みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/02/07

ガーリーとは?服装・髪型・メイクの特徴とフェミニンとの違い

ガーリーとはどういうファッションのことをいうのでしょうか?違いがわからなくなりがちなフェミニンファッションとの違いもご紹介します。また実際にガーリーな印象を作れるように服装から髪型、メイクまでお伝えします。これであなたも今日からガーリーコーデが作れちゃいますよ。

Large photo 1528938102132 4a9276b8e320
目次

「ガーリー」とは?

意味

女の子らしいスタイルのことです。
まるで絵本やおとぎ話に出て来るお姫様のような可愛らしい風貌のことを言います。

お花やリボンなど可愛いものをモチーフにしたものが多く、少女のようなあどけない印象を与えます。

フェミニンとの違い

ガーリーとはフェミニンと違う

フェミニンも可愛いスタイルのことを言いますが、ガーリーはそれよりももっと少女感があります。
フェミニンは上品だったり、大人が通常着る中でも花柄やフリルなど可愛さをにじませるものを取り入れているものです。

そのためガーリーほど甘い要素はありません。
可愛いというよりかはどちらかというと清楚なイメージです。

そのためフェミニンな服装はOLなど、優しい雰囲気を出している女性がよく着ています。
格好いい系ではなく、女性らしさを出しているのがフェミニンです。

<下に続く>

ガーリーな雰囲気を持つ人の特徴とは

ガーリーな雰囲気を持つ人の、6つの特徴をご紹介します。

  1. 幼なさが残る顔立ち
  2. 全体的にふわふわしている
  3. 動きがゆっくりしている
  4. 女の子らしい仕草をする
  5. いつもニコニコしている
  6. マイペース

以上6つの特徴について、それぞれ詳しくみていきましょう。

特徴①:幼さが残る顔立ち

ガーリーな雰囲気の女子は、しっかりした顔立ちをしているというよりかは、あどけない顔をしています。
幼さがあるので、実年齢よりも若く見えるのが特徴です。

ガーリーな服装を好むからこそより幼く見えるというのもありますが、メイクも薄かったり、または可愛く仕上げているために幼さが際立ちます。
元々童顔な子も多く、例えば学生で制服を着ているなどみんなと同じ服装でも年齢より若く見えてしまいます。

それだけでも可愛さが感じられ、ふわふわな印象を抱かせるのでしょう。

特徴②:全体的にふわふわしている

ガーリーとはふわふわした女の子

ガーリーな雰囲気の人は全体的にふわふわしています。
服装や外見だけでも勿論そうなのですが、会話がとてもゆっくりだったり、話しているだけで和んでしまうほどに可愛らしいのです。

そのため、地に足がついておらずその人自体がどこかに飛んで行ってしまいそうに見えます。
ふわふわしているので、ついつい同性でも守りたくなってしまうような可愛らしさと危なっかしさを持っています。

外見であれば、髪の毛は基本的にウェーブやパーマをかけている人が多く、服装もフリルやふわっとした揺れるスカートを履いているので、余計にふわふわな印象を与えます。

特徴③:動きがゆっくりしている

ガーリーな女の子はいつでもゆっくりです。
話す時もゆっくりですし、飲み物を飲む時など、物を取るときもとてもゆっくりです。

ゆっくりした動作がまた女の子らしさを感じさせられ、癒し系にも思えます。
せかせかしている、いつも慌てて動きが早い女性はどっちかというとキャリアウーマンのような印象を与えます。

絵本やおとぎ話に出て来るようなお姫様は、いつも優雅でふわふわしています。
そのイメージから、ゆっくり動く女の子は可愛らしい子というイメージが備わっているのかもしれませんね。

特徴④:女の子らしい仕草をする

ガーリーな女の子は一つ一つの仕草が自然と女の子らしいです。
例えば飲み物をのむ時はカップを両手で持ったり、ぶりっ子をしているわけではなく両手をグーにして顔の近くに持っていって話したりだとか、全てにおいて可愛い仕草をします。

わからない時に首をゆっくりと横に傾けたり、男性をキュンキュンさせてしまう仕草ばかりしています。
だからこそ、女の子らしい女の子が好きな男性などはガーリーな雰囲気の女性に弱いです。

