みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/05/15

フィックスとは?シーン別の使い方を解説【英単語/ビジネス/FX/建築】

オフィスで”フィックス”というコトバを聞き、”どういう意味なのだろう?”と思ったことはないでしょうか。
そこで本記事では、英語での「フィックス」の意味・使い方やビジネスでの「フィックス」の意味・使い方など、幅広くフィックスについて解説していきましょう。

Large pexels photo 1068523
目次

英語での「フィックス」の意味・使い方

意味

まずは、英語での”フィックス”について見ていきましょう。
英語では”FIX”というつづりになり、中学校や高校の事業の英語でも意味は習うのではないでしょうか。

”FIX”には、実にさまざまな意味があり、文脈によって意味が変わるでしょう。
代表的な意味としては”修理する”が挙げられますよね。

自動詞であれば、固定する・腰を据える・集中させるなどがあるでしょう。
他には、準備をする・麻薬を打つなんて意味でも用いられることがあります。

自動詞の意味について解説しましのたで、他動詞についてもご紹介しましょう。決定する・回復させる・治療する・調整する・解決するなどがありますね。
また、備える・用意する・目を凝らす・凝固させる・片付ける・買収するなども意味としてあります。

続いて、名詞の意味をチェックしましょう。
苦境・調節・解決策・不正・認識・航行位置などがありますね。

いずれにせよ、英語の”フィックス”の意味は実に多彩です。
英語で使用する際は、しっかりと意味を理解し、使用するようにしましょう。

使い方

英語での”フィックス”はさまざまな意味があるからこそ、さまざまな使い方が考えられます。
例えば”cook”のような調理という意味がありますので、日常会話している際に聞くことがあるかもしれません。

正しい使い方を知るためには、正しい意味を理解する必要があります。
文脈によって意味が異なりますので、間違えないようにしましょう。

<下に続く>

ビジネスでの「フィックス」の意味・使い方

ビジネス上でのフィックスについて

意味

ビジネス上での”フィックス”はどういった意味があるのでしょうか。
基本的には”確定する””決定する””最終決定””固定”という意味になりますね。

もちろん会社によっては異なった意味になることもあり、話の流れによっては意味が変わることも考えられるでしょう。
年齢によってはフィックスというコトバ自体に不慣れで通じない可能性もありますので、十分ご注意ください。

使い方

ビジネス上での”フィックス”の使い方例を解説しましょう。
”このミーティングは毎週○○時にフィックスしたので、来週も○○時にお集まりください”などが例文として挙げられるでしょう。

”修理”という意味では、”バグをフィックスした”なんて使用されることがあるかもしれません。
”この案件はフィックス”などとカンタンに使用する事もあるでしょう。

<下に続く>

ビジネスで「フィックス」が大切な理由

理由①

ビジネス上での”フィックス”は、なぜ大切なのか見ていきます。
あいまいなことを避けるため、”確定する”ことは重要ですよね。

さまざまな案件を同時に進めているとどの案件もあいまいな状態になりがちです。
そのため、”フィックス”することにより、次のステップに進めるのではないでしょうか。

どの仕事も、次のステップに進めないと、売り上げや利益に影響がありますよね。
そのため”フィックス”することはビジネス上で大切になるのでしょう。

理由②

フィックスすることで仕事がたまらないこともメリットになるでしょう。
あいまいな状態では次にするべきことが見つからない可能性もあり、やるべきことがどんどん後回しになってしまうリスクもあります。

もちろんフィックスすることは大変な事でもありますが、次に進むために避けてはいけません。
フィックスはスケジュールに関わることですので目を離さないようにしましょう。

<下に続く>

ビジネスでフィックスする際の注意点と対策

注意点

ビジネスでフィックスする際の注意点としては、相手も自分と同じような認識を持っているのか確認することです。
自分が”フィックスした”と思っていたとしても、相手が思っていなければ意味がありません。

ビジネスでのフィックスがいかに大切なのかは上記で解説した通りです。
では、どのように対策すれば双方のすれ違いを解決できるのでしょうか。

対策

対策方法としては、改めてフィックスしたことを相手に確認するようにしましょう。
会話だけで不安な人は、メールで改めて送っても問題ありません。

会話ではニュアンスや言い間違えにより、双方の認識にズレが生じるリスクもあります。
そのため、メールやファックスなどを使用したほうが良いかもしれませんね。

<下に続く>

FX用語での「フィックス」の意味

FXのフィックス

フィックスは、FXでも使用されるものです。
FX用語では、どういった意味があるのでしょうか。

”ロンドンフィックス”などで使われることありますね。
簡単にまとめると”値決め”のような意味があるそうです。

夏では日本時間午前0時がロンドンフィックスのようですね。
激しい値動きをみせる時間となるでしょう。

<下に続く>

建築用語での「フィックス」の意味

建築用語も”フィックス”は使用されます。
”嵌め殺し”とも言い、固定すること、もしくは固定された状態の意味です。

建築業界では”開閉しない嵌め殺しの窓”なんて使われ方があるでしょう。
”固定”という意味においては映像業界でも使用され、固定して撮影する際に”フィックス”を使用する事があるようですね。

ちなみに、IT業界では、”確定する””決定する””最終決定”以外の意味で使用される事もあります。
プログラムに不具合が生じ、それを直すことを”フィックス”と呼ぶ事があるでしょう。

重要な修正問題を解決した際、”Hot fix”なんてコトバも使われます。
このように業界によって使い方が異なる可能性がありますので、しっかりと認識しておいてください。

<下に続く>

フィックスとは?シーン別の使い方を解説【英単語/ビジネス/FX/建築】のまとめ

フィックスのまとめ

英語での”フィックス”の意味は、豊富にあり、文脈によって意味が異なります。
”fix”と書き、固定する・腰を据える・治療する・調整する・用意する・目を凝らす・不正・認識などの意味がありますね。

ビジネス上での”フィックス”はおもに”確定する””決定する”という意味になりますね。
”条件をフィックスする”など、さまざま使い方が考えられるでしょう。

使い方の注意ポイントとしては、フィックスすることに対して双方の認識がズレてしまわないようにすることですね。
また、世代によってはわかりづらいコトバかもしれませんので、使用する相手を選ぶべきとも言えます。

フィックスはFXでも使用され、建築・映像・IT業界でも使います。
それぞれで特有の意味がある可能性もありますので、間違えないように使いたいものですね。

”フィックス”以外でも、オフィスでさまざまなカタカナ用語が使用されるのではないでしょうか。
”フェーズ”や”ソリューション””リスケ”など、日常会話ではあまり使いませんよね。

わからない単語に出会った際は、すぐに調べ、間違わないように使えるようになりましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line