みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/01/26

安全標語とは?作成のコツや自動作成のおすすめのサイト!

工場や会社の事務所などで、とりわけ目につきやすい場所に「安全標語」を掲示している職場が多くあります。
この安全標語は何のために、どのような意図で掲げられているのかご存知でしょうか。

企業によっては、この安全標語を募集していたり、賞が与えられることもあります。
それでは、安全標語はどんなものなのか、作る際のコツをご紹介していきます。

Large  %e5%b7%a5%e4%ba%8b%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%81%ae%e6%89%93%e3%81%a1%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b

安全標語とは?

工事現場で重要な安全標語

慣れないうちは何事にも慎重になり、どんな仕事であっても注意しながら進めます。
しかし、慣れてくると注意することを怠り、その油断や慣れから思わぬ事故や怪我につながってしまうことがあります。

安全標語とは、そこで働く人の安全意識を常に再確認して定着させ、油断や慣れから起こる事故を未然に防ぐことを目的としています。

また、作業環境の整理整頓などは安全管理の一部であり、作業手順の効率化につながります。
作業が効率化されると生産性の向上につながるので、特に工場や製造業においては大切なことです。

そのためには、安全標語は誰が見てもわかりやすく、安全を強く意識できるものである必要があるのです。

<下に続く>

安全標語一覧

特に「安全」が強く求められる現場、職場というものがあります。
工場や工事現場などです。

このような場所は、作業に慣れることが求められたり、効率化のために作業が単調だったりします。
そのため、油断や慣れが原因のほんの少しのミスや注意の欠陥で思わぬ大事故や大怪我につながりやすくもあります。

そこで、どのような場所でどのような安全標語があるのか、その一例を仕事の内容別に見ていきましょう。

工業系

工場や製造業など、機械や設備を使って作業をする仕事です。
機械や設備の取り扱いによって起こる事故や、転倒事故などの防止のための安全標語が掲げられています。

そのため、「はさみこみ」「巻き込まれ」など機械の取り扱いに関するキーワードが使われることもあります。

  • 身に付けよう 基本作業とプロ意識 みんなで築こう 安全職場 
  • 目でヨシ! 手でヨシ! 声でヨシ! 慣れた作業も指さし喚呼
  • 作業前 立つ位置・手の位置・まわりを確認! 指さし呼称でゼロ災ヨシ!
  • 手順が変わればリスクも変わる! 高める感性! 安全意識!

一般社団法人日本伸銅協会

労働系

建築現場や工事現場など、体や重機、機械を使う労働系の仕事です。
クレーンなどの建設や工事に使う重機での事故、転落や落下物、倒壊による事故などに注意を呼びかける安全標語が掲げられています。

労働系の災害は、普段と異なる作業中や想定外の事態のときに起こることが多いため、確認を怠らないことや経験が浅い人への注意喚起をすることもあります。

  • 近寄るな 重機は突然 動き出す
  • 注意せよ 死角に必ず 危険あり
  • 安全が 未来へつながる 第一歩
  • もう一回 確かめるのが プロの腕

㈶中小建設業特別教育協会

運送系

運送業やバス・タクシー業など、主に車を運転する仕事です。
安全運転や交通規則を守る安全標語が掲げられています。

交通規則を守るのは当たり前のことですが、車を運転することを仕事とする人にはより高いモラルが求められ、それが事故の軽減につながるのです。

  • しないさせない過労運転 荷主と協力 ゆとりの運行
  • 守ります 労働時間と 安全運転
  • 時間のゆとりは心のゆとり 余裕を持って安全運転
  • 急がなきゃ そんな心にブレーキを ゆとりの運転 事故防止

陸上貨物運送事業労働災害防止協会

食品系

食品工場や調理して提供する場所(飲食店、学校やホテルの調理室など)での仕事です。

食に関するものは特に衛生管理が大切なので、そのことに焦点をあてた安全標語が掲げられています。
キーワードは「安全」「健康」「衛生」などです。

  • 作る前  しっかり手洗い お・も・い・や・り
  • 食中毒 ふとした油断が 命取り
  • 手洗いは おもてなしへの 第一歩
  • 「まあいっか」 その油断こそ 命取り

