みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/04/25

メンズ前髪12種類のセット方法!短め・長めに似合うセットの種類

メンズヘアをセットする上で、前髪は印象を大きく左右します。
またメンズ前髪のヘアセットの種類は数多く、どれが自分に合うか悩む人も多いところでしょう。

今回はセットの種類や方法を詳しくまとめていきます。
今後の髪型を決める際の参考にしてみて下さい。

Large hairdresser 1179534 1920  1
目次

メンズは前髪で決まる!上げる・下ろす問題

前髪を上げるか下げるか決めることは、その人の印象や雰囲気を決めることになります。
どうせするなら、似合う髪型にしたいのは女子も男子も同じでしょう。

今回はメンズの前髪について掘り下げていきます。
メンズの方は前髪を上げるべきか下げるべきかの参考の一つにしてみて下さい。

上げた方がいい人の特徴

メンズ前髪は上げる人

まず、前髪を上げるとワイルドな感じや爽やかな印象を受けます。
そのため上げた方がいい人の特徴としては、男らしい顔立ちや雰囲気の人がいいでしょう。

他にも、前髪を上げるとどうしても額の形に注目が浴びるようになるので、額が広すぎる人や狭すぎない人が向いています。
また、前髪の髪質に癖がある人は、上げて癖を誤魔化すことが出来るのでおすすめです。

下ろした方がいい人の特徴

次に前髪を下ろすと、可愛いく柔らかい印象を受けます。
また、比較的多くのメンズは前髪を下ろしている方が多く、万人に合った髪型と言っても良いでしょう。

その中でも目元がぱっちりしている人は、前髪で程よく強調され似合います。
また前髪が下がっていると若く見え、実際に若い人や童顔の人にはおすすめです。

<下に続く>

メンズ前髪問題を解決!短め・長めに似合うセットの種類

メンズの髪の長さによっても、その人の印象は大きく左右されます。
ここでは短めと長めの前髪におすすめのセット方法などを紹介していくので、参考にしてみて下さい。

短めに似合うセット

短めのメンズヘアに似合う前髪のセット方法はいくつかあり、前髪をオールバックや左右に流すアップスタイルや、ぱっつん前髪にするなどが良いでしょう。
特に髪が短めの場合は、毛先を遊ばせたり髪の毛全体に動きがある方が、オシャレに見え大人っぽい印象になります。

また全体が軽くなっている分、マッシュバンクのような重たい前髪も爽やかさを残せるので重くなりすぎず、おすすめです。

長めに似合うセット

一方長めのメンズヘアに似合う前髪のセット方法は、センターパートや左右に流すスタイルがおすすめです。
前髪はパーマなどで少し動きをつけるとセクシーで大人な印象になり、雰囲気がでます。

特に前髪も合わせて長めにすると、落ち着いた雰囲気もでて大人っぽくなるでしょう。
また、重めバングは前髪が長いからこそ出来るスタイルでもあるので、おすすめです。

<下に続く>

女性受けも狙える!メンズの前髪セットの種類とやり方

では、メンズの前髪セットの種類とやり方をみていきましょう。
メンズの前髪セットの種類とやり方には、以下のものがあります。

  1. 横流しスタイル
  2. 七三分けスタイル
  3. オールバックスタイル
  4. ナチュラルアップバングスタイル
  5. センターパートスタイル
  6. ぱっつんスタイル
  7. ナチュラルスタイル
  8. M字バングスタイル
  9. 無造作ヘアスタイル
  10. ベリーショートスタイル
  11. 重めバングスタイル
  12. ウェットヘアスタイル

続いて、メンズの前髪セットの種類とやり方を、それぞれ詳しくみていきます。

メンズの前髪①:横流しスタイル

前髪を横流しにするスタイルは、クールでセクシーなイメージにもなり人気のメンズヘアスタイルです。
アップバングをしなくてもしっかりと額が見えるので、爽やかな印象も与え女性からの受けもいいでしょう。

横流しスタイルの仕方は、濡れた状態で分け目を作りドライヤーでクセをつけます。
その際にしっかりと手で前髪を上に引っ張るように乾かすと、綺麗にクセがつくでしょう。

最後にジェルなどを軽くつけて整えれば、横流しスタイルは完成です。
一番のポイントはクセをつけるときに、しっかりと毛の流れにあわせてドライヤーをてることでしょう。

基本的には簡単なスタイリングなので、挑戦してみてください。

メンズの前髪②:七三分けスタイル

七三分けはきっちりとしたイメージが強くなり、サラリーマンなどに多いスタイリングです。
しかし、最近では休日スタイルにも合うようなラフに崩したりする七三スタイルもオシャレメンズヘアとして、人気がでてきています。

