みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/09/21

月星座が蠍座の人の性格・恋愛傾向|基本能力と適職を紹介

月星座を皆さんは知っているでしょうか?雑誌やテレビで紹介されている星座占いのほかに「月星座占い」が存在するのです。
月星座は、その人の本質的な部分を知ることができるようです。

月星座が蠍座の人の性格や恋愛傾向、基礎能力などを紹介しています。
月星座が蠍座の人は、どのような傾向にあるのでしょうか?早速みていきましょう。

Large astrology 3479644 640  1
目次

月星座が蠍座とは?

月星座が蠍座光るサソリ
月星座が蠍座とは、産まれた時の月の位置が蠍座を示していたということになります。
よく知られている星座占いは、産まれたときに太陽が位置していた星座によって占われるので、正式には「太陽星座」といいます。

太陽星座で蠍座というと10月24日から11月22日のおよそ1か月の間に産まれた人になります。
一方、月星座では月が2日半で位置を変えます。
そのため、太陽星座が蠍座の人であっても月星座で占いうと別の星座になるケースも多くあります。

月星座は、生年月日、産まれた時間、場所(都道府県)によって何座か調べられます。
時間によっても月星座は変化するので、産まれた時間がわからないときは0時で調べます。

正確に知りたいときは、母子手帳を見ると出生時間がわかります。

<下に続く>

蠍座の持つ神話

月星座蠍座神話の像
蠍座が持つ神話は、海の神ポセイドンの息子であるオリオンの存在がなければ、神話は語れません。
オリオンは、腕の立つ狩りの名人でもあり力自慢でもありました。

オリオンは大きな獲物を仕留めては周りに「どんなに大きな獲物でも自分に捕まえらないものはない」と自慢話ばかりして威張っていたのです。
これを聞いた大地の女神ガイアの怒りをかってしまいます。

怒ったガイアは蠍に「オリオンのところに行って、殺してしまえ」と命令します。
蠍はガイアの命令通りにオリオンのところに忍び込み、しっぽの毒針でオリオンを突き刺しました。

蠍の毒が次第に体中に周り、蠍の毒針によってオリオンは絶命してしまいます。
その手柄で、蠍は空にあげられ星座となったのです。

<下に続く>

月星座が蠍座の人が持つ魅力とは?

月星座が蠍座の人は、愛情が深く感受性が豊かな面が魅力でもあります。
しかし、愛情が深いことで嫉妬や独占したい気持ちが強く出てしまう場合もあります。

一つの物事を深く掘り下げて追求する資質があります。
いろいろなことを広く浅くやるのではなく、一つのことを深くかかわることで今までとは違う自分に変わっていけるのです。

一つのことは、突き詰めて深く掘り下げてできますが、複数のことを同時進行で行うのは苦手なのです。
月星座が蠍座の人は、神秘的で魅了されるといわれます。

自身で意図的に神秘的な自分を演出しているのではなく、その人が持つ雰囲気がそうさせているようです。
それに知らず知らずに惹きつけられる人も多いでしょう。

何かを安定させようと考える資質も持っており、大事な人との人間関係において信頼を求めて、その中で安定した関係を築こうとします。
大事な人との約束を破ったり秘密を誰かに話してしまうことはしません。

人間関係を安定させて、その関係性を壊すことは絶対にしないのです。
そのため、人間関係においては「信頼できる人」と思われるのが魅力の一つでもあります。

しかし、自身がそうしようとしているのではなく、本質的に備わっているのです。
月星座が蠍座の人が持つ魅力は、神秘的なところと内面から出る信頼性といえます。

<下に続く>

月星座が蠍座の人の性格

月星座蠍座の蠍のペンダント

では、月星座が蠍座の人の性格をみていきましょう。
月星座が蠍座の人の性格として以下が想定されます。

  1. 集中力
  2. 本質を見極める
  3. 態度を変えない
  4. 愛情深い
  5. 一つのことにのめり込む
  6. 洞察力が鋭い
  7. ピンチから逃げない
  8. 孤独感がある
  9. 自己表現が苦手
  10. 新しい環境が苦手

続いて、月星座が蠍座の人の性格について、それぞれ詳しくみていきます。

性格①: 集中力

月星座が蠍座の人は一つのことを掘り下げて追求する資質があるので、何事にも集中して取り組みたいという欲求があります
その欲求の通りに取り組むときは集中力が高く、誰に邪魔されたくないと思っているようです。

何に関しても、一つのことに深く関わりを持ちたいと思っているので、複数のことを同時に行うのは苦手にしています。
人間関係においても、たくさんの人と付き合うよりも少数の人と月あればいいと思っていて、それをとても大事にします。