社団法人広島市食品衛生協会

<下に続く>

安全標語の基本的な作成方法

安全標語を唱和する

それでは、実際に安全標語を作るとしたらどのように考えていけばいいのか、その手順をみていきましょう。

テーマを決める

まずは何をテーマにした安全標語にするのかを決めます。
従業員などそこで働く人が、特に何に気を付けるべきか、どうしたら事故防止への意識を持ってもらうことができるのかを考えましょう。

例えば、「工場での機械による事故防止」「建築現場の重機との接触事故防止」「食品衛生の手洗いの徹底」といった具合です。

キーワードを決める

続いては、パっと聞いただけで聞き手が具体的にイメージしやすいキーワードをひとつ決めましょう。
「指さし呼称」「ルールを守る」「安全運転」「手洗い」などです。

短く簡潔にまとめる

標語は誰もが頭に入ってきやすく、また覚えやすいものでなければなりません。
そのため、決めたキーワードを取り込んで、短く簡潔な文章にします。

<下に続く>

安全標語作成のコツ

頭に入りやすく、かつ短く簡潔にするには、短歌や俳句のように「五・七・五」のリズムを意識すると作りやすいです。
キーワードを五・七・五のどの部分に入れるか、文字数で決めてもいいです。

そのキーワードを主軸として、意味がつながるように前後の言葉を選びましょう。

また、文頭を命令口調にしたり、韻を踏むとインパクトがあって記憶に残りやすくなります。

「あわてるな 危険予知して リスクゼロ」(平成25年千代田工業所安全標語)
「安全は 目配り 気配り 思いやり」(平成22年度㈱松島組安全スローガン)

あくまでも標語なので、五・七・五にとらわれ過ぎる必要はありません。
語呂がよかったり、リズムが気に入ったらそれでいいのです。

作ったら実際に声に出して読んでみましょう。

<下に続く>

安全標語作成に便利なおすすめのサイト

工場は安全標語が必須

安全標語の作り方がわかってきたところで、さらに具体的に考えたり、詰めていきたいという人におすすめのサイトをご紹介します。

サイト①:安全標語の作り方の一例

安全標語によく使われるキーワードが多数紹介されており、コツもわかりやすく説明されています。

安全標語の作り方の一例

サイト②:安全標語自動作成

五・七・五の中に単語をランダムに入れていってくれるので、使いたい単語をチェックしていくと自動的に標語が完成します。

安全標語自動作成

サイト③:安全標語作成方法

キーワードや作品例を参考に、組み替えるだけで作れるようなコツを紹介しています。
いろいろな協会の安全標語サイトをまとめてあります。

安全標語作成方法

サイト④:工場で使える安全標語・スローガンの例文・作り方

主に工場での安全標語を作るためのコツを簡潔に説明しています。
「とにかく工場の安全標語をすぐに作りたい」という人におすすめです。

工場で使える安全標語・スローガンの例文・作り方

サイト⑤:目指せゼロ災害!「安全標語(安全スローガン)」の作り方

建設業、工事現場でのゼロ災外のための安全標語を紹介するサイトです。
ツイッターなどの意見が参考に入れてあります。

目指せゼロ災害!「安全標語(安全スローガン)」の作り方

サイト⑥:安全標語の作り方【安全標語.biz】

こちらのサイトも、安全標語の作り方の流れがわかりやすく簡潔に紹介されています。

安全標語の作り方【安全標語.biz】

<下に続く>

安全標語とは?作成のコツや自動作成のおすすめのサイトのまとめ

どんな仕事であっても、危険やリスクの不安がないこと、そしてそこで働く従業員の安全は第一に考えなければなりません。
各個人の安全意識を高めるために考えられているのが、この安全標語なのです。

会社によっては安全標語の募集や安全週間などを設定しているところもあります。
このような地道な意識付けが、危険やリスクを低くしていくことにつながっていくのです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line