みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/09/07

主婦におすすめの資格!在宅や独学で取得できる資格ランキング

主婦にとって、忙しさの合間に訪れるすき間時間はもったいないと思うもの。
「短時間だけ働ける仕事を探したい」「子育てが落ち着いたら本格的に仕事復帰したい」「趣味を活かしたい」と考えているなら、資格はきっと頼もしい味方になります。

そこで、主婦・子育て中のママでも取得しやすいと言われる「人気の資格ランキング」を紹介します。

Large %e5%8b%89%e5%bc%b71

主婦が資格を取るメリット

では、資格を取ることのメリットをみていきましょう。
資格を取ることには、以下のメリットがあります。

  1. 仕事復帰に有利
  2. サイドビジネスができる
  3. 起業できる
  4. 余った時間を有効活用できる
  5. 主婦業や子育てに活かせる

続いて、資格を取ることのメリットを、それぞれ詳しくみていきます。

メリット①:仕事復帰に有利

資格取得を目指す主婦の机

子育てが落ち着いたら仕事復帰しようと考えている主婦は多いでしょう。
ところが社会人としてのブランクが長い分、「これからまたちゃんと仕事をしていけるのか不安」という声も。

実際、新卒や20代の主婦に混ざって同じように応募をしても、30代・40代が採用される確率は低いのが現実。
そんな時に資格を持っていると、確実に有利になります。

採用側は、年齢よりも即戦力になる人を求めているところが多いのです。

メリット②:サイドビジネスができる

サイドビジネスとは「本業以外で収入を得ること全般」を指し、副業・サイドワークとも言います。
働き方改革や副業の推奨によって副業を認めている企業も増加傾向にある中、専業主婦の間でも注目度が高まっているのです。

サイドビジネスに役立つ資格を取得することは、子供が小さく外で働けない主婦にとって、安定して稼ぐごとができる大きなチャンスになります。

メリット③:起業できる

とにかくしっかり稼いで本業にしたいという人は、個人で起業できるタイプの資格もあります。
専門的な知識や経験がなくても、通信講座などを利用することで資格を取得できるとあって「主婦起業」をする女性も少なくありません。

ただ高い収入が見込める職種になると、他の資格に比べて取得するまでの時間・費用・労力がかかる場合がほとんど。
しかし、合格できれば旦那も頭が上がらないほど稼げるようになるでしょう。

メリット④:余った時間を有効活用できる

家事や子育ての合間や余った時間がもったいないと考えている主婦は「趣味や興味のある分野」の資格を取得することで、より生活が豊かに・充実したものになりそうです。
「特にこれといった趣味がない」という場合は、どんな資格があるのか一度調べてみましょう。

バラエティに富んだありとあらゆるジャンルの資格があるので、「面白そう」「やってみたい」と思えるものがきっと見つかるはず!

メリット⑤:主婦業や子育てに活かせる

せっかく資格を取るなら、仕事だけではなく自分のため・家族のためにもなるようなタイプもいいでしょう。
家事や子育てに関する知識や技術は、無駄になることがありません。

別な分野の職業を選んだとしても、身につけたことを普段の生活の中で発揮できるので、妻・母親としての評価も上がるでしょう。

<下に続く>

主婦が資格を取るのは難しい?

資格を取りたい子育て中の主婦

明確な目標がないと挫折しやすい

何のために資格を取りたいのかがあいまいなままだと、勉強は思うようにはかどらないものです。
「仕事を見つけやすいように何でもいいから資格がほしい」「ネーミングがおしゃれだから取得したら自慢できそう」などは挫折しやすいパターン。

資格は取得した後、実践に活かすことで初めて意味を持つものなので、資格を取得したその先にあるゴールを目指すことで、最後までモチベーションを保ち続けることができるでしょう。

