みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/12/01

「いかがお過ごしでしょうか」の使い方と手紙・ビジネス用の例文

手紙やメールなどで、よく相手の近況などを尋ねる場合に、「いかがお過ごしでしょうか」というフレーズを使いますよね。
ここでは以下に、この慣用句でもある「いかがお過ごしでしょうか」について、意味や使い方を掘り下げて考えていきます。

その上で、様々な例文を具体的に挙げていきましょう。

Large photo 1491841550275 ad7854e35ca6ikagaosugosi01
目次

「いかがお過ごしでしょうか」の意味と使う場面

意味

「いかがお過ごしでしょうか」という意味は、「(日々)どのように過ごしていますか?」という問いかけの意味があります。
しかし、実際に、この言葉で問いかえる意味は、儀礼的な挨拶言葉であり、本当に「厳密にどのように過ごしているか?」を知りたくて問いかけているわけではありません。

使う場面

「いかがお過ごしでしょうか」という言葉を実際に使う場合、圧倒的に多いのは手紙やはがきなどの文書においてです。
また、畏まったメールにおいても使われます。

主に、目上の人やビジネスでの相手に対して、時候の挨拶のすぐ後に持ってくるのが通例の使い方です。
相手のご機嫌を伺いたいときの常套句の一つです。

<下に続く>

ビジネス:「いかがお過ごしでしょうか」の例文

「いかがお過ごしでしょうか」を考える人

では、ビジネスの場で使う「いかがお過ごしでしょうか」の例文として以下の8つを紹介します。

  1. 顧客などにご機嫌伺いの挨拶として使用
  2. 得意先の担当者などに定期的な挨拶メールなどに使用
  3. 社内などの懇親を図る際に使用
  4. 新規の営業掘り起しなどに使用
  5. 年度末の挨拶などに使用
  6. 新年度の挨拶などに使用
  7. 異動や転勤のお知らせなどに使用
  8. 退職した時などに使用

続いて、ビジネスの場で使う「いかがお過ごしでしょうか」の例文を、それぞれ詳しくご紹介します。

ビジネスの例文①:顧客などにご機嫌伺いの挨拶として使用

(例文)


季節もすっかり春めいて参りまして、お客様におかれましては、その後いかがお過ごしでしょうか。
日頃より、◯◯のお車、および当販売店をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

つきましては、来たる11日(日)に、日頃のご愛顧に感謝を込めて、お客様感謝祭を、当販売店において催させていただきます。
当日は、豪華賞品の当たるビンゴ抽選会や、フリーフード、フリードリンクコーナーも設置して、お客様のお越しをお持ちしております。

是非、冷やかしでもお越しいただければありがたく存じます。


ビジネスの例文②:得意先の担当者などに定期的な挨拶メールなどに使用

(例文)


毎度お世話になっております。
先ごろの××特売の件では大変お世話になりました。

慌ただしい年の瀬に差し掛かる時期になりましたが、その後いかがお過ごしでしょうか。
近々、大手町の近くに寄った折にでも、またお伺いさせていただこうと思っております。

何卒、今後ともよろしくお願い申し上げます。


ビジネスの例文③:社内などの懇親を図る際に使用

(例文)


毎度業務お疲れ様です。
新年も開けて間もない時期ですが、皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

さて、早速ですが、業務部内の懇親を図るべく、今月の17日に業務部新年会を催したいと思います。
このメールの返信にて出欠の意思をお知らせください。


ビジネスの例文④:新規の営業掘り起しなどに使用

(例文)


新規の支社も拡充され、ますますご発展のお噂を耳に挟みますが、近ごろはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は貴社にぴったりの新商品を今回弊社で開発しました。
つきましては、一度貴社にお伺いさせていただき、プレゼンをさせていただきたく存じます。

ご都合の良い日で構いませんので、是非その旨私宛までご一報くださいますと幸いです。


ビジネスの例文⑤:年度末の挨拶などに使用

(例文)


