みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/06/08

【夢占い】道に迷う夢を見る意味!乗り物によっても意味が違う?

道に迷う夢を見たことはありますでしょうか?
なんとなく意味深な感じのある夢ですが、実際のところどういった意味をもっているのか知らない方も多いと思います。
そこで今回は道に迷う夢を掘り下げて、詳細なところまでその夢の意味することをお伝えしていきます。

Large pexels photo 958173

道に迷う夢は迷子のサイン?

道に迷う夢の内容l

道に迷ってしまう夢を見たあなた。
それは人生に悩んでいる証拠です。

現実世界で道に迷うと同様に、夢の中で道に迷っている夢はその道があなたを人生を意味しており、進むべきか否か迷っていることを暗示しています。
あなたにとってのターニングポイントであると言えるでしょう。

今回はシンプルに道に迷う夢と言っても様々なシチュエーションが考えられますので、シチュエーション別に夢の意味を詳しく解説して行きます。

<下に続く>

道に迷う夢の意味

道に迷う夢の舞台

まずは道に迷う夢の基本的な意味を5つご紹介して行きます。
この5つの基本的な意味を基礎にして、シチュエーションによりバリエーションが広がります。

  1. 人生に迷っている
  2. 自分自身を見失っている
  3. 答えを出せないでいる
  4. 自分の行動に迷いが生じている
  5. 将来が不安である

では、1つずつ確認していきましょう。

意味① 人生に迷っている

道に迷う夢を見ると言うことは、あなたの人生のターニングポイントであると言えます。
もしかすると人生における大きな選択を迫られており、悩んでいる最中ではないでしょうか。

道に迷ってしまうと同じ所をウロウロしてしまったり、何回も同じ場所に戻ってきてしまったりしてしまいますよね。
あなたの人生において、このような迷いが生じていると言う暗示が道を迷う夢にはあります。

誰かが選択をしてくれるわけではなく、自分自身で道を選ばなければならないのが時には非常に残酷であったりしますが、それが人生の醍醐味にもなったりします。
夢に出てくるほど、真剣に考えていると言っていいでしょう。

意味② 自分自身を見失っている

人生ではなく、自分自身を見失っている傾向にあるとも言えます。
自分自身を見失っているきっかけは様々ですし、もしかすると見失っていると気がついておらず、夢が暗に知らせてくれているのかもしれません。

特に大きな迷いを抱えていない時に、道に迷う夢を見ているようであれば、自分自身に心を傾けて見てはいかがでしょうか。
そこに道に迷う夢を見てしまう答えがあるかもしれません。

自分自身を見失うと言うことにおいても、様々な種類はありますが、ちょっと頑張りすぎていたり、逆に演じ過ぎてしまって後戻りできなくなっていたり。
心がアラームを出しているかもしれません。

意味③ 答えを出せないでいる

長時間答えを出せずにいるような物事はありませんでしょうか。
それが心の負担となり道に迷っている夢として出てきてしまいます。

簡単な答えを出せない事は意外と多いものですが、いつまでも悩む事はせず、期日を決めてしっかりと深く考えることが吉です。
道に迷う夢を見るほどになってしまうと、あなたの精神的ストレスも大きいと考えられます。

答えを出すのが怖いと言うような物事もあるとは思いますが、勇気を出して答えを出すとスッキリする事でしょう。
道に迷う夢が最後の警告だと思って、答えを出しきってみましょう。

意味④ 自分の行動に迷いが生じている

自分の全ての行動に迷うが生じていると言うことも考えられます。
何をやってもこれでいいのかと思ってしまう方に多い傾向にあります。

シンプルに言うのならば、自分の行動に自信がなく、何をしても不安になってしまうと言うネガティヴな要素を含んでいます。
そんなネガティヴさが道に迷う夢という形になってあらわれています。

