みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/11/29

5人の写真・プリクラポーズ20選!5人以上でも使えるコツ紹介

友達や同僚と集まった時に写真を撮るけれど、いつも同じような写真ばかりではありませんか?
同じように整列した写真ばかりでは、アルバムに入れていても楽しくないですよね。

5人での面白い写真の撮り方、お勧めのプリクラポーズで今までとは違った楽しい写真を記念に残しましょう。
誰もが持っていたくなる、見るだけでワクワクするような写真を撮るコツをご紹介します。

Large accomplishment achievement adult 1153215  2
目次

5人でできるポーズはたくさんある!

5人で写真を撮影する時にどんなポーズをしていますか?
多くの人がいつも同じようなポーズで撮ってしまい、どれも同じような印象の写真ばかりで何か良い方法はないのかな?と考えている人も少なくありません。

せっかく写真を撮るのなら、その日の楽しかった思い出が一瞬で思い浮かぶような素敵な写真にしましょう。
5人でできる写真のポーズはたくさんあります。

その日の気持ちをポーズで残しておくのが、アルバムをみた時に楽しい気持ちを思い出せるのでかなりお勧めです。
そんなにポーズはあるの?と疑問に思うかもしれませんがちょっとした工夫をするだけで、最高の思い出の写真になるのです。

わかりやすく、インスタグラムの画像とともに、写真のポーズ12種類、プリクラのポーズ8種類をみながらご紹介していきます。
これをみたら、すぐにマネしたくなりますよ。

5人だからこそできるポーズもありますので参考にしてくださいね。

<下に続く>

5人で写真撮影する時のポーズ

5人でポーズの相談をする人

では、5人で写真撮影をする時のポーズをみていきましょう。
5人で写真撮影する時のポーズには、以下のものがあります。

  1. 手だけでポーズ
  2. 後ろ姿
  3. 腕組
  4. 飲み物
  5. 立て並び
  6. 横向き
  7. 頬杖
  8. あえて逆行
  9. ALOHA
  10. ジャンプ
  11. 寝転ぶ
  12. 脚だけポーズ

続いて、5人で写真撮影する時のポーズを、それぞれ詳しくみていきます。

写真のポーズ①:手だけでポーズ

5人で一緒に写真撮影する時に、手だけでポーズを作るのがお勧めです。
ピースサインを人差し指と中指で作り円を作って並べれば、キラキラの星マーク写真が完成です。

とても簡単なのに、印象に残りやすく思い出作りにもピッタリな方法です。
さらに上級者は、手の甲に文字やマークを書いて撮影するとさらに素敵な写真になります。

ひとりひとりの名前やあだ名を書く、撮影した記念日を書く、一緒に行った場所を書くことで、写真をみるたびに楽しかった思い出がよみがえってきます。

写真のポーズ②:後ろ姿

写真を撮影すると前から撮るイメージが強いですが、全員の背中の写真も印象に残りやすく思い出作りとして最高の写真になります。
一緒に行った場所がどこからわかるような背景の前で、後ろ姿の写真を撮りましょう。

同じ服で同じ髪型にして撮るのも面白い写真になります。
隣の人と後ろで手を組んで撮ると、絆の深さをあらわせます。

もうちょっと工夫したい時には、後ろの手でハートを作ってみる、行った場所のキャラクターのうちわやぬいぐるみを後ろの手で持つ、文字を書いた紙を持つなどするとさらに楽しい写真になります。
スマホにあるたくさんの画像からすぐに目につくような素敵な写真になりますのでお試しください。

写真のポーズ③:腕組

全員で腕組のポーズをして、下からあおるように撮影していみましょう。
真ん中の人を中心にして両脇の人が向かい合うように撮るとさらに素敵な写真になります。

腕組のポーズの時は、上から撮影するよりも、下から上に撮影するのがポイントです。
そうすることで、自然と脚が長くみえる効果もあります。

さらに、顔はドヤ顔で撮るとカッコイイ集合写真になります。
恥ずかしからずに、どうだ!といわんばかりの表情を作って、思い出深い写真にしましょう。

文化祭、大会、受験、プレゼン、イベントなど何かを達成した後などにお勧めのポーズです。

写真のポーズ④:飲み物

自分たちや人を撮るだけでは、面白味に欠けます。
最近、同じポーズばかりでマンネリ気味の時には、飲み物を手に持ち輪を作って撮影しましょう。

できるだけ、5人違う飲み物の方がインスタ映えしますよ。
スターバックスやドトールなどのカフェで購入した場合は、しっかりとマークがみえるように撮影するもの大切なポイントです。