今年度も年度末となり、あちらこちらで忙しい折、いかがお過ごしでしょうか。
今年度も大変お世話になりました。

来年度からは、多少弊社の方針も変わり、貴社のシステムのシェアが増えていくものと思われます。
来年度も、より一層の良きパートナー関係をよろしくお願いします。


ビジネスの例文⑥:新年度の挨拶などに使用

(例文)


満開の桜が舞う季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
旧年度中は、たいへんお世話になりました。

さて、新年度となり、弊社『臼能呂商店』は今年度より『株式会社POO』として生まれ変わりました。
名前は変わっても、事業形態は引き続き昨年度までと同じですので、何卒今後ともよろしくお引き立てのほどよろしくお願い致します。


ビジネスの例文⑦:異動や転勤のお知らせなどに使用

(例文)


今年はいつにも増して厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、私事ですが、この10月度より香港支社に異動になりました。

東京にいる間は、たいへんお世話になり感謝の言葉もありません。
今後は、しばらくは頻繁にはお会いすることもできなくなりますが、東京に戻った時には、またお酒でもご相伴にあずかれれば幸いです。


ビジネスの例文⑧:退職した時などに使用

(例文)


長らくご無沙汰していましたが、その後いかがお過ごしでしょうか。
ますますご健勝でご活躍のこととは思います。

さて、私事ですが、去る9月を持ちまして一身上の都合により長らく勤務して参りました△△を退社致しました。
貴殿には△△在籍時には、一門ならぬお世話になり大変感謝しております。

今後は、フリーランスとして、幅を広げて仕事をしていこうと思っております。
また何かありましたらよろしくお願い致します。


<下に続く>

手紙:「いかがお過ごしでしょうか」の使い方

では、手紙で使う「いかがお過ごしでしょうか」の例文として以下の7つを紹介します。

  1. 友人に書く手紙
  2. 恩師や恩人に書く手紙
  3. 離れた家族に書く手紙
  4. 近々訪問する予定の相手に書く手紙
  5. 暑中お見舞いなどの場合
  6. 新居など環境を変えた人への手紙
  7. タイムカプセルなどの未来の自分へ宛てた手紙

続いて、手紙で使う「いかがお過ごしでしょうか」の例文を、それぞれ詳しくご紹介します。

手紙の例文①:友人に書く手紙

(例文)


「前略。
花粉の季節も、五月病のシーズンもすっかり去ってめっきり蒸し暑くなってきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

君がこの町を出て行って数か月が経つわけですが、この町は相変わらず何も変わりません。
東京での生活はもう慣れましたか?」


手紙の例文②:恩師や恩人に書く手紙

(例文)


「拝啓。
例年になく厳しかった寒気もようやく去り、余寒は残るものの、幾分春めいてきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

こちらはおかげさまで、貧乏暇なしでなんとかやっていけています。
先生に教えていただいた窮地の時こそプラス思考の精神で、をモットーに万事乗り越えていっております。」


手紙の例文③:離れた家族に書く手紙

(例文)


「私が一人暮らしを始めてはや半年になりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
実家を離れて一人暮らしを始めてみて、家族のありがたみがしみじみと理解できました。

一人暮らしでは誰にも甘えることはできず、何もかも自己責任でやらなうてはなりません。
本当に実家で暮らしていた頃は、皆さんに助けられていたんだなあ、と思い知りました。」


手紙の例文④:近々訪問する予定の相手に書く手紙

(例文)


「近頃、朝晩日毎に冷え込んでいよいよ秋も深まってきていますが、その後いかがお過ごしでしょうか。
今月の末に、長期出張で福岡支社に赴くことになりました。

つきましては、その折のついでに一度そちらにも寄らせていただきたいと思い筆を取った次第です。」


手紙の例文⑤:暑中お見舞いなどの場合

(例文)


「暑中お見舞い申し上げます。
例年にも増してうだるような猛暑が続く毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

