みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/01/23

セクシャルフルイディティの意味とは?LGBTとの違いと公言している有名人

日本でも「LGBT」という言葉が社会に浸透してきていますが、「LGBT」の他にも様々なセクシャルマイノリティが存在します。
その中でも、「セクシャルフルイディティ」というセクシャリティがアメリカを中心に世界中に広まってきています。

そこで今回は、セクシャルフルイディティの意味や割合、LGBTとの違い、公言している有名人について解説していきます。

Large %e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%98%e3%82%a2 %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d
目次

「セクシャルフルイディティ」の意味・割合

意味

「セクシャルフルイディティ」とは、性の対象が定まっておらず、その時の状態によって性の対象が変わるというセクシャルマイノリティの1つです。
つまり、好きになる相手が男性の時もあれば、女性の時もあるということであり、「性」というカテゴリにこだわらないセクシャリティであると言えます。

そもそも、「セクシャルフルイディティ」の語源である「フルイド」は、英語で「流動的」、「液体」という意味を持つ言葉です。
この言葉を用いることによって、「性の対象が液体のように定まらない」、「性の対象が液体のように流動的」という意味に繋がるのです。

割合

「セクシャルフルイディティ」の方の割合ですが、現状では明確に把握することはできていません。
しかし、LGBTをはじめとしたセクシャルマイノリティの方は、世界で13人に1人の割合で存在すると言われています。

この割合は、世界中にいる左利きの方と同じくらいの割合であると言われています。
そのため、もしかすると、今まで接してきた人の中に、LGBTやセクシャルフルイディティなどのセクシャルマイノリティの方がいる可能性は十分に考えられます。

<下に続く>

セクシャルフルイディティが広まった理由

セクシャルフルイディティのカップル

「セクシャルフルイディティ」が広まった理由としては、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でお馴染みのハリウッド俳優であるジョニー・デップの娘、リリー・ローズさんがカミングアウトしたことが理由として挙げられます。
リリー・ローズさんは既にモデルとして活躍されており、若干16歳の若さでありながら、10代のためのLGBTプロジェクトで、自分の考えを堂々と公表されています。

彼女のカミングアウトは、全米メディアからも好意的に受け止められ、多くの海外セレブも彼女の考えに賛同したことで、アメリカを中心に世界に広まったと考えられます。
まだ、日本では、「セクシャルフルイディティ」の認知度は非常に低いですが、現在では、LGBTをはじめとしたセクシャルマイノリティが徐々に浸透してきています。

そのため、今後、「セクシャルフルイディティ」も徐々に認知が広まっていくことと予想されます。

<下に続く>

セクシャルフルイディティとLGBTとの違い

違い

「セクシャルフルイディティ」と「LGBT」の違いとして、「好きになる相手の性別が明確に定まっているか、定まっていないか」という点が挙げられます。
「LGBT」にいずれかに当てはまる方は、好きになる相手の性別が明確に定まっています。

しかし、「セクシャルフルイディティ」の方は、好きになる相手の性別が流動的で明確に定まっていません。
つまり、相手の性別が同姓か異性であるかは関係なく、好きになった人がたまたま男性だった、もしくは女性だったというだけのことなのです。

また、男性と女性のどちらも性の対象となる「バイセクシャル」と混同されることが多いですが、バイセクシャルの方の場合、同性も異性のどちらも性の対象になるのは明確です。
しかし、「セクシャルフルイディティ」の方の場合、性の対象が流動的であるが故に、自分の恋愛対象は異性なのか同性なのか曖昧である点が、バイセクシャルとの大きな違いなのです。

LGBTの種類

「LGBT」というのは、セクシャルマイノリティである、「レズビアン」、「ゲイ」、「バイセクシャル」、「トランスジェンダー」を表しています。
「レズビアン」は、「女性として女性を好きになる人」で、「ゲイ」は、「男性として男性を好きになる人」のことを指し、いわゆる同性愛者ということになります。

次に、「バイセクシャル」は、「男性も女性も好きになる男性」、「男性も女性も好きになる女性」のことを指します。
最後に、「トランスジェンダー」は、「体と心の性が不一致の人」のことを指します。

トランスジェンダーの方は、体と心の性が合わないことで強い違和感を抱くことから、心の性に合わせるために性別適合手術を受け、戸籍の性別の変更を望む方も少なくありません。

<下に続く>

セクシャルフルイディティを公言している有名人

では、セクシャルフルイディティを公言している有名人にはどんな人がいるのでしょうか。
セクシャルフルイディティを公言している有名人として、以下の方々をご紹介します。

  1. リリー・ローズ
  2. ニコ・トルトレッラ
  3. マイリー・サイラス
  4. クリステン・スチュワート

有名人① リリー・ローズ

「リリー・ローズ」さんは、フランス・パリ出身のモデル、女優として活躍されている女性です。
2014年に、ホラーコメディ映画の「Mr.タスク」で女優デビューし、2015年に、有名ファッションブランドの「シャネル」のモデルとしてモデルデビューされています。

なお、有名なハリウッド俳優のジョニー・デップの娘で、「セクシャルフルイディティ」を広めたきっかけを作った女性として知られています。

有名人② ニコ・トルトレッラ

「ニコ・トルトレッラ」さんは、アメリカ合衆国イリノイ州出身の俳優、モデルとして活躍されている男性です。
「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」や、「ザ・フォロイング」、「ヤンガー」などの映画やドラマに出演されていました。

なお、ニコ・トルトレッラさんは、LGBTプライドイベントにて、セクシャルフルイディティであることをカミングアウトされており、性的な魅力よりも人の様々な側面に惹かれて恋に落ちると主張されています。

有名人③ マイリー・サイラス

「マイリー・サイラス」さんは、アメリカ合衆国テネシー州出身の歌手、女優として活躍されている女性であり、カントリー歌手の「ビリー・レイ・サイラス」を父に持っています。
2008年に発表したアルバム「Breakout」は200万を超える大ヒットを記録し、2009年には、16歳ながら自伝本の「Miles To Go」を発表されています。

セクシャルフルイディティとは微妙に異なりますが、性別にこだわらずに恋愛感情や性的欲求を持つ「パンセクシャル」を公言されています。

有名人④ クリステン・スチュワート

「クリステン・スチュワート」さんは、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の女優として活躍されている女性です。
「トワイライト」シリーズの「ベラ・スワン」役として知られており、「パニック・ルーム」や「ザスーラ」、「アドベンチャーランドへようこそ」などの映画にも出演されていました。

なお、アメリカのファッション雑誌である「NYLON」において、セクシャルフルイディティであることをカミングアウトされています。
2016年からは、ベルギー出身のモデルである「ステラ・マックスウェル」さんと交際されています。

<下に続く>

セクシャルフルイディティの意味とは?LGBTとの違いと公言している有名人のまとめ

セクシャルフルイディティの女性達

「セクシャルフルイディティ」とは、性の対象が定まらず、その時の状態によって性の対象が変わるセクシャルマイノリティのことを指します。
ジョニー・デップさんの娘である、リリー・ローズさんがカミングアウトしたことがきっかけで、「セクシャルフルイディティ」がアメリカを中心に世界中に広まりました。

日本では、未だセクシャルマイノリティに対する風当たりは強いかもしれません。
しかし、こういったカミングアウトが広がることによって、今後、様々な性のあり方を受け入れられるような日本になっていくかもしれません。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line