飲み物だけでなく、サーティーワンなどのアイスクリームを買った時にもこの撮影方法がお勧めです。
サーティーワンは、インスタ映え間違いなしの写真が撮れます。

飲み物やアイスクリームだけでなくドーナツも同じような撮影の仕方で楽しい写真が撮れます。
ひとつだけかじってあるのを入れるのも上級者にお勧めです。

写真のポーズ⑤:立て並び

5人で立て並びになって遠近法をだしながら撮影してみましょう。
背景は、どこに行ったのかわかりやすいものにするのがポイントです。

頭を同じ高さにすると均一の撮れた写真になります。
前の人より後ろの人の頭を高くしていく、後ろの人の頭を低くしていくのも面白い写真になります。

同じヘアーアクセサリーやカチューシャなどをつけるとキュートな写真に仕上がるのでお勧めです。
前にいる人は、顔が大きくみえてしまうので、小顔の人を前にすると顔の大きさが均等な写真になります。

前の人の肩にアゴをのせるように写真を撮ると上手に撮れますよ。

写真のポーズ⑥:横向き

横向きになって並んでポーズを決めましょう。
背の高さを写真の右側にくる人から順に高くなるようにすると素敵な写真に仕上がります。

同じ背丈なら、台などを使って並ぶと上手に撮影できます。
後ろの人に寄りかかるように、体を少し斜めにして撮るのもコツです。

痩せてみえるように撮りたい人には、横を向くことで自分の体が他の人の体に隠れるのでお勧めです。
首を横に向けて撮影するのでアゴのラインがでてシャープな印象の写真になります。

さらに、上から撮影すると小顔効果でさらにスリムな写真になりますので試してみましょう。
2人でもスリムな写真が撮れます。

写真のポーズ⑦:頬杖

リゾート地への旅行の時におすすめなのが、テーブルなどに肘をあてて、5人で頬杖をつくポーズです。
真ん中の人を両脇の人が囲むように撮るのがポイントです。

まどろんで午後に一息ついている雰囲気がでる写真になります。
テーブルも低いものよりも高さのあるカウンターで撮るのがオシャレにみえます。

体系に自信がない人も、このポーズなら頬のお肉も隠せ、みせたくない体系も上手にカモフラージュしてくれます。
トロピカルな飲み物を目の前に置いて撮るとさらにリゾートさが際立ちます。

ため息をついているような表情で撮るとさらに素敵な写真になります。

写真のポーズ⑧:あえて逆光

あえて逆光の写真もかなりいい素敵な写真になります。
光のある場所を背にして5人で同じポーズを決めて写真を撮りましょう。

光にズームを合わせるとかっこいい写真になります。
遊びすぎて顔ボロボロなんて時でこの撮影の仕方なら、逆光がボロボロの部分を隠すだけでなく、楽しさを表現してくれます。

朝日や夕日を背にして撮ると、後光がさしているような写真に仕上がります。
1人で撮る時にもお勧めの方法です。

ポーズは恥ずかしがらずにしっかり決めることで、逆光の中にシルエットがハッキリでるので、めちゃくちゃかっこいい写真になります。

写真のポーズ⑨:ALOHA

5人でポーズを撮るなら、ALOHAがお勧めです。
体全体を使って、人文字になるようにALOHAのポーズをしてみましょう。

タイマーなどを使って、撮ると上手く撮影できます。
前向きと後ろ向きの両方を撮ると同じALOHAでも、印象の違う写真になるので楽しいです。

ALOHAの文字を上手にだすためには、全員パンツスタイルで撮影しましょう。
上着もシルエットの文字がわかりやすいように、体にフィットしたTシャツなどがお勧めです。

