みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/10/24

吉野家おすすめメニュー&トッピング!通な食べ方も紹介

吉野家と言えば「牛丼」ですが、牛丼以外にも様々なメニューが存在します。
トッピングの種類も豊富で、組み合わせ次第で何通りものオリジナル牛丼を作り出すことができます。

また、メニューには載っていない裏メニューもあるのですが、一体どのようなメニューがあるのでしょうか。
そこで今回は、吉野家おすすめメニューやトッピング、おすすめ裏メニューについて解説していきます。

Large 2545602
目次

コスパ最強!吉野家のおすすめメニュー

おすすめメニュー① 牛丼

「牛丼」は、ご飯の上に、まろやかで味わい深い牛肉がたっぷりと乗った、吉野家の定番&人気No.1メニューとなっています。
並盛が380円と非常にリーズナブルな価格で美味しい牛丼が食べられるのは非常に嬉しいですね。

また、生野菜みそ汁セット、お新香みそ汁セット、キムチみそ汁セットは、いずれも130円を支払えば追加で注文することができます。

牛丼の詳細

・並盛:380円(652kcal)
・アタマの大盛:480円(741kcal)
・大盛:550円(863kcal)
・特盛:680円(1,030kcal)
・アレルギー情報:小麦、牛肉、大豆、りんご、ゼラチン

おすすめメニュー② 新味豚丼

「新味豚丼」は、ご飯の上に、甘辛タレを和えた豚肉がたっぷりと乗ったメニューとなっており、牛丼よりも30円安く食べることができます。豚肉の旨みと玉ねぎ本来の甘みをしっかりと感じることができ、白ごまの香ばしさもあって、食欲がそそられます。

新味豚丼の詳細

・並盛:350円(604kcal)
・アタマの大盛:450円(677kcal)
・大盛:520円(808kcal)
・特盛:650円(930kcal)
・アレルギー情報:小麦、豚肉、牛肉、ごま、大豆、りんご、ゼラチン

おすすめメニュー③ 牛ねぎ玉丼

「牛ねぎ玉丼」は、牛丼の上に大量の青ネギと、とろっとした玉子が乗ったメニューとなっています。
玉子が牛肉に絡み合ってまろやかな味わいとなり、青ネギのシャキシャキとした食感があって、最後まで飽きずに食べ進めることができます。

牛ねぎ玉丼の詳細

・並盛:480円(793kcal)
・アタマの大盛:580円(864kcal)
・大盛:650円(1,041kcal)
・特盛:780円(1,175kcal)
・アレルギー情報:卵、小麦、牛肉、大豆、りんご、ゼラチン

おすすめメニュー④ 牛カルビ丼

「牛カルビ丼」は、ご飯の上に、大判のカルビ肉を贅沢に乗せたメニューとなっています。
醤油だれで香ばしく焼き上げたカルビやゴマ、ネギの香ばしい香りが食欲を刺激してくれます。

カルビ肉を使用しているので、普通の牛丼よりと比べて、並盛で590円と高めの価格設定となっています。
しかし、牛丼とはまた違った美味しさがクセになるという方も多いのではないでしょうか。

牛カルビ半玉丼の詳細

・小盛:490円(621kcal)
・並盛:590円(839kcal)
・大盛:690円(1,081kcal)
・特盛:790円(1,198kcal)
・アレルギー情報:小麦、牛肉、大豆、ごま、りんご、ゼラチン

おすすめメニュー⑤ 豚キムチ丼

「豚キムチ丼」は、豚丼にキムチをトッピングしたメニューとなっています。
盛り付け直前に豚肉を甘辛ダレを和えことで、まろやかな豚肉の味わいを楽しむことができます。

また、豚肉とキムチの相性が抜群で、キムチもそこまで辛くはないので、辛いのが苦手な方でも非常に食べやすい一品となっています。

豚キムチ丼の詳細

・並盛:450円(kcal)
・アタマの大盛:550円(692kcal)
・大盛:620円(806kcal)
・特盛:750円(958kcal)
・アレルギー情報:小麦、豚肉、牛肉、ごま、大豆、りんご、ゼラチン