自信をつけるためには時間も必要だったりしますが、焦らず慌てず1個ずつ正確にこなしていくことで、いずれ自分の行動に迷いが生じることが少なくなってくることでしょう。

意味⑤ 将来が不安である

現代人が抱える大きな悩みの1つとして、将来が不安であることが考えられます。
多くの人が抱える悩みではありますが、その悩みが強い方は道に迷う夢としてあらわれることがあります。

今歩んでいる道がどこに続いているのかわからずに、枝分かれした道に移ろうか否か考えているあなた。
幾度となく同じ状況になる可能性はありますが、勇気を出して一歩足を出して見ることも大切ではないでしょうか。

<下に続く>

道に迷う夢の意味【乗り物】

ここからは道に迷う夢の具体的な内容について解説し、その違いをお伝えしていきます。

自転車

自転車に乗りながら道に迷う夢を見た方。
自転車と言うのは小さな頃から乗れる乗り物で、早ければ幼稚園の頃からずっと乗り続けているなんて方もいるのではないでしょうか。

そんな1番身近な乗り物と言っても過言ではない自転車が夢占いで表す事は「趣味」です。
つまりは自転車に乗って道に迷う夢というのは「あなたの趣味において迷いがある」と言う事を暗示しています。

趣味を辞めなければならない窮地に陥っていたり、趣味でも真剣に取り組んでる人には悩みも出てくる事でしょう。
このように趣味に対しての迷いが生じていると言えます。

電車

電車と言うのは乗っているだけで自分を目的地にまで運んでくれる非常な便利な乗り物ですよね。
そんな電車が夢占いの意味として表すのは、あなたの目標に対しての協力者や恋人などです。

そこに対して迷いが生じてしまってある場合に、電車に乗っているのに目的地に着かないと言った迷う夢をみてしまいます。
目的地に不安を抱えている、パートナーを変更した方がいいのでは。

そのような悩みに襲われているのではないでしょうか。
心当たりがある方は1度真剣に考えてみるといいかもしれません。

自動車

自動車を運転している最中に道に迷ってしまったなんて事は実際にもよくあることですが、道に迷う夢としての夢占い判断としてはどうなるのでしょうか。
これは予定通りに物事が進まなかったり、何か想定外のトラブルに巻き込まれてしまう可能性を暗示しています。

知らない道で迷ってしまうのは自動車じゃなくともかなり心細いものですよね。
また車通しの事故が起きてしまうかもなんて心配も考えられます。

迷った時ほど落ち着いて、冷静に対処しなければならないのは現実でも同じです。
ひとまず落ち着くことを心がけましょう。

タクシー

タクシーに乗っていて道に迷う夢というのも考えれます。
タクシーの運転手の方も完璧ではありませんから、実際に路地などで迷われてしまったなんて経験もあるでしょう。

タクシーの場合は他人に左右されるものです。
他人の手によって、自分が惑わされてしまうかもしれないということを暗示しています。
またタクシーの運転手が誰だかによっても内容は異なります。

知人であれば、その人を警戒した方がいいですし、全く知らない人であれば予想外のところから、無理強いをされてしまうかもしれません。

バイク

バイクも乗り物としては車と同じように身近な存在です。
そんなバイクが夢占いで表すものは、行動力です。

バイクの力強い走りはあなたの行動力を示唆しており、時には健康状態にまで示唆してくれることがあります。
そんなバイクに乗りながらも迷ってしまう夢を見る方というのは、自分の行動に迷いを感じている。

または行動が故に健康面が疎かになっていると言えるでしょう。
がむしゃらに行動するのは時にいいことですが、健康第一でもありますので、気をつけていきましょう。

飛行機

飛行機は確実に目的地が決まって迷うと言う事は実際にはありませんが、飛行機に乗ってなかなか目的地に着かず、道に迷い不安になってしまう夢なんてものもあるでしょう。
そんな飛行機に乗っていて道に迷うと言うのはあなたの先々の予定に対しての迷いをあらわしています。

