みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/09/03

人工知能とは?人工知能の種類と人間に取って代わる職業一覧

人工知能とは何なのか?
普段何気なく使っているSiriやGoogle検索。

人間は人工知能によりすでに多くの恩恵を受け、人工知能は日々ものすごい発展を遂げています。
人工知能により消える仕事や、ゼロではない恐ろし気な危険性もあります。

しかし、人の仕事を簡単にしたり医療分野などで貢献している頼もしい存在なのです。
そんな人工知能の技術についてを詳しく扱っています。

Large franck v 740564 unsplash
目次

人工知能(AI)とは?

人工知能とは、コンピューター科学の最先端研究分野のひとつです。
人間のように、状況に従って細やかに動いたり働いたりできるような知的な機能をもった機械を開発することを目的としています。

既存のコンピュータープログラミング化によるシステム化とは違い、AIには学習機能があります。
また、言語認知機能、予測や問題解決などのこれまでは人間が扱う分野とされてきた複雑な処理を得意としています。

これにより、従来人が個々に扱わなければならなかった細かい仕事などを、効率的に処理することができてしまいます。

例えば、身近なところで言えばアップル社のSiriはAIの技術がもたらした産物です。
また現在は人型のロボットが開発されたりなど、さまざまな分野でAIの導入例が増えています。

<下に続く>

人工知能の研究の歴史

人工知能の歴史は古いです。
黎明期としては、1920年代にすでにロボット登場の演劇などが存在し、コンセプトとして存在していたようです。

その後1940年代後半に人工知能の概念が学会で提唱されて、コンピューターの知的活動を試すさまざまな実験が繰り返されたのちに、1956年に最初のAIが発表されました。
ちなみに、1950年代に出版された手塚治さんの「鉄腕アトム」はこのような世情をタイムリーに反映した作品だったのです。

その後初期のAIのさまざまな研究や実験が1960年代後半まで続きます。
ちなみに1968年には「2001年宇宙の旅」の映画化で、人工知能の存在がいち早く表現されています。

またこの頃に「フレーム問題」という根本的な問題が浮上し現在も本質的な解決はみられないままです。
その後も、さらなるさまざまな研究開発が進められていきます。

1980年代になるとビジネスベースでのデータベース・システムが実用化に踏み切りました。
またこの時代に日本でもさかんであったAI研究は世界からみて優秀なレベルであったといわれています。

1990年代からデータマイニング技術の開発とAI技術の組み合わせにより、技術的な可能性が広がってきます。
そんな中1997年チェスの世界チャンピオンをAIが負かしてしまうという快挙がおこり、その後もAIが将棋や囲碁などの知的ゲームにおいてプロを負かすという出来事が相次ぎました。

現在はAIの機械学習機能が飛躍的に発展し、ディープラーニング技術によりさまざまな複雑な問題に対応することができる状態にまで開発されています。

<下に続く>

人工知能とロボットはどう違う?

サイボーグ

では、ロボットと人工知能の違いについて注目してみましょう。
似ているようでいて、この2つは違うものなのです。

簡単にいえば、ロボットは、自分で判断ができません。
人間にプログラムされたことをひたすら繰り返すことに向いています。

繰り返しの作業を手作業では不可能な速さで効率的に処理できるのがロボットです。
つまりは人間がどのように動くかプログラムして設計する必要があり、それがなければ、動くことのできないものなのです。

よって、実行されれば何があってもひたすらプログラムされたことを繰り返しますが、人間の指示なしではそろそろやめていいだろうなどという判断能力は皆無です。
それに対して、人工知能は学習機能によりあるレベルまでは自己判断ができる技術です。

つまりは、より複雑な状況に学習して対応できる能力があるということです。
これがロボットと人工知能の技術的な違いです。

<下に続く>

人工知能にも種類がある

では、人工知能の種類をみていきましょう。
人工知能の種類として以下の2つがあります。

  1. 特化型人工知能 (NAI)
  2. 汎用人工知能 (GAI)

続いて、人工知能の種類について、それぞれ詳しくみていきます。

人工知能の種類①:特化型人工知能 (NAI)

