みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/06/04

綺麗な爪の形に整える方法は?悪くなる原因や素敵なネイルデザイン例!

爪の形を意識したことがありますか。
爪の形からわかる性格や、爪の形が悪くなる原因を見てみましょう。
普段見過ごしてしまいがちな爪を、もう一度見直すことであなたらしさの発見につながるでしょう。
女性におすすめのネイルデザインもご紹介します。

Large designecologist 565222 unsplash

爪の形には種類がある?形からわかる性格!

爪の形を見る女性

爪の形から性格がわかるという話があります。
実際に爪の形から判断できる性格を見ていきましょう。

縦に長い爪

爪のかたちが縦に長い人は、ロマンティックな一面があり、穏やかな性格をしているといわれます。
温厚で、人に対する気遣いができるタイプで、やや几帳面な一面もあるでしょう。

また、クリエイティブなことに向いているのも特徴です。
想像力に富み、芸術にも関心がある人が多い爪の形といわれています。

ただし、空気を読みすぎて場の雰囲気にのまれてしまったり、流されてしまうことも起こりやすいマイナス面もあります。
感覚が鋭く、感情が豊かで愛情深い人に多い爪の形です。

横幅が広い爪

一方、爪の形が横に長い、横長タイプの爪の形では、どんな性格が読み取れるでしょうか。
爪の形が横長で幅の広い人は、自分の思っていることをはっきり言わないと気が済まないタイプの人が多いといわれています。

やや短気な面がありますが、理論的で、説明が上手です。
ディベートなどにも強く、口が達者ともいえます。

さっぱりした「男性的」といわれる人が多く、その分細かいことは苦手でおおらかな面も持ち合わせているでしょう。
物事をはっきり言いすぎて、人と衝突してしまうマイナス面もあります。

四角い形の爪

爪の形が四角い場合は、どんな性格が読み取れるでしょうか。
四角い人爪の形は、男性に多い形です。

忍耐強く、我慢強い誠実な人に多いといわれています。
まじめで頑固なタイプが多く、自分で決めたことをやり遂げたり、人との約束は必ず守る律義な一面を持っています。

一方、まじめで頑固な考えにとらわれすぎて、人のアドバイスを受け付けなかったり、柔軟な対応が求められる場面は苦手な人が多いでしょう。
肩をはらずにリラックスする場面を増やしましょう。

丸型あるいは玉子型の爪

爪の形が丸い、あるいは楕円で卵のような形になっている人はどうでしょうか。
こういった爪の形の人は、楽観的でマイペースな性格が多いといわれています。

争いごとは苦手な平和主義者で、けんかなども好みません。
おおらかで、人を責めないので、周囲から好かれやすく周りに人が集まるタイプにも多い爪の形です。

一方で、おおらかさがだらしなさにつながったり、ルーズになってしまうこともあるので注意が必要です。

三角形または逆三角形の爪

爪の形が三角形または逆三角形の場合を見てみましょう。
このような爪の形をしている人には、天才と呼ばれる人が多いといわれています。

他人にはないひらめきを発揮したり、他の人では気づかないところまで目が行き届くようなタイプが多いでしょう。
一方で、神経過敏でデリケートな一面もあるのが、この爪の形をしている人に多い特徴です。

特に三角形の爪の形の人は神経質な人が多いでしょう。
逆三角形の人は、自分の意見をはっきり伝えたり、主張するのが得意な面があり、大胆な一面も持ち合わせています。

<下に続く>

爪の形が悪くなる原因

では、爪の形が悪くなる原因をみていきましょう。
爪の形が悪くなるには、以下の原因があります。

  1. 爪の凹凸の原因
  2. 爪に入る縦線の原因
  3. 爪に入る横線の原因
  4. 二枚爪の原因

続いて、爪の形が悪くなる原因を、それぞれ詳しくみていきます。

爪の形が悪くなる原因①:爪の凹凸の原因

爪の形が悪いと悩んでいる方で多いのは、爪の形の凹凸ではないでしょうか。
爪がでこぼこしていて形が悪くなっている爪は、ネイルもしにくくケアをあきらめてしまう人も多いでしょう。

