みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

京急カードってどんなカード?種類や使い方、手続き方法など

「京急カード」という会員カードをご存知でしょうか。
京急カードにはいくつかの種類があり、申し込み時の特典も大きく、持っておくメリットがあるカードです。
このカードにかかる年会費や実際に使ってみての評判をまとめてご紹介していきますので、要チェックです。

Large card cash debit card 51122  1

京急カードの種類【申し込み方法や特典など】

京急カードとは京急電鉄が運営するクレジットカードとポイントカードの総称です。
京急グループを利用する方には必見のカードとなっています。

さて、京急カードにはどのような種類があるのでしょうか。
カードの種類は大きく分けて以下の3種類が用意されています。

  • 京急プレミアカードゴールド
  • 京急プレミアポイントシルバー
  • 京急プレミアポイントクリスタル

それぞれのカードの申し込み方法や付与されている特典を見ていきましょう。

京急プレミアカードゴールド

京急プレミアカードゴールドは京急カードの中で最も上位ランクのクレジットカードになります。
「クレジット機能付ポイントカード」となっていて、京急プレミアポイント加盟店でのご利用ポイントだけでなく、加盟店以外でもポイントを1%(100円につき1ポイント)付与しています。

また、羽田空港国際線旅客ターミナルにある免税店「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」にて買い物金額の10%割引や旅行時の付帯旅行保険サービスなどの特典を受けることが出来ます。

旅行保険サービスは2種類が自動付帯されており、海外旅行傷害保険が最高2,000万円となっています。
ただし、2年目以降は前年の年間ショッピング利用額が20万円以上の場合に最高2,000万円、20万円未満の場合は最高100万円の付帯となっています

国内旅行傷害保険も同じく2,000万円の付帯となっていますが、こちらはホテル・航空券の支払いを事前にクレジットカードで支払いをした場合にのみ付帯されます。

電子マネー「PASMO」のオートチャージサービスも申し込むことによって利用できる便利なカードです。
他にもこのカードにのみについている特典として、カード利用年間100万円以上で「京急タクシー利用チケット1万円分」「京急百貨店カタログギフト2冊」「三浦半島京急グループ宿泊・レジャー施設ご利用券」のいずれか1点を進呈してもらえます。

上記を希望しない場合は京急プレミアポイント5,000ポイントの進呈を選択することも可能です。
特典の引き換えは会員住所宛に送付されるはがきにて希望商品を記載の上、返信して特典のお届けという流れになります。

更に家族カードの発行も可能で、そのポイントをまとめられる「ファミリープログラム」の利用も可能となっています。
家族カードは本会員とは別に1枚カードを発行できるサービスです。

家族カードの利用によるポイントも本会員のカードに合算することができ、ポイントが貯まりやすくなっています。
貯まったポイントは1ポイント1円で500円からポイント券に引き換えることができ、京急プレミアポイント加盟店で利用することが出来ます。

サポートも充実しており、クレジットカードに関しては24時間年中無休対応のコールセンターが用意されています。

海外旅行時には海外サービス窓口が世界各地に用意されていて、現地スタッフが日本語で対応を行ってくれるため、安心して立ち寄ることが出来ます。
ETCカードを付けることもできますので、ますます日常生活の中で便利に利用できるカードです。

なお、カードブランドはMUFGカードのみで国際ブランドは「VISA」のみとなっています。
京急グループ内での会員種別は「クレジット会員」となります。

京急プレミアカードシルバー

京急プレミアカードシルバーはゴールドと同じく「クレジット機能付ポイントカード」です。
京急プレミアポイント加盟店であれば、カードの提示とクレジット決済でダブルでポイントを貯めることが出来ます。
もちろん、申し込めばPASMOのオートチャージ機能を利用することが出来るカードです。

カードのブランドはDCカードとUCカードを選択することが出来、国際ブランドとして「マスターカード」か「VISA」のいずれかを選択できます。
付与されるポイントについて、京急プレミアポイント加盟店以外でのクレジット決済利用時は0.5%(200円につき1ポイント)の付与となっています。

ゴールドカードと同じく、京急グループ内での会員種別は「クレジット会員」となります。
学生や主婦でも申し込みことが出来るのが特徴で、年会費も無料であることから気軽に申し込むことができます。

2018年10月3日現在、DCカードブランドの新規入会は休止されているので申込時には注意してください。

京急プレミアポイントPASMO

こちらは京急プレミアカードシルバーと同じく年会費無料で入れるPASMOとセットになったUCカードブランドのクレジット機能付ポイントカードです。

大きな特徴として、PASMOが付いているため、京急鉄道の定期券を購入した場合、カード裏面に定期券が印字されるという特徴があります。
ゴールド、シルバー共にカードの有効期限は2年間となっております。

