みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/12/15

ぽっちゃり男子・女子のおしゃれコーデ!季節や年代別に紹介

ぽっちゃりしている人や、ぽっちゃりしてきて昔の服が入らなくなってしまった人などいるのではないでしょうか。
しかし、ぽっちゃりしていても十分お洒落はできます。

今回は、ぽっちゃりさん向けにどんなファッション、着こなしが良いのか、痩せて見えるのか、などを詳しく紹介していきます。

Large %e3%81%bd%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%8a %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d

ぽっちゃり女子のおしゃれコーデのポイント

ポイント①:ジャストサイズを選ぶ

自分の体型を隠そうとして、ゆったりサイズの服を選ぶ人も多くいるでしょう。
そういったゆったりサイズを選んで肩の部分が余ってしまったりすることもあることと思います。

もちろん、ある程度ゆったりしているものを選ぶのは良いでしょう。
しかし、ゆったりしすぎているものを選ぶと、スリムに見えるどころかもっとぽっちゃりに見えてしまう場合もあるのです。

肩のサイズがきちんと収まっており、ジャストサイズを選ぶことが着痩せでお洒落に着こなせるコツ。
きちんと自分のあらゆる部分のサイズを確認しておき、試着できるお店では試着することをおすすめします。

ポイント②:チュニックは着ない

ぽっちゃり女子の人を街中で見かけると、多くの人がチュニックブラウスにパンツスタイルという着こなしをしています。
しかし、チュニックブラウスを着ると一気におばさん感が増してしまうのです。

腰回りやヒップが隠れ、確かにぽっちゃりにぴったりアイテムかもしれません。
それでも、腰回りがゆったりしているスカートというのは存在します。

スカートとブラウスで、ブラウスをウエストインをすればスッキリコーディネートになりますよ。
きちんとウエストの位置が分かるコーディネートにすると良いでしょう。

ポイント③:明るい色の服を選ぶ

少しでも体型をスマートに見せるために、ついネイビーや黒などの落ち着いた色味を選んでしまうのがぽっちゃりさん。
暗い色味の洋服を着たぽっちゃりさんを、お洒落だと思う人はどれほどいるでしょうか。

お洒落は色のバランスや人へ与える第一印象を考えて着こなし楽しみたいものです。
なるべくトップスかボトムスのどちらかを明るい色味のものを選ぶようにしたほうがいいかもしれません。

ボトムスがネイビーだったらトップスは白やライトグレーや水色などを選んだりラベンダー色などのものを選んでも可愛らしくなるでしょう。

ポイント④:足首、手首、デコルテを出す

どんなにぽっちゃりしている人でも、足首や手首、デコルテ部分はお腹に比べたらほっそりしているのではないでしょうか。
少しでも細い部分はどんどん出して、すっきり見えるようなコーディネートをしましょう。

今回紹介しているネイビーのワンピースはお腹周りはゆったりしていますが、デコルテラインはとてもすっきり見せていますよね。
そのため、とてもすらっとしたコーディネートに見えます。

お洒落をするときは、すべてを隠すのではなく出せる部分は出すことをおすすめします。

ポイント⑤:全体のバランスをきちんと確認する

洋服を選び終わり、身につけたら最後に全体のバランスを確認しましょう。
靴は果たしてスニーカーがいいのか、それともレースアップシューズのほうがいいのか、など。

ウエストにインしたほうが良いコーディネートというのは多く存在します。
しかし、ぽっちゃりさんはあまりインする勇気がないでしょう。

一度鏡を見て、ウエストをインしてみることでどちらのほうが全体のバランスが良くスッキリしてみえるかわかります。
きちんとバランスを確認することを忘れないようにしましょう。

<下に続く>

ぽっちゃり女子のおしゃれコーデ【季節別】

ぽっちゃりの人用の洋服で溢れるクローゼット

春はレースブラウスで可愛らしく

白のレースブラウスも、ボトムスに引き締めカラーのネイビを合わせることでスタイリッシュなコーディネートになります。
白は膨張色というイメージがどうしてもありますよね。

しかし、丈が短めのトップスをチョイスすることでボトムスとのバランスが取れマイナス5キロは痩せて見えることでしょう。

夏はティーシャツをシンプルに!

ティーシャツも、小物使いで十分お洒落に着こなすことができます。
あえてボトムスをタイトにしティーシャツはインしましょう。

Iラインを意識したコーディネートにすることで、痩せてみえるお洒落ファッションです。
靴下をアクセントからーにして、夏用のベレー帽が今はありますのでベレー帽をチョイス。

人の視線をいろいろなところに散らすようにするコーディネートも、ぽっちゃり女子におすすめです。

秋はシックにチェックワンピース

落ち着いた色味のワンピースではありますが、明るいカラーの入ったチェック柄を選ぶことで可愛さ倍増です。
髪の毛はすっきりとまとめ、ワンピースを主役としたコーディネートが秋にはぴったりです。

靴はショートブーツを合わせてもいいですし、スニーカーを合わせるとぐっと可愛さもより増すことでしょう。
ウエストより高めの位置でベルトをすることで脚長効果もあります。

胸元がしっかりと収まっているワンピースを選ぶことできつそうにも見えないですし、サイズ選びもしっかり忘れずにしましょう。

冬はあえてのモコモコアウターで!