性格②:本質を見極める

物事には、上辺だけの部分とその奥にある本来の部分があります。
月星座が蠍座の人は、上辺だけの部分よりも物事の本来の部分の方が大切であると捉えています

そのため、上辺だけの部分だけをみて判断するのではなく、本来の部分をしっかりと見極めようとします。
そのうえで、自分にとってどのようなことになるのか、判断して行動しているのです。

人を見るときも、その人の上辺だけ見るのではなく内面をきちんと付き合おうとします。

性格③:態度を変えない

月星座が蠍座の人は、接する人の上辺だけではなくその人の真意に当たるところもしっかりとみています。
どんな人と接するときも態度を変えることはしません。

相手が上の立場の人や先輩、後輩でも接するときはその人にふさわしい態度で接します。
上の立場や先輩だから、不必要に持ち上げたりしません。

また、後輩にも威張ったり命令口調になったりしません。
どんな人からでも親切にされれば、その親切を忘れずに恩義を感じているのです。

性格④:愛情深い

月星座が蠍座の人は、物事を突き詰めて考える傾向があります。
大げさな言い方をすれば、毎日生きていくことに真剣なのです。

かかわりを持った人をとても大事に思い、限りがある人生の中で人を深く愛そうとする姿勢があります
恋人に限らず、かかわりを持った人に対して大きな信頼を寄せて付き合おうとします。

人間関係に関しても広く浅く付き合うのは、苦手で深く親密な付き合いができる人が数人いればいいと思っています。

性格⑤:一つのことにのめり込む

基本的に不器用なので、一つのことに興味を持つとそれが中心の生活になってしまうようです。
興味を持ったことに深くのめり込み、納得がいくまで追求し続ける傾向が見受けられます

何事にも、何があってもやり抜こうとする姿勢を持ち、ほかの人が気が付かないことまで追求しようとします。
別にことに気を取られていても、根本的なところでは納得がいくまで突き詰めて、のめり込みたいと思っているのです。

性格⑥:洞察力が鋭い

月星座が蠍座の人は些細な変化にも気が付くところがあり、相手の心の動きにも敏感に反応します。
場合によっては「霊感があるの?」と思われるほど、周りの空気や相手の気持ちに敏感に反応します。

その理由には、特有の洞察力によるもので本人はあまり意識していないことが多いでしょう。
周りの雰囲気を持ち前の洞察力によって、感じ取りある程度周りの雰囲気に合わせられます。

大事に思っている人に対しても、このようなことから気を配ることもあるでしょう。

性格⑦:ピンチから逃げない

何かに取り組んでいると、ピンチになることもあります。
ピンチをチャンスに変えるという言葉がありますが、月星座が蠍座の人は、ピンチに陥ってもそこから逃げようとしません

むしろ、ピンチだと思ってもそこから逃げずに、正面から立ち向かう覚悟を持っています。
ピンチに陥ったとき、ダメだと思って逃げてしまうケースもあります。

しかし、この月星座の人は逃げずに覚悟を決めてピンチの中に立ち向かっていく姿勢を持っています。

性格⑧:孤独感がある

何事も突き詰めて考えた末に、極端な言い方をすれば「生と死」しかないと考えいる場合もあるようです。
哲学的な思考をするせいか「死」を意識している人も多く、孤独感を抱くケースも見受けられます。

気になることがあるときや興味があることに夢中になっていると、周りの人のことはあまり気にしなくなってしまう傾向があります。
また、絆を深くしたいと思うあまり、たくさんの人と関わろうとしないことも自身を孤独にしている要因でもあります。

性格⑨:自己表現が苦手

月星座が蠍座の人は相手を疑っているわけではありませんが、自身の本当の気持ちを伝えるのを苦手にしています
自身が思っていることや意見があっても、上手に表現することができないようです。

自己表現がの苦手で、自身の本当の気持ちをさらけ出さないのは、自身と相手を区別するためのようです。
誰とでもすぐに仲良くなれるような傾向にありません。

太陽星座が社交的で友好的な要素があっても、どこか疲れてしまうのは月星座が影響しているかもしれません。

性格⑩:新しい環境が苦手

自身が慣れ親しんだ環境があると、そこから新しいところへ移動しようとは思いません
慣れ親しんだ環境の中にいることで安心して、活動的になれます。

慣れ親しんだ環境から離れることは、自身の何かを失うような気がして、新しい環境に移ろうとしないのです。
また、新しい環境になるとどこか不安を感じて、思うように行動できなくなってしまうのでしょう。

月星座が蠍座の人は、人間関係においても新しい出会いも苦手にしているようです。

<下に続く>

月星座が蠍座の人の恋愛傾向

月星座が蠍座の手で作ったハート

では、月星座が蠍座の人の恋愛傾向をみていきましょう。
月星座が蠍座の人の恋愛傾向として以下が想定されます。

  1. 深い関りを持ちたい
  2. 自分をさらけ出せない
  3. 嫉妬深い
  4. 独占欲が強い
  5. なかなか別れられない
  6. 好きな人一筋
  7. 愛情を体感したい