まず、七三分けのスタイリングをするには、全体をしっかりと濡らし七三に前髪を分けましょう。
多少水分を含ませた状態でジェルをつけると前髪は綺麗に固定され、きまります。

前髪の分け目を作る際に綺麗に七三に分けるためには、コームを使うことがポイントです。

メンズの前髪③:オールバックスタイル

オールバックスタイルは、メンズに人気のアップバンクスタイルの中でも一番男らしくみえるスタイルでしょう。
特に、サイドヘアを刈り上げるスタイルや短めのヘアの人には、おすすめのメンズヘアスタイルです。

オールバックにするには、髪を濡らし乾かしていく際にアップにするクセをつけます。
そしてジェルやワックス、ポマードなどを使い馴染ませることで綺麗にまとまるでしょう。

メンズの前髪④:ナチュラルアップバングスタイル

ナチュラルアップバングスタイルは前髪をしっかりと上げるわけではないので、前髪のアップスタイルに慣れていない人にもおすすめです。
ナチュラルと名前が付く通り、このスタイルはあまり作りこまれているように見えないので様々な場面や人に似合い、なおかつ額が見えるスタイルは爽やかな印象を与えてくれます。

スタイリングの仕方は、髪を濡らしドライヤーで乾かす際に左右にしっかりと流すように引っ張りながら行うことが大切です。
最後にワックスで毛先につけ多少束っぽく流すと良いでしょう。

左右に流す際の分け目は自由です。
すっきりとした仕上がりにしたい場合は、トップにボリュームを作るとバランスよくなります。

メンズの前髪⑤:センターパートスタイル

大人っぽくオシャレな雰囲気をだせるセンターパートは、人気のメンズスタイルです。
センターパートをするには、前髪の長さは長い方がきれいにまとまりスタイリングしやすいでしょう。

まず、髪全体が濡らし分け目を作り、ドライヤーで固定させるところからスタイリングは始まります。
その後ワックスは前髪の真ん中から毛先を中心につけ、まとめたり動きをつけるだけで完成です。

やはりセンターパートのスタイリングのコツは、分け目を作ることでしょう。
はっきりセンターで分けても良いですし、ラフな印象にしたいときは多少ジグザグに分ける事がおすすめです。

メンズの前髪⑥:ぱっつんスタイル

ぱっつんスタイルは、前髪の毛先の流れを楽しめるメンスに人気のヘアスタイルです。
こちらのスタイルは学生から社会人まで幅広く楽しめ、会社などきちんとした場でも問題なく出来ます。

スタイリングの仕方としては、濡らした前髪をドライヤーできちんと乾かしてからワックスで整えるだけで、非常に簡単に仕上げることが可能です。
前髪を乾かすときは左側のブロックは右下に引っ張り、右側のブロックは左下に引っ張り交差するようなイメージで乾かしましょう。

それにより前髪の広がりは抑えることができ、毛先の流れは自然になります。

メンズの前髪⑦:ナチュラルスタイル

ナチュラルスタイルは、ぱっつんスタイルよりもより毛先の動きを抑えたシンプルな髪型になります。
髪型全体は軽いカットの方が重い印象にならず、爽やかです。

おすすめのスタイリングの仕方として、前髪をしっかりと乾かしワックスを付けていきます。
その際に、ワックスは手によく伸ばし少量のみつけられる様にすると、自然にきまりいいでしょう。

また、前髪がうねりなどのクセがある人は、ワックスを付ける前にアイロンでストレートにしておくことも大切です。
ナチュラルスタイルは動きがシンプルな分、うねりやクセが目立ってしまうことが難点になるでしょう。

メンズの前髪⑧:M字バングスタイル

最近では韓国女子の間でも人気のM字バングスタイルですが、目力をアップすることができメンズにもオススメのスタイルです。
M字バングと言うと、ギャル男などがしていてチャラチャラしたイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今流行りの様にするにはガチガチに固めるのではなく自然と流れるようなセットをしましょう。

具体的には、前髪の根元をふんわりと乾かしワックスで形を整えます。
その際はきっちりとした仕上げになり過ぎないように、ワックスは少量にしてみて下さい。

メンズの前髪⑨:無造作ヘアスタイル

ふわっとした動きのあるスタイルは、柔らかな雰囲気になりオススメのメンズヘアです。
無造作ヘアは特にカジュアルな服装にマッチし、学生さんや休日スタイルにぴったりでしょう。

セット方法はドライヤーを内側から空気を入れふんわりなるように乾かしていき、アイロンで内巻き外巻き交互に巻いていきます。
それから、ワックスを軽くつけて好みやクセに合わせて前髪は分け目を作りましょう。

