みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

コンビニで使える電子マネー情報まとめ!人気の4大カードを比較

普段のちょっとした買い物で、コンビにはよく利用することでしょう。
コンビニの場合は、100円・200円ほどの買い物でもしやすく、便利です。

その様なときに電子マネー支払いをすると、とても速くて簡単に買い物ができます。
しかし、近年電子マネーは数多く発行されており、どれを使って良いのかわからないということもあるでしょう。

今回は様々な電子マネーの特徴をまとめました。

Large abundance adults box 696205  1
目次

コンビニ比較!使える電子マネーまとめ

コンビニごとに使える電子マネーが変わってきます。
また、コンビニによってはオリジナルの電子マネーもあり、コンビニで使用できるものは、数多くあるでしょう。

ローソン

ローソンでは、apple Pay・android Pay・iD・QUICPay・楽天edy・WAON・Kitaca・Suica・TOICA・ICOCA・SUGOCA・PPASUMO・nimoca・はやかけん・manaca・PiTaPaの計16種類の電子マネーが使用できます。
比較的利用できる電子マネーの種類は豊富で、とても便利でおすすめです。

ファミリーマート

ファミリーマートでは、ローソンの使用可能な電子マネーに加えてユニコが電子マネー決済が可能となり、使用できる電子マネーは計17種類です。
ファミリーマートでの買い物はTUTAYAでも利用可能なT-CARDがおすすめでしょう。

セブンイレブン

セブンイレブンでは上のWAONとPiTaPaが使用できず、au WALLETが利用できます。
さらに、nanacoといったセブンアンドアイグループが発行している電子マネーカードの使用は可能です。

ミニストップ

ミニストップでは上のPiTaPaが使用できず、代わりにGoogle Payが使用できます。
特にミニストップでWAONを使用することは通常ポイント付与の他に、ある一部の商品を購入したことによってボーナスポイントが還元されるので、とてもお得です。

デイリーヤマザキ

デイリーヤマザキでは、上の一覧のPiTaPaやapple pay以外の支払い方法が可能です。
オリジナルのポイントカードや電子マネーがないため、特別ポイントが多く貯められることはありません。

スリーエフ

スリーエフはローソンと事業統合の契約をしている関係もあり、使える電子マネーは同じです。
スリーエフでは2010年頃には楽天edyが使用できたり、比較的遅れずに電子マネーの導入をしていました。

ニューデイズ

ニューデイズは駅構内にあるので、基本的には交通系電子マネーが使用できます。
しかし、PiTaPaは使用できません。

そして、現在ニューデイズではedyや他の電子マネーを使っての支払いができず、利用する際は気をつけましょう。
店舗が駅構内にあるので、交通系電子マネーさえ使えれば特に不便ではありません。

ポプラ

ポプラでは、ローソンと同じ種類の電子マネーが使用できます。
さらにau WALLETでの支払いも可能となり、電子マネーでの支払い手段は豊富です。

しかし、交通系電子マネーのPiTaPaは利用できます。

セイコーマート

セイコーマートでは、ローソンと同様の電子マネーが使用できます。
その他にも、セイコーマートはau WALLET・ソフトバンクカード・LINE Payカード・Pecomaも支払い可能でしょう。

ちなみにPecomaは、セイコーマート独自で発行している電子マネーです。
こちらのコンビニでは、2018年10月以降から利用開始されます。

ローソン100

ローソン100は、ローソンと同様の電子マネーが利用できます。
会社自体はローソンと同じなので、使える電子マネーは特に変わりがありません。

<下に続く>

4大比較!コンビニで使える電子マネーの特徴

コンビニ利用の電子マネーとクレカのおすすめ

上では10のコンビニで使用できる電子マネーを調べてみました。
その中でも特に登場の多い4つの電子マネーをピックアップし、特徴をまとめたので参考にして下さい。

WAON

WAONはイオングループが発行している電子マネーです。
こちらの電子マネーは前払い入金方式となり、入金した分だけ支払いに使えます。

ちなみにその都度チャージすることが面倒な人は、オートチャージ設定があるので楽で便利でしょう。
WAONはイオンカード一体型のものを利用することで、ポイント還元率が1.5パーセントととても高く、おすすめです。

コンビニではミニストップでの使用が、割引もできお得に使えるのでおすすめでしょう。

nanaco

nanacoはセブンアンドアイが発行している電子マネーです。
そのため、セブンイレブンやイトーヨーカ堂ではnanacoを使用できます。

nanacoは他の電子マネーと異なり、税金の支払いに使用することが可能です。
また、貯まったポイントをその場で買い物で使用できるので、セブンイレブンをよく利用する人には、とても便利でおすすめでしょう。

Suica

Suicaは交通系電子マネーでは一番古く、利用者が多い電子マネーです。
Suicaがあれば電車などの乗り物を簡単に乗り降り出来るだけではなく、買い物もできとても便利でしょう。

気をつけるべき点として、SuicaはJR東日本エリアの駅などでしか購入ができません。

楽天Edy

楽天Edyは利用できるお店が多く、利用者も多い電子マネーでしょう。
楽天Edyはチャージでも支払いでも両方でポイントを貯めることができ、PontaやTポイントカードも併用してポイントが貯めることができ大変お得です。

<下に続く>

コンビニでは電子マネーとクレカどっちがお得?

