みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/06/29

水星人マイナスの性格・相性診断!運勢から結婚時期が分かる?

水星人の中でもマイナスとプラスというくくりが分けられているのをご存知でしたでしょうか。
水星人マイナスの人はとても才能があり、リーダー気質の人が多いと言われています。

そんな水星人マイナスの人の性格や2019年の運勢などを詳しく紹介していきます。

Large %e6%b0%b4%e6%98%9f%e4%ba%ba %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d

「水星人マイナス」を知る方法

水星人マイナス同士の子どもたち

知る方法としては、まず自分の運命数を導き出さなければなりません。
運命数は自分の生年月日を西暦から一つずつ足していきます。

例えば1990年12月24日生まれの人は、1+9+9+0+1+2+2+4と足していくのです。
そして一桁になるまで足し算を繰り返していきます。

次に導き出した数字から1をマイナスし、そこに自分の生まれた日にちを足します。
そして足した時に60より上の数字が導き出された場合は60を引いてください。

それが星数と呼ばれるものになります。
そこから更に、自分の運命星を導き出していきます。

数字が最終的に51~60の間となった人が水星人です。
更に、水星人の中でもプラスなのかマイナスなのかを知る必要があります。

ここでは干支が重要な関わりを持ってきます。
戌年・申年・午年・辰年・寅年・子年はプラスです。

それ以外の、亥年・酉年・未年・巳年・卯年・丑年はマイナスとなるわけです。

<下に続く>

水星人マイナスの性格

では、水星人マイナスの性格をみていきましょう。
水星人マイナスの性格は、以下の通りです。

  1. 人に指示されるのが好きではない
  2. センスがあり頭がキレる
  3. 人付き合いが上手い
  4. マイペース
  5. ポーカーフェイス
  6. 気が短い
  7. 動じない
  8. 自由を愛する
  9. 恋愛至上主義
  10. 独りになりがち
  11. 情に厚い
  12. お金への執着心が強い
  13. 勤勉
  14. 観察力がある
  15. まとめるのが得意

続いて、水星人マイナスの性格を、それぞれ詳しくみていきます。

性格①:人に指示されるのが好きではない

人から指図されるということがあまり好きではありません
水星人マイナスは反骨精神が強いと言えば、そうである可能性が高いです。

自分の力を信じている、自分で自分をきちんと認めているからこそだともいえるでしょう。
そのため、若い頃から独り立ちしている人が多いです。

そして、水星人マイナスは独り立ちしているからこそ、自分の力を活かしていけるタイプともいえるでしょう。
水星人マイナスは頑固なところもあるため、人からの指示やアドバイスを素直に受け入れることができないタイプでもあります。

自分の意見や自分の考えが正しいものであると考えている特徴もあります。
それによって敵も多くなってしまいがちではありますが、実力が成功へと繋がっていくと認める人も多く出てくることでしょう。

性格②:センスがあり頭がキレる

機敏に頭の中で様々な物事を見極めることができます。
もともといろんなことに敏感なタイプですので新しい情報があればきちんとインプットしています。

頭の回転が速く臨機応変に物事を対処していける才能も持っています。
水星人マイナスは司会者や多くの人と関わることでも自分の力を活かしていけるでしょう。

人と話す仕事を天職としている人も多くいます。
相手がどんな人でどのように会話を進めていけばよいのかをきちんと把握しているからこそできるのです。

性格③:人付き合いが上手い

世渡り上手というのがまさしくこの水星人マイナスの性格の特徴です。
情報量が多いということもあってどういうタイプの人にどのように接すればいいのか把握しているのです。

自分にとってプラスとなる人脈はどんどん広げていくタイプともいえるでしょう。

性格④:マイペース

水星人マイナスは頑固な性格をしている部分も相まって、とてもマイペースです。
わかりやすくいうとわがままということです。

しかし、水星人マイナスは自分の信念や譲れない部分にこだわっているがゆえ、はたから見るとそう見えてしまうのかもしれません。
水星人マイナスは自分がやりたいとおもったことは突き詰めてきちんとこなす部分もあります。