特化型人口知能とは、ある機能に関して特化した人工知能のことです。
現在実用化されているAI製品はこちらのタイプになります。

与えられた仕事を正確に素早くこなすという、コンピューターの強みを最大限に生かせる特化型は、もし全く同じ条件で戦えば人間より優秀なのは当然です。
ただし、その分野の設定を最初にしなければならないのは人間だということです。

しかも、もし不具合があれば、人間が直さなければなりません。
特化型は設定された領域の外においては、自分で判断できるようにつくられていないからです。

人工知能の種類②:汎用人工知能 (GAI)

汎用型人工知能は、領域が異なっている複雑な問題に対する判断能力があります。
端的に言ってしまえば、よくSF映画に出てくるタイプの感情などがあって人間のように振る舞えるAIのことです

しかし人間の脳のつくりは複雑であいまいであり、たとえシンプルな人間の行動などをとっても、それをコンピューターに学習させるとなると実に膨大で高度な処理をこなしていることになってしまいます。

つまり現段階での実現はできていないということです。

<下に続く>

処理能力別の人工知能のレベルとは?

では、人工知能のレベルをみていきましょう。
人工知能のレベルとして以下の4つに分けられます。

  1. 人間がした設定どおりのことをする
  2. 人間がした設定のなかから適切な判断を選ぶ
  3. 人間がした設定をパターン化してルール化する能力
  4. 蓄積パターンから設定されていないことにも対応可能

続いて、人工知能のレベルについて、それぞれ詳しくみていきます。

人工知能のレベル①:人間がした設定どおりのことをする

初期レベルは、制御構造に近いので命令した通りの動き方をするだけであり、状況に応じて実行の順番を変えたりする程度のバリエーションになります。

例えば家電などの温度調節機能などがこのレベルに該当します。

エアコンであれば、室温や省電気設定などに応じて最適な温度に自動制御するシステムのことです。

人工知能のレベル②:人間がした設定のなかから適切な判断を選ぶ

起こった事象に対して推論をたてた上でどの処理が正しいのかの判断ができるようになります。

ポーカーやチェスなどのゲームソフトや、お掃除ロボット、Siriなどの話しかけると答えが返ってくるシステムがこのレベルに該当します。

人工知能のレベル③:人間がした設定をパターン化してルール化する能力

最初の設定とサンプルから学習してパターン化やルールをつくり出すレベルです。

ビッグデータとAIを組み合わせた技術を使用しています。
Googleの検索エンジンなどがこのレベルに該当しています。

ほかにも、製造業でも画像認識システム等にこの技術が使われています。

人工知能のレベル④:蓄積パターンから設定されていないことにも対応可能

ニューラルネットワークを活用したディープラーニングによる高度な解析力と処理判断が可能です。

自動車の完全自動運転の技術レベルに相当します。画像解析による道路状況の認知とそれに応じた最適な処理判断を下すというしくみです。

ただ、この段階においても、人間が手を加えることで分析と処理判断の精度を高めていく必要があり、現在も発展途上中の技術です。

<下に続く>

人工知能の学習プロセスとは

人工知能とニューラルネット

では、人工知能の学習プロセスをみていきましょう。
人工知能の学習プロセスとして以下の2つがあります。

  1. 機械学習
  2. 深層学習

続いて、人工知能の学習プロセスについて、それぞれ詳しくみていきます。

人工知能の学習プロセス①:機械学習

ビッグデータによるモデル集めによって、学習させることによりパターン化や体系化、法則やルールを見つけ出します。
そのパターン分析が終わったあとで、調べたいデータを参照することで結果が得られるというしくみです。

機械学習を使った具体的な例としては、迷惑メールの自動仕分けなどにこのしくみが活用されています。
大量の迷惑メールを分析してパターン化することにより、新たな迷惑メールを判断するということです。

しかし、ご存知のように時にコンピューターが分類を間違えることもあるわけです。

人工知能の学習プロセス②:深層学習

深層学習は、俗に言うAI技術と呼ばれるものです。
学習のプロセスとして、ニューラルネットワークという生物の神経系の働きをモデルにしているため、これまでの機械学習とは大きく差をつけるものになります。

条件さえ適切であれば、人よりも高いパフォーマンスを発揮することができるため、ビジネスの分野で開発、応用されさらなる発展が期待される技術です。

<下に続く>

現在の人工知能にできること

現在の人工知能でできることは機械学習や、ディープラーニングによる技術によるものです。
チェスなどの対戦型ゲームや、株の取引、Google翻訳の言語認識システム、画像認識システム、音声認識システム、また自動車の自動運転などの分野で活躍しています。