こちらのスタイルは自分で巻いたりする必要があるので、慣れるのに多少時間がかかります。

メンズの前髪⑩: ベリーショートスタイル

ベリーショートスタイルは前髪がとても短く、カジュアルな印象が強い若い人に特に人気のメンズヘアです。
もともと前髪は短く浮いてしまうとより短くなってしまうので、ドライヤーで乾かすときに気をつけなくてはいけません。

ドライヤーで乾かす際は、まず髪を濡らしてから行い最後にワックスをします。
そして、右側のブロックの前髪は左下に引っ張り、左側のブロックは右下に引っ張りながらドライヤーで乾かすことが大切です。

メンズの前髪⑪: 重めバングスタイル

重めバングスタイルはある程度長さが必要ですが、大人っぽい雰囲気にもなりオシャレです。
スタイリングの方法は、セットをかっちりしてしまうとヘルメットを被っているような様子になるので気をつけましょう。

まず、前髪は濡らしてドライヤーで髪の流れを作りながら乾かします。
このとき片側だけ少し額をみえるようにセットするとぬけ感が作れ、重めバングでも爽やかです。

メンズの前髪⑫:ウェットヘアスタイル

近年ウェットヘアスタイルは継続して人気ですが、レディースだけではなくメンズヘアスタイルでもとても人気でおすすめです。
セットの仕方は、髪を濡らした後にタオルドライをします。

乾かした髪にジェルをつけていき、ドライヤーで乾かしながら形を整えるときれいにまとめることが可能です。
ジェルは付けすぎてしまうと、不潔な印象を与えてしまうこともあるので、量には気をつけてください。

<下に続く>

メンズの前髪セットのやり方【パーマの種類別】

メンズの前髪セットの仕方には、パーマもあります。
さらにパーマにはいくつか種類があり、パーマによって印象は大きく変わるでしょう。

ナチュラルパーマ

ナチュラルパーマスタイルはゆるく大きなカールがポイントのスタイルで、柔らかな印象にしてくれます。
ヘアアイロンでセットする場合は、きつく巻きすぎないでさっと巻くことが重要です。

そしてワックスで毛先を好みの流れに合わせて動かすだけで、セットは完了です。

スパイラルパーマ

スパイラルパーマスタイルは大きなカールがアクセントになったスタイルになります。
ヘアアイロンでセットする場合は、カールのボリュームを均一にすることが大切です。

また、前髪にはワックスを付けて毛束をつくるとカールが映え、綺麗にスタイリングが仕上がります。
また、髪全体はボリュームを抑えるようにワックスで調整するとバランスがいいでしょう。

ツイストパーマ

ツイストパーマスタイルはランダムに動くカールがアクセントになり、爽やかな印象を与えてくれます。
ツイストパーマスタイルは前髪が無造作に毛先が動くので、スタイリングが難しいでしょう。

スタイリングの仕方は、しっかりと乾かしてクセをなくしてからヘアアイロンで内巻き・外巻きを交互に巻いていきます。
そして、前髪にはワックスを毛先に馴染ませ毛束を作り、方向を揃えましょう。

ポイントとしては、ワックスを付けすぎず自然な仕上がりになるようにするとオシャレです。
また、まだスタイリングに馴れないときは、ヘアアイロンの温度を高すぎないように設定してみてください。

更に最終手段としては、パーマをかけると良いでしょう。

<下に続く>

メンズの前髪セットアイテム

メンズ前髪セット道具

では、メンズの前髪セットアイテムをみていきましょう。
メンズの前髪セットアイテムには、以下のものがあります。

  1. ドライヤー
  2. ワックス
  3. ジェル
  4. コーム
  5. ヘアアイロン

続いて、メンズの前髪セットアイテムを、それぞれ詳しくみていきます。

アイテム①:ドライヤー

メンズの前髪のスタイリングの作業の基本は、ブローです。
ブロー次第で前髪の立ち上がりや分け目など様々な点が、どうなるのか決まります。

そのためドライヤーはメンズのヘアセットに欠かせないセットアイテムでしょう。

アイテム②:ワックス

ワックスは毛先の流れや束感を作ることができ、メンズのヘアセットをする上で欠かせないアイテムです。
少し前髪をふんわりさせたい時や反対にボリュームを抑えたい時にも使えるので、ワックスは重要になります。

ワックスはアレンジできるヘアセットの幅が広がり、おすすめです。

アイテム③:ジェル

ジェルはキープする力に優れているため、しっかりと固めたいときやボリュームを抑えてタイトな仕上げをしたいときにオススメのメンズへアセットアイテムです。
また、近年流行しているウェットヘアーをしたい場合も、ジェルは活用でき程よくツヤ感などをだしてくれます。