性格⑤:ポーカーフェイス

ときと場合によりますが、基本的にはあまり表情に出さないタイプです。
どんなに心の中で焦っていても、周りからみてとても落ち着いているように見えるということです。

あえてそうしているのではなく、無意識のうちにそうなってしまうのです。
冷静に物事と向き合い考えているからこそ、そのように見えてしまうのです。

しかし、実際はとても気さくな一面も持っていますし、自分自身にとってプラスとなる場所では笑顔を絶やさないことでしょう。
一見怖い人だと思われてしまいがちですが、トークのセンスの良さが光り親しくなっていくうちに水星人マイナスの良さを段々周りは認識していきます。

ポーカーフェイスというのは落ち着いているようにみえるだけで、本当は水星人マイナスも楽しんだり焦ったり怒ったり悲しんだりちゃんとしています。

性格⑥:気が短い

落ち着いているようにみえて、実はとても短期です。
カップラーメンの三分が待てなかったり、電子レンジで5分加熱するのも待てなかったりする部分もあります。

また、少々怒りっぽい部分もあります。
ただ、怒って人を傷つけるような発言をしても悪気はないためあっけらかんとしている場合が多いです。

待つことがあまり得意ではないのですが、自分の努力が成果がでることを待つことはできるタイプです。
人に待たされることは、水星人の怒りを買うことにもなりかねませんので気をつけたほうがよいかもしれません。

性格⑦:動じない

水星人マイナスは何事にも動じないという部分においては、人の上に立つ立場になったときに多くの信頼を集めることになります。
水星人マイナスは仕事でトラブルが起きても、ひとつずつきちんと対処していくのです。

そのため水星人マイナスは信頼してくれる部下は多くいることでしょう。
それによって水星人マイナスは成功を収めている人が多くいます。

性格⑧:自由を愛する

水星人マイナスはマイペースであるがゆえ、自由を愛し、束縛を嫌います。
特に恋愛において、あれやこれやと束縛されるのはとてつもなく水星人マイナスの人にとっては苦痛です。

指図されたりすることも嫌いですし、わかりやすくいうと高飛車なタイプです。
しかし、恋愛や結婚をしたくないというわけではないのです。

性格⑨:恋愛至上主義

センスがあり、自由奔放な性格から、とてもモテる方です。
そして人によって話題の提供も変えることができ、話し上手なため多くの異性を引き寄せます。

また、とてもポジティブな性格をしているので、恋愛をきちんと楽しもうとするのです。
恋愛は人生をより豊かにするものだと考え、常に恋愛をしたいと思っている部分もあるでしょう。

ときめきを常に追い求めています。

性格⑩:独りになりがち

水星は別名、孤独の星と呼ばれています。
身内や親族といった人たちとの縁があまり強くないのです。

特に初めでも伝えたように指図されることが嫌いという点から、両親とぶつかる人も多かったことでしょう。
そのため、家族と疎遠になっている人も多くいます。

性格⑪:情に厚い

上記で述べたように孤独の星のもとにうまれた水星人マイナス人間はとても恩情深い性格をしています。
お世話するのが好きといってもよいかもしれません。

独りの寂しさをわかっているからこそ、人にやさしく困っている人を放っておけないのです。

性格⑫:お金への執着心が強い

お金のために働き、お金のために生きるという考えが強い性格です。
お金に関してはとても細かく、自分に損となりえる可能性のあることには挑戦しません。

お金の貸し借りをしたとしても細かく覚えており、ある意味、とても信頼できる人といえます。

性格⑬:勤勉

自分の好きなこと、やり遂げたいと思うことは努力して成し遂げます。
コツコツとやり続け、大きな成功や収益へと結びつけることができるのも特徴の一つ。

努力をするということが嫌いではなく、とても得意ですのでどんな困難とぶつかってもきちんと乗り越えて行けるタイプです。

性格⑭:観察力がある

人をよく見ているのが水星人マイナスです。
水星人マイナス人間は自分自身のことも客観的にみることができています。

そのため、水星人マイナス人間は自分が求められている立ち振舞がわかったり、相手が求めている言葉がスムーズに出てくるのです。
そうしたところが世渡り上手に繋がっているのかもしれません。