もこもこしたアウターはとてもあたたかそうですが、ぽっちゃり女子からすれば避けてしまうアイテムでしょう。
余計太って見えたらどうしよう、熊みたいに見えたら…などど考えてしまうことと思います。

しかし、組み合わせによってはむしろもこもこアウターが着痩せコーデに欠かせないアイテムとなるのです。
太めのボーダーをデニムと同系色のもので選び、アウターを明るいベージュにしましょう。

アウターのボタンはとめずにあえてインナーを見せることで、Iライン効果が発揮され、痩せて見えますよ。

<下に続く>

ぽっちゃり女子のおしゃれコーデ【年代別】

20代は可愛らしくピンクコーデ

トップスもボトムスもピンク色をチョイスすることで、可愛らしいコーディネートへなるでしょう。
トップスはデコルテラインがスッキリ見えるものをチョイス。

ボトムはストレートスカートを選ぶことでハイカットとのスニーカーの相性もよく、痩せて見えることでしょう。
20代後半でも、ピンクの色味をくすみ系にすることで着こなせることでしょう。

30代は大人らしいミモレ丈スカートコーデ

ミモレ丈の流行はいまだ衰えることなく続いています。
膝に向かって広がっていくスカートはお尻周りもゆったりしていてぽっちゃり女子には嬉しいデザイン。

無地のものを選ぶよりも明るい花柄をここではチョイスをしトップスをアラサー女子らしくシックな色味のものにしましょう。
クラシカルなデザインのトップスを選ぶことで、年相応な上品さがにじみ出るコーディネートとなるでしょう。

もちろんスカートにトップスはインをして足が長く見えるよう着こなしましょう。

40代はカラーワンピースでスタイリッシュコーデ

辛子色の変形ストレートワンピースで気になるお腹周りなどはカバーし、年齢の出る膝周りなどはレギンスで隠しましょう。
ここで花柄などをチョイスしてしまうと一気におばさん感が出てしまいます。

無地でビビットな色味のものを選んでも良いでしょう。
黒やネイビーなどを選んでしまうと子供の授業参観に行くようなスタイルになってしまうので気をつけたほうがいいかもしれません。

50代は白のワイドパンツで爽やかコーデ

50代になると若かった頃に比べ体型の悩みなど出てくることでしょう。
しかし、あえて白のボトムスをチョイスし爽やかなコーディネートに挑戦してみてください。

他の同年代のぽっちゃりさんに差をつけることができるでしょう。
トップスは大人だからこそ着こなせるシャツスタイルで。

シューズも白を選び、スタイリッシュに着こなすことをおすすめします。

<下に続く>

参考にしたいぽっちゃり女子に似合うコーデ例

例①:チェックパンツ&黒トップス

チェック柄のトップスに黒のトップスを合わせることで、落ち着いた色味でありつつも明るさを取り入れたコーデに仕上がります。
トップスはインすることで脚長効果も抜群です。

腰の位置が高く見えることで、痩せて見えることでしょう。

例②:白ブラウス&デニム

白のブラウスはデコルテラインのあきが大きいものをチョイスし手首も思い切ってだしましょう。
スッキリと顔まわりが見えることで、痩せてみえます。

丈が少し眺めのブラウスを合わせることでスキニーデニムを合わせてもヒップまわりが隠れ、気になる部分はカバーしつつ着痩せコーデが出来上がりますよ。

例③:ストライプパンツ&カラートップス

ビビットなブルーのニットとストライプのパンツでお洒落なコーディネートの完成です。
色物をトップスに取り入れることで顔周りが明るくなり印象も良くなるでしょう。

オフィスなどにもおすすめのスタイルですよ。

例④:ペイズリー柄ワンピース

秋らしいペイズリーのワンピースは、ショート丈のブーツを合わせることでバランスが良いコーディネートになります。
アウターにはベージュ色のライダースをチョイスすることで秋らしくも暗くならないスタイルになるでしょう。

例⑤:辛子色トップス&白タイトスカート

辛子色のトップスはあえてぴったりサイズを選び、ボトムスが腰回りゆったりデザインのスカートを合わせましょう。
ぴったりとゆったりのバランスが絶妙で、足首もきっちり見せることで痩せてみえるコーディネートです。

例⑥:ミモレ丈柄スカートでガーリーコーデ

ミモレ丈のスカートに黒の靴下&シューズを合わせることで、クラシカルかつガーリーなコーディネートになります。
柄物のスカートを主役とさせるために、足元と合わせてトップスも黒をチョイス。

黒の無地だと重たくなりすぎてしまうため、レースのはいったブラウスを選ぶと良いでしょう。

例⑦:オールインワンでシックなスタイル

近所まで出かける時もお洒落は手を抜きたくないものですよね。
オールインワンならお腹周りも隠すことができますし、とっても楽ちん。

バランスを良くするために丈の長めのアウターを選ぶことで、Iラインが作り出されスマートなコーディネートになるでしょう。

例⑧:オレンジ&ベージュでスポーティに!