続いて、月星座が蠍座の人の恋愛傾向について、それぞれ詳しくみていきます。

傾向①:深い関りを持ちたい

孤独感を抱きやすく恋人がいてもそれが癒されない場合があるようです。
そのため、相手に対して自分と同じくらい好きでいて欲しいと願っています。

恋人に対して、より親密に深い愛情で関りたいと思っています
恋人との境界線がないと感じられるほどに、深く関わって心の底から「好きだ」という気持ちを表現したいのです。

その理由には、自身が持つ孤独感が要因となっている場合が多く、愛情だけでなく絶対的な信頼関係を築きたいと思っています。
それがなければ、交際していても安心できないのです。

傾向②:自分をさらけ出せない

月星座が蠍座の人は、恋人と深く関わりを持ちたいと思う一方で、簡単には自分をさらけ出すことができないという傾向があります。
自分自身の本当の気持ちをさらけ出すことは、恋人にありのままの自分を見せるということです。

ありのままの自分を見せることは、本当の信頼関係が築けてからと考えているようです。
それまでは、ありのままの自分を見せないでいるケースもあるようです。

しかし、恋人と確実に信頼関係が築けたと確信するとありのままの自分をみせはじめます。
そして、愛情を一心に注ぎ、恋人を深く愛して親身になって交際を続けようとします。

傾向③:嫉妬深い

月星座が蠍座の人の愛情の深さはほかの星座よりも深い場合が多いのです。
また、交際を続けるならそれなりの覚悟を持っているので、恋人に対しても、同じように思っていて欲しいと願っています。

このような思いが、恋人に対しての嫉妬と映るケースがあります
自身では嫉妬とは感じておらず、深い愛情を持って接しているだけのことと思っているようです。

そのため、恋人がほかの異性と親しげにしていると「なぜ?」と感じてしまうのです。

傾向④:独占欲が強い

月星座が蠍座の人は深い愛情をもって交際をしている恋人は、自身にとって「自分」と「相手」の境界線がないとさえ思えるようです。
そのため、恋人は「自分の一部」のように感じており、独占欲が強くなります

恋愛も深くのめり込むケースにが多く見受けられます。
恋人となって、深い愛情をもとに信頼関係を築くと相手にも同じように深い愛情と信頼を求めるようになります。

ほかの人に取られたくないという気持ちも強くなり、独占欲が強く表れる場合があります。

傾向⑤:なかなか別れられない

愛情が薄れ別れたいと思っていてもなかなかな別れられない傾向があります。
一度深い愛情で信頼関係を築いた相手と別れることを躊躇する傾向があります。

また、新しい環境を苦手にしているので今で交際していた人と別れて、新たに別の人と関係を持つことに対しても、臆病なところがあります。

別れを切り出すのもなかなか自身からはできず、自身では「もう別れよう」と思っていても、いつまでも交際を続けてしまう傾向があるのです。

傾向⑥:好きな人一筋

一つのことに夢中になる傾向があるので、恋人に対しても思いが一筋になる傾向があります。
また、片思いでも相手のことを思う気持ちが強く、ほかの人は目に入らないほど一筋になってしまいます。

恋人同士になって、深い愛情を持って信頼関係を築いて交際を続けていると、恋人も自身の一部のように感じるようになります。
特に女性の方が好きな人ができると一筋になってしまう傾向が強くなります。

交際している相手が裏切るようなことをすると、復讐心を抱くようになります。

傾向⑦:愛情を体感したい

深い愛情を持って二人が一体になったかのような交際を望みます。
言葉だけで「愛してるよ」といわれるよりも、行動で愛情を体感したいという傾向があります。

言葉で「好きだよ」といわれるよりも抱きしめてもらえた方が深い愛情を感じます。
月星座が蠍座の人は、束縛する傾向がありますが、自身が束縛されるのも気にならないようです。

束縛されても、それは愛情があるからと解釈して嫌な気持ちにはならないようです。

<下に続く>

月星座が蠍座の人の適職は?

月星座が蠍座の人は、一つのことを突き詰める傾向があるので本当の真意を明らかにする探偵や警察官、検事などの職業が向いているでしょう。

また、一つのことに没頭できる資質を持っているので、研究者やIT系のプログラマやエンジニアにも向いているでしょう。
新しい発想も重要になりますが、一つのプログラムが正確に完成するまで、じっくりと取り組む仕事です。

変わったところでは、見えないものを追求する資質もあるので占い師やカウンセラー、セラピストなどにも向いています。
月星座が蠍座の人は、複数のことを同時に行うのが苦手な傾向にあります。

人と接する仕事よりも、一人で黙々と作業ができる職種の方が向いています。
事務系の仕事でもデータ入力や資料作成などの仕事は向いていますが、一般事務でなんでも一人でやらなければならない業務は、あまり向いていません。

<下に続く>

月星座が蠍座の人と相性が良い月星座は?