特徴⑤:いつもニコニコしている

ガーリーとはニコニコした女の子

ガーリーな雰囲気の女の子はとても温厚です。
基本的に怒ることはなく、いつもニコニコしています。

笑顔がとても可愛らしく、いつもニコニコしているからこそ癒し系になります。
争いごとを好まないので、何か問題が起きても笑顔で対処します。

ガーリーな雰囲気の女の子がいたら、喧嘩をしていても喧嘩をするのが馬鹿らしくなってしまうほどに温厚な性格をしています。
それが余計にふわふわした印象を与えるのかもしれません。

特徴⑥:マイペース

ガーリーな女の子はとてもマイペースです。
ゆっくりとした動作がそれにつながるのかもしれませんが、相手のペースに飲まれることがありません。

自分だけの独特の世界観を持っていることがあり、つかみどころがないところも特徴です。
そのためガーリーな子といると周りの人がペースに飲み込まれてしまいます。

それくらい自分だけのゆったりとした、ふわふわな世界を持っています。
マイペースであり、世界観も持っているために、誰に何を言われても気にならないところも特徴です。

ある種天然とも言えます。
悪口を言われても怒らないのではなく、時には悪口だと認識していないということもあります。

<下に続く>

ガーリー系ファッションとは?

ガーリー系ファッションを7つご紹介します。

  1. ワンピース
  2. イチゴ柄トップス
  3. ふんわりチェックワンピース
  4. くりぬきハートトップス
  5. シースルーブラウス
  6. フリル付きチェック柄スカート
  7. プリーツリボンブラウス

以上7つのファッションについて、それぞれ詳しくみていきましょう。

ファッション①:ワンピース

ガーリーといえば定番とも言える可愛らしいワンピースコーデです。
この格好を見ればガーリーなイメージを抱く人は多いのではないでしょうか?

このワンピースにソックスにブーツというコーディネートは、定番なガーリーファッションですね。
リボンや可愛らしい柄が入っているのがガーリーなファッションの特徴です。

ファッション②:イチゴ柄トップス

イチゴ柄のトップスが甘い印象を与えるファッションです。
白色を基調にしたファッションを施すことで、全体的に甘くてふわふわな印象を与えることができます。

少女感がなく甘すぎないので、普段使いしても問題ありません。
甘すぎるファッションだと着づらいでも、このファッションスタイルからであれば取り入れやすいのではないでしょうか。

ファッション③:ふんわりチェックワンピース

淡い色と首元や袖口がふんわりしているのがガーリーな印象を強くします。
一番目のワンピースほどは甘すぎず、大人の女性でも着ることができます。

その中でもシンプルなワンピースよりも可愛らしく、デートにはもってこいのファッションです。
これくらいの可愛らしさであれば、男性も好みやすいファッションです。

いつもはシンプルな服装ばかりしている人も、今日はデートで可愛く挑戦しようと思うのであればこのファッションがおすすめです。

ファッション④:くりぬきハートトップス

通常の白いトップスに袖口にハートのくりぬきが施されていることから、可愛さを与えます。
ワンポイントの可愛らしさが一気に可愛い印象に仕上げます。

下のスカートとの合わせ方があどけなさを出しています。
大きなチェック柄のスカートがより幼く仕上げます。

可愛らしさをまずワンポイントから取り入れてみると、ガーリーファッションに入りやすいですよ。

ファッション⑤:シースルーブラウス

シースルーのブラウスは色気高く大人っぽいスタイルにすることもできますが、合わせ方次第でガーリーに仕上げることもできます。
このブラウスは袖口がふわふわしているので、より可愛い印象が作れます。

ピンクのスカートと合わせることで、一気に女の子らしく仕上げられます。
ピンクと白の組み合わせは王道に可愛いですね。

黒色と白色で合わせるのもいいですが、ピンクで合わせることで甘々なファッションを作ることができます。

ファッション⑥:フリル付きチェック柄スカート

ピンクと黒のチェック柄は全体的に甘い印象を与え、ガーリーに仕上げます。
ふわっとした作りになっているのと、フリルがついているのがよりガーリー感を強くしています。

靴とトップスをピンクで合わせることで、全体的にガーリーに仕上げることができます。
着回ししやすいアイテムなので、一つもっておくだけでガーリーファッションを作ることができます。

ファッション⑦:プリーツリボンブラウス

黒と白で清楚な印象を与えながらも、ブラウスのリボンが可愛らしさを作り上げています。
とてもガーリーな仕上がりになりますが、甘すぎず大人な印象も与えることができます。

年齢的に可愛すぎる服装を着るのはさすがに恥ずかしいなと思うのであれば、少しお姉さん風にも見える甘いファッションがおすすめですよ。
ブラウスも下との合わせ方次第で様々な印象にすることができます。

<下に続く>

ガーリーな女性のメイクとは?