<下に続く>

食べ方はコレ!吉野家のおすすめトッピング

おすすめトッピング① 玉子

最初におすすめするトッピングは「玉子」です。
玉子を牛丼などにトッピングすることで、肉やご飯が玉子とよく絡み合ってまろやかな味わいを堪能することができます。

玉子は、シンプルな玉子の他にも、半熟玉子やねぎ玉子も用意されています。
なお、ねぎ玉子は、玉子とねぎが別々の小鉢に入って提供されます。

また、夏季になると、半熟玉子以外の玉子は、衛生的な問題でテイクアウトができないようになっているので注意が必要です。

おすすめトッピング② チーズ

牛カルビ丼には牛カルビチーズ丼、豚丼には豚チーズ丼がありますが、牛丼には、チーズがトッピングされたメニューがありません。
そのため、牛丼の上にチーズをトッピングして食べたい方は、このトッピングを活用されることをおすすめします。

チーズはお肉との相性が抜群で、チーズのコクと、とろけるような味わいを堪能することができるため、特に、女性に方におすすめしたいトッピングとなっています。

おすすめトッピング③ キムチ

辛いものが好きな方は、「キムチ」のトッピングがおすすめです。
キムチは、牛丼や豚丼の上にトッピングしなくても、主食のお供として注文する方も多いのではないでしょうか。

なお、吉野家のキムチは、辛さもマイルドで、万人受けしやすい美味しさとなっているので、辛いものが苦手な方でも美味しく食べることができます。

おすすめトッピング④ 明太子

朝ごはんメニューの「辛子明太子定食」でお目にかかれる明太子ですが、明太子はトッピングとしても販売されています。
明太子は、どんな食材にも合う万能トッピングですので、どのメニューに合うのか色々と研究するのも面白いでしょう。

なお、「辛子明太子定食」を含め、明太子は一部の店舗で取り扱いがないので注意が必要です。

<下に続く>

吉野家のおすすめセット

おすすめセット① 豚生姜定食

「豚生姜定食」は、2種類の醤油と、隠し味に味噌を加えたコクのあるたれを絡めた豚肉とキャベツ、ご飯、みそ汁がセットになった定食です。
お肉の柔らかさや生姜の辛さ、リンゴの甘さ、味噌のコクが絶妙のバランスとなっており、口の中でとろけて美味しく食べ進めることができます。

また、豚肉に多く含まれるビタミンB1と生姜の組み合わせで、疲労回復に効果があるため、猛暑で夏バテした体にぴったりの一品です。

豚生姜定食の詳細

・並盛:550円(682kcal)
・大盛:720円(906kcal)
・特盛:850円(1,098kcal)
・アレルギー情報:乳、小麦、豚肉、牛肉、大豆、りんご、ゼラチン

おすすめセット② 牛カルビ生姜定食

「牛カルビ生姜定食」は、2種類の醤油と、隠し味に味噌を加えたコクのあるたれを絡めた牛肉とキャベツ、ご飯、みそ汁がセットになった定食です。
やわらかくジューシーな牛肉の旨味とコクのあるたれが相性抜群で、ローストオニオンパウダーの香ばしさがアクセントとなっています。

牛カルビ生姜定食の詳細

・並盛:650円(803kcal)
・大盛:750円(1,086kcal)
・特盛:850円(1,224kcal)
・アレルギー情報:乳、小麦、牛肉、大豆、りんご

おすすめセット③ ベジ牛定食

「ベジ牛定食」は、秋冬に美味しいカボチャやレンコン、サツマイモ、ヤングコーン、パプリカ、ブロッコリーの6種類の色どり豊かな野菜、牛肉、ご飯、みそ汁がセットになった定食です。
この定食で野菜の1日推奨量の半分を摂取することができ、特に不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維をバランス良く摂取することができます。

食欲そそる香り豊かなバター醤油で仕上げているため、食欲の秋に最適な一品です。

ベジ牛定食の詳細

・価格:600円
・カロリー:664kcal
・アレルギー情報:乳、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、りんご、ゼラチン

<下に続く>

知って得する!吉野家のおすすめ裏メニュー

おすすめ裏メニュー① つゆだく

「つゆだく」とは、牛丼の汁を少し多めに入れてもらうことができる定番の裏メニューです。
ご飯に汁が染み込むことで、ご飯にもお肉の旨みが染み込み、さらに美味しく召し上がることができます。

また、さらに汁を多めに入れてもらいのであれば、つゆだくの2倍の汁の量になる「つゆだくだく」、つゆだくの3倍の汁の量になる「つゆだくだくだく」、つゆだくの4倍の汁の量になる「つゆだくだくだくだく」という裏メニューもあります。