本当はあんまり行きたくない予定を組んでしまったりだとか、憂鬱な予定があって断ろうか悩んでいたりなど、そう言った予定への迷いが夢となってあらわれていると言えます。
勇気を出して断ると言う事も必要ではないでしょうか。

道に迷う夢の意味【場所】

ここではどんな場所で迷っているのかによってわかる夢占いの結果をお伝えして行きたいと思います。

駅で迷う

新宿や渋谷などの日本のターミナル駅は駅構内がとても複雑でダンジョンとも言われるところもあるくらいです。
そんな駅で迷ってしまう経験は少なくはないと思いますが、夢占いとしてはどのような意味を持つのでしょうか。

駅で迷う夢は数多くの選択に迷っていると言えます。
自分の立ち位置からいろいろな挑戦ができるからこそ、悩んでいる人が見やすい夢と言えます。

今の悩みから解消されるにはもう少し時間がかかりそうです。

建物の中で迷う

建物と一概に行っても様々なものが思い浮かびますが、ショッピングビルやモールなどで道に迷う夢を見たとすると、今の人生に悩んでいると言えます。
どこに行けばいいのかわからず、あたふたしてしまっていると言っていいでしょう。

ショッピングビルやモールにも様々なお店があり、どこに入っていいかわからない、目的のお店がどこにあるかわからないなど。
その手順が全くわからずに、時間を持て余している状態と言えます。

会社で迷う夢

オフィスが複合ビルの中にあり、オフィスまで迷ってたどり着けないなんて夢をみてしまった方は、仕事の中で自分の立ち位置に悩んでいると言えます。
自分がどう振る舞えばいいのかわからない状態です。

新しく入ったばかりの人や役職が上がり、部下を持つようになった人など、自分の立場が変わり始めの人に多い傾向にあります。
また責任感が強い方がなりやすいと言えますので、少し息抜きをする必要もありそうです。

学校で迷う夢

通っている学校内で道に迷う夢を見ると言う方は学校でのコミュニケーションに悩みを抱えていると考えられます。
友人関係や勉強の事など、中身は様々だと思いますが、学校に関わる事でお悩みではないでしょうか。

学校と言うのは青春の代名詞です。
青春時代に苦い経験をして、いまだに引きずってしまっている方も見やすい夢と言えます。

学生時代は非常にナイーブな時期でもありますので、気をつけていきたいものです。

地元で迷う夢

自分の生まれた土地である地元や今住んでいる地元で道に迷う夢を見られた方は、その地元関係の事で頭を悩ませていることがあるのではないでしょうか。
もしくは地元で過去に何かがあり、今でもその影響を強く引きずっていると考えられます。

地元に戻りたくないなんて気持ちがどこかにある場合は、道に迷うという行動が潜在的にあなたの気持ちを表していると考えられます。
何度も見るようであれば、改善するための行動に出るのもいいのではないでしょうか。

旅行先で迷う夢

旅行先で道に迷うというのは実際にもよくある話ですよね。
地図が読めない、土地勘がないなど、その際に迷ってしまう理由はそれぞれではありますが、夢占いの場合ではどうなのでしょうか。

夢占いでは旅行先をこれからの新天地、またはまだ見ぬ未来を暗示します。
今の環境ではない場所での様々な不安が道に迷う夢という形であらわれています。

プレッシャーを感じていたり、馴染めるか不安であったり、そう言った負担を感じている方が見やすい夢と言えます。

<下に続く>

道に迷う夢の意味【その他】

ここまでも様々な形の道に迷う夢をご紹介していきましたが、まだまだご紹介しきれなかったものを6つご紹介していきます。

恋人と道に迷う

恋人と一緒にいるときに道に迷う夢を見られた方。
それは自分の選択する道に対して、1人では不安であることを暗示しています。

恋人だけではなく、両親や友人などのパターンも考えられますが意味合いとしてはどれも同様です。
人生の選択を自分1人では決められず、共に歩んでいける人が欲しいと願っているのではないでしょうか。