こまめに水分補給をしつつ、熱中症などには充分留意して、毎日を乗り切っていきたいものですね。」


手紙の例文⑥:新居など環境を変えた人への手紙

(例文)


「あなた方一家が、北海道に移住されてから早いものでもうすぐ1年が経ちますが、その後はいかがお過ごしでしょうか。
去年の今頃、突然退職されて、北海道へ移住したいと打ち明けられた時には、正直驚きましたが、長い人生、自分に合ったライフスタイルを悔いなく生きることが一番だと今ならハッキリとわかります。」


手紙の例文⑦:タイムカプセルなどの未来の自分へ宛てた手紙

(例文)


「拝啓、未来の私へ。
その後、私の人生いろいろあったと思いますが、今これを読んでいる未来の私は、いかがお過ごしでしょうか。

果たして何十年後の私がこの手紙を読んでいるのかもわかりませんが、今の私の偽らざる心境をこのカプセルに封じて残しておこうと思います。」


<下に続く>

いかがお過ごしでしょうかと尋ねる時候の挨拶

「いかがお過ごしでしょうか」という時候の挨拶

日本は四季のハッキリとした季節感の豊かな国です。
そのため、古来より挨拶言葉には、その季節季節で違った言い回しを加える慣習があります。

これを時候の挨拶などと呼びますが、この時候の挨拶は、四季だけではなく、月毎にそれぞれ最適な言い回しと言ったものが存在します。
例えば秋であっても、朝晩涼しくなり始めたものの、日中はまだまだ暑い9月と、すっかり冬の気配を感じるほど冷え込んでくる晩秋の11月では、時候の挨拶も全く違ったものになるのが普通だからです。

ここでは以下に、それぞれの月ごとによく使われる自然な言い回しの時候の挨拶をご紹介していきましょう。

1月

1月は新たな年の始まりの月であり、公私において様々な場で、時候の挨拶を交わす機会が多いシーズンですね。
1月に適した「いかがお過ごしでしょうか」の前振りとなる時候の挨拶としてはどのようなものがあるのでしょうか?

1月の時候の挨拶としては以下のような言い回しが挙げられます。

「厳寒の候、皆様におかれましては、~。」
「連日厳しい寒さが続いていますが、~。」

「初春の候、~。」

2月

2月に最適な時候の挨拶の言い回しはどういったものがあるのでしょうか。
2月に適した「いかがお過ごしでしょうか」に前段の時候の挨拶としては以下のようなものが一般的です。

「余寒の候、~。」
「立春とはいえ、まだまだ寒い日が続く折、~。」

「春はまだまだ浅く寒さ厳しき候、皆様におかれましては、~。」

3月

3月に適している時候の挨拶の表現として一般的なものはどのようなものでしょうか?
3月に通例使われる「いかがお過ごしでしょうか」をリードする時候の挨拶の言い回しは以下のようなものです。

「早春の候、~。」
「花の蕾も膨らむ季節となってまいりました。‥‥」

「近頃はめっきり春めいてきましたが、皆様におかれましては~。」

4月

4月は新学期や新年度の始まるスタートの季節であり、日本国中時候の挨拶をする機会の多い時期でもあります。
4月に最適な「いかがお過ごしでしょうか」を導く時候の挨拶はどのような言い回しがあるのでしょうか?

4月に多く使われる時候の挨拶は以下の通りです。

「陽春の候。‥‥。」
「花冷えの候、皆さま~~。」

「うららかな春日和の季節となりましたが、皆様におかれましては、~。」

5月

5月に適している時候の挨拶とはどのようなものがあるのでしょうか?
5月によく使われる「いかがお過ごしでしょうか」の前振りとなるような時候の挨拶の言い回しは、以下に挙げるようなものが一般的です。

「新緑の候、~」
「若葉のすがすがしい季節になりましたが、~。」

「風薫る爽やかな五月の季節になりました。‥‥。」

6月

6月は日本においてはレイニーシーズン、梅雨の季節としての認識が強いですよね。
6月に適している「いかがお過ごしでしょうか」に自然に結び付くような時候の挨拶とはどういったものが一般的なのでしょうか?