おすすめ裏メニュー② つゆ抜き

「つゆ抜き」とは、「つゆだく」の反対で、牛丼の汁を全く入れない裏メニューです。
汁を全くいれないことで、本来のご飯の味を楽しむことができるので、特に、ご飯が大好きな人から支持を集めているそうです。

おすすめ裏メニュー③ とろだく

「とろだく」とは、「とろ抜き」の反対で、脂肉の多い肉を盛ってもらうことができる裏メニューです。
脂身が多い分、カロリーが高くなってしまいますが、それだけ濃厚な肉の脂身が口の中でとろけ、いつもとは違う吉野家の牛丼を味わうことができます。

おすすめ裏メニュー④ ねぎだく

「ねぎだく」とは、牛肉よりもネギの割合が多い裏メニューとなっています。ネギ特有の甘みと、シャキシャキとした食感を楽しむことができるので、ネギが好きな方にとっては至福のひと時を楽しむことができる牛丼となります。

おすすめ裏メニュー⑤ とろ抜き

「とろ抜き」とは、「とろだく」の反対で、同じく裏メニューの1つである「赤多め」よりも脂身が少なく、ほぼ赤身だけの牛肉を盛ってもらうことができる裏メニューです。
脂身がほとんどないので、カロリーを低く抑えることができ、健康に気を使っている方には最適なメニューとなっています。

おすすめ裏メニュー⑥ ねぎ抜き

「ねぎ抜き」とは、「ねぎだく」の反対で、牛丼に盛り付けられたネギの量を減らしてもらえる裏メニューです。
牛肉の割合が多数を占めるので、純粋に牛肉の旨みをがっつりと楽しみたいという方に嬉しい牛丼となっています。

ただ、通常の牛丼と比べて少々ジューシーさに欠けるので、併せて「つゆだく」も注文されることをおすすめします。

おすすめ裏メニュー⑦ つめしろ

「つめしろ」とは、牛丼のご飯を冷たい状態で提供してもらうことができる裏メニューです。
常温でご飯を冷やすので、通常の牛丼よりも提供されるまでに時間がかかってしまいます。なお、牛肉は温かい状態で提供されるので安心して下さい。

おすすめ裏メニュー⑧ 頭の大盛り

「頭の大盛り」とは、ご飯の量はそのままで、牛肉やネギなどの具だけを多めに盛ってもらうことができる裏メニューです。
ご飯よりも具の割合が多いので、具だけが先に無くなってご飯だけが残ってしまうことがなく、濃いめの味付けを楽しみたい方におすすめです。

おすすめ裏メニュー⑨ 肉下

「肉下」とは、通常の牛丼と反対で、牛肉やネギなどの具の上にご飯を盛ってもらうことができる裏メニューです。
見た目は白いご飯だけとなっており、インパクトも強烈で、非常にマニアックな裏メニューの1つですが、牛肉よりも先にご飯の味を楽しみたいという方におすすめです。

<下に続く>

吉野家はテイクアウトもおすすめ!

吉野家では、テイクアウトメニューも充実しており、吉野家の美味しい牛丼を自宅でも召し上がることができます。
テイクアウトをするためには、スマートフォンを使って専用の予約サイトから予約する方法と、電話で予約する方法があります。

なお、一部の商品はテイクアウトできないのと、一部の店舗では、11時30分~13時までの混雑する時間帯では、電話予約を受け付けてないので注意が必要です。

<下に続く>

吉野家おすすめメニュー&トッピング!通な食べ方も紹介のまとめ

吉野家のおすすめメニューを調べる女性

吉野家には、牛丼をはじめ、豚丼や牛カルビ丼、カレー、定食、朝ご飯メニューなどのメニューが用意されています。
トッピングも玉子やチーズ、明太子などバリエーションに富んでいて、通常のメニューにトッピングを組み合わせれば、自分の好きなオリジナルメニューを作り出すことができます。

また、つゆを多めにしてくれる「つゆだく」など、メニューには載っていない裏メニューもあるため、裏メニューを最大限活用できれば、吉野家通になれること間違いないなしです。
いつもリーズナブルな価格で美味しい牛丼を食べられる吉野家で、トッピングや裏メニューを組み合わせて、自分好みのオリジナルメニューを研究してみるのも面白いかもしれませんね。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line