みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/05/17

地球外生命体は存在する?可能性をNASAの発表をもとに考察

米航空宇宙局NASAは2018年に、数回にわたって地球外生命体が太陽系宇宙の惑星や衛星に存在する可能性について発表しています。
水や海水の中の科学エネルギーさらに有機分子といった生命の源となる物質が発見されたのです。

地球外生命体は、はたして宇宙に存在するのでしょうか?
NASAの発表や科学記事をもとにして、地球外生命体が存在する可能性を調べてみました。

Large %e5%9c%b0%e7%90%83%e5%a4%96%e7%94%9f%e5%91%bd%e4%bd%93%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%ab

「地球外生命体」とは

地球外生命体とは地球の大気圏以外の宇宙に存在する生命体のことです。
英語では「extraterrestrial life」といいます。

terreは地球のことです。
地球を越えた生命体、略して「ET」です。

地球外生命体は「alien life」、異質な生命体の意味で、略して「 エイリアン」ともいいます。
ETやエイリアンが宇宙のどこかで発見された記録はまだありません。

私たちの常識では、生命体とは成長し、増殖する有機体です。
それでは地球外生命体はどんな形をしているのでしょうか?

映画や漫画に出てくる姿は想像の産物です。
地球外生命体は微生物や、植物、昆虫、地球の動物に近いものから、シリコンや金属でできたものまで様々の生命の形が想定されます。

その中でも高度な知能を持った地球外生命体は、人類の想像を超えた存在である可能性もあります。
地球外生命体の姿は、会ってみないとわからない、という結論になります。

地球外知的生命体とは、人類の壮大なロマンの中に生き続ける存在なのかもしれませんね。

<下に続く>

地球外生命体が存在する可能性

多様な生命体を育んできた地球と同じような環境を持つ惑星は、太陽系宇宙に存在するのでしょうか。
残念なことに、そのような惑星は私たちの太陽系宇宙では発見されていません。

つまり、人類のような知的生命体が太陽系宇宙に存在する可能性は絶望的であるとみられています。
人類が知的生命体と出会うシーンは太陽系宇宙を超えた別の宇宙を探す必要があるようです。

では、NASAは何を発見したのでしょうか。
NASAのいう地球外生命体とは微生物のような目に見えない生命体のことです。

とはいえ、もしも発見されれば歴史的大事件になります。
人間だって海の中の微生物みたいなものから進化してきたのです。

生命のはじまりのシーンがみられるかもしれないのですから。
NASAのチーフサイエンティスト、エレン・ストファンがワシントンの討論会で発言して、大きな反響を呼んでいます。

「10年以内に地球外生命体の存在する強い兆候が認められ、20年~30年のうちに決定的証拠が見つかると信じている」
これに多数の科学者も賛意を表しました。

太陽系物理学者のジェフリー・ニューマークは「地球外生命体の発見はもしもではなく、いつ、の段階に来た」と同調しているのです。
地球外生命体が見つかる日はもう目の先なのです。

<下に続く>

地球外生命体が存在するとされる星

星①火星

地球外生命体をさがす

2018年6月13日、NASAは火星探査車「キュリオシテイー」がクレーターから採取した堆積岩を分析した結果、新たな有機分子が発見されたと発表しました。
同時に大気中のメタン濃度が季節によって変化していることも突き止めています。

「今回の発見は生命の存在を示す証拠を探し続けるように、火星が語りかけているのです。今後さらに驚くような発見があると確信しています」
これはNASA科学ミッション副長官の発言です。

火星には生命が誕生する環境・広大な海があったこともわかっています。
有人探査が始まって、地球外生命体の発見が期待される惑星NO.1は火星でした。

星②氷衛星

火星以外で生命が存在する可能性があるのは木星や土星の「氷衛星」です。
太陽から遠く離れたここでは表面の水は凍ってしまいますが、深い所「内部海」では親星の重力でできる潮汐力で熱が起こり、水は溶かされます。

【NASA2018年4月発表】
土星の衛星「エンセラダス」で、地下から噴出している海水から、生命に必要な化学エネルギーを発見。

【ネイチャー誌2018年2月掲載】
ドイツとオーストリアの研究チームによれば、エンセラダスでは「アーキア」(古細菌)が噴出メタンを生成した可能性がある。

木星の氷で包まれた衛星「エウロパ」「ガニメデ」にもこのような内部海が確認されています。
土星や木星のまわりを回る衛星について、生命の存在を示す兆候が、次々に報告されています。

木星の探査には日本も参加して2022年に探査機が打ち上げられる予定です。
土星と木星の氷衛星は地球外生命体が存在する星の候補NO2です。

星③系外惑星

高度な文明を持つ地球外生命体を探すため、人類は太陽系の外側にある惑星「系外惑星」に探索の手を伸ばしています。
地球に似たサイズを持っていて、太陽のようなエネルギーを発している恒星から適当な距離であること。

宇宙でのこのような領域のことをハビタブルゾーン(生存可能領域)と言います。
さらに惑星はガス状でなくて、環境が安定し、水を有すること。

ハビタブルゾーンに住む知的な地球外生命体から、地球に送られてくるかもしれない通信を受信しようという活動(SETI)が1960 年に始まりました。
100以上のプロジェクトが動きましたが、今まで有望な信号は受信されていません。

地球からの情報発信も含め、系外の知的な地球外生命体とのコンタクトの夢を乗せて世界の観測所が現在も活躍しているのです。
(参照:佐藤勝彦監修「宇宙には、だれかいますか?」河出書房新社)