一般的に、爪がでこぼこして凹凸ができる原因は、乾燥だといわれています。
爪に栄養が行き届かず、乾燥したり油分不足が起きると、このようにでこぼこになったり、爪が割れて形が崩れてしまうことがあります。

やすりで削って整えることもありますが、それはあくまで応急処置にすぎません。
爪の健康状態が良くならない限り、形が崩れたままになってしまいます。

栄養バランスの取れた食事を心がけ、乾燥を防ぐようネイルケアをするとよいでしょう。

爪の形が悪くなる原因②:爪に入る縦線の原因

爪に入る縦線の原因の多くは、老化やストレスだといわれています。
顔のしわと同じように、爪にもたてに線が入ってくるのは老化現象の一つでもあります。

ただし、爪の縦線は老化だけでなく過度なストレスや睡眠不足でも起きる現象です。
疲れをためすぎず、しっかり睡眠をとるって体調を整えることが大切です。

また、爪が作られる爪母と呼ばれる部分に傷がつくと、黒い縦線が入ることがあります。
これはしばらくすれば消えるので、あまり心配はいらないでしょう。

不自然な黒い部分ができる場合は悪性の可能性があるため、皮膚科に相談しましょう。

爪の形が悪くなる原因③:爪に入る横線の原因

続いて、爪に横に走る線についてみてみましょう。
爪に残る横線の原因は主に体調不良があげられます。

爪の根元から3mmのところに横線があれば、だいたい一か月くらい前の体調が反映されていると考えられます。
栄養状態が悪く爪母に十分な栄養がいきわたらなかったりすると、横線が表れます。

あまりストレスが長引くと、円形脱毛症や低カルシウム血症を伴うことがあります。

爪の形が悪くなる原因④:二枚爪の原因

二枚爪になる原因は乾燥化、外部からの影響によるものが多いといわれています。
爪は本来3枚の層でできています。

その山荘の間に、何らかの原因で空気が入ることで爪がはがれてきてしまいます。
普段から水仕事を良くする人や、除光液を頻繁に使う人は、乾燥しやすく二枚爪にもなりやすいでしょう。

また、冷え性で先端に栄養が行き届かない場合でも、二枚爪が起こります。
外部からの影響で多い原因は、爪を切るときの衝撃です。

爪が弱っているときに、強い衝撃を与えると二枚爪になる場合があります。

<下に続く>

爪の形を綺麗に整える方法

では、爪の形を綺麗に整える方法をみていきましょう。
爪の形を綺麗に整える方法には、以下のものがあります。

  1. スクエア型
  2. スクエアオフ型
  3. ラウンド型
  4. オーバル型
  5. ポイント型
  6. バレリーナ型

続いて、爪の形を綺麗に整える方法を、それぞれ詳しくみていきます。

爪の形を綺麗に整える方法①:スクエア型

爪の形をスクエア型に整える方法をご紹介します。
ネイルアートやフレンチネイルがきれいに見えるので人気の形です。

スクエア型の一番のポイントは、爪の根元から最後まで、爪の幅が変わらないことです。
爪がまっすぐ伸びるため強度が出ますが、角がとがっているためひっかけてけがをしやすい点には注意が必要です。

スクエア型に形を整える前に、まずはしっかり爪を延ばしましょう。
スクエア型を作れるくらいに爪が伸びたら、甘皮処理をしておきます。

やすり(エメリーボード)を使って形を削ります。
まず先端をまっすぐに整え、底から両サイドを削っていきます。

角には角度がつくように注意しましょう。
角度をしっかり作らないと、先端が細くなってしまうので気を付けます。

最後まで、爪の幅が変わらないようにしましょう。
先端に当てるとき、やすりの角度は90度になるようにするときれいに削ることができます。

爪の形を綺麗に整える方法②:スクエアオフ型

続いて、スクエア型のアレンジにあたるスクエアオフ型を見てみましょう。
スクエア型と同じように、ネイルアートが映えるうえに、ひっかけたりする心配がなく、日常的に使いやすい爪の形です。