共に支えあいながら進んで行くのは、いいことではありますが選択を相手任せにしないようにすることはとても大切です。

最終的にたどり着く

道に迷いながらも最終的に目的地にたどり着く夢もあります。
このような夢を見た方は、自分の今の悩みから自分の力で抜け出せることを意味しています。

ですので、道に迷う夢の中では吉夢と言えます。
長かったトンネルから抜けれるような感覚が味わえますので、あと少し実際に悩みから抜け出せるように頑張って見てください。

自分の力で悩みから解決できれば、それが自信になりますし、人間として成長できることでしょう。

学校への道で迷う

通学中に道に迷う夢なんてものもあります。
毎日通っている道だからこそ、迷う事は実際には考えにくいからこそ、夢占い的には大きな意味合いを持ったりします。

学校への道で迷う夢を見た場合は、今その学校に通っている意味を見失っている状況と言えます。
学んでいる事、将来の進路など学校において迷うことは様々考えられますが強く悩んでいることはないでしょうか。

1度、両親や学校の先生に相談して見るのも解決への糸口となります。
1人で悩まずに声に出してみましょう。

自宅への道で迷う

帰路の途中で道に迷う夢を見たあなたは家庭に対しての悩みを抱えてしまっていると言えます。
実際に家に帰りたくないなぁと帰路で思ってしまっている方もいるのではないでしょうか。

そんな家庭に対しての悩みが、自宅への道で迷う夢として、あらわれてしまっています。
夢にまで出てきてしまったのであれば、その悩みは深いものと言えるでしょう。

家庭の事情となると解決が難しい事も少なくなく、大変な事も多いと考えられますが、改善に向けて動いてみることをオススメします。

正しい道なのにたどりつかない夢

道に迷う夢でも特殊な部類に入るのが、自分は正しい道を歩んでいるのに、なかなか目的地にたどりつかないと言う夢です。
自分は正しいと言う確証があるのに、道に迷ってしまっている状態です。

これは今歩んでいるの道が後に人生を惑わせてしまうことがあるという事の暗示です。
自分は迷いなく進んでいても、結果として悪い方向に転がる可能性が高いことをあらわしています。

1人で邁進することなく、時には周りの人に悩みをぶつけて見てはいかがでしょうか。
早めの対処が本当の正しい道への近道と言えます。

迷った先の道がない夢

目的地につくために様々な道に迷いながらも、最後に選択した道の先が途絶えていたと言う夢を見てしまった方。
残念ながら、その選択した道は進むのをやめたほうがいいと言えます。

先に続く道がないと言うのは、その先に何も残らないと言うことです。
道自体は平坦で進みやすそうなものでも、途中で行き止まりになってしまっては本末転倒です。

自分の目的地にたどりつける道を選んだほうが圧倒的にいいですので、別の道を模索するのが1番と言えます。

<下に続く>

道に迷う夢を見る意味!乗り物によっても意味が違う?のまとめ

道に迷う夢から醒める人

道に迷う夢について、様々な内容から様々な意味合いを解説していきました。
一言に道に迷う夢と言っても、そのシチュエーションで意味合いが変わってくることがお分かりいただけたのではないかと思います。

夢占いと言うのはあくまでも占いですので、どう受け取るかはあなた次第と言えます。
しかしながら、自分の潜在的な気持ちに気がつけるきっかけにもなりえますので、気になる夢を見た場合は調べて見るといいでしょう。

現実世界を改善できるきっかけを見つけられるかもしれません。
夢占いも自分の中でうまく活用することで、人生を少しずつ変える糧となります。

たかが夢、されど夢です。
夢は自分の経験や精神状態から作り上げられるものが多いので、決して意味がないものではありません。

これを機会に夢占いにも興味を持ってみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line