みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/03/28

新年の抱負とスピーチに使える例文【仕事/私生活/四字熟語/英語】

新しい年を迎えると、その年頭に当たって多くの人は「新年の抱負」を決めたりしますよね。
ここでは以下に、そんな新年の抱負の決め方にはじまり、巷で人気の新年の抱負をランキング形式で考えていきます。

その上で四字熟語を使った抱負の例や、スピーチの例なども交えて考察を深めていきましょう。

Large photo 1534152256612 f2528e22ccaasinnennohoufu01

新年の抱負の決め方と達成のコツ

決め方

新しい年を迎えると、誰しもが心機一転して、新しく頑張ろうと、何か新しい目標を立てたりするものです。
「一年の計は元旦にあり」などというほど正月の迎え方は、その年を象徴するような大事なものであるとも言われます。

しかし、実際に年が明けてしまってから、「さて、今年の抱負は何にしようか?」と考えるのは遅いのです。
新年の抱負は、旧年が終わり切ってしまう前の年末までに考えておくのが賢い決め方です。

年が明けた時には既に抱負の実行の第一歩を切っているのが望ましいからです。

達成のコツ

旧年中の年末までに立てた新年の抱負を、実際に達成していくコツとは何でしょうか?
それは、まず、あれもこれもと欲張らずに、新年の抱負をどうしても達成したい1つに絞ることです。

この「どうしても達成したい」という点がとても大事で、1年を通して常に持ち続けられるほどのモチベーションと情熱のある抱負でなくては、とても達成できないからです。
ですから、まずは、本当に心の底から叶えたい抱負を1つだけ掲げることです。

その上で、ポジティヴに苦難であっても楽しみながら実行していく工夫を怠らないことがコツになります。

<下に続く>

新年の抱負ランキング

色々な新年の抱負

3位:「人間関係の改善」

実際の新年の抱負ランキングで第3位に入ったのは、人間関係に関する抱負でした。
これは、職場や学校の人間関係をはじめ、友人関係を広げるとか、恋人を見つけるとか、コミュニケーション能力を上げるといった、人間関係全般を改善したい、という抱負です。

2位:「自分を変える」

現実の新年の抱負ランキングにおいて第2位だったものが「変わる」という抱負です。
変わるといっても、非常に大雑把で漠然としていますが、要するに、去年までの自分とは変わって進化したいという、変身願望的な抱負になります。

この場合の変わるとは、主に欠点であった箇所をを克服したいという意味合いが強いようです。
「去年まで何かと先延ばしにしていた自分だけど、新年からはすぐにやる自分になりたい」とかいった類のものになります。

1位:「時間を無駄にしない」

実際の新年の抱負ランキングで堂々の第1位だったものは、「時間を大切にする」といった内容のものでした。
たしかに多くの人は、漫然と時間を無駄にしてしまったり、後から「やらなきゃよかった」と後悔するような不毛なものに膨大な時間を費やしたりしがちです。

こういったいわば悪癖ともいえるものは、新年の清々しい気分とともに直したいと強く思う人がそれだけ多いということでしょう。

<下に続く>

新年の抱負【仕事編】

仕事の抱負①:今やっている仕事のクオリティを上げる

仕事の抱負で多いものに、今現在携わっている業務や職務のスキルやレベルを上げて、新年は一段進化していきたい、といったものがあります。
特に、技術系の仕事などでは、具体的なスキルの段階がわかりやすいのでより明確な抱負を決めやすいですよね。

仕事の抱負②:具体的な成績の目標を決める

仕事における新年の抱負で多いものに、具体的な成績や成果の数字などを挙げて、それを新年には達成するという類のものが挙げられます。
これは、営業職など数字のノルマ達成や成績が、その仕事の評価や給与や昇進に直結している仕事の人に顕著に見られる傾向です。

こういった明確な数字を挙げた抱負は、その成果も目に見えやすく、常に意識して頑張れる種類のものだとも言えます。

仕事の抱負③:具体的な昇進や評価などのハードルを設定する

仕事における新年の抱負として、業種を問わず多く見られるものの一つに、ポスト名を挙げた昇進目標や、賞やタイトルなどの大きな評価のハードルを定めたものがあります。
この抱負は、そのハードルをクリアするために、逆算して細かい戦略や戦術、月単位や季節ごとの細かい到達目標なども決めて臨まなければならず、なかなか達成は難しい抱負と言えます。

そのような達成困難な難しいハードルだからこそ、モチベーションが湧いて遮二無二がんばれるという性格の人も一定数いるので、このようなタイプの人にはうってつけの抱負の掲げ方でしょう。

