みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

傷病手当金の支給日はいつ?支給が遅れる理由や問い合わせ先をご紹介

病気やけがによって一定期間、会社に出勤できないとき有休を使えば給料をもらうことができます。
しかし、有休も消化してしまい何も収入がなくなってしまうと生活に支障がでてきます。

そんなときに利用できるのが「傷病手当金」の制度です。
傷病手当金の支給はいつになるのでしょうか?その制度と支給日、支給が遅れる理由、問い合わせ先を紹介しています。

Large hospital 840135 640  1

傷病手当金とは?

傷病手当金とは

病気や怪我で仕事を休んだときに請求できる手当金です。
この制度の主旨は、就労できない本人(被保険者)とその家族(被扶養者)が生活できるように支援するためのものです。

加入している健康保険、共済保険、大手企業が独自で運営している組合保険(保険者)から支給日に支払われます。
市区町村が運営する国民健康保険では、傷病手当金のような制度は任意給付になっています。

そのため、国民健康保険の場合は傷病手当金のような支援が受けられないケースがほとんどです。
しかし、市区町村の運営により手当金を請求できる場合もありますし、ほかの支援を設けいていることもあります。

詳しい内容は、住んでいる市区町村の役所で確認すると良いでしょう。

傷病手当金を受けられる条件

傷病手当金が請求できる条件は4つあります。
1つ目は、病気や怪我の原因が仕事中や通勤中ではないことです。

2つ目は、病気や怪我の治療、静養中で就労できないことです。
就労の内容や病状から主治医が判断して就労ができないと判断されなければなりません。

3つ目は、3日間続けて休んで4日目を過ぎても就労できないことです。
就労できなかった最初の3日間は待期と呼ばれ、傷病手当金の請求はできません。
待期の3日間は土日、祝日などの公休であっても待期に含まれます。

また、待期の3日間を有休休暇にして給料をもらっても、傷病手当金の請求には影響しません。
ただし、3日連続で休まないと待期として認められませんので、注意しましょう。
全国健康保険協会:待期3日の考え方

4つ目は、仕事を休んでいる間、給料をもらっていないことです。
この手当金は、生活を支援するためのものなので事業所から給料をもらっているときは請求できません。

病気や怪我をして就労できないときに、最初は有給休暇を使って給料をもらって、有休休暇を使い切ってしまってから傷病手当金の請求を行う人もいます。
また、稀なケースですが休んでいる間で給料をもらっていて傷病手当金よりも少ないときは差額分が支払われます。

傷病手当金の手続きの流れ

まずは、事業所の総務や人事などの担当部署に申し出て申請書類をもらいます。
申請書は全部で4枚あります

1枚目は、被保険者の名前、住所などと請求した傷病手当金を振り込んでもらう銀行、支店名、口座番号を自分で記入します。
2枚目は、申請の内容と確認事項を記入しますが、この書類も自分で記入します。

3枚目は、勤務状況や給料について事業所で記入を行います。
事業所に手続きをお願いする場合は、3枚目の用紙は受け取らないケースもあります。

4枚目は、病院の主治医の意見書になります。
この用紙は、病院の主治医に記入してもらいます。

この4枚を揃えて健康保険事務所に提出します。
事業所を介して手続きをするときは、1、2、4枚目の用紙を事業所に出すると健康保険事務所に提出してくれます。

自分で請求を行うときは、ホームページから必要な用紙をダウンロードしてそれぞれの箇所を記入してもらいます。
請求に必要な4枚がそろったら、地域の管轄の支部に郵送または持参します。

その後、健康保険事務所で審査が行われ、支給日に指定の銀行に振り込まれます。
管轄の支部は健康保険証に書かれているので確認しましょう。

全国健康保険協会:傷病手当金支給申請書

傷病手当金の支給日通知書とは?

健康保険事務所は、提出された申請書に書かれている内容に間違いがないか確認し、支給金額の計算などの作業を行います。
それによって、支給金額と支給日が決定した旨のハガキが届きます

これを「支給日通知書」といいます。
仕事を休む日が長くなることが予測できるときは、1か月ごとに手続きができます。

その場合でも支給が決まったときには、その都度支給日通知書が届きます。
書かれている内容は、支給期間や支給日、金額、振り込みを行う銀行、支店名になります。

<下に続く>

傷病手当金の支給日数と日額

傷病手当金支給日を表すカレンダー

傷病手当金の支給日数

日数は、支給日の最初の日から1年6か月間になります。
病気や怪我で請求を行い、回復して就労したとしても同一の病気や怪我で請求するケースもあります。

このケースでは、回復して就労した間も合算して計算されるので気を付けなければなりません。
また、就労して給料をもらっていたときは傷病手当金は支払われません。

全国健康保険協会:支給日数

傷病手当金の日額

支払われる日額は、支給日の最初の日の月を含めてそれ以前の12ヶ月分の給与を合計して平均を出します。
それを30日で割った額の3分の2
が支払われます。

傷病手当金では、基本給や通勤手当などの手当も含めてた給与で控除される前の金額で計算を行います。
請求する書類の中で事業所が証明する用紙には、勤怠に関する項目と基本給、通勤手当、それ以外の手当を記入する欄があります。

