みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/02/01

「心より感謝申し上げます」は目上に使える?正しい使い方・例文紹介

「心より感謝申し上げます」は、お世話になった人に対して礼状を書いたり、結婚式や葬儀などの出席者に心からのお礼をいうときに使います。
それでは、普段の会話の中で目上の人に使っても良いのでしょうか?

「心より感謝申し上げます」は大変格調の高い、丁寧な表現です。
目上の人に使うときには、状況や場所を間違わないようにすることが大切です。

間違えると、不自然な印象を与えることにもなります。
ここでは、よく似た表現や類語、様々な場面での例文をもとにして、「心より感謝申し上げます」の正しい使い方をまとめました。

Large thank you

「心より感謝申し上げます」の使い方と外国語表現

使い方

「心より感謝申し上げます」はお礼を述べるときの最上位の言葉です。
「このたびのご親切に、心より感謝申し上げます」というように使います。

広辞苑によれば「感謝」とは「ありがたいと感じて謝意を表すること」です。
「感謝」の頭に「心より」をつけますと、「心の底からありがたい」気持ちを表します。

さらに、「感謝を言う」のではなくて、「申し上げます」と謙譲語を丁寧に使うことで、自らは一歩下がって、相手を尊重することになります。
そこで「心より感謝申し上げます」とつなぐと、お礼の気持ちを表すための、礼儀に適った最上位の言葉になります。

使い方としては、「心より感謝申し上げます」の前に、お礼を言う理由を必ず付けます。
「先日の出張の折には、大変お世話になりました。心より感謝申し上げます」となります。

「心より感謝申し上げます」は手紙やメール、結婚式や通夜などの儀礼の場所で、感謝の言葉として使える、礼儀正しく、とても便利な言葉です。

外国語表現

心より感謝申し上げます・の書き方

「心より感謝申し上げます」は、外国語ではどんな表現になるのでしょうか。
外国語にもお礼や感謝の言葉はたくさんあります

感謝の言葉は「ありがとう」「誠にありがとうございます」などの話し言葉から、「深く感謝します」や「心から感謝申し上げます」といった文語調で礼儀正しい言葉まで様々です。
ここでは丁寧に感謝を表す言葉に焦点を当て、英語、中国語、韓国語の三カ国語の訳文を調べてみました。

英語

「心より感謝申し上げます」は英語では次のようになります。

I thank you from the bottom of my heart for your kindness.
I am deeply grateful to you for your kindness.
I wish to express my deep indebtedness to you for your kindness.
 (Indebtedness 恩義)

冒頭の訳文は日本語に直訳しますと「あなたのご親切に心の底から感謝いたします」となります。
from the bottom of my heart(心の底から)」となっていて、「心より感謝申し上げます」にもっとも近い表現です。

次は、類似した表現「感謝の言葉もありません」の英訳です。

I have no words with which to thank you.
I do not know how to express my thanks.

以上の例文は新英和大辞典(研究社)から引用しました。

中国語

「心より感謝申し上げます」の訳文と、類似表現の使用例を「Weblio」から抜粋してまとめてみました。

「心より感謝申し上げます」
表达发自内心的感谢。

「心の底からあなた方の親切に感謝申し上げます」
从心底对您们的亲切表示感谢。

「この一年間のご支援に、深く感謝申し上げます」
深深感谢您这一年的支持。

「皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます」
衷心感谢大家的理解和帮助。

Weblio中国語例文

中国と日本ではお礼の言葉の使い方が違います。
家族の間ではお礼の言葉はつかわない、など日本とは言葉の使い方で文化的な違いが相当あるようですので、注意が必要です。

韓国語

韓国語で「ありがとう」は「고마워요(コマウォヨ)」といいます。
「ありがとうございます」や「感謝いたします」といったお礼の言葉をさらに丁寧に言うときには、日本人もよく知っている「감사합니다(カムサハムニダ)」を使います。

また、「心から、真心から」は 「진시므로(チンシムロ)」といいます。
「감사합니다(カムサハムニダ)」の頭に、「진시므로(チンシムロ)」を付けると、「心から感謝申し上げます」となります。

韓国語では「진심으로 감사드립니다(チンシムロ・カムサハムニダ)」が心からの感謝を相手に伝える、礼儀に適った言葉でした。

以上は「kpedia」を参照してまとめました。

<下に続く>

「心より感謝申し上げます」は目上の人に使える?

