みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

相続放棄をしても生命保険の保険金を受け取れる?相続放棄の基本を解説

Large pexels photo 302083 2
目次

生命保険を受け取っても相続放棄できる?

親族が亡くなった場合、相続が発生します。この相続ですが、プラスの遺産ばかりとは限りません。借金などのマイナスの遺産があった場合でも、相続として引き継がなくてはならないのでしょうか。

そんな事はありません。遺産を相続をしないという選択肢もあります。この選択によって、遺産を相続をしない事を「相続放棄」といいます。

しかし、相続放棄をしてしまうと、残された財産のすべてが受け取れないわけですから、その後の生活に困る人も出てきます。そんな時に役立つのが「生命保険」です。実はこの生命保険、相続放棄をしても受け取れるのです。

相続放棄についての理解を深め、安心して遺産相続に臨みましょう。

null

<下に続く>

相続と相続税の基本

人が亡くなった時に必ず発生するのが相続です。よく「うちには大した財産がないから相続は関係ないよ。」という人がいますが、これはまちがいです。相続は財産があれば必ず発生します。その財産がマイナスであったとしてもです。

しかし、相続があったからといって、全員が相続税を払わなくてはいけないかというとそれはまた別の話になります。

なぜなら、相続においては、相続税の非課税枠というものが認められているからです。ある一定の金額以下なら、その財産を受け取っても税金はかけませんよというのが、相続税の非課税枠というものです。

相続税の非課税枠とは

現在、相続税の非課税枠として、「3000万円+600万円×法定相続人の人数」が認められています。例えば、父親が亡くなり、相続人がその奥様と子供3人だったとした場合、法定相続人はあわせて4人という事になります。

その場合の非課税枠は、「3000万円+600万円×4=5400万円」となり、それ以下の金額であれば、相続税を払わなくてもよいということになります。

逆に言えば、相続税の非課税枠を超える財産を相続する場合は、相続税の申告と納税が必要になります。相続税の申告と納税についてくわしく知りたい方は、国税庁ホームページにある、相続税の仕組みの分かりやすい解説「相続のあらまし」をご覧ください。国税庁ホームページ

マイナスの遺産を引き継ぐ場合

相続財産は、全てがプラスの財産とは限りません。例えば、事業のための借り入れを個人名義でしていたり、ギャンブルの借金があったり、住宅ローンの返済が残っていたり(借主が死亡した場合に、住宅ローンの残りが返済される保険をつけていた場合は別べつ)という事はあり得ることです。

遺産を単純相続するという事は、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も相続することになります。

その場合は、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いて、残った財産が先ほどの相続税の非課税枠を超えるようであれば、相続税の申告をし相続税を収めます。

それでは、差し引いた財産がマイナスの場合はどうなるのでしょうか。当然相続税を納める必要はありません。しかし、マイナスの財産つまりは借金がそのまま残ることになります。

つまり、マイナスの財産を引き継いだ遺族が借金の返済をして行かなくてはならないということです。残された遺族からすれば、納得いかないことかもしれませんが、仕方がないといわざるをえません。

それでは、負の財産を相続しない方法はあるのでしょうか。実はその方法があります。それが「相続放棄」です。相続放棄は簡単に言い換えると、相続を受ける人が、相続する人の権利や義務を一切引き受けないことと言えます。もちろん、相続放棄の手続きをしてしまったあとは、プラスの財産も受け取れません

差し引いた財産がマイナスにならないからといって相続放棄が出来ないわけではなく、財産の中にどうしても受け継ぎたくない財産があれば、相続放棄をして、受け取らないという選択もできます。

また、相続人は全員一致で相続放棄をしなければならないということはなく、相続人それぞれが選ぶことができます。

null

<下に続く>

相続放棄の手続き

プラスの財産とマイナスの財産をしっかり調査した結果、マイナスの財産が明らかに多いということが判明し、相続放棄を決めたとします。その場合に必要な手続きと、いつまでに手続きをすませなければいけないかというスケジュールについて解説します。