主婦でも独学で取得できる資格もある

資格取得の難易度が低いものは、時間に制約のある主婦でも独学で取得しやすい場合があります。
在宅で資格を取得するための方法は、独学・通信講座・オンライン講座の3つ

難易度の低い資格は取得しやすいため、費用を抑える意味でも独学を選ぶ人が多いようです。
難易度が高いものになると、通信講座を利用する割合が増えていきます。

それなりに費用はかかりますが、「重要なポイントが網羅されたテキスト」「わかりやすい解説」で、コツコツと進められそうです。
それでもくじけてしまう人のために、オンライン講座を開設しているところもあります。

<下に続く>

主婦に人気の資格ランキング

資格を取得するのに実務経験・通学の必要がなく、幅広い年齢層に支持されている資格を紹介します。

資格ランキング1位:宅建士(宅地建物取引士)

宅建士は土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどを行う不動産取引の専門家
不動産取引をする時、購入する側が不当な契約と知らずに思わぬ損害を被ることがないように、重要事項を説明する仕事です。

国家資格でありながら不動産に関する知識が全くなくても平均約6ヶ月間の勉強で合格できるとあって、主婦からも人気を集めている代表的な資格。
不動産業者は一定数の宅建士を配置する必要がありますが、不足しているところも多いので比較的採用されやすいでしょう。

資格ランキング2位:登録販売者

登録販売者は、薬剤師以外に一般用医薬品の販売が認められている医薬品販売の専門家です。
勤務先はドラッグストア・スーパー・コンビニなど、場所や勤務時間をある程度自由に選びやすいところが主婦としての大きなメリット。

採用する側にとって、薬剤師よりも人件費の抑えられる登録販売者は優先順位が高いので就職も決まりやすい上に、一般の販売員よりも時給が高いのは魅力的です。
医療に関する知識は、生涯に渡って自分や家族のためにも役立つでしょう。

資格ランキング3位:歯科助手

歯科助手は、歯科医師や歯科衛生士のサポート・患者さんの緊張を和らげる・受付など、歯科医院でさまざまな業務を行います。
試験はテキストを見ながら受けられるので、誰でも手軽に取得できるでしょう。

歯科医院は近所でも見つけやすく、勤務形態はフルタイム・短時間と選びやすいのも嬉しいところ。
家事の空いた時間を利用し、無理なく両立できそうですね。

人と接することが好きな主婦におすすめの資格と言えます。

資格ランキング4位:インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは住む人の希望や状況に合わせて住空間をトータルにプロデュースする、住まいの専門家です。
インテリア・住宅・その他商品に関する専門的な知識や技術を身につけているので、住む人の「こんな雰囲気の部屋にしたい」を具体的な形にして提案することができるのです。

勤務先はインテリア関連商品のメーカーやショールーム・住宅メーカー・設計事務所など多岐にわたり、独立も可能。
インテリアが好きで仕事にしたいという女性は、要チェックですよ。

資格ランキング5位:ファイナンシャルプランナー(FP技能士)

ファイナンシャルプランナーは、その人が理想とする将来の暮らしに合わせ「節約・税金・住宅ローン・教育・老後といったプランをたてる」お金の専門家です。
勤務先は銀行・保険・証券などの金融業界、住宅メーカー・物件仲介業などの不動産業界など。

2級を取れば即戦力と見なされるので、最大のアピールポイントになるでしょう。
家計に大きく影響する専門知識ばかりなので、これから家計を担っていく30代の主婦におすすめの資格です。

資格ランキング6位:介護事務

介護事務は、介護保険に関わる事務の専門家です。
レセプト作成と呼ばれる介護報酬請求業務の他に、受付・電話応対などの事務職を一通り行うのが一般的。

レセプトとは調剤報酬明細書のことで、1ヶ月間に請求した調剤報酬のデータを指定機関に提出する必要があります。
勤務地は介護サービス施設や事業所などが中心になるよう。

実は資格がなくても働ける仕事である分、取得していた方が採用側の評価も上がりますし、知識があるので仕事もスムーズに覚えられるでしょう。
一定のPCスキルがあり、長時間のデスクワークが苦にならないような女性は将来的に安定した収入が期待できそうです。