アイメイク

ベースをピンク系で作るのがポイントです。
ペースをピンクにすることで、ふわっとした可愛らしい雰囲気に仕上げることができます。

ピンクの上にブラウン系を乗せることで、可愛らしくでき、目を大きくぱっちりと見せることができます。
アイラインは黒ではなくブラウンにすることで、ふんわりとした印象にできます。

マスカラはロング系を使ってまつげを伸ばすように塗ることで、目をぱっちりした印象にできます。
目が大きいほどに可愛く作ることができます。

チーク

チークはオレンジ系を塗ると血色よく見えます。
ピンク色を使うと実は大人っぽく見えてしまうので、可愛らしい顔にするにはオレンジ色が一番です。

しっかりとつけるよりは、ふんわりとぼかして塗るのがいいですよ。

リップ

リップはリップグロスよりも、クレヨン系のリップを使うのがいいですよ。
少し深めの赤色を指でぽんぽん塗ると、ふんわりとした印象を作ることができます。

リップはしっかりと塗るよりも、ぼかしながら塗るのがガーリーに見せるコツです。

<下に続く>

ガーリーな女性に多い髪型とは?

ガーリーな女性に多い5つの髪型をご紹介します。

  1. ゆるふわウェーブ
  2. 茶髪ミディアムヘア
  3. ポニーテール
  4. 前髪ありのロングヘア
  5. ツインテール

5つの髪型について、それぞれ詳しくみていきましょう。

髪型①:ゆるふわウェーブ

一番多い髪型はゆるふわのウェーブがかかった髪型です。
ウェーブをかけることで、ふわふわな印象を作りだすことができます。

ロングの髪型にすることでよりガーリー感が増します。

髪型②:茶髪ミディアムヘア

ミディアムヘアでパーマをかけた髪型もガーリーな人には多いですね。
全体的にあどけない印象を作ることができるので、ガーリーなファッションをしても似合います。

ミディアムくらいの長さが一番ヘアアレンジをしやすいので、リボンをつけたりハーフアップにしたりとアレンジを利かせることもできます。

髪型③:ポニーテール

ポニーテールもガーリーな雰囲気を与えます。
元気な印象を与えるポニーテールですが、普通に一つ括りするよりも可愛い印象を作れるのがポニーテールです。

甘すぎる服装にはあいませんが、少し可愛いワンピースファッションなどによく合います。

髪型④:前髪ありのロングヘア

ガーリーなスタイルをする人は前髪を作る人が多いです。
前髪があった方がより少女感を与えるからです。

アイドルにも前髪を作っている人が多いのは、そういった印象を与えるためです。
ロングヘアは男女ともに女性らしいと思われる髪型であり、胸元辺りまでの長さがちょうどいいくらいの長さですね。

この髪型は甘いどの服を着てもマッチします。
ただ黒髪で合わせるのであれば、トップスは黒よりも明るい色を選ぶ方が顔映えしますよ。

髪型⑤:ツインテール

ガーリーに甘々を際ている人はツインテールをしています。
可愛らしいワンピースやジャンスカで合わせる時などは特にあいます。

一気に少女感の出る髪型です。

<下に続く>

ガーリーとは?のまとめ

ガーリーとは可愛い少女のような印象を与え、絵本やおとぎ話の世界に出て来るようなファッションだということがわかりましたね。
フェミニンとよく間違いがちですが、フェミニンなコーデは可愛い中でも大人っぽい印象や、清楚な印象を与えるファッションです。

ガーリーに仕上げたいのであれば、服装だけではなくメイクや髪型もトータルに合わせるのがいいですよ。
いきなり甘すぎるものに抵抗があるのであれば、普段使いできるような服装から挑戦してみるといいですよ。

ガーリーの中にも甘すぎるものから、大人でも抵抗なく着れるものまで幅広く揃っています。
ガーリーファッションに挑戦して、ガーリーな印象を与えてみませんか?

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line