相続放棄の申告

相続税について申告が必要なように、相続放棄も申告が必要となります。遺族が話し合い、勝手に決めただけでは相続放棄とはなりません。

まず、相続放棄の申告(申述)先は、相続をする人(亡くなった人)の最後に登録していた住所地の家庭裁判所になります。つぎに、いつまでに申告する必要があるかですが、これは、相続を受ける人が、その相続の事実を知ってから3ヶ月以内となっています。じつは、この3ヶ月という期間がポイントです。

もし、3ヶ月を過ぎてしまったら

もし、3ヶ月を過ぎてしまったらどうなるのでしょうか。その場合相続放棄は認められなくなり、マイナスの財産も含めたすべての財産を相続しなければならないことになります。もちろん例外もありますが、よほどのケースで、担当の家庭裁判所がその理由を認めた場合にかぎられます。

財産は明らかに分かっているものばかりとは限りませんし、意外と遺族が知らない財産や借金が出てくるものです。相続開始後は、葬儀やいろいろな名義の変更手続きなど、めんどうな作業がありますが、遺産の把握も合わせて行うようにしましょう。

その他の相続放棄が認められないケース

その他にも相続放棄が認められないケースがあり、注意が必要です。代表的なケースとして、相続が発生した後に相続人名義の預貯金を引き出して使ってしまったり、不動産などの価値がある財産を売却したりといった行為が相続を受ける人が利益を受けるためであったことが判明した場合には、相続放棄が認められないことがあります。

<下に続く>

相続放棄と生命保険の関係

相続放棄が認められてしまえば、全く何も受け取れないのでしょうか。そうではありません。相続放棄した後でも受け取れる財産があります。それが「生命保険」です。

生命保険の契約者と被保険者(保険がかかっている人)が同じ場合、この被保険者が死亡したことにより発生する死亡保険金は保険金受取人の固有財産となります。そのため、相続放棄をしていても死亡保険金を受け取ることができます。ただし、この死亡保険金は税法の上では「みなし相続財産」になり、相続税の対象となります。

ここで、いくつか重要なポイントがあります。ここからは、相続放棄をしても、問題なく生命保険を受け取るための 3つのポイントをご紹介します。

null

<下に続く>

相続放棄しても受け取れる!生命保険の3つのポイント

ポイント① 生命保険の契約のしかた

生命保険は契約のしかたによって、相続財産になるかどうかが変わってきます。先ほどの例のように、生命保険の契約者と被保険者が同じで、その方が亡くなった場合は、この死亡保険金は受取人固有の財産となります。

しかし、受取人が契約者であった場合、この死亡保険金は契約者であり、被保険者であった亡くなった方の財産となってしまいます。そのため、相続財産となり、相続放棄をした人は受け取ることができません。

ポイント② 生命保険の種類

非常に基本的な話になりますが、死亡保険を受け取るには、被保険者が死亡した時に保険が続いていることが条件です。例えば、一生涯続く終身保険に肝油していれば良いのですが、期限の定まった養老保険や定期保険の場合、1日でもその契約期限を過ぎてしまえば保険金は支払われません。また、保険料の未納が続き、失効となっている場合も保険金は支払われません。

ポイント③ 生命保険の時効

生命保険は、その被保険者が亡くなったことを保険会社に連絡し、手続きをしない限り払われません。生命保険の請求には時効があり、その期間を過ぎると契約そのものが消滅します。その期間は保険法で保険事故発生から3年と定められています。

<下に続く>

相続放棄をしても生命保険の保険金を受け取れる?相続放棄の基本を解説のまとめ

相続が発しした場合、引き継ぐ財産全てがプラスの財産とは限りません。借金などのマイナス財産が多い時は相続放棄という選択もあるのです。

相続放棄を選択したとしても受け取れる「生命保険」を上手に活用して、いつかは訪れる相続に備えましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line