OとAがわかりにくくなるため、Oの人は頭の上で丸く、Aの人は頭の上で手を合わせて尖った感じをだすと一目でわかる綺麗な人文字写真になります。
背景は、空がこの文字に合います。

虹があればさらに最高の人文字の写真になりますので、虹がでた青空の時に撮影してみましょう。

写真のポーズ⑩:ジャンプ

楽しい気持ちを表現したいなら、ジャンプがお勧めのポーズです。
一斉に5人でジャンプして、ワクワクした気持ちを表現しましょう。

手をつないでジャンプすれば、仲の良さがさらに強調されます。
つないだ手は、なるべく上に上げると楽しさや躍動感を表現できます。

前向きでジャンプ、後ろ向きでジャンプの両方を撮影してみるのがお勧めです。
ジャンプをする時に、足をしっかり曲げてジャンプすると綺麗な写真になります。

難しい時は、片足だけ曲げるだけでもジャンプしているようにみえるのでやってみましょう。
ジャンプする場所は、背景がシンプルな方が際立ちます。

写真のポーズ⑪:寝転ぶ

寝転んだポーズもオシャレな写真が撮影できます。
表情も笑顔だけなく、あえて目を閉じて撮影するのも面白い写真になります。

寝転んだポーズで撮る時は、円を作るように寝ると素敵な写真になります。
ピースサインやガッツポーズなどのポーズを作る時には、顔の前や横で作ると上手に撮れます。

5人で手をつないで撮るのも素敵な写真になります。
久しぶりに集まった仲間と写真を撮る時にお勧めのポーズです。

床は、色合いが明るくシンプルな場所で撮ると顔が映えます。
日本人ならではの畳の上で撮るとくつろいでいる雰囲気がでるのでお試しください。

写真のポーズ⑫:脚だけポーズ

脚だけポーズもお勧めの撮影方法です。
手だけのポーズと同じで円を描いて並び撮影するのがお勧めです。

夏ならビーチサンダルや裸足にキラキラのペディキュアをつけて撮るとインスタ映え間違いなしです。
冬なら、色とりどりのブーツで片足だけかかとを上げて撮ってみると、かなりオシャレです。

脚だけポーズで撮る場合は、芝生などの緑色の場所で撮ると脚の肌色に映えます。
5人中、2~3人は腰から下が少しみえるように撮影しましょう。

脚がしっかりみえる方がキレイに仕上がるので、膝までくらいのボトムスで撮るのがお勧めです。

<下に続く>

5人でプリクラを撮る時のポーズ

5人でポーズの画像を探すスマホ

では、5人でプリクラを撮る時のポーズをみていきましょう。
5人でプリクラを撮る時のポーズには、以下のものがあります。

  1. ガッツポーズ
  2. シュート
  3. ガオー
  4. アゴに手
  5. 頬の手
  6. 変顔
  7. 耳たぶ
  8. ギューっと

続いて、5人でプリクラを撮る時のポーズを、それぞれ詳しくみていきます。

プリクラのポーズ①:ガッツポーズ

5人でプリクラを撮る時には、ガッツポーズがお勧めです。
体育祭や文化祭、イベント、プレゼンの後などに撮るとハッピーな思い出として印象に残ります。

ポイントは手の甲をみせるようにガッツポーズすることです。
手の甲をみせるようにポーズを作るとかわいく撮れます。

左右の手は同じ高さにせずに、上下の落差をつける、どちらかの手を前にくるようにすると、ポーズが上手く決まります。
後ろの人はガッツポーズがしっかりとみえるように、なるべく高い位置でポーズをするのが大事なポイントです。

笑顔とガッツポーズで楽しい思い出を演出しましょう。

プリクラのポーズ②:シュート

手の平を向けて円を作ると、シュートをしているようなポーズになります。
撮影をした後には、手の部分にバスケットボールを書いてさらにシュート感アップするのがポイントです。

笑顔も良いですが、口でも「シュート」といいながらプリクラを撮ってみるといつもと違う表情になり楽しいです。
前の人は、アゴのところで、後ろの人は自分の頭の上や顔の横でポーズを作ると素敵に仕上がります。

