みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/05/24

100均で揃うワイヤーネットのサイズ・種類&DIY術20選

皆さんは100均で販売されているワイヤーネットを使ったことはありますか?
ワイヤーネットを使うことでDIYの幅がぐんと広がります。

特に最近では100均でもサイズや色の種類が豊富になっているため、おうちのテイストにあわせて利用することも可能に。
今回は100均の中でも特にメジャーな3社でサイズや種類を比較し、さらに20種類のDIY術をご紹介します。

Large living room couch interior room 584399

ワイヤーネットは小さい~大きいのサイズが豊富!

ワイヤーネットのサイズをもとに設計する

ワイヤーネットとは、太目のワイヤーを格子状に組み合わせたパネルのこと。
ホームセンターや100均で購入することができ、組合せるパーツによって自由度の高いDIYが出来る人気商品です。

ほとんどの商品はマス目のサイズがおよそ3.6cm角の正方形で、このマス目の縦横の数で一枚のサイズが決まります。
8マス×8マスの約29.5cm角の小さなサイズから、9マス×17マス(約33cm×約62cm)の大きなものまで豊富なのも特徴となっています。

<下に続く>

100均で取り扱うワイヤーネットのサイズと種類

セリア

セリアのワイヤーネットは「ワイヤーラティス」という商品名で扱われています。
サイズは8マス×8マス(約29.5cm角)、8マス×16マス(約30.5cm×59cm)、7マス×11マス(約26cm×40.5cm)、5マス×14マス(約19.5cm×51cm)、4マス×16マス(約15.5cm×58.5cm)、11マス×14マス(約52cm×41cm)等。

カラーはどのサイズもホワイトとブラウンの2色が基本になっていて、サイズによってはシルバーや黒もあるようです。
ただし、店舗によってサイズやカラーの取り扱いには差がありますので注意が必要。

また、セリアのワイヤーラティスには設置場所別の耐荷重についての表記がされているのが嬉しいポイントとなっています。

ダイソー

次はダイソーのワイヤーネットのサイズについて。
ダイソーのワイヤーネットのサイズはセリアの商品とほぼ同じになっています。

そのため、この2社の製品を組み合わせることも出来て便利。
さらにダイソーは取り扱いサイズが豊富で、正方形が8×8マス(約29.5cm角)、9×9マス(約33cm角)、11×11マス(約40cm角)の3種類あり、長方形は5×15マス(約19cm×54cm)をはじめ、最大11×17マス(約40cm×62cm)まで合計10種類以上に渡ります。

カラーバリエーションは白がメインで、黒やピンクが販売されている店舗もあるそうです。
また、サイズの大きなものは150円、200円と100円商品でないものもあるので購入前にチェックしておきましょう。

キャンドゥ

最後にキャンドゥのワイヤーネットのサイズを紹介します。
キャンドゥでは「クロスワイヤー」という名称で販売されており、そのサイズはやはりセリアやダイソーの商品とほぼ同じ。

8×8マス(約29.5cm角)や9×9マス(約33cm角)の正方形をはじめ、9×7マス(約33cm×26cm)、9×14マス(約33cm×51cm)、14×7マス(約51cm×26cm)、15×7マス(約54.5cm×26cm)などがあります。
色は白とシルバーの2種類で、他の2社と比較すると種類は少ないですが人気商品となっています。

<下に続く>

ワイヤーネットのサイズを活かした収納DIY術

ワイヤーネットのサイズを測る

では、ワイヤーネットのサイズを活かした収納DIY術をみていきましょう。
ワイヤーネットのサイズを活かした収納DIY術には、以下のものがあります。

  1. 突っ張り棒2本と組み合わせて壁面収納
  2. シンク下のサイズに合わせて棚を作成
  3. サイズ違い2組を使っておもちゃ収納ワゴンに
  4. TVやパソコンの配線をすっきり収納
  5. 曲げて吊るす、タオル収納
  6. 押入れの荷物を出し入れしやすい台車に
  7. スタンドを使って飾り棚に
  8. アクセサリーを一目で分かりやすく収納
  9. 好みの大きさに折り曲げてスリッパラックに
  10. 結束バンドと突っ張り棒でキッズハンガーラック
  11. 100均のカゴと組み合わせでチェストに
  12. クローゼットにつるしてネクタイハンガーに
  13. 同じサイズを6枚組み合わせてオシャレなインテリア風に
  14. キャスターを着けて動かせるワゴンに
  15. 2枚をL字に繋いでコーナーラックに
  16. カードや写真を飾ってカフェ風インテリアに
  17. 小さめサイズは机の上に置くだけでOK
  18. 並べることで使い勝手のいいピンチ収納
  19. たっぷり壁面一杯に収納スペースを
  20. 大判サイズで靴の見せる収納を