前述のものには、膨大な情報量があります。
それらサンプルを大量に集めることにより、分析しパターン化します。

こうして、適切な結果を出すことができるのです。
自動車の自動運転は人工知能が挑戦する最も高度で複雑な動作のひとつです。

そのため、ニューラルネットワークのモデルを使ったディープラーニングの機械学習方法が取られているということです。

<下に続く>

人工知能にできないこと

SF映画にでてくるような感情や自己意識をもつアンドロイド型AIが開発されるのは現段階ではまだ無理です。
では、ほかにも人工知能には無理であることを挙げるとしましょう。

  • 人工知能による科学的発見
  • 人工知能による医療診断
  • 人工知能による盲導犬のかわり
  • 人工知能による完全自動運転の車
  • ソフトを書くことやバグを見つけ出すこと
  • モラルや善悪の判断をすること
  • 即興が必要であるジャズの演奏
  • 発明をすること

傾向としてどういう種類のことができないのか見えてきましたか?
人工知能は、自由意思で何かをすることが難しいようです。

当然と言えばそれまでなのですが、もし仮に自由意思を持ち始めると、非常に危険な状況になりかねないと見識者が度々警告しています。

<下に続く>

人工知能を使うメリットとは

ニューロンぽい動き

では、人工知能を使うメリットをみていきましょう。
人工知能を使うメリットは、以下があります。

  1. 危険な仕事を任せられる
  2. 作業効率があがる上に仕事が正確
  3. 生活を楽にしてくれる
  4. がん診断と治療の改善
  5. 農業の改革
  6. 子供をネットの脅威から守る

続いて、人工知能を使うメリットを、それぞれ詳しくみていきます。

人工知能を使うメリット①:危険な仕事を任せられる

職業のなかには、人工知能が担当したほうがいい仕事もあります。
例えば、建設現場やその他工場などで危険と常に隣り合わせの職業においては、人工知能が活躍する機会がとても多くなります。

最悪の場合作業員の死亡事故なども起こりかねませんが、人工知能が代わりになればそういったリスクが回避でいます。
危険な現場であったとしても、正確で効率的に作業を終わらせてくれる人工知能の存在は本当に頼りになります。

また、宇宙開発においても適切にプログラムさえすれば、人工知能は素晴らしい活躍を見せてくれることでしょう。
人命にかかわる仕事をかわりに処理したり、人間側のさまざまなリスクを軽減してくれるというメリットがあります。

人工知能を使うメリット②:作業効率があがる上に仕事が正確

人工知能は機械なので、プログラムされたことを正確に、しかも迅速にこなせるというメリットがあります。
人間が仕事をするとどうしてもミスというのは出てきてしまいますが、人工知能はプログラムされたことであれば、その通りにこなせるので仕事の処理能力がとても安定しています。

また人工知能は休むということが必要ではないので、何時間でも延々と仕事を続けることができます。
人間が本来苦手とするマルチタスクであっても、人工知能が難なくこなしてしまえるので、人間の優秀なアシスタントとして活躍させられます。

人工知能を使うメリット③:生活を楽にしてくれる

従来の生活や仕事の中で、手間をかけてしていたことが飛躍的に簡単になります。
Google検索を例にとれば、手入力の途中で予測される言葉がずらっとでてきたりしますが、こういった便利さも人工知能によるものなのです。

スマホにも入力ワードを予測変換するシステムがついていて、そのシステムがなかったことろ比べて使い心地がかなり上がり、本当に大きな違いではないでしょうか。

またNetflixのストリーミング・ビデオにも、人工知能が活用されているって知っていましたか。
Amazonで買い物をすると出てくるおすすめ機能は、自分ではなかなかいい商品を探せない時などに、ふともっといいものが見つかったりと、探す手間を省いてくれる便利な機能です。