また、水星人マイナスにはホストやキャバ嬢も多くいると言われています。
それはお金が好きな水星人マイナスの性格と、話し上手という才能を活かせる仕事だからです。

成功を収めている人も多く、水星人マイナスさんは自分自身の魅力をきちんとみることができていることも特徴のひとつなのです。

性格⑮:まとめるのが得意

コミュニケーション能力があるため、仕切ったりまとめたりすることはたやすくできる人です。
冷静に行動できるところからミスをすることもなく多くの信頼を集めると共に、きちんと人に合った仕事を割り振っていけるタイプです。

なによりも行動、といった体育会系の考えではなく、常に冷静に考え行動していくのが水星人マイナスです。
水星人マイナス人間は、間違いが起きたりすることもほとんどないといえます。

<下に続く>

水星人マイナスの恋愛傾向

水星人マイナスの人に片思いをして悩んでいる人

では、水星人マイナスの恋愛傾向をみていきましょう。
水星人マイナスの恋愛傾向は、以下の通りです。

  1. さっぱりしている
  2. 依存しない
  3. 長続きしない
  4. 受け身になるのが嫌い
  5. セックスが好き

続いて、水星人マイナスの恋愛傾向を、それぞれ詳しくみていきます。

恋愛傾向①:さっぱりしている

水星人マイナスさんはとてもサバサバしている人が多いです。
つまり、毎日会いたいとかはあまり思わないタイプのようですね。

わかりやすく言うと大人の恋愛を求めており、自分のしたいことをお互いにしたほうがいいと考えています。
そして、お互いにあいた時間が合えば会えば良いという価値観の持ち主です。

そのため、恋愛する相手にも似たような価値観を持っている人が最適でしょう。

恋愛傾向②:依存しない

水星人マイナスさんは束縛を嫌うという性格から依存はしませんし、依存もされたくはありません。
つまり、恋愛において追いかけられるということはあまり好ましくないということです。

重たい人、連絡がマメな人やマメさを求める人には一気に冷めてしまうでしょう。
べたべたするような恋愛は好きではありません。

そのため、毎日会いたいというような人とは相性もよくありませんし連絡を強制するような人との相性も最悪の人ともいえます。
さっぱりしていて、お互いに恋愛以外にやりたいことがあるというような人とのほうが良き関係を築いていけます。

恋愛傾向③:長続きしない

水星人マイナスさんは上記ふたつの、さっぱりしていて依存しないという点から恋愛はあまり長続きするタイプではありません。
結婚をしたとしても同じようなことが言えます。

そもそも、水星は孤独の星です。
家庭というものにあまり縁が無いタイプなのです。

結婚をしたとしても離婚をするか、または忙しさや仕事が理由となり家庭にあまりいないひととなる可能性がたかいです。

恋愛傾向④:受け身になるのが嫌い

水星人マイナスの人は指示されるのが嫌いな性格ということもあって、受け身になることは好きではありません。
自分が主導権を握り、食事に行く場所やデートする場所、会う日などは自分を中心として決めたいタイプです。

恋愛傾向⑤:セックスが好き

セックスが超好きです。
男性でも女性でも、です。

一度でセックスが終わるということはまずないでしょう。
女性も受け身が苦手などで、相手が満足だといっても尽くし続け求め続けます。

前戯だけではなく、他のことも自分主導で動いていきたいタイプです。
テクニシャンでもあり、そのテクニックは天性のものです。

そのため、水星人マイナスとセックスをした人は離れられなくなってしまうかもしれません。
しかしながら、どんなに情熱的なセックスをしたとしても終わればとても冷静なのが水星人です。

ワンナイトラブも多くありますが、水星人マイナスの人にとってセックスは快楽を得るための遊びです。
交際前にセックスをした場合は、本気にならないよう気をつけたほうがよいでしょう。

セックスをしたから恋人になる、結婚をするという考えは水星人マイナスの方は持っていません。
水星人マイナスさんは身体で愛情を求めようとします。

それは家庭の縁が薄かったということも大きく影響しているのです。
人との心の繋がりというものがあまり信頼できず、身体を求めてしまうのでしょう。

<下に続く>

水星人マイナスの相性

土星人との相性

恋人としての二人の相性はとても良いものです。
どちらも熱しやすくさめやすいタイプではありますが、とても情熱的な恋愛をできるでしょう。

出会ってすぐに恋に落ちるなんてことが起こる可能性も秘めています。
また、身体の相性も抜群に良いです。

土星人はロマンチックな星のもとに生まれているため情熱的なプレイもとても興奮することでしょう。
しかし、時間が経つにつれそうしたプレイもマンネリ化してしまう可能性もあります。