「心より感謝申し上げます」は、お礼の気持ちを表すための、礼儀に適った最上位の言葉です。
目上の人にお世話になったときに、礼状やメールで感謝の気持ちを伝える丁寧な言葉として使うことができます。

一方「心より感謝申し上げます」は儀礼的で、堅苦しい言葉でもあります。
話し言葉としては結婚式や、創立記念日など公式的な場所で感謝の言葉として使われますが、日常で使うことはあまりありません。

しかし、儀礼的な言葉であるだけに、いざというときに口答で使うと効果的です。
取引先へのお礼の時とか、会社の上司へのお礼の時です。

上司や目上の人に使うときは場所を考えましょう。
たまたま出会ったときなどに使うのは良くないですね。

とってつけた印象で逆効果です。
かならずこちらから個室や席に伺ってから言うのが礼儀です。

伺ったときは簡潔にお礼の理由を述べ、「心より感謝申し上げます」で決めたら、早々に失礼しましょう。
多忙な上司へのマナーです。

<下に続く>

「心より感謝申し上げます」の類語

まず「心より感謝申し上げます」によく似た表現として使われている、代表的なフレーズを二つ紹介します。

「誠にありがとうございます」
「お礼の言葉もございません」

この二つはお礼の言葉として、礼状はもちろん日常の会話でもよく使われます。
「心より感謝申し上げます」と比較して、すこし柔らかい言葉ですが、失礼には当たらない使い方です。

次に「心より感謝する」の類語と例文をみてみましょう。
「 深謝する」は「ご尽力に深謝いたします」と使います。

「深謝する」の意味は二つあります。
「深く感謝すること」と「丁寧に詫びること」です。

謝罪するときには「今回の不手際を深謝いたします」のように使います。
感謝と謝罪と二通りの使い方があることに注意しましょう。

「 拝謝する」の使い方は「ご厚恩に拝謝いたします」
「 万謝する」の使い方は「お心遣いを万謝いたします」となります。

二つとも「感謝する」の類語です。
「万謝する」は現在はほとんど使われていません。

また「心より」の類語として「心から」があります。
大辞林によれば意味は同じとされています。

話し言葉としては「心より感謝申し上げます」でなくて「心から感謝申し上げます」と使うと、堅苦しさがすこし和らぎます。
その場の雰囲気に合わせて使ってみてください。

<下に続く>

「心より感謝申し上げます」を用いる場面

心より感謝申し上げます、結婚式

では、「心より感謝申し上げます」を用いる場面として以下を紹介します。

  1. 会社の上司に世話になったお礼を言う
  2. 取引先を訪問してお礼を言う
  3. 株主総会で社長が挨拶
  4. リニューアル・イベントで客にお礼を言う
  5. 選挙事務所で候補者が当選の挨拶
  6. 航空機で機長が搭乗客に挨拶
  7. 結婚式で両家代表がお礼を言う
  8. 葬儀で喪主が挨拶
  9. 旅の礼状を書く
  10. 両親に手紙を書く

続いて、「心より感謝申し上げます」を用いる場面を、それぞれ詳しくご紹介します。

用いる場面①会社の上司に世話になったお礼を言う

年末の某日、新人だけの忘年会に、上司の部長から金一封が届けられました。
部長が忘年会の話を聞きつけて、ポケットマネーから寸志を新人の一人に託したのです。

おかげで、みんなは宴会の費用を心配しないで、大騒ぎができました。
宴会の終わりになって、部長にお礼をどう言うか、相談が始まりました。

お礼は早いほうが良いから、明日朝一番に部長の部屋に伺う。
全員で行くと迷惑がかかるから、代表四人に絞る。

礼儀正しい言葉を選ぶ。
ただし、部長は忙しいからお礼の言葉は簡単にする。

翌朝一番に代表四名が部長の部屋にお礼に伺いました
部長の前で、直立不動で代表四人はどう言ったのでしょう。

目上の人へのお礼の言葉は、もちろん、「昨晩は・・心より感謝申し上げます」で決まりでした。

用いる場面②取引先を訪問してお礼を言う

プレゼンテーションで企画が採用されて取引先と新しい仕事の話がまとまりました。
大きな金額なので、契約書にして、まとめる必要があります。

社長のアドバイスで始まった企画案です。
社内で相談した結果、まず社長を担ぎ出して、一気に契約まで進めることになりました。

早速アポを取って、社長を先頭に得意先に伺いました。
先方も社長が自ら出迎えてくれています。

握手で始まった二人の会話は、まずお礼の言葉から始まります。
「このたびは・・心より感謝申し上げます」

用いる場面③株主総会で社長が挨拶

株主総会は企業にとってもっとも重要な投資家へのプレゼンテーションの機会であり、質疑応答の場所です。
失敗の許されない儀式でもあります。

株主総会での社長挨拶は冒頭に行います。
投資家が出席し、社長の後ろにはずらりと取締役が並びます。

関係者のもっとも緊張する場面です。
社長はまず投資家に向かって日頃のお礼を述べます。

「ご出席、心より感謝申し上げます」
決められた言葉には、スムーズに事を進めるという大事な役割があるのです

用いる場面④リニューアル・イベントで客にお礼を言う

オープニング・イベントやリニューアル・イベントは常連の顧客や見込み客を招待して喜んでもらうことで、将来の売り上げにつなげる大事な機会です。
新装のショップや、イベント会場にフードやドリンクのコーナーが設けられます。