手で円を作った部分にバスケットボールを書く他、キラキラのスタンプや自分たちの名前を書くとまた違った雰囲気のプリクラになります。
手で作る円をなるべく大きくすると、小顔にみえて素敵ですよ。

プリクラのポーズ③:ガオー

ライオンがほえるような、イメージで指を曲げてガオーのポーズでプリクラを取りましょう。
かわいらしさをだす時には、指を立てすぎないようにします。

ハロウィンなどイベントの時には、爪をみせるようにしっかりと指を立てると猛獣らしさが表現できます。
爪をみせてプリクラを撮る時には、ネイルも凝ったものにするとインスタ映え間違いなしです。

前の人は、自分の頬からアゴのラインでポーズを作りましょう。
後ろの人は、自分の耳のそばでポーズを作ると上手に撮れます。

ポーズ自体が印象に残るものなので、スタンプなどでもらなくても素敵なプリクラに仕上がります。

プリクラのポーズ④:アゴに手

プリクラのポーズで、アゴに手をあてるのもお勧めです。
口元が隠れないように、顎を親指と人差し指でしっかりおさえてポーズを作ります。

アゴをしっかりおさえるようにポーズを作ることで、アゴのラインがシャープにみえます。
アゴの形に自信がない人や二重アゴになってしまう人にお勧めのポーズです。

笑顔でポーズを撮るのも良いですが、真顔やちょっと渋い顔をするとこのポーズが際立ちます。
笑いをグッとこらえて、渋めの顔でキメてみましょう。

いつもひと味違うパッと目につく印象的なプリクラになりますよ。
渋めの顔を作るのには、眉毛を寄せると上手くいきます。

プリクラのポーズ⑤:頬に手

かわいく愛されモードなプリクラを撮るなら、頬に手をあてるポーズがお勧めです。
女子だけでなく男子もかわいく撮れます。

顔が大きいのがコンプレックスな人にもお勧めのポーズです。
手で頬をおおうので顔の大きさがカモフラージュできます。

ポイントは、顎からこめかみの下までしっかり手をあてることです。
そして、両手の付け根はくっつけて、少し頬をリストアップして撮りましょう。

笑顔だけでなく、ちょっと舌をだして撮るとさらにかわいさアップのプリクラになります。
歯が少しみえる方がよりかわしさが強調されますので試してみてください。

プリクラのポーズ⑥:変顔

変顔のポーズもプリクラを撮る時に楽しい瞬間をのこせます。
目だけでなく、顔全体を使って変顔をしましょう。

変顔のプリクラを撮る時は、思い切って顔を作るのがポイントです。
中途半端な変顔では、ちょっと気が抜けた感じになってしまいます。

5人全員で同じ変顔をしても良いですし、全員違う変顔をするのも楽しいです。
ヒョットコのような表情や頬を膨らませて怒っている感じの変顔もお勧めです。

全員より目にするのも、後でみた時に楽しい思い出としてのこります。
綺麗な顔立ちに人程、変顔のポーズが楽しさが表現できるのでお勧めです。

プリクラのポーズ⑦:耳たぶ

プリクラのポーズでお勧めなのが、耳たぶを持つポーズです。
親指と人差し指で耳たぶを持って、手を握ったポーズや同じように親指と人差し指で耳たぶを持って、手をパーに開くポーズのも楽しいプリクラになります。

表情は、ふくれっ面、あっかんベー、頬を引っ込ませるなど試してみましょう。
5人全員が同じ表情だと仲の良さがでます。

もちろん、5人違う表情にしてみるのもお勧めです。
自分の耳たぶを持つだけでなく、隣同士の耳たぶを持つポーズも面白いプリクラになります。

隣同士の耳たぶを持つポーズの時には、あえて目線をカメラからはずしてみると楽しさ満載のプリクラになります。

プリクラのポーズ⑧:ギューっと

後ろの左右にいる人が片腕ずつ出して、ギューッと抱きしめるポーズでプリクラを撮りましょう。
抱きしめられている感じをだすために、できるだけ真ん中に集まり目を閉じて抱きしめられている感じをだします。