資格ランキング7位:秘書検定

秘書検定は社会人としても、また大人としても恥ずかしくない程度の知識・マナーが身についている証になります。
採用側からは常識がある人と判断され、高い評価につながるでしょう。

秘書として働きたい場合、アピール材料となるのは秘書検定2級以上
事務職全般はもちろん、どの職業に転職しても「社会人としてのスキルが備わっていて安心できる」と好印象を持たれやすくなるのです。

一人の女性としても磨きがかかり、自分に自信が持てそうです。

資格ランキング8位:福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者が安心して生活できる住まいを提案する、福祉部門の住まいの専門家です。
本人・家族・ケアマネージャー・住宅メーカーをつなぐ架け橋のような役割と言えます。

勤務先は在宅介護支援センター・老人ホーム・福祉関係の機器メーカーなど。
高齢化に伴いニーズが高まることが予想されるため、どの業界でもますます必要な人材になっていくでしょう。

資格ランキング9位:トリマー

トリマーは動物の美容師、中でもその数の多さから犬の美容師と言ってもいいでしょう。
全身のシャンプーやカット・耳掃除・爪切り・ブラッシングなどを行いながら犬の健康状態を観察します。

簡単な獣医学・犬の行動学・犬の栄養学などを学び、「飼い主に病気・寄生虫の有無や皮膚の状態などを伝える」「家庭での育て方・しつけの相談に乗る」なども重要な仕事になります。
勤務先はペットショップ・動物病院・ペットホテルの他に、独立して自分の店を持つ人もいるようです。

ペットビジネスの拡大によって今後さらに強く求められる資格。
動物好き・ペットを飼っている女性なら、実生活でも役立つでしょう。

資格ランキング10位:介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、国家資格である介護福祉士を目指すための第一歩となる研修で、介護に必要な知識・技術・考え方を身につけます。
130時間・最短1ヶ月間の受講と修了試験の合格によって資格を取得することができます。

介護業界のニーズはさらに高くなり、社会人経験の少ない主婦でも活躍しやすい仕事。
家庭内介護にも役立つため、主婦からも注目されている資格です。

<下に続く>

子育て中の主婦に人気の資格ランキング

子育てで毎日忙しいママでも、ちょっとしたすきま時間を利用して取得しやすい資格を紹介します。

資格1位:簿記検定

簿記検定は、会社やお店のお金の流れを帳簿にする能力・知識があることを示す資格です。
会計知識があればどの会社で働くにしても必要とされるので、これから働く予定のあるママは持っていて損はないでしょう。

企業からの評価が高いのは、即戦力となる簿記2級以上
履歴書の自己PRに堂々と書いて、アピールできます。

試験は年3回実施・年間40万人もが受験することからも、その人気ぶりが伺えます。

資格2位:医療事務

医療事務は、医療費の計算と患者様への応対が主な仕事です。
厚生労働省が定めた点数から医療費の計算をするので専門性が高い分野。

正確さ・丁寧で細かい仕事ができて、思いやりを持って人に接することができる女性に向いているでしょう。
必ずしも資格が必要な職種ではありませんが、採用する側は有資格者を優先するのが一般的です。

勤務時間は家庭の都合に合わせて選びやすいですし、医療機関の増加に伴い需要が高まってくる仕事。
子育てで何かとお金のかかる主婦にとって、安定して長く稼げる意味でも見逃せない資格と言えます。

資格3位:調剤薬局事務

調剤薬局事務は、処方箋を受け取って保険証やお薬手帳などの確認・入力、またレセプト作成などを行います。
そのため、薬の名前・レセプト入力のためのパソコンスキルが求められます。

調剤薬局は薬剤師と調剤薬局事務が共にいないと成り立たないので、将来的に安定した仕事を確保したいママにぴったりです。

資格4位:チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、少人数保育の専門家です。
子どもの個性を重視した信頼ある保育法を学べる上に、子育て相談ができる仲間や先生もいるので新米ママも安心。