そのほかにも、現物で支給しているものを書く欄もあるので現物給与についても支払いが行われることになります。

全国健康保険協会:支給日額の計算

保険加入期間が1年に満たない場合

入社から1年に満たない場合でも、傷病手当金の請求はできますし、支給もされます
注意しなければならないのは、転職のケースで前の職場でも同一の病気や怪我で傷病手手当金をもらっていたときは、そのときの支給日の最初の日から数えられます。

そのため、職場が変わっても支払われる期間は合算されるので注意しましょう。
新卒で就職したときや転職で加入期間が1年に満たないときも支払われる期間は同じです。

1日の支払われる額は、支給日の初日を含む月から加入していた期間の給料の平均額を計算します。
平均額と28万円(該当する前年度被保険者の平均給料)を比較して、少ない方で1日の額を決めます。

<下に続く>

傷病手当金支給日はいつ?

傷病手当金を支給日に受け取った女性

では、傷病手当金支給日の違いを種類別にみていきましょう。

  1. 協会けんぽの場合
  2. 私学共済の場合

続いて、それぞれの「違い」について詳しくみていきます。

違い①:協会けんぽの場合

協会けんぽとは、全国健康保険協会のことを言います。
協会けんぽでは、支給日をできるだけ早くしようという姿勢があります。

請求してから支給日までの日数は明確に示されていませんが、申請書類が届いてから、不備がなければ10営業日後(土日、祝日は含まない)が支給日になるようです
申請書類には、事業所の担当部署に書いてもらうものと医師に書いてもらうものあります。

それらの書類が揃うまでに時間がかかることを考えると、支給日はトータルで1ヶ月から2か月後になるでしょう。
事業所を介して行うときは、いつ提出したのか事業所または健康保険事務所に問い合わせをするとだいたいの支給日を教えてもらえます。

違い②:私学共済の場合

私学共済は、私立の学校法人などに勤務している人のための共済保険です。
私学共済の支給日について明確な日数は示されていませんが、申請してからおよそ1か月後が支給日になるようです

しかし、この支給日は書類を揃えて請求した日から起算した日数です。
書類を提出する前に、医師の診断書類や勤務している事業所の勤怠、給料を記入してもらう書類が必要です。

すべての書類が揃うまでの期間と書類を提出してからの日数を合わせて考えると、およそ2か月から3か月後が支給日になるでしょう。

<下に続く>

傷病手当金の初回とそれ以降では支給日が違う?

傷病手当金支給日のはてなマーク

初回の場合

初回の場合は、傷病手当金の書類の確認に時間がかかるといわれています。
しかし、実際に請求を行うと初回でも支給日は10営業日が支給日になるようです。

この支給日は、申請書が健康保険事務所に届いてからの日数です。
必要な書類を揃えるのに、1ヶ月から2ヶ月はかかってしまうでしょう。

初回の請求では支給日までに時間がかかるといわれてますが、実際には差がないようです。
支給日については、健康保険事務所も「何日かかります」というはっきりとした回答はしません。

その理由には、書類が届いてから書類の不備や確認に時間がかかるケースもあるからでしょう。

2回目以降の場合

2回目以降の傷病手当金の支給日は初回よりも早くなると思っている場合もあるようです。
しかし、初回も2回目以降も同じ書類を準備し請求を行います。

同じ審査、確認処理を行うので支給日は申請書を提出してから支給日は10営業日になるようです。
傷病手当金は、仕事を休んでいて収入がない人のための制度ですから、できるだけ早く支給しようとする動きがあるようです。

事業所に書いてもらう書類や医師の診断書類を書いてもらうのに、1ヶ月ほどかかるケースが多くあります。
書類をすべてそろえることを考えるとトータルで1ヶ月から2ヶ月程度は支給日までにかかると考えた方がよさそうです。

年末年始の場合

傷病手当金を請求してから支給日までの間に、年末年始の休業を挟むと実際の支給日は普段より遅くなるでしょう。
年末年始以外のときであれば、10営業日が支給日になるようです。