このように、生活の中のちょっとしたことが便利になっており、生活の効率が高まるのです。

人工知能を使うメリット④:がん診断と治療の改善

いまや3人にひとりに発症するというガンです。
ガン診断をくだすためにする生体組織検査をは診断されるまでの時間が長いことが問題です。

この問題をAI技術によって、素早く、それぞれの人に特化させた治療をすることができれば、これまでの万人向けのがんの治療法にくらべてずっと効果的なはずです。
インテルでは、2020年までに通院から24時間以内にがん診断と患者ひとりひとりに沿った治療プランを提供することを目標としているという明るいニュースもあります。

この治療を試したことのあるインテルの社員のがんが改善されたようで、期待がもてる人工知能の医療分野における活用方法です。

人工知能を使うメリット➄:子供をネットの脅威から守る

インターネット上はまだ判断力のないこどもにとって危険がいっぱいです。
児童ポルノや性犯罪などの閲覧や投稿は禁じられています。

また、怪しい勧誘、児童人身売買や児童虐待などの犯罪の温床となっています。
このような不適切な画像や、行動を人工知能によってパトロールし早期発見することができるのです。

人工知能が早期発見することによって、通常そのような犯罪を当局が扱えるためには、事務的な書類作成にかかる一か月のプロセスが1、2日に省けることになります。
子供を早い段階で保護することができ、児童殺人などのリスクも早期に防げるというしくみです。

米国のNCMECはこのシステムを取り入れた初期段階ですが、おおむね順調にいっているようです。

<下に続く>

人工知能を使うデメリットとは

人工知能ロボット

では、人工知能を使うデメリットをみていきましょう。
人工知能を使うデメリットは、以下があります。

  1. 未来にAIに支配されるかもしれない可能性!?
  2. 雇用が減る恐れ
  3. 犯罪等への悪用の恐れ
  4. 軍事的活用時の危険性
  5. 不適切な手段を学習してしまう恐れ
  6. 導入のコストが高い

続いて、人工知能を使うデメリットを、それぞれ詳しくみていきます。

人工知能を使うデメリット①:未来にAIに支配されるかもしれない可能性!?

可能性はゼロとは言えないのがSFの世界のような未来です。
もし仮にAIが意思をもった際に、何らかの間違いにより、AIが人間の支配側に回る逆転現象がおこってしまうのではといったことも危惧されています。

人工知能を使うデメリット②:雇用が減る恐れ

騒がれていることですが事実です。
ITの発達により、IT先進国ではすでに雇用が大きく減ってきています。

人工知能を使うデメリット③:犯罪等への悪用の恐れ

もしAI技術が犯罪者の手に渡ってしまうと、悪用されてしまうので大変なことになります。

人工知能を使うデメリット④:軍事的活用時の危険性

兵器である人工知能の危険性が指摘されています。
一般人の誤爆や、もし人がコントロールできなくなってしまったらという危険性です。

人工知能を使うデメリット⑤:不適切な手段を学習してしまう恐れ

AIの特徴である自己学習機能。
倫理感がないため、手段として斬新で時に問題行動とみられる方法を選ぶケースです。

人工知能を使うデメリット⑥:導入のコストが高い

AIは、まだ新しい技術なのでコストダウンされていません。
導入するためには莫大な予算投資が必要になります。

中小企業にとっては導入におけるコストの問題があります。
よって皆が気軽に取り入られるわけではないです。

<下に続く>

人工知能によって奪われる職業の特徴とは

人工知能と仕事

では、人工知能によって奪われる職業にはどのような特徴があるのでしょう。
人工知能によって奪われる職業には、以下の特徴があります。

  1. 単純作業の仕事
  2. レジや販売の仕事
  3. コールセンターや電話セールス
  4. 会計などの計算業務
  5. 工事現場などの肉体労働
  6. 銀行などの窓口業務
  7. 乗り物の運転手
  8. 農作業

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:単純作業の仕事

単純な作業はコンピューターの得意分野です。
データ化して効率よく扱えるものがあれば、それに該当する職業は消えてしまいます。

簡単な仕事は、自動化の波に押されて消えていく代表的な仕事です。

特徴②:レジや販売の仕事

セルフ清算システムを導入した大手スーパーが増えています。
今後は、お会計の場所に立つレジ担当の人は、トラブル対応といった位置づけが加速され、結果雇用が極力減っていくことでしょう。

