みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/06/28

Apple Payに追加したSuicaを払い戻す方法や削除する方法

Large pexels photo

何かと便利なApple Payでも不便なこともある

null

食事やちょっとした買い物の支払いをすぐに済ませることのできため、Apple Payはとても便利ですね。それら買い物などに加え、JR東日本のSuicaもApple Payで利用できるようになりました。Suicaカードは薄くて持ち運びしやすいものの、無くすことも多かったのではありませんか。

そんな忘れっぽい方であっても、肌身離さず持ち歩いているiPhoone7やiPhone7Plus、Apple Watch Series2のApple PayにSuicaを追加したら忘れにくくなったかもしれません。

しかし、Apple Payに追加したSuicaは使いづらいと感じてしまうこともあるのではありませんか? 乗りたい電車がもうすぐにでも発車してしまうギリギリの時に限って、駅の自動改札機や読み取り機が反応しないこともあるはずです。

出典/まちふぉと

または、定期券の更新の際にクレジットカード払いをしなければならないことは、時に面倒くさいと感じることでしょう。

良いところもあれば、悪いところがあるのはどんなものだって同じです。

「もうApple PayのSuicaはこりごり。前のようにSuicaカードにしたい」そのように感じているあなたのために、Apple Payに追加したSuicaを元に戻す方法として、払い戻しのやり方をご紹介します。

<下に続く>

Apple Payに追加したSuicaを元に戻す方法

今すぐにでも、通常のSuicaカードに戻したいと思われていることでしょう。元に戻す…といっても、以前使っていたSuicaカードにApple Pay内のSuicaデータを戻すというわけではありません。

今現在、Apple Pay内のSuicaの残額をあなたの元に戻し、また新しく窓口にてSuicaカードを購入していただくことになります。ややこしいですが、元々使っていたSuicaカードにデータを戻すことは出来ません。

あなたが以前使っていたようにSuicaカードを使うには、以下の二つの行動が必要になります。
1. Apple Pay内のSuica残額を払い戻しする
2. 新たに窓口でSuicaカードを購入し、チャージする

まずは、あなたのApple Pay内のSuica残額を払い戻しする手続きをしましょう。

Suicaアプリから払い戻す手続きが出来る

null

まず、JR東日本が配信している「Suicaアプリ」を開くことから始まります。注意していただきたいのが、Walletでは払い戻しが出来ないということです。

それからの手順は、以下になります。

  1. Suicaアプリにログインをし、一覧画面の中からあなたが払い戻しをしたいSuicaを選択する。
  2. その後の画面の下にある[チケット購入・Suica管理]を選択し、[このSuicaを払い戻す]を選択しましょう。
  3. 払い戻しに関する説明、案内が表示されるのでしっかりチェックします。確認をしたら[次へ]を選択する。
  4. 払い戻し額が表示されます。内容に間違いがなければ[次へ]を選択します。
  5. あなたのSuica残額を受け取るための口座を登録します。間違えないようにしましょう。

この手続きが終わってから、約2~4週間くらいであなたの口座に振り込まれますよ。すぐに現金として、手元に戻ってこないことを頭に入れておいてください。

そして、JR東日本の窓口へ行き、新しいSuicaカード購入してくださいね。やや面倒ですが、快適なSuica生活を取り戻すにはこの方法が一番早いですよ。

<下に続く>

Apple Payからsuicaへ払い戻しをする際に気をつけること

出典/JR東日本

これまでにSuicaへ払い戻す方法をお伝えしてきました。しかし、さらりと読むだけではなかなか理解できず、誤って処理してしまうことがあります。

そのようにしないために、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは、カードを削除すること・カードを払い戻しすること・退会…この3つは全く違う意味を持っているということです。

それぞれについて、どのようなことなのかをチェックして行きましょう。これらを理解しておくことで、Suicaにチャージされている残額を確実にあなたの元に手に入れることが出来ますよ。

カード払い戻しとは?

Apple Pay内に取り込んだSuicaの残額をあなたの指定口座に返金することです。その手続きをすると、Apple Pay内のそのSuicaの情報は完全に削除されます。
新しく手に入れたSuicaを取り入れるには、また取り込み作業が必要になります。

カードを削除するとは?

Apple Payに取り込んだSuicaを一時的に、サーバーへ退避させることです。そのため、[カードを削除]してしまうと払い戻しをすることが出来ません。
それにあなたのApple PayのリストにSuicaが表示されなくなります。それでも残額が残っていた場合は、Apple IDでログインし、[カード再度追加]によってデータを元に戻す必要があります。
そこから、払い戻す手続きをしましょう。

退会するってどういうこと?

null

Apple Payに取り込んでいるSuica全てを払い戻すことで、退会扱いになります。また、サーバーに退避しているSuicaも[カード再度追加]から払い戻ししなければ、退会にはなりません。

退会になるとあなたの登録情報は全て削除されます。しかし、退会したから二度と会員登録できないわけではないので、安心してくださいね。

<下に続く>

Apple Payに追加したSuicaを払い戻す方法や削除する方法のまとめ

今回は、一度Apple Payに取り込んだSuicaを元に戻す方法を2ステップに分けてご紹介いたしました。また、Suicaを元に戻す時に気をつけたいこともお伝えしました。

便利さに惹かれてApple PayにSuicaを取り込んだものの、余計に不便に感じてしまったのかもしれないですね。Apple PayのSuicaの残だがを払い戻すには、最大で4週間もかかることがあるとのことでしたね。

新しいSuicaを手に入れるためにも、Suicaを戻すことを決意なさったのであれば、すぐに行動することをおすすめいたします。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line