続いて、ワイヤーネットのサイズを活かした収納DIY術を、それぞれ詳しくみていきます。

収納DIY術①:突っ張り棒2本と組み合わせて壁面収納

収納DIY術の1つ目は、大きめサイズのワイヤーネットと突っ張り棒を2本組み合わせた壁面収納。
まず、壁に沿うように突っ張り棒を2本平行に設置します。

そして突っ張り棒の間を繋ぐようにワイヤーネットをジョイント器具や結束バンドを使用して固定すれば完成。
設置したい箇所に応じたワイヤーネットのサイズと突っ張り棒の長さを選ぶのがポイントです。

ワイヤーネットに掛けて使えるバスケットやフックを使い、様々なものを収納することが出来るため、ワイヤーネット収納の中でもかなりメジャーな利用方法となっています。

収納DIY術②:シンク下のサイズにあわせて棚を作成

収納DIY術の2つ目は、各家庭のシンク下のサイズにあわせた棚を作成する方法。
ワイヤーネットはサイズの異なる複数枚を直角に結束バンドなどを使って繋ぐことで棚としての利用も可能になるんです。

キッチンのシンク下収納は各家庭でサイズが異なりますよね。
市販の棚ではちょっとサイズがあわない、ということも良くあるかと思います。

そんな時にワイヤーネットを駆使することで、お好みのサイズで収納棚を作ることが可能。
ワイヤーネットなら、好みのサイズにカットして使用することも出来るため理想に近い棚を作ることができますよ。

収納DIY術③:サイズ違い2組を使っておもちゃ収納ワゴンに

収納DIY術3つ目は、サイズの異なる2組のワイヤーネットとキャスターを使用して収納ワゴンを作る方法です。
底面となる大サイズのワイヤーネットの各辺に壁となるワイヤーネットを繋ぎ、各面も繋ぎ合わせて最後に底面にキャスターをつければ完成です。

ワイヤーネットにつけられるキャスターもありますが、100均では「キャスター付き植木鉢トレー」というトレーが販売されているため、これを利用するのもおすすめ。
また、ワゴンを動かしやすいように壁面の高さを変えておくのもポイントです。

ワイヤーネットは手を掛けやすいため、小さな子どもでも動かしやすいワゴンが出来上がりますよ。

収納DIY術④:TVやパソコンの配線をすっきり収納

収納DIY術4つ目は、TVやパソコンの配線をすっきりとまとめ上げるための収納方法。
やり方はとても簡単で、TVの背面やパソコンのそばの壁面に適したサイズのワイヤーネットを設置するだけ。

あとは、ワイヤーネットにフックをつけ、そこにケーブルを巻きつけたり、複数口ある電源タップ自体をネットに結束バンドなどで固定することでごちゃごちゃしがちな配線がすっきりまとまります。
見た目がすっきりするだけでなく、掃除しやすいというメリットも。

また、あえて見える壁面に設置してもおしゃれな「みせる収納」となるのでケーブルがごちゃごちゃして気になっているという方は試してみてくださいね。

収納DIY術⑤:曲げて吊るす、タオル収納

収納DIY術5つ目はワイヤーネット自体を曲げることでタオルを収納しやすくする方法です。
洗面所などの壁面に、J字に曲げたワイヤーネットを複数つるしておくだけで、オシャレなタオル収納に早変わり。

ワイヤーネットを曲げるのは難しくなく、慣れれば女性一人でも簡単に行えます。
S字フックで曲げた色違いのワイヤーネットを連結させると、家族で使い分ける目印にもなりますよね。

この収納を行う場合にはワイヤーネットのサイズは長方形のものを選ぶのがポイント。
アルファベットのUとJの中間になるように、背面を長めに取って曲げるのが使いやすくおすすめです。

収納DIY術⑥:押入れの荷物を出し入れしやすい台車に

収納DIY術6つ目は、押入れの荷物を出し入れするための台車の作り方です。
大きいサイズのワイヤーネットにキャスターをつけるだけで、出し入れのしづらい荷物を簡単に取り出すことが出来るように。

写真のようにDIY術の3つ目でも紹介した、キャスター付き植木鉢トレーを使うと耐荷重も通常のワイヤーネットだけを使うより上がります。
扇風機やヒーターのような季節毎に入れ替えが必要な家電の収納にぴったり。

また、押入れの荷物を出しやすくすることでお掃除も捗ります。

収納DIY術⑦:スタンドを使って飾り棚に

収納DIY術の7つ目は、ワイヤーネット専用のスタンドを使用した飾り棚を作ること。
L字型のスタンドをワイヤーネットに取り付けることで、ワイヤーネットを自立させることができます。