コンビニで電子マネー利用

基本的にクレジットカードの方が電子マネーに比べて種類問わず、どのコンビニでも使用可能となります。
では、電子マネーとクレジットカードどっちが得かを比べるにあたり、注目する点はポイント還元率でしょう。

やはりポイントの還元率が良いと、その後ポイントが色々と使えてお得に買い物したと実感できます。
特にコンビニは毎日ちょこっと買い物するような所なので、気付いたらポイントがたくさん貯まっていたっていうこともあるでしょう。

だいたいのクレジットカードはお支払いの還元率は、0.5から1%程度です。
そして、これは電子マネーも同様の数字になりますが、出遠視マネーの場合チャージする時にもポイントが付与されるものもあります。

平均より高い還元率のものでおすすめなのが、電子マネー一体型のクレジットカードです。
こちらコンビニによっておすすめのカードは変わってきますが、条件をクリアすると一気に還元率があがります。

まず、セブンイレブンではnanaco内蔵のJCB CARD Wがおすすめです。
こちらはチャージポイントも含め、コンビニで一回の買い物ごとに2.5%貯まります。

他にもローソンはiD内蔵のdカードが最高5%も還元される結果となりお得です。

<下に続く>

コンビニでの電子マネーとクレカの使い分け方

コンビニでのおすすめの使い分けの方法としては、やはり支払いは電子マネーを使うといいでしょう。
そして、その電子マネーをチャージするのにクレジットカードを使うことがおすすめです。

そうすることにより、還元されるポイントはより多く得られます。
特にコンビニで公共料金の支払いにnanacoを使うときは、支払いでポイントは付与されませんがチャージするときに一気にポイントが付与されるので、一気に貯めることができるでしょう。

また、クレジットカードでチャージするとなると、オートチャージが可能になるので、毎回残高を気にすることなく利用が出来ます。
クレジットカードと電子マネーを使いこなす上で、大切なことは種類豊富にもたないことです。

色々な電子マネーやクレジットカードを使いこなせずにポイントが分散して、上手に使いこなせないでしょう。
まずはよく行くコンビニ対応のカードや特典の豊富な物を選び、使用してみてください。

<下に続く>

現金派が多い?コンビニの電子マネー・クレカ事情

色々と電子マネーを利用できるところが増えたりサービスが充実しても、未だに現金で支払いをしている様子を多く見かけます。
その中でもコンビニでは、比較的電子マネーの利用は増えていますが、まだまだ現金支払いをする人の数が多いです。

ここでは、実際にコンビニで現金と電子マネー・クレジットカードを使う人はどのように考えているのか、詳しく見ていきましょう。

使う派の声

コンビニではちょっとした買い物をすることが、多いでしょう。
少額の支払いには、電子マネー決済は素早くお会計ができるので楽で良いと人気です。

電子マネーは小銭を数える手間もじゃらじゃら持つ手間も要らないので、色々と楽でしょう。
また、やはりポイント還元されるので、コンビニでの電子マネーやクレジットカードの利用は支持されています。

貯まったポイントを使い、コンビニで買い物も出来る場合があるので、すごくお得です。
さらにほとんどのコンビニでは、多くの電子マネーが導入されており、安心して使えるのがいいという人もいるでしょう。

使わない派の声

コンビニでの支払いが現金派の人は、まだまだ多いです。
現金の支払いの強みは、確実に支払いをできることでしょう。

現金未対応というコンビニはないので、どこでも心配せずに使うことが可能です。
また、コンビニでの買い物では現金払いだと買いすぎ防止に繋がります。

電子マネーやクレジットカードはお金を生で見ずに買い物ができるので、ついつい使いすぎてしまうことが多いです。
特にコンビニは手頃で目新しい商品が多くあるので、買いすぎてしまいます。

そのため、現金は使いすぎないように必要分のみしか持ち歩かないということも出来るので、安心できる人もたくさんいることでしょう。

<下に続く>

電子マネーをコンビニでお得に賢く使おう

コンビニで電子マネー決済

電子マネーは、近年多くのお店で活用できるようになりました。
また、国の取り組みとしてもキャッシュレス化を推進しており、ますます多くのシーンで電子マネーを利用できるようになります。

そのような中で、コンビニはほとんどのお店で電子マネーを利用することができるので、活用するのにおすすめです。
さらにコンビニでは、独自の電子マネーを展開しているところもあり、日本の中ではとても進歩しています。

コンビニで電子マネーを使うことは、ポイント還元があったり、決済がスムーズであったりととても便利でお得です。
日頃よく使うコンビニ店や生活スタイルに合わせて、上手に電子マネーを生活に取り組み使うといいでしょう。

ポイント還元率の良いものを絞って使うと、ポイントは一気に貯まりそれを使いお買い物をすることもできます。
他にも電子マネー支払いで、割引がきくこともあり嬉しい特典がたくさんです。

また、小銭を数えたりする手間がなくなるのでお会計に時間がかかりません。
そのため、急いでいるときにはさっとお買い物ができるので、おすすめです。

今後ますます電子マネーは種類豊富になり、便利にお買い物ができるでしょう。
今から少しずつコンビニでの電子マネー支払いに挑戦してみてください。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line