楽しんでもらう目的は、顧客との良いリレーション・シップを作ることです。
そのために店長は挨拶に必ず感謝の言葉を入れます。

「本日はご来店誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます」
これでイベントはスタートです。

用いる場面⑤選挙事務所で候補者が当選の挨拶

テレビの速報で当選確実が出ました。
歓びの輪の中、候補者がカメラの前に立ちます。

候補社が歓びの声を伝える瞬間です。
テレビの視聴者を意識した発言では、不特定多数の人をターゲットにします。

多数の人の前で話すときには、お礼の気持ちは、すこし格式張った表現が適切で有効なのです。
当選者が「心より感謝申し上げます」を使う感激のシーンでした。

用いる場面⑥ 航空機で機長が搭乗客に挨拶

飛行機に乗ってしばらくするとアテンダントが機内アナウンスを始めます。
「本日は当機○○便にご搭乗頂きまして誠にありがとうございます」

飛行機が離陸してしばらくすると機長が挨拶をします。
「当機○○便はただいま羽田空港を出発いたしました。このたびのご搭乗、心より感謝申し上げます」

アテンダントのアナウンスに比べて、機長の挨拶には格調があります。
機長の挨拶は、乗客に安心感を与えるために、威厳と格調が求められるのでしょう。

挨拶は話す人の役割とタイミングによって、同じことを伝えるのにも言葉遣いが変わるのですね。

用いる場面⑦結婚披露宴で両家代表がお礼を言う

結婚披露宴が終わりに近づくと、両家の代表が退場口に近いところに並んで、お礼の挨拶を言います。
最近では新郎新婦がお礼のスピーチをすることが多くなっていますが、両家の代表が宴の主催者(招待者)として、客にお礼を述べるというのが伝統的なやり方です。

両家の代表は招待客に出席へのお礼と、これからの新郎新婦への指導や協力のお願いを述べます。
披露宴を閉める大事な場面ですので、お礼の言葉は「心より感謝申し上げます」とか「厚く御礼申し上げます」といった丁寧で儀礼的な言葉が使われるのです。

用いる場面⑧葬儀で喪主が挨拶

通夜や告別式では喪主が参列者に対するお礼の挨拶をする場面があります。
心からのお礼を述べる代表的なシーンです。

挨拶の趣旨は弔問への感謝を述べ、故人の生前の厚誼へのお礼をいうこと。
そして、残された遺族への引き続いての支援をお願いすることです。

生前、故人が大変お世話になったことについては、とくに丁寧なお礼の言葉が良いですね。
「ありがとうございました」ではなくて「心より感謝申し上げます」が相応しいでしょうね。

用いる場面⑨旅の礼状を書く

旅行先で大変お世話になった方への礼状は、早々に、簡潔に、丁寧な言葉で書いて、送りましょう。
疲れていても帰着した当日か、遅くても翌日には差し上げるのが礼儀です。

それでも相手に到着するのは数日後になります。
「ただいま無事自宅に到着いたしました」から始まる礼状は、報告も兼ねて、リアルな感謝の気持ちが伝わります。

とりあえずの報告はメールでも良いですね。
そして最後の決まり言葉は「心より感謝申し上げます」となりますよね。

用いる場面⑩両親に手紙を書く

父親や母親には「心より感謝申し上げます」と口ではなかなかいえません。
でも短い手紙やグリーティング・カードになら書けそうです。

親元を離れると親のありがたみが身にしみます。
結婚して家を離れたときとか、赴任先の海外から久しぶりの報告に、日頃の感謝を込めて使ってみてはいかがでしょう。

花束にカードを添えて一言
「心より感謝申し上げます」と、泣かせてみましょう。

<下に続く>

「心より感謝申し上げます」を使った例文

心より感謝申し上げます・スピーチ

では、「心より感謝申し上げます」の例文として以下を紹介します。

  1. 目上の人へ感謝
  2. 取引先にお礼に行く
  3. 株主総会で社長挨拶
  4. リニューアル・イベントで店長挨拶
  5. 当選挨拶
  6. 機長のお礼の言葉
  7. 喪主の挨拶
  8. 旅の礼状