小さいサイズのワイヤーネットなら、このスタンドと組み合わせることでデスク上に設置しても邪魔になりません。
深めのバスケットを掛けるとペン立てにもなります。

また、表裏どちらからも使えることを生かし、キッチンカウンターに設置するのもおすすめです。
キッチン側、ダイニング側それぞれ異なるものを収納することができますよ。

収納DIY術⑧:アクセサリーを一目で分かりやすく収納

収納DIY術8つ目は、アクセサリーを一目で分かりやすく収納する方法。
ワイヤーネットのマスにピアスやイヤリングを直接掛けることで、見た目も華やかで使い勝手の良いアクセ収納ができます。

ピアスなどの「対」で収納するものはワイヤーネットの1マスで区切るととても分かりやすいですよね。
フックを用いればネックレスも絡まらず収納が可能に。

手持ちのアクセサリーの量に合わせてワイヤーネットのサイズを選べばよりすっきりと片付けることができますよ。
まるでお店のディスプレイのように綺麗に並べることができるので、ワイヤーネットを使った人気のアクセ収納方法となっています。

収納DIY術⑨:好みの大きさに折り曲げてスリッパラックに

収納DIY術9つ目は、ワイヤーネットを折り曲げてスリッパラックを作る方法です。
タオル収納でもワイヤーネットを折り曲げて使用する方法をお伝えしました。

同様に、折り曲げたワイヤーネットにスリッパを入れるのもおすすめの収納方法です。
タオル収納と比べ、J字に近い形に折り曲げることがポイント。

スリッパのサイズに合わせて細かな調整が出来るのがワイヤーネットを使うメリットとなっています。
また、設置場所を選ばないため壁面はもちろん、家具の側面などデッドスペースを生かすこともできますよ。

収納DIY術⑩:結束バンドと突っ張り棒でキッズハンガーラック

収納DIY術10種目は、子どもサイズのハンガーラックを作る方法。
結束バンドで大小それぞれのサイズをコの字型に繋いだワイヤーネットの上部に突っ張り棒を通し、小さなハンガーラックを作ることができます。

背の低いお子様が自分で洋服を片付けたり、出したりする練習にもぴったり。
園バッグなどの毎日の用意を一緒に収納することで、子どもの自主性を育てることにも繋がるため人気のDIYとなっています。

子供服のサイズに合わせて突っ張り棒の高さを変えたり、ワイヤーネットのサイズを変えることでより好みの大きさで使用することができます。

ワイヤーネットのサイズに合わせた収納方法

収納DIY術⑪:100均のカゴと組み合わせてチェストに

収納DIY術11種目は、同じサイズの2枚のワイヤーネットの間に100均で販売されているカゴを結束バンドで繋いだチェストです。
カゴ部分は結束バンドで繋いでいるため動かすことはできませんが、高さを調整すれば使い勝手に影響はありません。

もちろん、H型にワイヤーネットを繋ぎ、そこへカゴを載せることでスライド可能な引き出しを作ることもできます。
使い道などの好みに合わせた柔軟な方法をとれるのは嬉しいポイントですよね。

100均のカゴも、ワイヤーネット同様にカラーやサイズが豊富ですので、お部屋のテイストにあわせたチェストを作ってみてください。

収納DIY術⑫:クローゼットにつるしてネクタイハンガーに

収納DIY術の12種目は、細長い長方形サイズのワイヤーネットを使ったネクタイハンガーです。
クローゼットの中にS字フックなどでつるすだけで簡単に設置できるうえに、マス目にネクタイを通すだけという簡単な収納方法も人気。

マス目へのネクタイの通し方を工夫すれば沢山のネクタイもパッと見分けやすくなります。
また、写真のようにクローゼットに対し直角に突っ張り棒を設置し、二重リングなどでワイヤーネットを前後にスライドできるようにすると奥にあるネクタイも見やすくなるためおすすめです。

収納DIY術⑬:同じサイズを6枚組み合わせてオシャレなインテリア風に

収納DIY術13種目は、同じサイズのワイヤーネットを6枚組合せ6角形のラックを作る方法です。
奥行き幅の狭いワイヤーネットを使い、壁面ラックにするのもおしゃれ。

縦につないでも、横につないでも可愛いインテリア風収納として利用できるのがポイントです。
布を敷いたり、畳んだタオルを収納したりとその使い方は人それぞれ。

どのように生かすかを考えるのも楽しい収納方法です。

収納DIY術⑭:キャスターを着けて動かせるワゴンに

収納DIY術14種目は、ワイヤーネットを繋いで作ったコンテナにキャスターをつけて移動式のワゴンにする方法。
ワイヤーネット用のジョイントパーツを使うことで統一感が生まれ、部屋に馴染みやすくなります。

