みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/03/08

餃子の王将メニュー別カロリー!ダイエット中に嬉しいジャストサイズメニュー

中華料理の定番、餃子の王将では餃子以外にも様々なおいしい料理を楽しむことができます。
しかし、気になるのは料理のカロリーです。
中華と言えば油も多く、カロリーが高くなってしまうイメージがありませんか。
今回は餃子の王将のカロリーをご紹介します。
カロリーを知って上手に中華を楽しみましょう。

Large black background chinese food close up 724298
目次

餃子の王将のカロリー一覧

餃子の王将には、さまざまなメニューがあります。
各料理ごとに、それぞれのカロリーを見てみましょう。

餃子

まずは、王将の代表と言ってよい、餃子のカロリーを見てみましょう。
人気の焼き餃子は、一人前で6個あります。

こんがり焼かれた餃子は、王将の定番メニューと言ってよいでしょう。
この餃子の一人前のカロリーは346kcalです。

餃子単体だけでカロリーを考えると、決して高くありませんが、他の定食メニューなどと組み合わせるとかなり高カロリーな組み合わせになってしまいます。
そんなときにおすすめのメニューがジャストサイズメニューです。

このメニューは、量を減らし、その分安くしてくれているメニューです。
餃子のジャストサイズメニューは3個で173kcalになります。

この量であれば、カロリーが高くなりすぎる心配をせずに餃子を楽しみ、他のメニューと組み合わせることもできるでしょう。

麺類

餃子の王将では、麺類が豊富です。
まずは代表のこってりラーメンのカロリーを見てみましょう。

こってりラーメンのカロリーは597kcalです。
また、醤油ラーメンはもう少しカロリーが低く396kcal、人気のキムチラーメンは505kcalです。

ラーメン以外の麺類ではどうでしょうか。
玉子好きにおすすめの天津麺は606kcal、具沢山のちゃんぽんは674kcalで酢が、五目そばはヘルシーな383kcalです。

得にカロリーが高いのは揚げそばで、730kcalになっています。
一方、意外とカロリーが低いメニューには焼きそばがあり、387kcalです。

王将の麺類は種類も豊富な分、カロリーもかなりばらつきがあることがわかります。

ご飯類

つづいて王将のご飯ものを見ていきます。
基本の白ご飯中サイズは252kcalです。

それでは、人気の焼き飯はどうでしょうか。
基本の焼き飯のカロリーは644kcal、キムチが入ったキムチ焼き飯で631kcalとなります。

がっつり系の焼き飯で、食べごたえのある豚カルビ炒飯は698kcalです。
さらに、中華料理の定番で、あんがおいしいご飯メニューを見てみます。

中華飯は661kcal、天津飯は796kcalです。
禁断の天津炒飯は炒飯の上に天津飯のたまごやあんが乗った、間違いなくおいしいメニューですが、カロリーはその分高くなっていて、858kcalです。

揚げ物

それでは、中華では是非食べたい揚げ物メニューを見てみましょう。
ジューシーな鶏肉がたまらない鶏の唐揚げのカロリーは739kcalです。

同じような鶏肉メニューでは鶏の香味揚げが525kcal、油淋鶏が462kcalになります。
ちょっとしたおつまみに最適な春まきは3本分で459kcal、肉団子の唐揚げで583kcalです。

海鮮ものも豊富です。
以下のてんぷらは577kcal、小エビのてんぷらでは358kcalです。

中華の定番メニューであるエビチリのカロリーは918kcalで、かなり高くなっています。
酢豚は野菜が入るためか、エビチリに比べるとヘルシーで、654kcalです。

炒め物

こちらも人気の炒め物のメニューです。
中華ならではの炒め物は家庭では味わえない、ぜひ食べたいメニューになりますがカロリーはどうなっているのでしょうか。

豚肉とキャベツの組み合わせがおいしい回鍋肉は474kcalです。
青椒牛肉絲359kcal、豚キムチは405kcalです。

炒め物は、比較的野菜もたくさん入るため、意外とカロリーが抑えられている印象です。
特に野菜が中心のメニューではもやし炒めが290kcal、野菜炒めは303kcal、八宝菜でも405kcalです。