爪の形をスクエアオフ型に整えるには、スクエア型と同様、爪をしっかり伸ばしておく必要があります。
爪の形を整えるために、やすりを使います。

まずは先端をまっすぐに削ります。
その後、スクエア型を作るように角度をつけて両サイドを削りましょう。

爪の幅が変わらないように微調整します。
最後にスクエア型のかどの部分に丸みが出るように削ります。

この時、削りすぎたり、過度の丸みがばらばらにならないよう、少しずつ微調整をしながら削りましょう。

爪の形を綺麗に整える方法③:ラウンド型

ネイルアートがなくても、女性らしさを演出できる爪の形がラウンド型です。
丸みを帯びた形は柔らかい印象をもたらします。

派手なネイルアートはしたくないという人や、たまにマニキュアを塗るという人におすすめの形です。
また、比較的短い爪でもきれいに整えることができるのもおすすめのポイントです。

好みの爪の長さに切りそろえておきます。
やすりを使って、45度の角度になるよう爪に当てます。

両サイドがまっすぐになるよう爪を削って整えていきましょう。
左右対称に整うよう、両サイドに丸みをつけて行きます。

この時、爪の丸みのカーブは指のカーブとそろえるようにするときれいです。

爪の形を綺麗に整える方法④:オーバル型

爪の形がすっきりして、指がすらりと長く見えるのがオーバル型です。
ラウンド型を、より繊細に丸みをつけた形で、女性らしいエレガントな印象を作ることができるでしょう。