新しいことをどんどん取り入れていくと長く続くかもしれません。
そして、結婚したととなればあまり相性は良くないといえます。

お互いがお互いへの理想が先行してしまい、こういう相手だとは思わなかったという部分がどんどん見つかってしまうのです。
自分の中での折り合いをつけることと話し合いをきちんとすることが円満な関係を気づいていく秘訣といえるでしょう。

金星人との相性

金星人の人はとても水星人マイナスの人との相性が良いです。
理由としては水星人マイナスと似た性質を持っているからです。

束縛はきらいですし、ひとりでいても平気なのです。
そのため水星人マイナスが自由に過ごしているときは金星人もひとりで自由に過ごしています。

また、金星人の人は基本的に水星人マイナスのポーカーフェイスなところも気にしません。
それもまた個性だと考えているのです。

天王星人との相性

はたからみてお似合いと言われるカップルになる可能性が高いです。
お互いに自然体でいられるお二人です。

お互いの扱い方も手に取るようにわかり居心地のよさを感じずにはいられないでしょう。
夫婦としてもとても良い相性です。

冷静な水星人マイナスの特性と社交性がある天王星人の特性が活かされどんなことも順調に乗り越えていくことができます。
しかし、干渉のしすぎには注意です。

水星人マイナスの自由奔放な部分を天王星人が見守ってあげると良き関係を続けていくことができます。
天王星人は割とかまってほしいタイプが多くいると言われています。

水星人マイナスは自由奔放ではありますが、二人の時間はちゃんと大切にしてくれるタイプです。
そのため、二人で過ごしているときに程よく甘えてみるといいかもしれません。

火星人との相性

火星人とも割と相性は良いです。
火星人は自分の中での理想がたくさんあります。

次から次へとやりたいことが思い浮かんだり、アイディアが飛び出したりします。
しかし計画性はあまりなく言っているだけなので、水星人マイナスがひっぱって一緒に行動を起こしていくと良いかもしれません。

双方にとって成長できるプラスな関係を築いていけることでしょう。

木星人との相性

あまり良いとは言えません。
なぜなら、木星人はそこまでアクティブな性格ではないからです。

また、真面目で規律をきちんと守るタイプです。
そのため水星人マイナスの自由なところが受け入れられないという場合も多くあるようです。

水星人マイナスからみて木星人はどこか暗い印象を受ける場合もあります。
お互いがお互いをきちんと認め尊敬し合うことができれば関係はうまくいくことでしょう。

水星人との相性

まさにベストな相性と言ってもよいかもしれません。
精神面でも深く繋がれる二人ともいえるでしょう。

お互いがお互いを認め、更に成長しあえる関係です。
また、精神的に深く繋がることができるため一緒にいるだけで安らぎを得ることができます。

セックスの相性も水星人マイナスの特性を双方活かしているためとても良いものでしょう。
ただ主導権を譲り合うことがポイントとなるかもしれません。

結婚したとなれば、お互いが自分の描いていた自由な家庭が築いていける相性とも言えます。
水星人マイナス同士であれば子宝にも恵まれることでしょう。

協力しあい辛いこともちゃんと乗り越えていける相性をもっています。

<下に続く>

水星人マイナスの運勢【2018-2019年】

総合運

順調に物事が進んでいくといっても良いでしょう、
日々に充実感を感じることもでき、毎日が楽しくて仕方ありません。

心も身体も満たされ充実しており、笑顔でいようと心がけなくても笑顔でいることができます。
余裕もあり新しいことを初めても良いかもしれません。

周囲からのサポートも多くあり、それによって勢いよく運気は上昇していきます。
また、人との繋がりを大切にすることを意識すると良いです。

ひとりで出かけるのではなく誰かに声をかけて人と一緒に行動することで、今後自分に良き行いがかえってきます。
損得勘定で動いてしまいがちなのが水星人マイナスのネガティブポイントです。

しかし、2019年は損得勘定で行動するのではなく、一緒にいて楽しいかどうか安らぎかどうかを意識して人との縁を大切に育んでいくと良いでしょう。

恋愛運

今交際している人がいるのであれば2019年のうちに結婚への準備を始めたほうが良いです。
準備をし始めることで一気に結婚へと近づき、2019年のうちに結婚できる可能性もあります。