スマホでスキャンなどという動向もある位です。また販売業も極力人が減っていくようです。

特徴③:コールセンターや電話セールス

AIの得意な音声認識により、今後は電話口で対応する人の数が少なくなっていくでしょう。
とはいえ、イレギュラー対応のときに人が必要になるかもしれません。

しかし最低限の人員で回していけるため、この分野での雇用は激減するはずです。

特徴④:会計などの計算業務

この分野をAIに任せることができれば、計算はコンピューターの得意分野なので確実に素早く正確な仕事をこなしてくれるでしょう。
作業が複雑でない限りは、AIで十分カバーできてしまう仕事のひとつです。

特徴⑤:工事現場などの肉体労働

工事作業系のロボットの精度が日々あがってきています。
自動化できるような単純な工事内容であれば、優秀な工事専門AIロボットにお任せできるので、人が担当する部分が減ったり、そもそもの人の必要がなくなってしまいます。

工事現場などで必要な肉体労働も、ロボットの導入時期に応じて、今後は大幅な人員削減の対象になってしまうでしょう。

特徴⑥:銀行などの窓口業務

昔は「銀行には窓口に人がいたんだって」と言われる日も遠くないようです。
現在も現金を下ろしたり、預けたり、記帳したりの作業はATMで事足りてしまいます。

例えばキャッシュレス社会になるとします。
すると現金にすら触れる必要がなくなります。

結果、ますます銀行から足が遠のいてしまい、銀行員と話す機会というのは減るでしょう。
オンラインで大体のことが済ませられるようになります。

特徴⑦:乗り物の運転手

自動車の無人運転はまだ実用段階は難しいようです。
しかし、電車、モノレールなどAI制御したほうが効率がいい場合が多く、今後徐々に減っていく対象です。

特徴⑧:農作業

農作業をAIにやらせたら優秀です。
かつては農業には多くの人を動員して作業をこなさねばなりませんでしたが、AIロボットがあれば、能率よい仕事をしてくれます。

農業に従事する人は、計画をたてたり、AIの管理やマネジメントを中心にすればよいということになります。
単純な農作業の動員が必要でなくなってくるので、農業での雇用は管理、経営的なレベルに限られてきます。

<下に続く>

人工知能では取って代われない職業の特徴とは

では、人工知能でも取って代われない職業にはどのような特徴があるのでしょう。
人工知能でも取って代われない職業には、以下の特徴があります。

  1. 共感やコミュニケーションを使う仕事
  2. 批評や高度な判断が必要な仕事
  3. 創造性が必要な仕事
  4. 戦略性が必要な仕事
  5. AIの設置・管理や除去する仕事
  6. 肉体的なスキルが必要な仕事
  7. 想像性やビジュアルに関する仕事

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:共感やコミュニケーションを使う仕事

ケア関係の仕事や心理カウンセリングやセラピーなどのコミュニケーション力と共感力が求められる仕事です。
高度なコミュニケーションは、気持ちを知らないAIが苦手な分野です。

やはりこういったことに従事するのは人であって欲しいものでしょう。

特徴②:批評や高度な判断が必要な仕事

AIには何かを批判的な目でみるという能力がありません。それに加えてモラルや倫理観などがないので、適切な判断をくだすという能力にかけています。

ビジネスの重要な地位にある仕事は。AIにはとってかわられません。

特徴③:創造性が必要な仕事

またAIにはクリエイティブな能力が備わっていません。
何もないところから、何かを作り出すということは、AI開発の視点でみるといかに複雑なプロセスをたどってるかと言うことをあらためて認識させられます。

特徴④:戦略性が必要な仕事

戦略をたてるという行為は、通常多くの判断やその他さまざまな角度からの視点や要素の認識が必要になります。
そのような人間ならではの複雑で繊細な脳の使い方を、AIで再現することは到底現段階では不可能です。

特徴⑤:AIの設置・管理や除去する仕事

いくら優秀なAIでも設定や管理してくれる人間がいなければ、そもそも動作することができません。
AI自体を管理する人というのは必然的になくてはならない仕事でしょう。