そのため、年末に出して健康保険事務所が年末年始で休業してしまうと、その期間は審査などの業務がストップします。
休業が終わって業務がスタートすれば、また審査などの業務が再開されます。

年末年始の休業を挟んで、出せばおのずと支給日も遅くなります。

<下に続く>

傷病手当金の支給が遅れる理由

傷病手当金の支給日を書く手帳

では、傷病手当金の支給日が遅れる理由をみていきましょう。
傷病手当金の支給が遅れる理由には、以下のことが挙げられます。

  1. 主治医のサインが必要
  2. 手続きが多い
  3. 会社の人事担当者の書類提出が遅い
  4. 健保側の手続きも時間がかかる

続いて、傷病手当金の支給日遅延理由を、それぞれ詳しくみていきます。

遅延理由①:主治医のサインが必要

申請にの用紙に主治医のサインが必要になります。
個人で開業している病院では、1週間から2週間程度待つことになります。

総合病院ではサインを書いてくれるまでに1ヶ月程度かかることが予測できます
大きな総合病院では、主治医にサインをしてもらうまでに1ヶ月ほど待つケースがほとんどです。

また、主治医がほかの病院から来ている場合はもっと時間がかかる場合があります。
受け取りに行く前に病院に確認してから行った方がいいでしょう。

主治医のサインをもらうには費用が掛かります。
治療や静養が数か月に及ぶときに、1ヶ月ごとにサインともらうとそれぞれサインをもらうたびに費用が掛かります。

遅延理由②:手続きが多い

請求には4枚の書類が必要です。
そのうち、2枚は自分で書くのですぐに準備ができます。

そのほかの2枚は、事業所に書いてもらうものと主治医に書いてもらうものになります。
書類を揃えて健康保険事務所に郵送または持参して支給日を待ちます。

まず、傷病手当金の請求に必要な書類を受け取るのに数日かかります。
それから、記入が必要な用紙を会社と病院に届ける手間もあります。

このように、手続き自体が多くとても手間がかかります。
少しでも支給日を早くするには、会社に任せたままにせずに自分でできることは自分でどんどん進めていくと支給日が早くなります。

遅延理由③:会社の人事担当者の書類提出が遅い

申請をするときは、会社の担当部署にお願いして処理を行うケースが多いでしょう。
まず、申請に必要な書類をもらうまでに2、3日待つ場合もあります。

病気や怪我で動けないときは郵送してもらうことも考えられます。
郵送になると手元に届くまでに1週間程度待つケースもあります。

すぐに処理をしてくれる会社もありますが、会社が給料日の締め日に合わせて一括で処理をしていることが理由で遅くるケースが多く、全体的に処理が遅いと感じる人が多いでしょう。

遅延理由④:健保側の手続きも時間がかかる

書類を出してすぐに支払われれば良いのですが、そのようにはいきません。
健康保険事務所では、支払いに必要な書類に書かれている内容に間違いがないか確認を行い、支給する日額を計算して支給日を決定します。

このような処理に時間がかかるため、支給日までに待つしかないのです。
傷病手当金は被保険者とその家族の生活を支援するものなので、近頃ではできるだけ早く処理をしようという動きもあるようです。

それでも、書類はもうすでに出しているのに支給日はいつになるのか?と不安になる人もいるでしょう。
健保側ではおよそ10日後が支給日になるようにしていますが、書類の不備などがあればさらに支給日が遅くなります。

<下に続く>

傷病手当金の支給日を遅らせないためには?

傷病手当金の支給日に書類を書く

傷病手当金の書類を早めにもらう

病気や怪我で長く休むことが分かった時点で、すぐに事業所に、申し出て書類をもらうようにしましょう
できるだけ早くもらえるように伝えます。

事業所の担当部署も多くの仕事を抱えているので、すぐに対応してもらえないケースもあります。
2、3日待ってももらえないときは、担当部署に直接申し出受け取りましょう。

事業所を介さずに、自分で処理するときは健康保険組合のホームページから書類をプリントアウトできます。
プリントアウトしたものを会社に持参して、処理をしてもらう方法もあります。

来院を先延ばしにしない

傷病手当金の請求には、主治医の意見書が必要になります。
早く病院に行って書類を書いてもらうようにしましょう

ただ渡して「お願いします」だけでは、早く書いてもらえないこともあるので急いでいる旨を伝えるようにしましょう。
大きな病院では、手続きに時間がかかるケースが多く見られます。