マガジンラックとして、サイドテーブルとしてなど設置場所に応じて使い方が自由に変えられるのも魅力的。
また、写真のように観葉植物を飾ってリビングに設置するのもおしゃれですよね。

自由に動かすことが出来るため、掃除の邪魔にもなりにくいのがポイントです。

収納DIY術⑮:2枚をL字に繋いでコーナーラックに

収納DIY術15種目は、同じサイズの2枚のワイヤーネットをL字につなぎ、コーナーラックとして使う方法です。
100均やホームセンターで購入できるコーナーラック用の天板を、L字に設置したワイヤーラックに固定するだけで簡単に作ることができます。

キッチンやトイレ、お風呂場などの水周りにぴったりなので、利用している方も多いんだそう。
使用するワイヤーネットのサイズに合わせてコーナーラックを選ぶのがポイントです。

コーナーラックの色や素材も種類が豊富なので使う場所にあわせた素材を選び、オリジナルのコーナーラックを作ってみてくださいね。

収納DIY術⑯:カードや写真を飾ってカフェ風インテリアに

収納DIY術16種目は、壁面に設置したワイヤーネットにポストカードや写真を飾り、カフェ風のインテリアにすること。
フォトスタンドを使うよりも多くの枚数をオシャレに飾ることが出来るので、おすすめの方法です。

また、レターポケットも100均に販売されているため、組み合わせることでウォールポケットとしても使用可能に。
大き目サイズのワイヤーネットを使用し、半分は飾るスペース、もう半分を収納スペースというようにメリハリをつけると生活感を薄めつつ、オシャレに収納することが出来るようになりおすすめです。

収納DIY術⑰:小さめサイズは机の上に置くだけでOK

収納DIY術17種目は、小さいサイズのワイヤーネットを机の上に立てかけて置く方法。
小さいサイズならスタンドが無くても斜めに立てかけるだけで使うことが可能なんです。

机の上の小物を収納するのにぴったりなので、ワークスペースや子どもの机周りを片付けるのにおすすめ。
特に時間割や忘れてはいけないことを書いたメモを掲示しておくと、目に付きやすくなるため忘れにくくなる効果も得られるかもしれません。

収納DIY術⑱:並べることで使い勝手のいいピンチ収納

収納DIY術18種目は、ベランダで困りがちなピンチ(洗濯ばさみ)をすっきりと収納させる方法です。
大き目のワイヤーネットを物干し竿につるしておき、マスにピンチをはさむだけ。

ピンチのサイズや種類ごとに列を変えれば、使い勝手も良くなります。
紫外線劣化が気になる方も、使わないときはピンチをつけたままワイヤーネットごと屋内に収納しておけば問題ありません。

使うときに側につるしておくと、ピンチの取り出しもスムーズに。
洗濯が楽しくなるかもしれない収納例です。

収納DIY術⑲:たっぷり壁面一杯に収納スペースを

収納DIY術19種目は、大判サイズのワイヤーネットを沢山使い、壁面全体を収納スペースにしてしまう方法。
ジョイントパーツを使うことで、ワイヤーネット同士をしっかりと固定することができます。

ワイヤーネットに使用できるフックやラックを使い、バッグなどの大きなものから帽子やアクセサリーといったファッション小物まで様々なものを収納することが可能に。
玄関横の壁面にスペースを作ることで、出入りの際に忘れ物をしにくいというメリットも生まれますよ。

収納DIY術⑳:大判サイズで靴の見せる収納を

最後に紹介する収納DIY術は、靴の見せる収納です。
先ほど紹介した壁面収納と作り方は同じですが、使用するフックが異なります。

靴の収納には傾斜がついた長さのあるフックを2本使用するのがポイント。
まるでお店のようにお気に入りの靴を飾ることが出来ておしゃれですよね。

シューズボックスが少ないおうちでも、大きめサイズのワイヤーネットを使って靴の収納が出来るのは魅力。
ぜひ試してみてくださいね。

<下に続く>

100均で揃うワイヤーネットのサイズ・種類&DIY術20選のまとめ

100均で購入できるワイヤーネットで、これほど様々な収納方法を試すことが出来るのは驚きです。
ワイヤーネットの種類やサイズが豊富なので沢山集めても、ひとつ100円で買えるためお値段もさほど気にならないですよね。

今回紹介したDIY術はもちろん、ぜひオリジナルの収納DIYも考えてみてください。
無限大の可能性があるワイヤーネットDIYに、きっとハマリますよ。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line