<下に続く>

地球外生命体の存在確認といえる発見

①ロズウエル事件

1947年7月2日、米国ニューメキシコ州ロズウエルの近くに未確認飛行物体UFO墜落。
第二次世界大戦の直後、こんなショッキングな報道が世界を走りました。

壊れた宇宙船には宇宙人が乗っていて、遺体は機体の一部分と共に米軍が回収した、と言う話が伝えられたのです。
軍はUFOの正体は気象観測用の気球だったと発表しますが、住民の話や、憶測から様々な情報が飛びかいます。

「米政府の隠蔽説」から始まって、昨年はカナダの大学教授が「宇宙人による地球監視説」を発表するなど、70年を経た事件の真相はまだまだ闇の中のようです。

②ロシアが発表した微生物

地球外生命体が付着?l

【産経ニュース 2017年12月18日】
国際宇宙ステーションの表面でロシア宇宙飛行士らが採集した標本から、打ち上げ前にはなかった微生物が検出された」

この微生物が地球外生命体と確認されれば、歴史に残る大発見とされることが確実でした。
発表から相当の月日が経ちますが、その後の経由は説明されていません。

採取された場所は、地球の大気圏内だったとされていますから、残念ですが、地球内生命体だったと推定できますね。

③ホーキング博士の予言

これは知的生命体の発見の話ではありませんが、宇宙物理学者として高名なホーキング博士が亡くなる前に行った二つの予言を紹介します。
一つはブラックホールにつながった異次元の世界、パラレルワールドの存在と、もう一つは高度な知能を持つ地球外生命体が存在するという予言です。

将来、AI(人工知能)よりエイリアンが人類の敵になる
「宇宙人はコロンブスがアメリカ大陸を発見したときのように地球を侵略するだろう」

この予言は科学者に警告を与えるものとされ、大きな反響を呼んでいます。
もしかすると、高度な知能を持った地球外生命体はパラレルワールドにいて、私たちを秘かに観測しているのかもしれませんよ。

<下に続く>

地球外生命体がテーマのおすすめ映画

おすすめ①E.T.

E.T. (字幕版)
199円

地球に取り残された異星人と、地球の子供たちのほのぼのとした友情を描いた名作です。
1982年公開、ステーブン・スピルバーグ監督、世界を泣かせたSFファンタジー

地球外生命体E.T.と、戦争ではなくて友情をテーマに、SF映画の新しい潮流を作り上げた傑作です。
懐かしい名シーンの数々を思い出してくださいね。

おすすめ②未知との遭遇

未知との遭遇 ファイナル・カット版 (字幕版)
199円

まだこの映画をみていない方のために、詳しいストーリーは紹介しません。
ラストで、地球外生命体と人類とのコミュニケーションが、巨大なサウンドで通じ合う瞬間。

「ぴぽぴぽぱ→ピポピポパ→ぶばびぼば」
あのシーンがこの映画のすべてです。

これもスピルバーグの1977年のビッグヒット作品。
異星人と人類が始めてコンタクトを果たす、古典的名作です。

おすすめ③エイリアン

エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)
199円

筋肉系女優シガニーウイーバー演ずる主人公エレン・リプリーはシリーズの四作まで、常によだれだらだらの形相で迫ってくるエイリアンと死闘を演じます。
ついにリプリーはお腹にエイリアンの子供まで宿すことになるのです。

ストーリーは単純で、地球の企業が金儲けのために、未知の生命体・エイリアン捕獲と地球への持ち帰りを、企てていたのです。
エイリアンがリプリーに愛情を示してくる三作目の頃から、孤独なエイリアンに感情移入してしまいますよ。

1979年にフォックス映画が公開して、エイリアン映画の金字塔となった作品です。

おすすめ④メンインブラック

メン・イン・ブラック (字幕版)
199円

頭ぐちゃぐちゃになるまで笑いこけるSFシリーズです。
ウイル・スミスとトミ・ーリー・ジョーンズの名コンビがサングラスとブラックスーツできめて、画面を走ります。

街のそこら中が地球外生命体、エイリアンだらけ。
隣の男も、ワンコもニャンコも、ゴキブリまでエイリアンですぞ。

これまたスピルバーグ。
アカデミー賞最優秀メイクを獲っていますから、中身が想像できますよね。

おすすめ⑤プレデター

プレデター(字幕版)
199円

シュワルツネッガー全盛期のハードアクションSFシリーズです。
宇宙から人間狩りに来たプレデター「捕食者」と主人公との一対一の対決

プレデターは宇宙の侍のような哲学の持ち主です。
西部劇か武士道の決闘シーンをみているような錯覚に陥ります。

第一作のプレデターが仮面を脱いで正体を表すシーンが圧巻ですよ。

おすすめ⑥アンドロメダ病原体

アンドロメダ病原体 [DVD]

マイケル・クライトン原作の映画化作品です。
小さな街が宇宙からの病原体で汚染され、軍の管轄下に置かれるところから話が始まります。

微少な地球外生命体は人類の知恵では防ぎようのない未知の病原体でした。
地球に汚染が広がることを恐れた軍はこの地域を隔離します。

壊滅した街の中に、なぜか一人の赤ん坊と一人の老人が生き残っていました。
二人には共通した傾向があったのです。

ロジカルSFのバイブルと言われるクライトンの原作を、忠実に映画化したこの作品は、SFファン必見!ものですよ。

<下に続く>

地球外生命体は存在する?可能性をNASAの発表をもとに考察のまとめ

地球外生命体はどこに

10年から20年後には地球外生命体が太陽系で発見されます。
間もなく、生命の誕生の謎が解き明かされるかもしれません。

人類は宇宙からやって来た、と言う説があります。
地球に落下した隕石に付着した微生物が人類の始まりだというのです。

地球外生命体を探索する宇宙での調査活動は、私たちのルーツを探す旅なのかもしれません。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line