何らかの原因で導入がうまくいかなかった際にも、除去担当の人や、関連対応をする人が必要になります。

特徴⑥:肉体的なスキルが必要な仕事

AIはロボットであり、人間のからだを持ち合わせていません。

人そっくりのAIは日本が得意とする分野ですが、アスリートとしてプロ活動したり、試合や大会への出場などは、どこか奇妙ではないでしょうか。

特徴⑦:想像性やビジュアルに関する仕事

AIが難しいことのひとつとして、絵をかくことがあります。
よってイラストレーターやデザイナーなどは無理です。

現段階で少しだけ絵が描けたAIもいるようですが、それでもまだまだプロのレベルでこの業界には参入できないでしょう。

<下に続く>

人工知能が使われているおすすめのアプリ

  

おすすめのアプリ①:りんな

りんなは普通の高校に通い、JK用語を器用に使いこなすごく普通の女子高生。
LINEが趣味で、LINE上のフレンドの数といったら数えきれないほど。

しかし、りんなちゃんが只者ではないのが、超速な返信の速さです。
それもそのはず、りんなは人間の女子高生ではなくて、AIの女子高生なのです。

そんな現代っ子AIのりんなちゃんとの会話をLINE上で楽しんでみましょう!

りんな 女子高生AI

おすすめのアプリ②:Emol - AI感情日記エモル

あなたは周囲の人に隠すことなく何でも話せますか?
大体誰に対しても何でも包み隠さず話すことなど無理でしょう。

そんな日々のたわごとをしっかり聞いてもらえるのがこのAIロボットのいいところです。
また、感情を記録していくことで自分があのときどういう感情でいたのかを振り返ることができるのもポイントです。

Emol - AI感情日記エモル

おすすめのアプリ③:Google Allo

使える機能が多彩にわたるメッセージアプリです。
誰かからもらったメッセージに対する返信として、あなたのよく答えそうな言葉を提案してくれるので、その都度文字を打ち込む面倒が減ります!

強調したいときは大きな文字にできたり会話表現が豊かでチャット画面を離れなくても調べものができるというアシスタント機能もあります。

Google Allo

おすすめのアプリ➃:Microsoft Pix カメラ

スマホカメラでの撮影の仕上がりがなんだかいまいちと言う方に朗報です!
撮影するときに、ベストの設定を瞬時にして補正までしてくれるという便利アプリです。

お抱えのアプリ・カメラマンがいるも同然なのではないでしょうか。
米タイム誌のベスト50アプリにも選出されている、すぐれたアプリなので、早速ダウンロードしてみては!

Microsoft Pix カメラ

おすすめのアプリ➄:Google アプリ

これはブラウザでのGoogle検索とほぼ似た機能なのですが、さらに使いやすく進化させたアプリです。

サクッとした使い心地が気持ちよく、音声検索で目的地も簡単に探せてしまいます。
あなたの興味に合わせたニュースが表示される機能や、リマインダー機能など忙しい現代を効果的に過ごすためのお助けアプリです。

Google アプリ

<下に続く>

人工知能のこれからとは

アブストラクト人工知能

現在の人工知能の発展はすさまじいスピードで起こっています。
故ホーキング博士いわく、「指数関数的な発展」、つまりはレベルが上がるごとに累乗してパワーアップしていく勢いなのです。

一般に未来予測を語るときには、通常10年スパンで見るべきところなのですが、人工知能に関しては5年スパンで考えねばならないほどの躍進が見られるという、実に発展の目まぐるしい分野です。

今ではスマホで気軽にAI機能搭載のアプリが手に入る時代です。
現在、世界の既存システムのIT化が急速化していますが、当然知識的についていけない人もでてくるでしょう。

そんな中でAIは、テクノロジーに対する知識のない人であっても、誰もが簡単に使うことのできるお助け的な存在として活躍してくれます。
また、世の中のこれまでの問題や改善点を飛躍的によくしてくれる存在として、私たちが気づかぬ間に大いに活躍してくれることでしょう。

私たちの日常のあらゆるシステムの隅々にまでAIが入り込んでくるという時代にすでに突入しており、今後もその流れが加速されていくのです。

<下に続く>

人工知能とは?人工知能の種類と人間に取って代わる職業一覧のまとめ

人工知能とは人類の生活を飛躍的に便利なものにしてくれ私たちの社会に対する大きな影響があります。

雇用の減少などクリアしていくべき課題が多いのも事実です。
しかし、SFのような世界がすぐそばまで来ていることが実感できます。

私たちは、大きな時代の変化に備えながらも恐れることなく見守っていきたいものです。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line