がっつり系のイメージがあるホルモンの味噌炒めが293kcalで、ニラレバ炒めが少し高く559kcalです。

サラダ類

続いて、ダイエット中にはうれしいサラダメニューを見てみましょう。
王将では、サラダのメニューはそれほど多くありません。

まずはシンプルなグリーンサラダで、 24kcal、焼き豚サラダでも55kcalです。
コーンが入る分、少しカロリーが高くなるコーンサラダでも82kcalです。

カロリーが気になる方は、ぜひサラダメニューを利用しましょう。

デザート

最後は別腹デザートのカロリーです。
王将では中華料理の定番デザートがそろっています。

人気のマンゴープリンは98kcal、杏仁豆腐は181kcalです。
デザートとしては、カロリーはやや低めです。

少しボリュームのあるデザートでは、胡麻団子が313kcal、桃まんは二個で280kcalです。
たっぷり砂糖が使われているスイートポテトは414kcalです。

<下に続く>

王将でおすすめの低カロリーメニュー

王将の低カロリーメニュー

どうしても、中華料理ではいろいろなメニューを楽しんで、気がつけばすごい高カロリーな食事になっているという事態になりがちです。
そこで、是非取り入れたい餃子の王将の低カロリーメニューについてみていきましょう。

低カロリーメニュー①:玉子スープ  

まずは、ダイエットをしている人には強い味方になってくれるスープメニューをご紹介します。
王将に限らず、一般的にスープはカロリーが低く、満足感も得られるため、普段からおすすめの料理です。

王将でも玉子スープがおすすめです。
おいしい中華だしのスープに、溶き卵が入っていて、見た目にも食べごたえは十分あるスープです。

何かの料理にもう一品付け加えたいときに、卵スープを選ぶことで、ボリュームがありながらもカロリーは抑えた組み合わせを実現することができるでしょう。
そんな玉子スープのカロリーは166kcalです。

低カロリーメニュー②:ワンタンスープ

同じく、スープ物からもう一品ご紹介します。
それがワンタンスープです。

つるんとしたのど越しがおいしいワンタンが入ったスープです。
ワンタンは、肉のほかに、皮の部分もあるためカロリーが高く思われがちですが、餃子などよりもカロリーは低めになります。

また、玉子スープ同様、具材がしっかりしている分、このスープだけでも満足考えられるためカロリーを抑えたいときの追加メニューには最適です。
ワンタンスープのカロリーは155kcalで、実は玉子スープよりも低い低カロリーメニューです。

低カロリーメニュー③:ワンタンメン

続いて、おすすめの低カロリーメニューがワンタンメンです。
ワンタンが入ったシンプルなラーメンですが、このカロリーは339kcalと麺類の中でもかなり低くなっています。

しかし、のど越しの良いワンタンに、程よいだしの感じるスープ、麺と食べごたえは抜群です。
この一品で、十分お腹が一般になる満足考えられるメニューと言えます。

具沢山で、食べごたえのあるちゃんぽんでも674kcal、ワンタンメンの2倍ほどのカロリーになります。
そう考えると、ワンタンメンは、ダイエット中でも王将のメニューを楽しめるおすすめのメニューと言えるのではないでしょうか。

低カロリーメニュー④:小龍包(3ヶ)  

王将と言えば餃子を頼みたいのが本音です。
しかし、カロリーが気になるときは少し手を伸ばしにくい場合もあります。

しかし、中華料理を食べに来たからには、点心ものを食べておきたい、そんな希望をかなえてくれるおすすめの低カロリーメニューが小籠包です。
熱々の小籠包は、食べた瞬間に肉汁の詰まったおいしいスープが広がる人気の点心料理です。

王将では、一皿に3個入ってきます。
この小籠包のカロリーが159kcalです。

だいたいワンタンスープと同じくらいのカロリーということができます。
ちなみに、他の点心メニューのカロリーも見てみましょう。

肉シューマイは3個入って243kcal、肉まんでは3個入って233kcalです。
そう考えると、小籠包は80kcal程度低カロリーで楽しめる点心メニューと言えるでしょう。

低カロリーメニュー⑤:チューリップ        

それでもやはり、揚げ物が食べたいという方にはチューリップはいかがでしょうか。
鶏の唐揚げですが、骨付きで、ジューシーな唐揚げ部分が先についているおつまみにもおすすめのメニューです。
普通の鶏の唐揚げのカロリーは739kcalです。