続いて「心より感謝申し上げます」の例文をそれぞれ詳しくご紹介します。

例文①目上の人へ感謝

忘年会で寸志をもらった新人たちが、代表四人で部長にお礼に上がるシーンの続きです。
新人四人は部長の前で、直立不動でお礼を述べます。

「昨晩は寸志、誠にありがとうございました。おかげさまで心置きなく、夜中まで大騒ぎいたしました。新人一同、心より感謝申し上げます」

先ほどのプレゼン・チームから社長への報告例です。
「社長、○○社へのプレゼンテーションですが、三社競合の結果、我が社の提案が採用されました。実は社長から頂いた○○社の機密情報を企画に盛り込んだのです。チーム一同、心から感謝申し上げます

例文②取引先にお礼に行く

取引先の○○社の社長にお礼に伺った、当方の社長の言葉です
握手で始まった会話は、まず儀礼的な言葉から始まります。

「○○社長お久しぶりです。このたびはプレゼンで我が社の企画をご採用いただいたとのこと、昨日スタッフから報告を受けまして、まずはお礼に飛んで参りました。ご高配の程、心より感謝申し上げます」

お礼の儀式が終わると、一気に和やかな雰囲気になって、契約の段取りが進み始めたようです。

例文③株主総会で社長挨拶

株主総会での社長の冒頭挨拶(例)です。
「本日は弊社の株主総会にご出席いただきまして誠にありがとうございます。投資家の皆様方には、常日頃からご尽力を頂き、心より感謝申し上げます」
このあとは会社の業績の報告から、新規の事業の取り組みなどに説明が移るのです。

そして最後に社長からお礼の挨拶があって閉会となります。
「長時間お疲れ様でございました。これを持って株主総会を閉会といたします。今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。なお別室で軽い食事をご用意いたしましたので、おくつろぎいただければ幸いでございます。本日はご出席ありがとうございました。取締役一同、心より感謝申し上げます」

例文④リニューアル・イベントで店長挨拶

店長の挨拶です。
「本日はリニューアル・イベントにお越し頂きまして誠にありがとうございます。
また日頃は我が社の商品をご愛顧頂き店員一同、心より感謝を申し上げます」

店長が頭を下げ、全員揃ってお辞儀をします。
心からの感謝は、言葉だけではなく、態度でも表すことが大事なのですね。

例文⑤当選挨拶

先ほどの当選者のテレビに向けた挨拶例文です。
「選挙運動を進めていただきました関係者の皆様のご協力に、厚くお礼申し上げます。そして何よりも私に一票を投じていただきました有権者の皆様に心より感謝を申し上げます」

テレビの向こう側は不特定多数の視聴者ですから、お礼表現も儀礼的な表現になります。

例文⑥機長のお礼の言葉

帰りの空路でトラブルが発生した飛行機の機長のお礼の言葉です。
「当機はただいま羽田空港に着陸いたしました。ニューヨークからの途中、気流の影響で激しい揺れがありましたが、乗客の皆様の冷静な対応のおかげで、無事切り抜けることができました。心より感謝申し上げます」

機長の機内アナウンスは非常事態での乗客の冷静な対応への感謝の言葉ですから、もっとも丁寧な言葉使いになります。

例文⑦喪主の挨拶

告別式での喪主挨拶例です。
「本日はお足元の悪い中、またお忙しい中、主人の葬儀にこんなに多くの方にご参列いただきまして、誠にありがとうございます。主人もきっと喜んでおります」

「また、晩年は、病気がちではありましたが、たくさんの方からご厚誼をいただき、幸せな毎日を過ごさせていただきました。故人に代わりまして、心より感謝申し上げます」

「私を始め残された遺族の者にも、引き続いてのご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます」

例文⑧旅のお礼

旅先でお世話になった方への礼状の例文です。
当日の夜書き上げた手紙です。

「前略。二日間の旅、お世話になりました。
誠にありがとうございました。

ただいま夜八時、無事自宅に到着いたしました。
家族一同元気です。

今晩の食事は、お土産に頂きました鯖寿司を早速いただいております。
脂ののった肉厚の背肉、おいしいご飯、本場の鯖寿司を堪能させていただきました。

大勢でご自宅にお邪魔させていただいた上、名所の観光まで車でご案内いただきました。
その上こんな素晴らしいお土産まで頂き、お礼の言葉もございません。

重ねて、心より感謝申し上げます。
簡単ではございますが、無事帰宅のご報告と取り急ぎの御礼とさせていただきます」

<下に続く>

「心より感謝申し上げます」使い方のまとめ

「心より感謝申し上げます」は目上の人や、お世話になった人に、お礼の気持ちを礼儀正しく伝える最高の言葉でした。
それだけに使い方には、いくつかの作法があります。

お礼は「早い目に、簡潔に理由をのべ、最後に一度だけ使うこと」
そして会話ではゆっくり言葉で、お辞儀を忘れずにでした。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line