6月の時候の挨拶の言い回しとしては以下のようなものが通例となります。

「梅雨の候、~。」
「鬱陶しい雨の続く季節になりましたが、その後は~。」

「梅雨開けが待ち遠しい今日この頃ではありますが、皆様におかれましては、‥‥。」

7月

7月は、学校なら夏休みに入る季節であり、いよいよ夏本番で暑い季節です。
このような7月に最適の「いかがお過ごしでしょうか」の前段の言い回しと、慣用語となるような時候の挨拶とはどういったものでしょうか?

7月の時候の挨拶の言い回しとしてよく使われるのは以下のようなものです。

「盛夏の候、~。」
「暑さ厳しい折、~。」

「いよいよ夏本番となりました。皆様におかれましては、~。」

8月

8月は、夏真っ盛りで猛暑であると同時に、秋の気配も少しづつ忍び寄ってくる季節です。
8月にぴったりの「いかがお過ごしでしょうか」を不自然ではなく導き出す前振りの言葉となる時候の挨拶とはどのようなものでしょうか?

8月に最適の時候の挨拶の言い回しは、以下に挙げるようなものです。

「晩夏の候、~。」
「暦の上では立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ残暑厳しき折、~。」

「残暑お見舞い申し上げます。まだまだうだつような暑さが続く折、皆様におかれましては、~。」

9月

9月は学校なら新学期がスタートし、秋が始まる季節です。
9月に適している「いかがお過ごしでしょうか」に連なる自然な時候の挨拶とはいったいどのようなものでしょうか?

9月の時候の挨拶として最適であり通例使われるものは以下のような言い回しです。

「初秋の候、~。」
「日中はまだ暑い日もありますが、朝晩はめっきり冷え込んできました。その後、‥‥。」

「秋彼岸を過ぎ、すっかり秋めいてきた今日この頃、~。」

10月

10月は季節も本格的に秋で、会社などでは新半期で異動の季節でもあります。
10月に最適の「いかがお過ごしでしょうか」の前段となる自然な時候の挨拶とはどのようなものでしょうか?

10月によく使われる時候の挨拶の言い回しは以下のようなものです。

「仲秋の候、~。」
「秋もたけなわの折、~。」

「天高く馬肥ゆる秋といった季節になってまいりました。皆様におかれましては、‥‥。」

11月

11月は、晩秋から冬へと向かう季節です。
11月に適している「いかがお過ごしでしょうか」という常套句に連なるのに自然な時候の挨拶とはどういったものがあるのでしょうか?

11月に最適な時候の挨拶は以下のような言い回しです。

「晩秋の候、~。」
「紅葉の美しい季節となりました。その後、~。」

「日毎に秋も深まり、冷気の増していく季節ですが、皆様におかれましては、‥‥。」

12月

年末の慌ただしい師走である12月に最適な時候の挨拶とはいったいどのようなものでしょうか?
12月に適しているよく使われる「いかがお過ごしでしょうか」に続いていく時候の挨拶は以下のような言い回しです。

「初冬の候、~。」
「年の瀬も押し迫り、慌ただしい中、~。」

「歳末の御多忙の折、皆様におかれましては、‥‥。」

<下に続く>

「いかがお過ごしでしょうか」に関するまとめ

「いかがお過ごしでしょうか」を使いこなす人

挨拶言葉として、公私を問わず、メールや手紙などの文書において頻繁に使用される言葉の一つである「いかがお過ごしでしょうか」について、ここまで掘り下げて考察してきました。
特に、各月毎の時候の挨拶における言い回しを覚えておけば、ビジネスにおいても私事においても、大変便利ですね。

うまく使いこなせば、とても使える言い回しになる挨拶の言葉です。
是非、使いこなしていきたいものですね。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line