月星座が蠍座の時計台

では、月星座が蠍座の人と相性が良い月星座をみていきましょう。
月星座が蠍座の人と相性が良い月星座には、以下があります。

  1. 蟹座
  2. 乙女座
  3. 山羊座

続いて、月星座が蠍座の人と相性が良い月星座を、それぞれ詳しくみていきます。

月星座①:蟹座

月星座が蟹座の人は、社交的でどんな傾向にある人でも受け入れられます
相手に対して深い愛情を注いで相手にも同じように愛情を注いでほしいと願う月星座でもあります。

そんな蠍座の人でも、受け入れて深い愛情を注ごうとします。
また、神秘的なところに惹かれることもあり、自然とお互いが惹かれ合うところがあります。

恋愛において蠍座は嫉妬深く独占欲が強いところもありますが、それを受け入れられると言えます。
この組み合わせは、ともに理解し合えるので交際に発展してもうまくいくでしょう。

月星座②:乙女座

乙女座の人は面倒見がよく気配りができます。
蠍座の人は、一度その人を愛してしまうと自身の一部のように相手にも深い愛情を求めます。

そのような場合でも、乙女座が持つ面倒見の良さが蠍座の気持ちも敏感にくみ取ってくれるでしょう。
また、蠍座が持つ悪いと感じられるところをさりげないフォローできます。

この組み合わせでは、嫉妬や独占欲が働いたとしてもうまくお互いを支持ることで解決できるでしょう。

月星座③:山羊座

山羊座の人はまじめで頑固なところもありますが、実行力があって忍耐力もあります。
蠍座の愛情の深さも理解して、受け入れようとするでしょう。

山羊座も新しいものばかりを好む傾向はないので、現状から新しいものへと気持ちが移ることもあまりありません。
蠍座は、山羊座の実行力や忍耐力を支える存在になるので相性が良いといえます。

この組み合わせは、恋愛でも良い関係が築けますが、仕事ではお互いを支え合いいい仕事ができる組み合わせです。

<下に続く>

月星座が蠍座の人と相性が悪い月星座は?

月星座蠍座のホロスコープ

では、月星座が蠍座の人と相性が悪い月星座をみていきましょう。
月星座が蠍座の人と相性が悪い月星座には、以下があります。

  1. 射手座
  2. 水瓶座
  3. 天秤座

続いて、月星座が蠍座の人と相性が悪い月星座を、それぞれ詳しくみていきます。

月星座①:射手座

射手座の人は、いろいろなことに興味を持って一つのところにじっとしていられない傾向があります。
一方、蠍座は興味を持った一つのことをじっくりと突き詰めたい傾向があります。

このことから、この組み合わせは資質が真逆なものです。
また、蠍座は恋人やパートナーに対して深い愛情でのつながりを求めますが、射手座はその深い愛情が嫌になってしまう可能性があります。

愛情という名の束縛を嫌うので、最終的にはあまり良くない相性といえます。

この組み合わせは、お互いが感じているものや思っていることが異なるので難しい相性とといえます。

月星座②:水瓶座

つねに新しいことへの革新などを考えている水瓶座と新しいことよりも一つのことに夢中になって、没頭する蠍座では感じていることが異なります。
そのため、この組み合わせは相性が良くありません

また、水瓶座は情に流されず冷静なところもあるので、蠍座の愛情が受け入れらない可能性もあります。
蠍座にどんなに愛されても、自分自身と向き合うことを好む水瓶座は深い愛情が理解できないでしょう。

信頼関係を築こうと思っても、水瓶座がそれを受け入れない可能性があります。

月星座③:天秤座

天秤座はとても社交的で、相手を持ち上げることも得意です。
しかし、そのような行動が蠍座は理解できず警戒心を持つ場合もあります。

蠍座は、心を許した相手でなければなかなか本心を表さない傾向があります。
天秤座は内面がよくわからないと思っています。

そのためこの組み合わせは相性が悪いといえます。
お互いに理解できるところが少なく、どう接したらいいのかわからない、と思うのが本心でしょう。

<下に続く>

月星座が蠍座の人の性格・恋愛傾向|基本能力と適職を紹介のまとめ

月星座が蠍座の人は、愛情が深くて感受性が豊かな月星座です。
また、哲学的な考えも持っており一つのことを突き詰めて考えれば、残るのは「生と死」と思いが至ることもあるようです。

そのため、何事に対しても常に真剣に取り組んで、ときにはその感情が爆発するときもあるようです。
上辺にはわからなくても、内面を表す月星座が蠍座の人はたくさんの友達の中にいても楽しくない、疲れてしまうということもあるようです。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line