ラウンド型よりも、より角度がついた形に整える必要があるため、爪を伸ばしておきます。
爪の長さを決め、両サイドをまっすぐになるように削ります。

サイドが整えられたら、先端をカーブに削っていきます。
この時、カーブのスタート地点が左右対称になるように気を付けます。

スタート地点が左右で違うと、きれいな卵型にはなりません。
左右で少しずる丸みが出るように微調整をしながら整えましょう。

爪の形を綺麗に整える方法⑤:ポイント型

続いて、オーバル型よりもさらに爪の先端を細くカーブさせたポイント型を見てみましょう。
先が細くなるので、指が長く見え、きゃしゃな印象を与えることができます。

指を細く見せたい方におすすめの形ですが、強度がなくなるため、補強のネイル処理が必要です。
オーバル型と同じように、しっかり爪を伸ばしておきます。

両サイドをまっすぐになるよう削り整えましょう。
好みの長さのところでカーブを作り丸い形を作っていきます。

カーブのスタート地点が左右で対象になるように気を付けます。
オーバル型よりもさらに細く丸みをつけましょう。

爪の形を綺麗に整える方法⑥:バレリーナ型

最後にご紹介するのは、最近人気が集まっているバレリーナ型です。
バレリーナがはくトゥシューズに似ているので、この名前がついたといわれています。

爪の形はポイント型ですが、先端をスクエア型にカットしている点が特徴です。
細く長く見え、ポイント型よりも少し強度が出ます。

ネイルアートもよく映える形で、人気が出てきている爪の形です。
整えるときは、しっかり爪を伸ばしておきます。

ポイント型を作るように、両サイドを削って形を整えます。
好みの長さまでまっすぐ爪を整えたら、左右対称になるようにカーブをつけて丸みを作りましょう。

ポイント型になるように意識して、先を細く鋭く削ります。
形がある程度整ってカーブがついてきたら、先端がスクエアになるようまっすぐにします。

<下に続く>

爪の形別にぴったりなネイルデザイン例

爪の形を整える女性

おすすめのネイルデザインをご紹介します。

ネイルデザイン例①:秋のチェック柄

秋、冬におすすめのチェック柄のネイルデザインです。
さらに茶色系のカラーで作ると、より季節感が出て大人っぽい雰囲気に仕上がります。

チェック柄は寒い時期に特におすすめのデザインで、ネイルで季節感を楽しむおしゃれが実現できます。

ネイルデザイン例②:チョコレート色のフレンチネイル

秋、冬におすすめのフレンチネイルデザインをご紹介します。
ピンク色とチョコレート色で、あたたかいやさしい雰囲気を出してくれるデザインです。

ポイントに赤いビーズが入っているのがかわいらしく、さりげないおしゃれを楽しむことができるでしょう。

ネイルデザイン例③:女性らしいピンクグラデーション

シンプルですが、かわいらしさも表現できるグラデーションのネイルデザインです。
ピンク色の同系色をグラデーションにすることで、落ち着いた雰囲気が出ます。

職場などにも使えるデザインで、どんなシチュエーションでも使いやすいデザインと言えます。

ネイルデザイン例④:花をちりばめたデザイン

爪が短いショートネイルも、かわいく仕上げることができます。
指先に花をちりばめることで、指が長く見えます。

ピンクと白の組み合わせは上品で女性らしさも印象付けてくれるおすすめのデザインです。

ネイルデザイン例⑤:宇宙や夜空のデザイン

夜空や宇宙をイメージさせるデザインは、透明感を出せるネイルデザインにぴったりのモチーフです。
ラメを使って、ネイルに星屑を散らせば、ロマンティックで甘い雰囲気を印象づけることができるでしょう。

ネイルデザイン例⑥:クリスマスデザイン

クリスマスを感じさせる冬のデザインもおすすめです。
ネイルの柄によって季節やイベントを表現できます。

赤と緑の組み合わせや、チェック柄、雪の結晶などをモチーフにするとクリスマスの感じが出ます。
また、雪だるまやサンタクロースなどキャラクターをモチーフにしたポップなデザインもよいでしょう。

ネイルデザイン例⑦:夏にぴったりの金魚デザイン

夏にぴったりの金魚を使ったデザインです。
夏祭りに出かけるときにもよいでしょう。

ネイルデザイン例⑧:ハロウィンのデザイン

季節のイベントをモチーフにするデザインでハロウィンもおすすめです。
カボチャやお化けを描いたデザインもよいですが、シンプルにハロウィンカラーのカボチャ色と蜘蛛の巣で大人っぽくハロウィンを感じさせるデザインが幅広い年代の方にも使えるデザインです。

ネイルデザイン例⑨:スタッズを使うデザイン

スタッズをいかしたデザインも、人気があります。
パールビーズなどでたくさん使うデザインもよいですが、シンプルにスタッズを使うデザインもおすすめです。

フレンチネイルやバイカラーにポイントで使うと大人っぽいデザインでネイルになります。

ネイルデザイン例⑩:和風ネイルデザイン

和風のデザインもネイルデザインに取り入れるとかわいいです。
浴衣に合わせるときはもちろん、デザイン次第では普段のファッションにもよくあいます。

牡丹の花や桜、梅といった和を感じさせる花をモチーフにしてもよいでしょう。
市松模様もおすすめです。

<下に続く>

爪の形から魅力を発信しよう

爪の形をきれいにした人

普段あまり意識しませんが、爪の形からいろいろなことが伝わります。
穏やかな性格が出た爪の形は、誠実で頑固な男らしさを感じる爪など、個性もさまざまです。

また、ネイルデザインも豊富になってきているため爪の形を整えネイルをデザインすることで自分らしさを印象付けるアイテムにもなるでしょう。
さぼりがちな爪のケアをもう一度見なおし、自分らしい爪を大切にしてみませんか。

あなたの魅力をより伝えてくれるポイントになるでしょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line