オレンジ色のトップスとベージュの膝丈スカートに厚底スニーカーでスポーティなコーディネートの完成です。
明るい色でトップスもボトムスも選んだときは足元を黒やネイビーにするとバランスがとれてすっきり見えるでしょう。

<下に続く>

ぽっちゃり男子のおしゃれコーデのポイント

ぽっちゃりしている人が行く店

ポイント①:ワンカラーでまとめる

ワンカラーでまとめることで、人の視線を散らすことができます。
まとまりのあるコーディネートにサンダルやカバンなどを濃い色味のものを選ぶことで、人の視線を外させましょう。

白&白でもティーシャツを必要以上にゆったりしたものではなくジャストサイズのものを選び、ボトムスをある程度ゆったりとしたものを選ぶことでバランスが取れることでしょう。

ポイント②:ボトムスはタイトでないものを選ぶ

あまりダボダボすぎるパンツをチョイスしてしまうと足の短さが強調されてしまう恐れがあります。
しかし、ぴったりしすぎてしてもお尻のラインなどが目立ってしまう場合もあるでしょう。

程よいゆったり感のあるものや太もも周りだけゆったりしているものを選ぶことをおすすめします。

ポイント③:カラーパンツでスタイリッシュに

スーツをきている男性などはあまり色味のあるパンツを選ぶことはないかもしれません。
明るい色味のパンツを選び、トップスも同系色のストライプのものを選ぶことで縦のラインが強調されて痩せてみえるコーディネートの完成です。

ポイント④:出せる部分は出してしまう。

男性はお腹まわりがぽっちゃりしていても足が細いという人は多くいるはずです。
もちろんTPOをは守らなければなりませんが、ハーフパンツを履きデッキシューズを合わせることで足元はスッキリと見せることができますよ。

トップスがゆったりのものであっても、足元及びボトムスがすっきりしてれば必要以上にぽっちゃりに見えることはないでしょう。

ポイント⑤:柄物は選ばない

あまり柄が強いものを選んでしまうと、おじさん感が増してしまいます。
選ぶものはなるべくシンプルナチュラルなものを。

色味も派手すぎないものを選んだほうが良いでしょう。

<下に続く>

ぽっちゃり男子のおしゃれコーデ【季節別】

春はトレーナーとストライプパンツで爽やかに!

春はまだ肌寒い時もありますよね。
そんなときは少しゆったりサイズのトレーナにストライプのパンツを合わせてカジュアルに着こなしましょう。

ゆったりサイズのトレーナでもボトムスがストライプ柄であるためスッキリ見えますよ。

夏はティーシャツでスマートに!

男性は女性のようにごちゃごちゃと着飾らないほうが良いかもしれません。
すっきりとティーシャツにパンツというスタイルのほうが体型も痩せて見えるでしょう。

夏はぽっちゃり体型の男性はどうしても暑苦しくみえがち。
そのため、なるべく暑苦しくみえない爽やかなコーディネートを心がけたほうがいいかもしれません。

秋はベストと合わせてスタイリッシュコーデ。

まだ暑さ残る秋はティーシャツをきたら良いのか、ワイシャツをきたらいいのか悩んでしまう部分もあるでしょう。
ワイシャツだけでは体型も気になるなど、悩みはつきません。

そんなぽっちゃり男子におすすめなのはベストを着るということです。
ベストを一枚羽織ることで、すっきりとした印象に早変わりすることでしょう。

冬はチェック柄シャツとデニムであたたかく。

厚手のチェック柄の羽織はあたたかさも抜群。
中のティーシャツをシンプルなものにして、色味のある羽織をチョイスしましょう。

前を閉めるのではなく開けておくことでIラインコーディネートとなり、スタイルアップも叶うコーディネートです。
ボトムスはゆったりめのストレートパンツを合わせることをおすすめします。

<下に続く>

ぽっちゃり男子のおしゃれコーデ【年代別】

20代は白パンツで決める!

白いパンツは余計膨張して見えると思う方もいるでしょう。
しかし、思い切って着てみると意外とスッキリして見えるのです。

自分のサイズにきちんと合っているものをチョイスするのがスッキリして見えるようにするポイントです。
若いからこそ白いパンツを履いて爽やかさを押し出していきましょう。

30代はセットアップでお洒落に!

