みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2019/07/07

転職で失敗しないための証明写真の上手な撮影方法やマナーとは

転職活動で必要な証明写真は、転職の結果を左右させることもあります。
特に証明写真はその人の第一印象が決まり、とても重要です。

しかし、意外と証明写真に重きを置く人は多くないので、ここで差をつけてみるのもいいでしょう。
この記事では上手な撮影方法やマナーについて、詳しくまとめましたので参考にしてみて下さい。

Large anonymous hand hoody 36675  1

転職の際の証明写真は重要?

転職の証明写真をチェックする人

転職の際の証明写真は、自分自身の雰囲気やイメージを伝えるのに有効な手段になり、とても重要なアイテムです。
採用側は証明写真を見ることで、一番最初に応募者の雰囲気や第一印象が決まります。

そのため、証明写真は転職を有利に運ぶものとして非常に大切で、撮影の仕方や表情、服装で工夫が必要です。
これからこの記事では証明写真のおすすめの撮り方や工夫について、説明をしていきます。

<下に続く>

転職で失敗しないための証明写真の上手な撮影方法

では、証明写真の上手な撮影方法をみていきましょう。
証明写真の上手な撮影方法には、以下のものがあります。

  1. 背景色を使い分ける
  2. 服装はスーツにする
  3. 姿勢を正す
  4. 髪型はすっきりまとめる

続いて、証明写真の上手な撮影方法を、それぞれ詳しくみていきます。

証明写真の上手な撮影方法①:背景色を使い分ける

近年の証明写真機では、いくつもの色の背景色を選択することが出来ます。
転職で定番でおすすめの色は、白色・青色・灰色です。

白色や青色は爽やかで誠実そうな印象を与えることができ、灰色は落ち着いた雰囲気を感じられます。
伝えたい雰囲気や印象にあった色を選ぶことが、一番良いでしょう。

また、着用したスーツの色がライトグレーやベージュなどの淡い色のときは、背景色を青色にすると、締まるのでオススメです。

証明写真の上手な撮影方法②:服装はスーツにする

転職の証明写真では、スーツを着用して撮影しましょう。
やはりビジネスシーンでのマナーとして、スーツの着用は常識とされており、きちんと着用できるかもチェックされています。

また、スーツは着こなしの仕方も気をつけなくてはいけません。
証明写真でのスーツの定番色は、黒・紺・グレーです。

スーツの中に着るシャツは白色がおすすめで、顔色が明るくみえます。
カラーものもオシャレですが、転職用の写真ではシンプルなものを選んでおく方が無難です。

また、スーツもシャツもしわがあるとだらしなくみえてしまうので、撮影前にはきちんとチェックしておくといいでしょう。

証明写真の上手な撮影方法③:姿勢を正す

感じの良い証明写真を撮影するには、姿勢をきれいにするだけでも大きく変わります。
まず、写真を撮るときは胸をはって背筋をのばし、前をしっかりみましょう。

特に女性が気をつけたい事は、上目遣いで撮らないようにすることです。
上目遣いにするためにあごをひいて撮影すると少し睨んでいるようにも写り、採用者側にはあまり評判がよくありません。

丁度いい目線作りするには、少し椅子の高さを高くするといいでしょう。
椅子を高くすることで程よくあごをひくことができ、表情もしっかり見せることができます。

証明写真の上手な撮影方法④:髪型はすっきりまとめる

やはり転職の証明写真では、顔がしっかりと見えなくてはいけません。
そのため、髪型は顔周りのところをすっきりまとめるといいでしょう。

特に、耳が見えるようにセットすることを意識すると、表情がよくみえる証明写真が撮れます。
男性の場合は前髪が目にかからない様に流し、全体的に短髪でさっぱりし髪を整えておくと、好印象です。

女性の場合はサイドの長い髪を耳にかけたり後ろで束ねておくといいでしょう。
髪の毛が長い人の髪型は、一つ結びやハーフアップなどにしておくとおすすめです。

<下に続く>

転職での証明写真の基本的マナー

転職の証明写真を見る人

まず、転職での証明写真の基本マナーはご存知でしょうか。
意外と知らずにマナー違反していることもあるので、ここではいくつか基本のマナーを紹介していきます。

ぜひ転職の証明写真を撮るときの参考にしてみて下さい。

基本的マナー①3ヶ月以内に証明写真を撮影する

転職用の証明写真では、必ず3ヶ月以内に撮影したものを使用しましょう。
また、3ヶ月以内でも面接時と大きく見た目が異なると、証明写真の意味はあまりなくなります。

とにかく証明写真では、応募者の雰囲気や印象を面接の前に把握しておく、転職に大切なアイテムです。
見た目や雰囲気の印象を大きく変えないように、証明写真は撮影日やイメージチェンジに気をつけて下さい。