京急プレミアポイントクリスタル(京急ポイントカード)

このカードはクレジットカードではなく、ポイント会員としての利用となります。
クレジット利用はできないため貯められるのは提示でのポイントがメインとなります。

入会後すぐの利用でもポイントを貯めることができるので、便利なカードです。
「京急ポイントため~る」という制度があり、指定の携帯電話サイトで会員登録を行えば、お得なキャンペーン情報やクーポン券を配信するサイトを利用することが出来ます。

<下に続く>

京急カードのメリット

では、京急カードを持つことによって利用者にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
そのメリットを7つ、照会します。

メリット①京急プレミアポイントが貯まる。

ポイント自体の有効期限は2年間ですが、京急プレミアポイントの種類には3種類存在しています。

  1. 基本ポイント
  2. クレジットポイント
  3. ボーナスポイント

そして、ファミリープログラムがプレミアポイントゴールドには存在しており、家族会員が獲得したポイントは自動で合算される仕組みんも取り入れてあり、ますますポイントが貯まりやすくなります。

メリット②WEBサイトでポイント残高をリアルタイムで確認できる

15桁のポイントカード番号と登録電話番号の下4桁を暗証番号として入力すると、貯まっているポイントの残高をリアルタイムで確認することが出来ます。
なお、ご利用時間は午前6時から深夜0時となっていますのでご注意ください。

京急プレミアポイント確認サイト

また、パスワード等の入力を3回間違えるとセキュリティロックがかかり、翌日までポイント確認をすることが出来なくなります。

メリット③ETCカードを付帯できる

近年、高速道路を利用するのに、ETCカードは必須のアイテムとなってきました。
割引がきいてお得なETCカードをクレジットカードにつけることが出来ます。

このメリットはなんといってもETCでも京急プレミアポイント(クレジット利用分)を貯められるということです。
旅行に遠出をするときでもポイントを賢く貯められる機能ですので、ぜひ利用したいメリットです。

もちろん無料でつけることが出来ます。

メリット④クレジット会員ならクレジット払いで定期を買える

京急沿線に住んでいて、通勤や通学に京急を利用しているなら絶対に欲しい機能です。
泉岳寺駅を除く京急全駅の自動券売機および定期券窓口で定期券を購入することが出来ます。

対象のカードはプレミアポイントゴールドとシルバーのクレジット機能付きカードになります。
もちろんポイントも付与されます。

クレジットのご利用は一括払いとなります。
定期券購入をクレジット利用できないことは鉄道会社では珍しいことではなく、京急の場合もこの2種類のカード以外のクレジットカードは利用できません。

クレジットカードを作ってくださっている京急お得意様への大きなメリットと言えます。
購入時にはクレジットカードの暗証番号を入力する必要がありますので、事前の確認を忘れないようにしてください。

メリット⑤PASMOオートチャージサービス

こちらは申し込みが必要となるサービスですが、PASMOを付けた京急カード改札機にタッチするだけで自動的にチャージされ、ポイントも貯まるというお得なメリットがあります。
改札入場時・出場時両方でオートチャージされますので次回の利用時に安心です。

初回の設定金額は改札機にタッチする時点でのPASMO残高が2,000円以下であった場合、自動的に3,000円がチャージされます。
ただし、品川、横浜、八丁畷の連絡改札機ではオートチャージができないので注意が必要です。

また、改札入出場時にオートチャージを実施したとしても、運賃精算額に満たない場合、オートチャージされませんのでこちらも注意が必要です。

このサービスの有効期限は、クレジットカードの有効期限と同一になっています。
クレジットカード更新時にお知らせが届きますので、駅(泉岳寺駅を除く)にて手続きを行う必要があります。
手続きは駅員さんにお願いしても問題ないですし、券売機で行うこともできます。

メリット⑥貯まったポイントをANAマイルと相互交換できる

貯まった京急プレミアポイントはANAマイルに相互交換することができます。
ポイント交換サービスのページが京急プレミアポイントのホームページ内にあります。

そこから登録を行うことで交換を行うことができるようになります。

京急プレミアポイント→ANAマイル交換サイト

ポイントの交換比率は京急プレミアポイントをANAマイルに交換する場合、1,000ポイントを400マイルとして交換できます。
交換単位は1,000ポイント単位となりますのでご注意ください。

ANAマイルを京急プレミアポイントに交換する場合は、10,000マイルを10,000に交換することが出来ます。交換単位は10,000マイル単位で3口までとなっています。3口目以降は10,000マイルを5,000ポイントとの交換となります。