恋愛においては勢いが重要となってきます。
相手がいない人は出会いの場所にたくさん足を運びましょう。

そうすることで、運気の追い風と共に良き出会いが結ばれることでしょう。
2019年は出会いのきっかけも多いです。

フットワークを軽くし行動範囲を広めることもポイントです。

仕事運

新しいことをはじめるのに最適な時期ですので、起業などを始めたいと考えているのであれば2019年のうちに始めましょう。
2020年からは、新しいことを始めるのには向いていない時期、大殺界に入ってしまいます。

大殺界は三年間続き、三年は新しいことを始めることはできません。
転職に関しても同じです。

今の会社になにか思うところがあるのであれば、2019年のうちに思い切って辞めて見ましょう。
そして新しい会社に飛び込んでみると良いかもしれません。

運気が味方となってくれ追い風となってくれます。
結果的に長く続けることのできる良き職場と出会えることでしょう。

更に、仕事は順調にこなしていくことができます。
今の仕事が好きなのであれば、このまま仕事をきちんとこなしていくことで、大出世する可能性もあります。

与えられた仕事も、自分で掴んだ仕事もきちんとこなしていくというスタイルを貫いていきましょう。

健康運

体力気力共に満たされ安定していることでしょう。
ダイエット成功の兆しもあります。

トレーニングなどに新たに挑戦しはじめてもいいかもしれません。
しかし、問題がないと思っていても健康診断や人間ドックにはきちんといったほうが良いです。

金銭運

人にごちそうする機会多く持つと良いでしょう。
2020年以降訪れる大殺界のときに、自分へとプラスとなってかえって来ます。

わかりやすく言うと貸しを作っておくということです。
プレゼントを贈ったりして気遣いを表すのも良いでしょう。

お金を使うことが一番ですが、手紙などをしたためてもよいかもしれません。
2019年は使っても不思議とお金がなくならない良い時期です。

更に昇給のチャンスなどにも恵まれやすいです。
金銭運はまさに右肩上がりです。

しかし、ギャンブルに挑戦するのは避けたほうが良いかもしれません。
2020年に繋がる大殺界にむけて貯蓄をするのがベストな行動とも言えます。

そして、起業するのであれば資金の借り入れはあまり大きい額にしないほうが良いです。
借り入れをしたとしても返していくのは2019年だけでなく、その後何年も続いていくものです。

その後にくる大殺界のときに、借金が困難となってしまう可能性も少なからずあります。
借り入れをする際は、きちんと返すためのプランを考えてから借りるようにしましょう。

結婚運

新しいことや人生における大きなイベントごとをするのにふさわしい時期ですので結婚をするなら2019年の間にしたほうがよいでしょう。
また、結婚する相手がいないのであれば、人との繋がりを大切にしてみてください。

そして、自分の周りに相談できるような人がいないか見渡してみましょう。
その相手が異性であった場合、その人との関係が急展開を迎える可能性もあります。

結婚へと大躍進する可能性も秘めていますので、自分の周りをきちんと見極め、関わる人との縁すべてを大切にする勢いで過ごしていくと良いです。

家庭運

水星人マイナスのひとは家庭の縁が薄いと言われていますが、2019年は気持ちに余裕がある時期です。
そのため、家族との関わりを多く持っても良いかもしれません。

今まで気が付かなったことに気がつける可能性も高いです。
血の繋がりを大切にすることは、2020年以降の助けに繋がる可能性もあります。

基本的に人を大切にするということを心においておきましょう。

<下に続く>

水星人マイナス+霊合星人の場合

性格

そもそも霊合星人というのは、自分の干支のいちに運命盤の停止がある人です。
つまり、人生が大殺界から始まっているということです。

普通の水星人マイナスと違い、火星人の影響を何事においても受けてしまう、つまり火星人の運勢も背負うことになるということなのです。
正確においては火星人のアイディアマンな部分が生まれてくることでしょう。

しかし火星人にはなく水星人マイナスがもっている行動力をもっているため、天才と呼ばれる人が生まれやすいです。
何を考えているかわからないと言われてしまい、ミステリアスな部分が魅力として光る可能性もあります。