仕事の抱負④:資格を取得する

仕事においての新年の抱負として多いものに、「資格を取得する」というものがあります。
これは、業種問わず、資格が必要な仕事や、資格を取得した方が仕事の幅が広がる職種には顕著に見られる傾向です。

資格取得のためには、地道に勉強していかなくてはならないので、挫折しやすい抱負の1つではありますが、資格を取ってからの自分の活躍の幅の広がりなどを妄想して勉強すれば、達成に近づくでしょう。

仕事の抱負⑤:転職する

仕事の新年の抱負として異色なものに、「今年は転職する」というものがあります。
これは、新年には心機一転、別業種に転職したり、脱サラして起業したり、フリーランスとして新たな人生を始めるといった、人生の大転機ともなる抱負です。

この抱負は、人生そのものを左右する大きなものになるので、立てるからには、周到な準備と計画と、不退転の覚悟が必要です。

<下に続く>

新年の抱負【私生活編】

私生活の抱負①:運動する・ダイエットする

プライベートの新年の抱負で多いものとしては、「ダイエットをする」や「運動をする」といったものが非常に多いですね。
それほど、日頃の運動不足や不健康な生活習慣、肥満やプロポーションの崩れなどを実感している人が多いということでしょうか。

特に、運動は最初は、意気込んで誰でもオーバーワーク気味にやるものですが、それを毎日の習慣としてコツコツ続けていくことはかなりの忍耐力を必要とするものです。

私生活の抱負②:彼氏・彼女を作る

独身の男女のプライベートの新年の抱負として多いものに、「恋人を作る」というものが挙げられます。
これは今現在決まった彼氏や彼女がいない状態で、恋人が欲しいなと思っている人が挙げやすい傾向のものですね。

この手の抱負を達成するなら、自然に任せるよりも、出会いの機会を増やすことがポイントになります。
趣味のコミュニティやサークルなどに積極的に参加すると当然確率は上がるでしょう。

私生活の抱負③:結婚する

これは今現在決まった恋人がいて、そろそろ家庭が欲しいなと考えている男女に多い新年の抱負です。
特に、通常の場合、プロポーズをする側の男性は「今年は彼女にプロポーズする」と新年の抱負を決めるケースが多いようです。

女性の方は、プロポーズを受ける待つ立場ですが、彼氏がプロポーズしやすいような空気感の作り方などを努力して構築するといった抱負を持つ女性も少なく内容です。

私生活の抱負④:貯金をする

プライベートな新年の抱負で、老若男女全般に多い抱負として「貯金をする」というものが目立ちます。
なんだか現実的ですが、それだけ先行きの不透明な時代を象徴している抱負と言えるでしょう。

とはいえ、現代の日本は超格差社会に踏み込んでおり、9割の低所得労働者においては、毎月貯金もままならないほどギリギリの収支でやっている人がほとんどです。
そういった意味では、意外に達成の難しい抱負とも言えるでしょう。

私生活の抱負⑤:住環境を変える

プライベートな新年の抱負として変わり種のものに、「環境をがらりと変えたい」というものがあります。
これは、日本を飛び出して海外に移住するとか、都会暮らしをやめて、地方で田舎暮らしを始めるとか、とにかく旧年までとは住環境とライフスタイルをガラリと変えよう、といった抱負です。

人生をキリの良い新年からリスタートさせたい人には、ぴったりな抱負と言えます。

<下に続く>

新年の抱負【四字熟語】

新年の抱負を考える人

四字熟語の抱負①:『万里一空』

新年の抱負を四字熟語であらわすときによく使われるのが、『万里一空』(ばんりいっくう)です。
この四字熟語は、「抱負や目標、目的などを見失わずにがんばり続ける」という意味を持っています。

有名な剣豪宮本武蔵が長年の修業の末に残した著書『五輪書』で説いたことに起因しています。
「空はどこまで行っても1つに過ぎない。どんなに遠くまで行っても空を見失うな」という心持をあらわす際に使う熟語です。

四字熟語の抱負②:『尺山寸水』

新年の抱負を述べる際に、『尺山寸水』(せきざんすんすい)もよく使います。
この言葉は、高い山から見下ろせば、下界や川などが非常に小さく見える、というものが語源になっています。