チェック柄やストライプ柄のジャケットと合わせて、アンクル丈のパンツにデッキシューズを合わせましょう。
大人の男性だからこそできる着こなしですが、30代ということで柄物を選んでも良いかもしれません。

あまりおじさん感が強くなってしまうようなベージュのセットアップなどは避けたほうが良いでしょう。

40代はパーカー&スニーカーでカジュアルファッションで決める!

40代という落ち着いた雰囲気が至るところから滲み出ているからこそ、ファッションは遊び心を取り入れましょう。
カジュアルすぎるくらいが40代ぽっちゃり男性には意外とハマります。

周りの人たちも話しかけやすくなること間違いなしですよ。
キャップなどをかぶってみてもいいかもしれませんね。

50代はポロシャツとハーフパンツで若々しく。

50代になるとあまり派手な色や格好は好まなくなるでしょう。
しかし、ぽっちゃりしている50代男性だからこそおすすめしたいのはパープルやピンクや黄色などの色味のある洋服です。

ぽっちゃりしていて50代かつ暗い色の服を着ていては、周りの人も話しかけにくいことでしょう。
お洒落を楽しむということも含めて色味のあるポロシャツやハーフパンツをチョイスし若々しさを取り入れていくほうがよいかもしれません。

<下に続く>

参考にしたいぽっちゃり男子のコーデ例

例①:イエローハーフパンツ&レッドスニーカー

明るい色味で攻めるコーディネートではありますが、ぽっちゃり男子は色味でお洒落をする他ありません。
カラフルになりすぎてもくどいですがトップスを白かグレー、黒などベーシックカラーをチョイスすることでバランスの取れたコーディネートとなるでしょう。

例②:白ティーシャツ&デニム

白いティーシャツにデニムのコーディネートはどんな体型の人がしても爽やかな着こなしになります。
ぽっちゃりしている男性は、ティーシャツがぴったりしすぎてしまうと胸の脂肪が目立ちがちですが、そんなときは胸元にロゴが入っているスポーツメーカーのティーシャツを着ると良いかもしれませんね。

例③:ビックシャツ&ハーフパンツ

今年流行りのビックシャツとハーフパンツを合わせると今どきのコーディネートになるでしょう。
色味もカーキやベージュのアースカラーで組み合わせ、ナチュラル感のあるコーディネートがお洒落感を増してくれます。

例④:パーカー&ハーフパンツ

幅広い年代のぽっちゃり男性におすすめのコーディネートです。
秋口にはコーデュロイ素材のハーフパンツなどもでているので、季節にあった素材を使っているアイテムをきちんと着こなすことを心がけましょう。

トレーナーを合わせることで、足の細さが強調され痩せてみえるコーディネートとなりますよ。

例⑤:ネルシャツ&ハーフパンツ

ネルシャツとはチェック柄のシャツのこと。
ぽっちゃり男子が着ると一気にダサさが出てしまう、と思う人もいるかもしれません。

しかし、ネルシャツと同系色のハーフパンツを合わせ、靴は革靴をチョイスすることで大人のお洒落ネルシャツコーディネートの完成です。
ここでは前ボタンをすべて閉めると良いでしょう。

例⑥:アンクル丈パンツ&トレーナー

やはり男性も女性と同じで足首や手首を出すことですっきりとしたコーディネートとなります。
しかし、冬などはやはり寒いですよね。

そんなときはアンクル丈のパンツに明るい色の靴下やアーガイル柄などお洒落な柄の靴下を合わせると良いでしょう。

例⑦:ジャケット&ハーフパンツ

ティーシャツ&ハーフパンツだけだとどうしてもカジュアルになりがち。
ボディラインがわかりやすいティーシャツ一枚だと恥ずかしいと思う部分もあるかもしれません。

そんなときはジャケットを一枚羽織るとよいでしょう。
色味はなるべくハーフパンツと合わせたほうが良いですよ。

例⑧:ビックティーシャツ&スキニーパンツ

これは上級者向けのコーディネートかもしれません。
ビックサイズのティーシャツにパンツはスッキリとしたスキニーパンツを合わせることで、スタイリッシュなコーディネートとなるでしょう。

<下に続く>

ぽっちゃりコーデまとめ

ぽっちゃりさんが着こなせる白いシャツ

ここまで数々のぽっちゃりコーディネートを紹介してきましたが、ぽっちゃりしている人でも十分お洒落は楽しめます。
自分に合うサイズはないから、と同じ服を繰り返し着るのではなく、自分でお洒落を考えてファッションを楽しんでみましょう。

試着などが恥ずかしいようであれば、通販サイトを利用してみてもいいかもしれません。
自分自身をよく知り、自分に似合うファッションを追求していってくださいね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line