メリット⑦新聞や銀行で割引や優待が受けられる

京急グループ以外にも京急プレミアポイントのクレジットカードの優待が存在しています。
例えば、毎日新聞は購読機関に応じてポイントのプレゼントや乗馬クラブクレイン(全国に34箇所)ではプライベートレッスンの割引ができます。

京急プレミア(クレジット会員)割引一覧

上記サイト(京急プレミアポイント公式HP)内に一覧が掲載されていますので、お得に利用しましょう。

<下に続く>

京急カードの年会費

京急カードの年会費はいくらなのでしょうか。
カード別にご紹介します。

京急プレミアポイントゴールド
こちらの年会費は年1,905円(税別)です。
但し、入会初年度は無料となっています。

ゴールドカードとしてはかなり安価で非常に持ちやすいカードと言えます。
家族カードについても1枚目は無料で発行ができ、2枚目以降の発行も1枚につき400円(税別)となっています。

もちろん家族カードも初年度年会費は無料となっています。

京急プレミアポイントシルバー
こちらはクレジット機能が付いていますが、年会費、家族カード共に無料となっています。

京急プレミアポイントクリスタル
ポイントカード機能しかついていないため、年会費は無料です。

<下に続く>

京急カードを利用する際の注意点

京急カードを利用する際にはどのような注意点があるのでしょうか。
思わぬ失敗に繋がる利用時の3つの注意点を紹介します。

注意点①ポイント券の利用期限

京急カードの提示やクレジット決済によって貯まったポイントは1ポイント1円で500円からポイント券に引き換えることができます。
ポイント券は京急プレミアポイント加盟店で利用することが出来ます。

ただし、ポイント券の有効期限は発行日より2か月となっていて、一度交換したポイントは戻すことが出来ませんので注意する必要があります。
このポイント券は各施設の「ポイント券発行機」にて発行することが可能ですが、その他ネットなどの方法で申し込みすることが出来ません。

また、発行に際しては暗証番号として登録電話番号の下4桁が必要となりますので、忘れないように注意しておく必要があります。
もちろんポイントは獲得が古いポイントから順に減算されますので、その点は安心して大丈夫です。

注意点②ポイントの有効期限

京急ポイントの有効期間は獲得方法に関わらず「取得日から2年間」となっています。
2年間を過ぎたポイントは残念ながら失効となりますので、注意する必要があります。

また、利用者側に過失のない事故を除いて、使用しているカードのポイントの保証や別カードへのポイントの移し替えなどの対応はとることが出来ないのでこの点にも注意をしておく必要があります。

注意点③複数のポイントカードの合算はできない

京急プレミアポイントは別々のカードで貯められたポイントを1枚のカードにまとめるポイント合算の制度がありません。
もちろん、名義が同じカードであったとしても、家族のカードであったとしても同様です。

カードの利用時に提示を忘れてしまったり、別のカードを提示してポイントを貯めてしまったりすると、後々ポイント合算をすることが出来ませんので注意してください。
ただし、ポイント専用カード(京急プレミアポイントクリスタル)から「クレジット機能付ポイントカード」への切り替えの場合(シルバーからゴールドへのランクアップ含む)とクレジットカードの有効期限を迎え、クレジットカードを退会し、「京急プレミアポイントクリスタル」に変更する場合は、新旧双方のカードの提出によって合算をすることが出来ます。

<下に続く>

京急カードの評判

京急沿線に居住している住人からの京急カードの評判は非常に高くネット上には「京急カード最強」との声もあります。
鉄道会社という地域密着型のグループ企業が運営するポイントサービスですので、地区に住んでいる方にとってのメリットは大きいものがあります。

また、京急地域ではなくてもカードを所持することで得られる優待もありますので、ビジネス誌の購入などに向いています。
更にゴールドの年会費が他のクレジットカードよりも格段に安いことも日常遣いのカードとして、主婦層から高い評価を得ています。

これらのメリットから京急プレミアポイントを持つ京急カードの評判はとても良いものと判断できると言えます。

<下に続く>

京急カード利用のまとめ

ご覧いただいたように、京急カードは3種類のカードが用意されていて、自身の目的に合わせて利用のできるとても使い勝手の良いカードとなっています。
また、ANAのマイルと交換できることも大きなメリットの一つとなっています。

沢山のメリットだけでなく、貯まったポイントをポイント利用券に交換できるなど日々の暮らしにしっかり利用できるカードです。

京急カードを利用する際は、メリットを余すことなく利用するようにしましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line