1人で最大4人まで保育をすることができて、自宅で開業する主婦もたくさんいます。
預かる人数・時間・料金などは全て自分で設定できるので、「子供と関わる仕事がしたい」「自宅でライフスタイルに合わせて働きたい」「しっかり収入を得たい」という主婦に向いています。

資格5位:保育士

保育士は、出産や育児の経験を大いに発揮できる保育のプロとあって40代の主婦からも人気の声が高い資格です。
待機児童の増加によって保育士不足が叫ばれていることもあり、活躍の場はどんどん広がりそう。

ママは子育ての実践を日々積んでいるので、何もない真っさらな状態から始める職種に比べるとハードルが低いと言えます。
専門的な知識を学習することで取得しやすく、仕事にもなじみやすいでしょう。

資格6位:ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、いくつもあるWebデザインに関連する資格の中で唯一の国家資格
厚生労働省からのお墨付きのため認知度も高く、パソコンの仕事がしたい人にとっては強い味方になるでしょう。

1級・2級の受験資格は一定年数の実務経験、または前段階の級に合格していることなので、3級の検定試験から受けることになります。
家をなかなか空けられないママでも、自宅での作業が可能な仕事もあるので役立ちそうです。

資格7位:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリストはExcelやWordなど、Microsoft Office製品のソフトを総合的に使いこなすスキルがあることを証明する、世界的に認められた資格です。
業種に関わらず、パソコン業務はあらゆる場面で当たり前に求められる時代。

専門的な知識があれば作業効率も驚くほど上がるので、面接で自信を持ってアピールできます。
基本的なパソコン操作ができる人ならそれほど時間をかけずに修得できそうですし、採用される確率もグッと上がるでしょう。

資格8位:心理カウンセラー

心理カウンセラーは、悩んでいる人をカウンセリング・アドバイスによってサポートする資格です。
「精神科は敷居が高く行きづらい」「そこまで深刻ではないけど相談したい」という人が利用します。

勤務先は企業・小中学校・大きな病院・産婦人科・ハローワークなどで、向いているのは冷静を保てるタイプ。
悲しい話や苦しい話を一生懸命に聞き、その上でプロとしての冷静なアドバイスが求められるでしょう。

心理学を学んでいた・興味がある女性なら、子育てが落ち着いた頃に仕事にしやすいかもしれません。

資格9位:ベビーセラピスト

ベビーセラピストは、赤ちゃんと新米ママを心身共にサポートする仕事です。
赤ちゃんの免疫力・自然治癒力を高めるのに効果的なベビーマッサージの技術を伝えたり、妊娠中に起こる脚のむくみやダルさ・不安定な心を癒やします。

資格を取得するとサロンの開業もできるため、時間に限りのある子育て中のママでも無理なく働くことができるでしょう。

資格10位:アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーアドバイザーは「アロマテラピーの基本的な知識を、正しく人に伝えることができる能力」を示す資格です。
アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油によって心身の不調を徐々に回復させるといった「自然療法」のこと。

精油の正しい使い方やアロマテラピーに関する法律について深く学ぶことで、専門的な知識のない一般の人でも安全にアロマテラピーを楽しめるように、アドバイスができるようになります。
ストレスを和らげる効果もあることから、健康や美容に役立つとして人気上昇中。

アロマに携わるサロンやショップへの就職が決まりやすくなり、自身や家族の健康増進のためにも大いに活用できる資格です。

<下に続く>

主婦におすすめの資格!在宅や独学で取得可能な資格とは?のまとめ

資格を取得した主婦

資格にはさまざまな種類があり、一般的に難易度の低い資格は主婦でも取得しやすいです。
また難易度が高いものでも、過去に学んでいた・経験がある・趣味にしている場合は在宅や独学で取得できることもあるでしょう。

「何のために資格を取りたいの?」と聞かれた時に迷わず答えられるような目標を持つことが、資格取得のための一番の近道かもしれませんね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line