チューリップは、から揚げより少し一皿あたりの量が少なくなるということもありますが、カロリーは控えめの253kcalです。
揚げ物メニューの中でもトップクラスの低カロリーメニューと言えるでしょう。

スープや天津、サラダなどの低カロリーメニューを選んでも、やっぱりどこか物足りないことはありませんか。
そんなときには、チューリップを追加することでしっかり食べた満足感とカロリーを抑えた食事の両方を満たすことができるでしょう。

<下に続く>

自然と低カロリーに!王将のジャストサイズメニュー

カロリーが気にな王将の炒め物

餃子の王将には、ジャストサイズメニューという嬉しいメニューがあります。
人気メニューのジャストサイズメニューのカロリーを見てみましょう。

ジャストサイズメニュー①:ニラレバ炒め

ジャストサイズメニューは王将のミニサイズメニューのことを言います。
ボリュームたっぷりの中華もいいけれど、ちょっとだけ飲むときのおつまみがほしいときや、シェアをせずに自分の好きなものを少しずつ食べたいときに便利なメニューです。

お店や地域によって内容は変わりますが、人気の商品が、約半分サイズになって、その分安く注文できる点が魅力です。
もう一品追加したいけれど、ちょうどいいメニューがない、そんなときにも役立つメニューと言えます。
まずご紹介するのはレバニラ炒めです。

レバニラ炒めは通常のカロリーが559kcalです。
しかし、ジャストサイズメニューにすると、約半分程度のカロリーになるので200〜250kcalと考えることができます。

この量であれば、カロリーが低くなっている麺類などと合わせて頼んでも、十分ヘルシーな定食として楽しめるでしょう。

ジャストサイズメニュー②:焼き飯

続いて、人気の焼き飯です。
半チャンなどの言葉があるように、ラーメンには少しだけ焼き飯がほしいと思う方も多いのではないでしょうか。

また、女性でも、中華らしいご飯がちょっとだけ食べたいとき、焼きめしのジャストサイズメニューなら頼みやすいでしょう。
焼きめしは通常のカロリーがやや高めで644kcalです。

しかし、ジャストサイズにすると、200kcalほど少ない420kcal程度まで抑えられます。
この量であれば、カロリーが低いスープや天津などと一緒に食べても、おなか一杯楽しめるでしょう。

ジャストサイズメニュー③:麻婆豆腐

それでは中華の定番料理のひとつである麻婆豆腐を見てみましょう。
豆腐を使っているので、ヘルシーに思われている麻婆豆腐ですが、意外とカロリーは高いメニューです。

通常の麻婆豆腐のカロリーは758kcalです。
これだけでもしっかり一食分のカロリーはとれてしまいそうな内容と言えます。

しかしジャストサイズメニューの麻婆豆腐であれば、カロリーは約半分の350kcal程度まで抑えることができます。
定食風にオーダーに追加しても安心の嬉しいメニューです。

ジャストサイズメニュー④:鶏の唐揚げ

こちらも人気の唐揚げを見てみましょう。
鶏の唐揚げはカロリーも高く、通常のメニューでは739kcalでした。

しかし、ジャストサイズメニューであれば、量も少なく、しっかりとおいしい唐揚げを味わうことができます。
そんな唐揚げのジャストサイズメニューのカロリーは約300kcal程度です。

ジャストサイズメニュー⑤:カニ玉

かに玉も、人気のあるメニューです。
中華ならではのあんと、ふわふわのたまごは是非食べたいという方も多いでしょう。

そんな方におすすめのかに玉のジャストサイズメニューのカロリーは約450kcalです。
通常のカロリーは606kcalになっているので、少しカロリーを抑えたい人におすすめのメニューでしょう。

<下に続く>

王将のカロリーはメニューで調整しよう

王将の焼き飯のカロリー

これまで見てきたように、餃子の王将ではメニューも豊富な分、カロリーの高いがっつりしたメニューもあります。
しかし、中には意外なほどヘルシーに食べられるメニューもあります。

中華はもともと野菜が多く、栄養が取りやすいジャンルです。
上手にメニューを選ぶことができればダイエット中でも気にせず、おいしい中華を楽しむことができるでしょう。

またジャストサイズメニューなど、嬉しいサービスもあるので、どんどん活用し、王将で楽しくおいしい食事を満喫しましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line