります。
楽天市場の買い物や楽天関連のサービス代金の支払いでポイント払いが利用できますので、早く貯めたいと考えるなら、楽天カードからのチャージがおすすめです。

<下に続く>

Edyのオートチャージ料金はいつ引き落とされるの?

Edyのオートチャージ使いまくってるけど引き落としが心配

Edyはカード決済と口座振替のいずれかでオートチャージが行われます。
それぞれ締め日やメンテナンスに注意してください。

クレジットカードの場合

各発行会社の締め日や支払日によって違いがあるため、利用規約やカード会社のQ&Aのまとめサイトなどで確認するようにしましょう。
楽天カードを例にすると、当月の末日で締め切り、翌月の27日に口座引き落としになります。

その月に使った分は、翌月の支払日になるという会社が多いです。
Edyのオートチャージ利用分もショッピングの支払いと同様です。

ただ、決済した店舗やカード会社によっては、翌々月の支払いに回されることもあります。
締め日ぎりぎりの日付で利用した場合は、利用額の情報がカード会社に到達するのが遅れることもあるためです。

銀行口座の場合

決済で残高が下回った時に、即時で口座からEdyに入れられて引き落としがされます。
ただし、金融機関がメンテナンスをしている時は、入出金処理ができないのでオートチャージも不可能です。

通常のチャージの手続きも同様です。
銀行によって、メンテナンス時間に差があるので注意してください。

たいていは深夜及び、週に1度の営業時間外に行われます。
確かめる場合は、公式サイトのよくある質問で見られます。

<下に続く>

Edyのオートチャージの解除はできる?

おサイフケータイの場合は、チャージの設定で「オートチャージの設定画面」を出し、「解除する」を選択します。
iphoneの場合は、「詳細設定の画面」でオートチャージを「off」にするだけです。

完了画面がでれば終了で、簡単にできます。
iPhoneを利用する場合は、edyカードとiPhone用のパソリをセットします。

Edyのオートチャージの解除は可能

楽天カードに付属の場合には、以下の2通りの方法があります。
edyを開始した時のように、ファミリーマートのマルチメディア端末を利用するのとパソリやカードリーダーを使うやり方とがあります。

パソリは2種類あります。
iPhoneのアプリに使うのとは違いますので、パソコンで使えるカード用の装置を間違えずに用意してください。

楽天の公式サイトでは、USBスロットに接続できるリーダーが販売されているので、パソリを購入するのが難しい場合はそちらを使うと便利です。
Windowsパソコンで使えますが、Macでは難しいです。

ファミポートから解除

ファミリーマートの端末を使います。
楽天カードを持参して、設定をした時と同様にマルチメディア端末のファミポートからメニューを選んで、解除の項目を選択しましょう。所定の所にカードをかざし、読み込ませると手続きが完了します。

パソリを使ってパソコンから解除

MACではできないので、Windowsを持っている方のみになります。
最初にパソコンに読み取り端末を繋げます。

e-NAVIから設定をした時のようにカテゴリーを選んで、オートチャージの解除用の画面に移ります。
読み取り端末にEdyカードをセットして設定の変更を読み込みさせると手続きが終わります。

自動解除されることも…

オートチャージ対象の店舗で、180日間使用されない場合には、システム側で設定が無効になります。
利用したい場合は、再び申し込みと設定の手続きが必要です。

付帯した楽天カードを別のカードにゴールドやプレミアムなどのアップグレードをした等の事情で切り替えした場合も無効となります。
新規に取得した楽天カードで、手続きをし直しましょう。

登録したカードが有効期限を過ぎた場合に、切れてしまうことがあります。
再度、手続きのし直しが必要です。

紛失・盗難のトラブルに巻き込まれた時には、コールセンターに連絡をすると、悪用を防ぐために自動解除されます。

<下に続く>

Edyオートチャージの設定方法!メリットや解除方法のまとめ

オートチャージができるのは、残高不足を避けることができますし、お金を入れるのに面倒な手続きをしなくて良いというメリットがあります。
しかし、Edyを自分の好きな時にチャージをしたいとか、クレジットカードや銀行預金などの使い過ぎが心配になるという方もいるでしょう。

試しに使って、Edyの使い方や生活スタイルに合わないようなら設定を外すことも可能です。
おサイフケータイやiPhoneであれば、その場で設定を止めることもできますので、気になるのであれば使ってみることを勧めます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line