顔は上を向かずに下に向けると抱きしめられている感じが上手に表現できます。
左右の人の手が前で重なるようにし、その腕を前にいる人が軽く握ると絆の深さが表現できます。

口元はもちろん笑顔でギューッと抱きしめられて嬉しい表情を作りましょう。
撮影の後には、ギューッとの文字も入れるとさらに素敵なプリクラになります。

<下に続く>

ポーズや配慮が鍵!5人以上でプリクラを撮る時のコツ

5人でポーズをとる人たち

では、5人以上でプリクラを撮る時のコツをみていきましょう。
5人以上でプリクラを撮る時のコツには、以下のものがあります。

  1. 背景は白
  2. 前列は2人まで
  3. 頭の高さを同じにする
  4. ポーズは顔の近く

続いて、5人でプリクラを撮る時のコツを、それぞれ詳しくみていきます。

プリクラのコツ①:背景は白

5人でプリクラを撮る時の背景は白のするのがお勧めです。
背景を白にするだけで、ポーズや表情がイキイキとみえます。

白は、肌の色を綺麗にみせてくれる効果があります。
女優さんなどがレフ版を使って肌を綺麗にみせていますよね。

それと同じ効果を得られるのです。
もし白がない場合は、絵柄などが入っていない淡い色を選ぶと肌色が映えて綺麗に撮れます。

洋服の色と背景の色かぶらない色を選んでください。
もしどうしても色がかぶってしまう場合は、背景と反対色の色を着ている人を後ろにすると綺麗に撮れます。

プリクラのコツ②:前列は2人まで

5人でプリクラを撮る時は、前列は2人までにすると上手に撮れます。
前列に3人入ると、全員の顔が入りにくくなります。

前列が2人、後列が3人にすると全員の顔が入り表情もハッキリと撮れます。
プリクラ上級者ならこの方法は、しっかりと熟知しているので5人で撮っているプリクラをインスタグラムなどでみてみるとわかりやすいです。

手のポーズも後ろを3人にすることで、前の2人がしっかりとポーズをとることができます。
手を使ったポーズの時には、必ず前列を2人にするのを覚えておくといつでも上手にプリクラが撮れます。

プリクラのコツ③:頭の高さを同じにする

頭の高さを同じにすることで、顔や表情だけでなく髪型もしっかり撮れます。
顔や頭がカットされてしまったらちょっと残念なプリクラになってしまいます。

髪型も決めているのに途中までしか映っていなかったら、後でがっかりです。
5人全員の顔だけでなく、髪型もしっかり映るように撮りましょう。

背が低い人がいたら、その人に頭の高さを合わせるのがお勧めです。
前列の人も背の低い人に頭の高さを合わせて、後列の人の顔がしっかりと映るように配慮しましょう。
前列の人の頭の高さが均等でないと、後列の人が上手く映らないので大事なポイントとして覚えておきましょう。

プリクラのコツ④:ポーズは顔の近く

プリクラを撮る時の最大のコツは、ポーズは顔の近くでおこなうことです。
自分の顔の近くでポーズをとることで、ポーズがいきてきます。

前列は自分のアゴから頬に近い位置で、ポーズをとりましょう。
後列の人は自分の頭より上でポーズをとると、上手く映らない場合があるので気をつけてくださいね。

ポーズを顔の近くでとることで、空間ができるため、プリクラにスタンプや文字が入れやすくなります。
楽しい思い出の言葉やかわいいスタンプでオシャレなプリクラにするためには、ポーズは顔の近くが必須です。

顔の近くで上手にポーズを決めて素敵なプリクラ作りましょう。

<下に続く>

5人以上で写真やプリクラを撮影する時は、コツを生かして楽しさ満載

5人のポーズを撮影する男性

5人以上で写真を撮る時のポーズはこんなにも多くのバリエーションがあります。
いつもの写真も、工夫次第でもっと面白い写真になります。

5人以上で写真やプリクラを撮影する時は、コツを生かして楽しさ満載の仕上がりにしてみましょう。
ポーズを工夫した写真やプリクラは、面白さだけでなくいつまでも大切な思い出になりますよ。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line