恋愛傾向

恋愛傾向としては火星人の素質と重なり警戒心が強くなるため、普通の水星人マイナスよりも恋愛経験は豊富ではないといえます。
自分にとって良い恋愛をしてくれる人なのか、相手をまず見極めることでしょう。

相手がお金をもっているか、自分に迷惑をかけるような人ではないかを見極める部分もあります。

他の星との相性

土星人との相性は基本的にあまりよくありません。
自由なところに土星人の人が嫌気がさし離れてしまう場合もあります。

しかし、金星人との相性はとてもよく仕事上のパートナーとしてタッグを組むと良いです。
星の周りのもと、良きことが多く起こりますので、後世に名を残すようなことを果たせる可能性もあります。

火星人との相性はお互いがお互いのマイナス要素をきちんとカバーすることができればうまくいきます。
天王星人との相性は天王星人の我慢強さが試されることでしょう。

水星人マイナスのクールな部分に天王星人が耐えることができれば、関係はうまくいきます。
木星人との相性は結構悪いです。

真面目な木星人と自由人の水星人マイナスの相性が悪いのは変わりません。

<下に続く>

水星人マイナスの芸能人

芸能人①:吉田沙保里さん

レスリング選手の吉田沙保里さんは水星人マイナスの芸能人のひとりです。
とても負けず嫌いな方のようですが、それが強さの秘訣なのかもしれません。

恋愛についてテレビで話していることも多くあり、恋愛を好むタイプでもあります。
また、自分自身の才能を早くから磨くことに専念し、今では一流アスリートとなりました。

水星人マイナスの特性を活かし成功へと繋げたと言っても過言ではないでしょう。

芸能人②:菜々緒さん

もともとモデルとしてデビューしている菜々緒さんも水星人マイナスです。
彼女は今ではモデルというよりも、女優としてとても有名になりました。

彼女はジムに頻繁に通いプロポーションの維持を怠らないストイックさが芸能界で認められているのかもしれません。
ただ、マネージャーが多く変わったという噂もあり、そのストイックさや自由さについていけない人が多かったのかもしれませんね。

芸能人③:有村昆さん

映画コメンテーターとして今や成功を収めている有村さん。
自分の好きなことを自由に勉強しながら、映画コメンテーターとしての道を切り開きました。

開拓者としての才能ももっている水星人マイナスとしての特徴が表れている人だといえます。

芸能人④:長友佑都さん

近年結婚をしお子様が生まれた長友選手も水星人マイナスの方です。
情熱的なアプローチで奥様と結婚をし、今はとても幸せそうです。

そんな彼ですが水星人マイナスの自由さを持ち合わせていますが、さばさばしていてマイペースな奥様を伴侶として選んだからこそ今も成功を収めているのかもしれません。
自分自身の才能を活かし続けるためには、自由であることが大事ともいえますね。

芸能人⑤:国生さゆりさん

かつてアイドルとして大活躍していた国生さゆりさんは、今は女優として活躍しています。
長く芸能界にいますが、時代にそって自分の役割を見極め、バラエティに出演したりと様々な才能を見せてくれています。

それは水星人マイナス特有の客観的に自分を見ることができるという才能が活かされているのかもしれません。

芸能人⑥:イモトアヤコさん

日本テレビ系の番組で今や一躍有名になったイモトアヤコさんも水星人マイナスです。
山登りを本格的にしていたり、とストイックさはテレビを見ていてもわかりますよね。

そんな彼女ですが最近では女優としても活動しており、その演技の上手さに感動する人も多いようです。
自分で才能を見極めていく能力が活かされているのでしょう。

<下に続く>

水星人マイナスに関してのまとめ

水星人マイナス同士でセックスをしようとしている男女

水星人マイナスの人は、血液型でいうとB型のような人かもしれません。
自由奔放で自分が好きな水星人マイナスはどこか憎めない人でもあります。

天性の人あたりの良さや人を気持ちよくさせる才能をもっていますので、ためらわずに仲良くなっていきましょう。
また、水星人マイナスの方は紹介したように2019年はとても素晴らしい一年となります。

あっという間に過ぎていきますが、楽しむことを忘れずにどんなことにも挑戦していってください。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line