来院を先延ばしにしても支給日が遅くなるだけなので、すぐに病院に行って書いてもらうようにしましょう。

人事担当者に急いでほしいことを伝える

従業員が少ない会社ではすぐに処理してもらえる場合もあります。
従業員が多いところは、すぐに対応してもらえない可能性があります

事業所が処理する書類は、勤務状況を示す欄があるので給料の締め日に合わせて処理しているケースもあります。
その理由は、本当にその日は休んでいたのかということを証明しなければならないからです。

請求するのが遅くなれば、支給日も遅くなり生活に支障をきたす可能性もあるので、できるだけ早く処理してもらえるように伝えましょう。

<下に続く>

傷病手当金支給日の問い合わせ先

傷病手当金支給日電話のダイアル
傷病手当金の支給日を知りたいときは、自分が加入している健康保険の事務所に電話で問い合わせます。
協会けんぽの場合は、健康保険証を見ると下の方に「全国健康保険協会〇〇支部」と記載されており、その下に住所が記載されています。

「〇〇支部」と書かれている支部が担当支部になるので請求をするのもその支部になります。
大きな企業で独自の健康保険組合がある場合や共済組合の場合も、健康保険証に加入している共済事業所に問い合わせます。

<下に続く>

傷病手当金の支給日確認前の注意点

傷病手当金支給日のひらめき

出産手当の受け取りの有無

傷病手当金と出産手当金は同時にはもらえません**。
出産手当金は、出産に伴い会社を休んで給料がもらえないときに請求できる制度です。

働けない状況で給料を支払われないことを条件に、健康保険から支払われます。
傷病手当金の申請をしている間に、出産手当金の申請をすることになったときは出産手当金がだけ支払われます

労災保険の休業補償受給の有無

労災保険の休業補償を受け取っていると傷病手当金の申請はできません
仕事中や通勤途中の病気や怪我は労災保険扱いになります。

処理がが異なるので会社で確認を行い、正しく手続きをしましょう。
しかし、労災保険の休業補償を受け取っているときでも、傷病手当金の日額と比較して、休業補償の方が少ないときは足りない分が支払われます。

申請書に労災保険の支給について記入する欄があるので、正しく記入しましょう。

老齢年金受給の有無

傷病手当金の請求を継続してもらっている最中で、定年を迎えて老齢年金を受け取るようになったら、傷病手当金はで支払われません
老齢年金を受け取る前の日までは傷病手当金の給付を受けられます。

老齢年金の受け取りについて、申請書に書く欄があるので正しく書くようにしましょう。
老齢年金を受け取っていても、老齢年金の金額の360分の1を比較して傷病手当金の日額に満たないときは、足りない分が支払われます・

障害年金・障害手当金の受給の有無

障害年金は、病気や怪我が原因で生活に支障をきたすようになったときにもらえる年金です。
条件は、病気や怪我の診断を受けた最初の日から、1年6か月が経過していることです。

この年金は日本年金機構から支払われますので、詳細については日本年金機構で聞いてみましょう。
傷病手当金の給付を受けている人が、障害手当金の申請をすると傷病手当金は支払われなくなります

年金については傷病手当金が給付される期間で、年金の金額を360分の1にしたとき傷病手当金の日額に満たないときは、足りない分が支払われます。

<下に続く>

傷病手当金の支給日の補足:退職しても申請できる

退職しても傷病手当金が申請可能

会社を辞める前から傷病手当金の給付を受けていて、その途中で会社を辞めても、もそのまま続けて傷病手当金の申請は可能です

続けられる条件は、続けて1年以上健康保険料を支払っていること、会社を辞める前から傷病手当金の支給を受けていることまたは申請できる条件を満たしていることになります。

失業保険を受け取ると無効に

失業保険は、ハローワークで手続きをすると給付されます。
失業保険の給付を受けるということは、その後の保険料が支払われない状態になるということです。

会社を辞めた後でも傷病手当金の給付は受けられますが、失業保険は会社を辞めた後、再就職を希望する人に支払われる給付金です。
再就職ができる状態にある、ということになるので傷病手当金の給付は必要ないと判断されて無効になります

退職後に一度働いていたら無効に

会社にいる間に傷病手当金の申請を行い、受け取っている間に会社を辞めた後でも、条件に当てはまれば傷病手当金の給付を続けることができます。

しかし、傷病手当金をもらっている途中で別の会社に就職してしまうと無効になって給付が受けられなくなります

<下に続く>

傷病手当金の支給日はいつ?支給が遅れる理由や問い合わせ先をご紹介のまとめ

傷病手当金の支給日が遅いと感じている人はとても多いようです。
特に会社を介して処理をしてもらうときは、進歩状況がわからないので余計に遅いと感じるのでしょう。

どのような方法で処理が進められるのか、知ることでなぜ支給日が遅くなるのか理解できるのではないでしょうか?

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line