基本的マナー②写真の裏に名前を記入する

転職用の写真の裏には、必ずマジックペンでフルネームを記入してください。
仮に履歴書と証明写真がバラバラになったとしても、名前を書いておくことで一致させることができます。

ノリや両面テープでしっかりと写真を貼付していても、はがれてしまうことはゼロではありません。
様々なケースに事前に対応できていることも、大人として社会人としてとても大切ですので、忘れずに名前の記入をしておきましょう。

基本的マナー③カラー写真を使う

基本的なことですが、転職用の証明写真はカラー写真を選択してください。
カラー写真の方が白黒写真よりも、はっきりと雰囲気が伝わり、表情や姿勢もわかりやすいでしょう。

証明写真は雰囲気を掴み取るための重要なアイテムですので、自分の表情がわかる方法を選んでください。

基本的マナー④サイズは4センチ×3センチ

履歴書に貼付する証明写真のサイズは、一般的に縦4センチ横3センチにしましょう。
特に紙の履歴書では、証明写真の貼る場所が決められており、必然的に大きさも決まってきます。

せっかく写りがいい写真を撮れたとしても、写真が枠の大きさに合わないと貼ることができません。
大きさの選択ミスはしないように、気をつけてください。

<下に続く>

転職の際にNGな証明写真例と注意点

これまでは、転職の証明写真のおすすめの撮影の仕方や工夫、マナーについて話してきました。
ここでは、NGな証明写真の撮り方や注意すべき点について話していきます。

撮影する前にチェックして、気をつける参考にして下さい。

NG証明写真例と注意点①髪型が乱れている

髪型が乱れていると、だらしない印象をもたれることが多いので、気をつけなくてはいけません。
特に寝癖やボサボサしている様子は、簡単に直せるので家で確認しておきましょう。

また、プリンが目立っていたり髪が重すぎたりすると、印象が悪くなりやすいので、美容院などで事前にセットしておくことも大切です。
さらに前髪は表情が見えるかどうかが重要なポイントとなり、目に被っていないか確認しておきましょう。

髪型に悩んだときは、女性なら一つにまとめたり、男性なら短くカットしておくととても楽です。

NG証明写真例と注意点②服装が派手

転職の証明写真の服装は、基本がスーツです。
そのため、なかなか私服で撮る人は少ないでしょうが、そのときは派手な服装ではなく、シャツにジャケットなどビジネスカジュアルの様な格好にしましょう。

また、スーツの時でもシャツのボタンを何個も開けず、露出を控えるようにしてください。
やはり転職用の写真となるので、節度を守って撮影しましょう。

NG証明写真例と注意点③無表情で撮影する

何度も言いますが、転職用の証明写真は表情や雰囲気が見られます。
そのため、無表情の写真は暗く怖い印象になるので、表情の管理には気をつけましょう。

だからと言って、歯がみえるほど笑う必要はありません。
口角を上げて微笑むような表情は爽やかで印象がよくおすすめです。

NG証明写真例と注意点④目線がずれている

良い証明写真を撮るには、目線をしっかりカメラに合わせることも大切でしょう。
目線を下にしてしまうと顔の印象は暗くなり、上にすると少し抜けた印象にみえてしまいますので、目線には注意して下さい。

目線がカメラに向くことで、意思をしっかりともった爽やかな印象を感じられますし、雰囲気もいいでしょう。

NG証明写真例と注意点⑤猫背で姿勢が悪い

見た目が暗くみえるので、猫背などの姿勢の悪さには気をつけて下さい。
背筋を伸ばすだけで、すっきりと写り表情は明るくみえます。

また、身体は正面を向くようにしてください。
斜めに撮ると悪目立ちしてしまうこともあり、あまりおすすめはできません。

NG証明写真例と注意点⑥プリクラで撮影する

転職の証明写真では、証明写真機や写真館で撮影することがおすすめです。
近年証明写真をプリクラで撮影する人も多いですが、転職の際は控えるようにしてください。

プリクラは目や肌、輪郭などが修正され、実物と大きくイメージがかけ離れてしまうことはあります。
転職の証明写真は容姿の端麗さを求められているわけではないので、修正が大きくかからない方法をとってください。

<下に続く>

転職に有利な証明写真を撮ろう

転職の証明写真と履歴書をチェックする人

転職の証明写真は、採用者側に自分の雰囲気を伝えるのにとても重要なアイテムです。
そのため、証明写真の撮り方は工夫しておくと、転職に有利に働く可能性があります。

工夫といっても髪型・服装・姿勢など、簡単な部分を少し直すだけで、印象はおおきく変わるでしょう。
ぜひ転職のときには、履歴書の証明写真に少し力を入れてみてください。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line