ここから、志を高く持って、世間の小さな物事や妨害には微動だにしない心情で何かをがんばっていきたいときに使う四字熟語です。

四字熟語の抱負③:『疑事無功』

新年の抱負を四字熟語でびしっと言いあらわしたい場合によく使われる言葉が、『疑事無功』(ぎじむこう)です。
元々の出典は『戦国策』によるものです。

意味としては、一度やると決心したことは、何かあっても疑念を抱かずにやり遂げるというものです。
新年を迎えて、不退転の意志でやり遂げたいことを決めた場合などによく使われる四字熟語になります。

四字熟語の抱負④:『人間青山』

郷里の高校を卒業して、東京の大学に進学したり、大都市に働きに出ることになった新年の抱負としてよく使われる四字熟語に『人間青山』(じんかんせいざん)が挙げられます。
この言葉はもともと、「人間到る処青山有り」の略としてできた四字熟語です。

意味は、大きな夢や希望を果たすためには、故郷を出て大きく活躍すべきである、といったものです。

四字熟語の抱負⑤:『精励恪勤』

新年の抱負として、年が明けてますます頑張っていきたい意気込みをあらわすときによく使われる四字熟語としては、『精励恪勤』(せいれいかっきん)があります。
意味は、今の仕事に全力を尽くして、決して怠けない所存といった感じになります。

サラリーマンが年頭に当たって、上司や得意先に挨拶と抱負を述べるような機会によく使用される四字熟語です。

<下に続く>

新年の抱負【英語】

英語の抱負①:ダイエットしたり身体を鍛えたい場合

英語で、新年の抱負としてダイエットや身体を鍛えることを言いたい場合には、"lose weight"(痩せる)とか、"get in shape"(鍛えていい身体になる)とか、“exercise more”(今まで以上に(新年は)運動する)といった表現を使います。
身体を鍛えて尚且つ、食事にも気を付けていこう!といった新年の抱負を表明したい場合には、“develop healthier eating habits"(健康な食習慣にしていく!)といった一文を付け加えるとより具体的になります。

英語の抱負②:新年はお金を稼ぎたい場合

新年の抱負として、もっとお金を稼ぎたいという抱負を英語で言い表すには、どう言えばよいのでしょうか?
この場合には、"earn more money"(もっとお金を稼ぐ)と直接的な言い方をしても良いですし、“It’s time to start putting some money aside.”(「さて、お金を貯え始める時がきましたね」)と婉曲的に、稼ぐ意思を表明しても良いでしょう。

英語の抱負③:新年から人生を一新して改革したい場合

新年に、これまでの自分を捨てて新しい自分に自己改革していきたい意思を表す場合には、英語ではどう言えばよいのでしょうか?
この時には、“make some serious changes in my life”(ガチで真剣に人生を変えてみせる)といったような、堅い決意をあらわす言葉を選択すべきでしょう。

<下に続く>

新年の抱負スピーチ例

スピーチ例①:職場における新年の抱負のスピーチ例

(例文)


昨年は、◯◯事業部の皆様のお力添えのお陰もありまして、自分が当初設定したノルマと売上を達成することができました。
このことに関しては、自分ひとりの力では成し遂げられなかったものと自覚し、皆さまの御助力に心から感謝しています。

しかしながら、今年はこれで慢心することなく、新たなマーケットを創意工夫しながら粘り強く開拓していく所存であります。


スピーチ例②:学生の部活における新年のスピーチの例文

(例文)


去年は、先輩方が大学選手権準優勝という快挙を成し遂げられ、我が◯◯大も強豪として他校からマークされる存在になりました。
新チームでは、私が主将に指名され、正直務まるかどうか不安ではありますが、粉骨砕身してより良いチームにしていくよう頑張っていく所存であります。

みんなで切磋琢磨して今年も頑張って、今後こそ優勝を勝ち取りましょう!


スピーチ例③:飲食店などの常連客への新年の抱負スピーチの例文

(例文)


皆さん、旧年は、こんなポンコツマスターと傾きそうなボロいレトロなバーに足しげく通っていただき本当にありがとうございました。
こんなお洒落でもなく、ネットの採点もぱっとしないお店ですが、今年も変わらぬご愛顧を承ることができたら、私にとってこれ以上の幸せはございません。

本年もどうかよろしくお付き合いください。


<下に続く>

新年の抱負に関するまとめ

新年の抱負を述べる人

新年の抱負について、その意味や使い方、英語や四字熟語での言い回しなどについても掘り下げて考察してきました。
新年の抱負というものは、あまり長々と説明するものではなく、できれば簡潔に一口、もしくは一文でずばっと言い表せるものが望ましいです。

また、あれもこれもと欲張らず、これだけはどうしても新年にやりたい!と心から思うことを1つ挙げる方が、達成しやすくなるでしょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line