ジェルは髪をタオルドライした程度の湿った状態で使用ができ、要領はワックスとそこまで変わらず簡単に扱えるでしょう。

アイテム④:コーム

コームはオールバックや七三分けなどのアップバングスタイルにするにはあると便利で、一度使ったら手放せません。
さらにコームは分け目をきっちりと分けたい時やかたい印象にしたい時には特によく使えるでしょう。

アイテム⑤:ヘアアイロン

ヘアアイロンは無造作ヘアやパーマスタイルにする際に使うアイテムで、メンズにも必須とされています。
ヘアアイロンはただ伸ばしストレートにするだけではなく、毛先をはねさせたりふわっとボリュームをだしたりと色々と活用でき便利です。

最初はヘアセットをなかなか上手く出来なかったり時間がかかったりしますが、慣れてしまえば思い通りの髪型を簡単に作れます。

<下に続く>

メンズの前髪、右・左どちらに分けた方がモテる?

メンズ前髪の分け方でも、印象は大きく変わります。
左分けの人は顔の右側が見られ、右分けの人は顔の左側がよく見られることになるでしょう。

そのため、分ける向きはどちらにするか重要になります。
自分の顔は左右どちらの方を見られた方が自信があるかなどで、分け目を決めると間違いはありません。

そのため、左右どちらにわけるとモテるということは、ありません。
自分に似合う方を選ぶことを重視してください。

<下に続く>

セルフでも失敗しない!メンズ前髪の切り方ポイント

では、メンズ前髪の切り方ポイントをみていきましょう。
メンズ前髪の切り方ポイントには、以下のものがあります。

  1. クセをなくす
  2. 前髪以外をまとめる
  3. 少量ずつカットする

続いて、メンズ前髪の切り方ポイントを、それぞれ詳しくみていきます。

ポイント①:クセをなくす

前髪を切る上で、寝癖やうねりなどがあると左右非対称になってしまったり、部分的に長い・短いといったアクシデントが発生してしまいます。
そのため、前髪を切る前には必ず髪を濡らしドライヤーで乾かしてから行いましょう。

また、他にも気をつけたい事は、クセをなくす為といって濡れたままにしておいてはいけません。
濡れたまま前髪カットをすると、必要以上にカットしてしまう可能性が高まります。

ポイント②:前髪以外をまとめる

メンズヘアは全体が短い人が多く、中には前髪とその他の髪の境界線がよくわからないという人もいるでしょう。
よって事前に前髪かその他の髪かを、ブロッキングしておく必要があります。

髪の毛がある程度長さがある人は、髪ゴムで結ぶといいでしょう。
結ぶほどの長さがない人は、ピン留で分けておくだけでもだいぶ切り易さが変わるのでおすすめです。

ポイント③:少量ずつカットする

前髪を失敗せずに切る上で最も大事なことは、少量ずつカットすることです。
一気にカットしていくと、切りすぎたとしたら取り返しがつきませんが、仮に少量ずつカットすればミスを隠すことも出来ます。

また、カットするときは少し物足りないと思うほどにしておくことが大切です。
髪の毛をセルフカットしていくと、途中からもっと切りたいと思う人は多く、たいがい切りすぎてしまうことがほとんどでしょう。

もし、もう少し切るか悩んだときは一呼吸おいて、鏡をみたり他の人に意見を聞くなどしてみると失敗する可能性が低くなります。

<下に続く>

なりたい自分をイメージしてメンズの前髪をセットしよう

メンズ前髪セットしてもらう

メンズ前髪は種類も多く、どのようなスタイルにするか悩む人も多いでしょう。
特に前髪は人から注目されやすい場所にあるので、前髪が似合う似合わないや前髪のスタイルで印象が大きく変わります。

まずはなりたい自分のイメージを想像して、どのようなスタイルが良いかいくつか候補を決めましょう。
なかなかイメージがわかない場合は、好きな芸能人や私服のスタイルが似ているメンズ雑誌などを見るとイメージがわきやすいです。

そして、そのイメージ中からスタイリングのしやすさや額や顔の形にあうかなどを見極めていくことで、自分にピッタリの前髪がわかってきます。
難しいことはやりたいスタイルが必ずしも似合うとは限らないので、不安な場合は髪を切る際に美容師さんや理容師さんなど他の人に相談することが大切です。

他にも、仕事の日や休日、でかける日などその日の予定に合わせて前髪をアップにしたりカールをつけたりしてスタイリングすることで、日々の生活の刺激になり毎日がより楽しくなるでしょう。
メンズ前髪は短いからそのままで良いと放置せずに、日頃からアレンジをするなど変化を与えて新しい自分を発見してみてください。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line